「寝る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 寝る[動詞]
十一時前後に寝る  薄目を開けて寝る  事はないし、それではどうするか、寝る  それからのがれるには、歩くか、飲むか、寝る  汁を煮る、そして食べてまた寝る  てゐる、寝る  安心して寝る  私は、とりわけて、よく食べよく寝る  ひとりごというて寝る  暈をかぶつてゐる、寝る  ふたりいつしよにしばらく寝る  電燈を消して寝る  事はして、寝る  ふたりいつしよに寝る  終日終夜、寝てゐた、寝る  いつしよに寝る  ぼけの、寝る  鮨を食べる、酔うて寝る  つて戻つて寝る  飯を食べて、そして寝る  帰つて来た、飲んで寝る  そく飲む、食べる、そして寝る  梅雨季だ、寝る、寝る  友を訪ねても、ちつとも慰まない、戻つて寝る  酔樹明君が来て寝る  ぱい飲んで寝る  私はよく寝る  なかで寝る  私が寝る  家に寝る  のどが痛くて、早く寝る  失敬して寝る  インクでもつめて置いて、そうして寝る  晩には早く寝る  行灯を消して寝る  徳も寝る  蚊帳で寝る  ほろ酔機嫌で戻つてすぐ寝る  枕をならべて寝る  しづかに寝る  そばかきですます、そしてすぐ寝る  日が暮れると寝る  炬燵に寝る  火燵を出して寝る  ひつかけて寝る  ちよつと寝る  子を抱いて寝る  ひとり酔ひ、ひとり寝る  いっしょに寝る  ここへ寝る  気を落ちつけて寝る  床脇へ寝る  傍に、寝る  中で寝る  時と寝る  以来グレーテが寝る  外で寝る  十時にはきっと寝る  錠前をかけて寝る  仰向けに寝る  十二時になって慌てて寝る  破れ畳に寝る  羅が寝る  戸締りを検めて寝る  部屋へ寝る  陰へでも寝る  誰に教えられるともなく始めた寝る  朝から寝る  西洋人が寝る  露天に寝る  男はいつも着て寝る  壁に押されて寝る  先に寝る  三人並んで寝る  茶を飲んで寝る  上機嫌で寝る  ベンチに寝る  マックが寝る  奴らが疲れて寝る  僕持って寝る  今晩はすこし寝る  幾代が抱いて寝る  自分が抱いて寝る  夜一緒に寝る  夜、寝る  から夜になって寝る  階下で寝る  真暗で寝る  家へかえって来て寝る  先へ寝る  私と寝る  んで寝る  どれ、寝る  部屋で寝る  金鼓寄せぬと覚まさばやよく寝る  触感が、寝る  春風に寝る  身を屈めても、寝る  今から寝る  あたし、寝る  お嬢さんが寝る  此処に寝る  所へ寝る  婦は寝る  簪を燃して寝る  夜は寝る  なかに寝る  雨戸をあけて寝る  君はまだ寝る  帰つて庵で寝る  下へさしこんで寝る  下へ敷いて寝る  葉を抱いて寝る  わたしは寝る  間、寝る  ように、寝る  方と、寝る  部屋へ行って寝る  わたし、行って寝る  夜具へ寝る  用意はなく、また寝る  一人が寝る  枕を並べて寝る  背後のも、寝る  寒い野に寝る  ここに寝る  一晩位余計に寝る  森で寝る  みなそこへ行って寝る  物をあてて寝る  物をあてがって寝る  日が暮れないから寝る  おれが寝る  事を長たらしく述べ立てるから、寝る  すゞちやんの寝る  なかった女と寝る  ことになったので、かれは寝る  スタンドを点けて寝る  部屋に寝る  ベッドに寝る  家にかえって寝る  時でも、寝る  中には何とお寝る  天幕を張り、寝る  人たちが寝る  主の寝る  若い人たちの寝る  門を閉めて寝る  荷物は寝る  今夜の寝る  とこで寝る  着物を着て寝る  俺の着て寝る  上さんの食うから寝る  飲食と寝る  男と寝る  ひとりで寝る  一人で寝る  戸には寝る  疲れた身にも寝る  酒を売ってもろうて、一杯やって寝る  それに上向けに寝る  夜は早く寝る  旅館へおもむいて寝る  戦場になって、寝る  いくら、寝る  化粧をして、寝る  三畳に寝る  お座敷に寝る  一処に寝る  二三時間、寝る  ぺらの蒲団を敷きて寝る  おれももう寝る  主人が寝る  衾にくるまって寝る  毛布をかぶって寝る  どこに寝る  どこへでも寝る  寝床を敷いて寝る  人数が寝る  寝台に寝る  寝台へ寝る  別室に寝る  弟とが寝る  給仕について、寝る  から、寝る  きょうは、もう寝る  長椅子にあおのけに寝る  どこで寝る  椅子に寝る  上に寝る  女は、寝る  裸になって寝る  すっ裸で寝る  坊ちゃんに読んできかせて上げて、また寝る  事が寝る  満足を以て寝る  牀に長々と寝る  今夜一晩じゅううなって寝る  家へ帰って、寝る  上に止まり、寝る  近くに寝る  妻と寝る  寝床で寝る  裸で寝る  枕といっても、勿論、寝る  こに寝る  服んで寝る  から伯母は寝る  其処で寝る  私も寝る  豚小屋へ寝る  勝手に寝る  隅で寝る  本なんか読まないで、寝る  内容覗かず、それでも寝る  みんなはいまお寝る  二人で寝る  アッチックへ登って寝る  布団を敷いて寝る  君は憎くらしいほど善く寝る  金の寝る  私の寝る  子には、寝る  わたしの寝る  雑草ここで寝る  月を入れ寝る  宿おちつけないふとんおもたく寝る  晩に寝る  白狐が来て寝る  工合よく眠ろうと思って、寝る  立ち廻りと、寝る  海苔巻きになって寝る  そこに寝る  ふたりは寝る  人類は寝る  熱で、寝る  そこに、寝る  あいだも、寝る  夜、すっかりもう寝る  室に寝る  二階へあがって、寝る  十二時には必ず寝る  お前ももう寝る  おれは寝る  一、寝る  お酒を飲み過ぎるくらい飲んで寝る  床を延べて寝る  体を拭かせたり煽がしたり、寝る  顔も寝る  心臓を悪くし、寝る  ところに寝る  十二時頃に寝る  兎に角、寝る  あたしここに寝る  から己が抱いて寝る  不調を感じてすぐ寝る  早夕飯にしてすぐ寝る  お茶漬を食べて寝る  私は寝る  後でも、寝る  事も寝る  傍へ置いて唯寝る  私が抱いて寝る  己が抱いて寝る  面白くって抱いて寝る  夜さり抱いて寝る  気では有りませんが、嚇して抱いて寝る  一緒に寝る  お前さんが寝る  蒲団を被って寝る  思いをして寝る  時や寝る  分だけが寝る  内で寝る  気にとめず、寝る  それから、もう寝る  うろたへて寝る  心地にて寝る  手真似で寝る  締りをしないで寝る  僕の寝る  親父が来て、吊って寝る  一所に寝る  蒲団に寝る  床を取って寝る  ままで寝る  あすこへ行って寝る  一ツ蚊帳に寝る  成程寝る  ままここへ寝る  飯が終ると、寝る  かぶりて寝る  くせ、寝る  節じゃ寝る  旋条銃を抱いて寝る  一人寂しく寝る  子供とが寝る  電灯をつけて寝る  秀麿は寝る  時必ず消して寝る  家へ帰っても寝る  天井をいただいて寝る  んだ、寝る  中に寝る  笑談でも云い合わなければ寝る  から早く寝る  から起きると寝る  のが寝る  それ故に寝る  戸をしめて寝る  方は、早く寝る  事、寝る  はいつて、寝る  臍にあてて寝る  大概彼は、寝る  俺は寝る  大川さんの寝る  あいだ、寝る  脛をしめつけて寝る  人生とは食べて寝る  夜になっても寝る  なるたけ人中で騒いで居て疲れて寝る  松に寝る  私は、寝る  わたしたちは寝る  家へ帰って寝る  ようで、疲れて寝る  赤ん坊の寝る  三吉も寝る  母さんが寝れば寝る  方で寝る  私とが寝る  皆来て寝る  船では寝る  暖かい床に這入つて寝る  七ツ時でございますから寝る  ベッドを並べて寝る  姪達はそろそろ寝る  二階へ上って寝る  地べたで寝る  展べて寝る  行燈で寝る  平間は寝る  それは、寝る  姫様は離れない、寝る  浴室へ行く、寝る  今夜から寝る  子供が寝る  二時までも寝る  上向きに寝る  酒を飲んで寝る  助は寝る  紙張を吊らせて寝る  どこか寝る  米友はまだ寝る  くせに、寝る  老婆は寝る  結構だろうと考えながら寝る  看護に疲れても寝る  寝床へ這入って寝る  落葉しいて寝る  岩穴枯草ぬくう寝る  倉庫にもぐりこんで寝る  足われにあたたかく寝る  しかしね、あまり寝る  綱渡りをさせる、寝る  間に寝る  喰べて、寝る  蒲団を延べて寝る  筵を敷いて寝る  戸を閉めて寝る  布団で寝る  殿御を抱いて寝る  日は寝る  姫は寝る  なつて寝る  木の下で寝る  一しょに寝る  所であり、また寝る  灯はなし、もう寝る  中へ寝る  上にじかに寝る  あおむけに寝る  思いに沈んで寝る  バルはたいへん早く寝る  ホンの寝る  所に寝る  二人並んで寝る  風呂が済んでも、いよいよ寝る  懐に抱かれて寝る  お母さんといっしょに寝る  ように寝る  二人で暫く話しあっていたが、もう寝る  此方へ入って、寝る  病気になって寝る  今夜は、寝る  人畜ともに寝る  お前の寝る  夜が更けて帰っても寝る  雨具をかぶって寝る  うちに寝る  我輩はこう寝る  何時も寝る  太陽に近づき、少し離れて寝る  子供であっても、寝る  防空服装を解いて寝る  お前達を抱いて寝る  十時になれば寝る  鈴、寝る  ものを釣って寝る  地べたに寝る  数日前から夜ごとに来て寝る  犬のごとく寝る  詰め処へ寝る  姿に、寝る  ワゴンに寝る  ぱい水飲んで来て寝る  土に寝る  ゆつくり食べたり飲んだり話したりして寝る  享楽もきまつてゐる、寝る  自分できめて寝る  賽銭は少なかつたが、それでも食べて飲んで寝る  いふ場合には酔うて寝る  かい湯に入る、そして寝る  発揮させて寝る  ころりと寝る  上で寝る  時に寝る  そく返信、そして寝る  酒があれば飲み、なければ寝る  夜は抱いて寝る  女と寝る  事、そして寝る  日が暮れたら寝る  さで寝る  日が暮れて寝る  障子をしめて寝る  ハダカで寝る  月へごろりと寝る  火と寝る  最後に寝る  二階へ寝る  右馬介、もう寝る  どこへ寝る  御免を蒙って寝る  田山白雲が寝る  寺に寝る  わたくしたちは早く寝る  びらで寝る  岸に寝る  方にあつまって寝る  室で寝る  うつ伏せに寝る  着替えをして寝る  何処に寝る  ふところに入れて歩き、寝る  一殿を寝る  まま寝るだけ寝かしておけ、寝る  女は寝る  ように、充分寝る  格好をして寝る  やすからな、寝る  寝所へ行って寝る  家へ入って寝る  泥酔して寝る  往って寝る  死ぬ時、寝る  按摩を取って、まだ寝る  角さんは、寝る  おいらも寝る  此処へ寝る  今日は寝る  家が寝る  当人ではなく、寝る  野天に寝る  下にして寝る  着のみ着のまま子を抱いて寝る  そのまま、直ぐにまた寝る  籠手脛当は、寝る  床を敷いて貰って寝る  隆吉を抱いて寝る  皆が寝る  布団にくるまって寝る  お婆さんが、寝る  昼は寝る  内だけで、寝る  無事に寝る  自分の寝る  何処でも構わず寝る  宿へ帰って寝る  むく犬を抱いて寝る  十日は寝る  かい彼は寝る  近くききながら寝る  床にごろりと寝る  親とが着て寝る  自分の着て寝る  今夜も寝る  ひとりで観て寝る  宿も寝る  ものが殖えれば寝る  催促するごとく、寝るな寝る  アトファンを、寝る  子供は快く寝る  床を取る、寝る  挫いて寝る  癖があつて、寝る  父をまた寝る  画をかくぞといって寝る  お嬢さんと、寝る、寝る、よろしい、寝る、寝る  さんと寝る、寝る  毛里はこれから寝る  そこはもうただ、寝る  ゃい、また抱いて寝る  作男達の寝る  一階に寝る  祖母と寝る  所で寝る  それが終ると、寝る  ものを喰って、寝る  十年も寝る  ようになり、寝る  二人はもう寝る  世の中に寝る  別々に寝る  ことをやめて、寝る  まさか一緒に寝る  東京も寝る  ですよ。僕は寝る  彼女に寝る  彼は寝る  ここで寝る  十日も寝る  深酒をして、寝る  男同志が寝る  令嬢が寝る  ッかぶって寝る  ちゃんと寝室に寝る  壁に立てかけて寝る  湯タンポを入れて寝る  用を足して本当に寝る  大物が寝る  人は寝る  人気を厚くしようと、寝る  穴を作って寝る  蒲団を被って、深く寝る  ここは寝る  方に寝る  丸薬をのまされて寝る  君、もう寝る  ルイザは、これから寝る  晩にもまた、寝る  今晩は早く帰って寝る  部屋へあがると、すぐ寝る  モトムの寝る  お座敷へ寝る  楽しみにして寝る  夜も寝る  好きで寝る  娘は起きるから寝る  風呂を浴びてぐっすり寝る  宿直室で寝る  彼は、せめて寝る  勉強が残っていたし、寝る  のもふたたび寝る  旅で寝る  乳母などと寝る  雛妓は、寝る  夜昼寝つづけに寝る  まくらやはらかに寝る  閉ぢずに寝る  行て寝る  横臥したいと思ったが寝る  渓を隔てて寝る  どこかで寝る  かたわらに寝る  娘子と寝る  九時頃に寝る  処に寝る  二階に寝る  夜舟で寝る  顔が、少し寝る  毎日遊んで食って寝る  カーテンをしめて、そのまま寝る  下に敷いて寝る  船室昇降口室で寝る  病院で寝る  痛みは寝る  一年間、寝る  自分も寝る  枕を高くしてのうのうと寝る  カーテンを下ろして、寝る  下で寝る  さまさばやよく寝る  時分からよく寝る  敏子さんは寝る  僕は寝る  杉さんは寝る  菊もう寝る  家でも寝る  幾夜ぶりかで寝る  雁妹と寝る  妹と寝る  家で寝る  方へ寝る  夕飯がすんで寝る  夕飯が済んで寝る  停電、わびしく寝る  酔ふて戻つてすぐ寝る  中原君は酔うて寝る  みで寝る  ことと、寝る  ソッと抱いて寝る  それを着て寝る  予も寝る  わしはもう寝る  薄縁を敷いて寝る  居間から自分たちの寝る  そうもないので、寝る  部屋に帰っても寝る  朝遅くまで寝る  彼女は寝る  事から寝る  ぎんが寝る  真直ぐに立ったと思うと寝る  罰杯を飲まさないと寝る  中の間に寝る  何時頃に寝る  鍵を掛けて寝る  処で寝る  ものは寝る  上へ掛けて寝る  訳にも行かず、寝る  昨夜以上に受けて、寝る  通り御膳をたべて、よく寝る  片隅に寝る  手水場にでも入って寝る  炉辺に寝る  ものをぬぎなどして寝る  畳があるだけで、寝る  さにまだ寝る  土手に寝る  土手へ寝る  癖で、寝る  一人ここへ来て寝る  下に寝る  夜が更けるまで寝る  一人此処へ来て寝る  今夜は寝る  場処を見つけて寝る  位置に寝る  あたいが寝る  後は寝る  物蔭に寝る  柏餅になって寝る  六時まで寝る  半分は寝る  木枕で寝る  ものでただ寝る  トモは寝る  自分は寝る  うまいものを食って、寝たいだけ寝る  八時間以上十二時間は寝る  それからゆつくり寝る  九時になると、もう寝る  峰吉が帰ってきたが、すぐ寝る  ニャーを寝る  役僧たちの寝る  私より遅く寝る  水ごりとっては寝る  床へはいって寝る  三つ枕を並べて寝る  お前はもう寝る  わけではなし、寝る  父親は寝る  十二時前に寝る  俺も寝る  お前とこでは寝る  腹が痛かてて寝る  ラジオがすむと、直ぐ寝る  枕頭に置いて寝る  座敷へ寝る  午前七時に寝る  湯滝に打たれて寝る  上にごろんと寝る  背すりあわせて寝る  一家四人枕を並べて寝る  人もなしひとり寝る  ぼくはとうとう寝る  厳重にして寝る  上に敷いて寝る  から帰って、責めて寝る  間は、寝る  一つ床で寝る  まま長椅子に寝る  蒲団なんかきて寝る  隅なんかで寝る  横向きに寝る  小さな電球をつけて寝る  ひとりさびしく寝る  藁にもぐって寝る  あすは来る、と信じて寝る  時と、寝る  ものは早く起きて遅く寝る  衣ものまで着かえさせ、寝る  どこにでも寝る  一緒に抱いて寝る  河原で寝る  からとても寝る  草に寝たければ寝る  室へ寝る  ときも寝る  土間に寝る  傍に寝る  夜は上がって寝る  素子は寝る  体操をして寝る  あそこへ帰って寝る  私、もう寝る  家に帰って食って寝る  どれ、そろそろ寝る  部屋に入って、寝る  二本飲んだが、まだ寝る  家に帰って寝る  習慣がついているので、寝る  もう少し頭を休めてよく寝る  事は寝る  つまり疲れるからよく寝る  前後不覚に長く寝る  あたりに見ると、寝る  宗助も帰ればただ寝る  七人が寝る  床を並べて寝る  一つに寝る  二人は寝る  彼と共に寝る  ように抱き合って寝る  ふたりで寝る  夜具を着て寝る  そうに飲んで寝る  先生方は寝る  あとは寝る  月をながめつつ寝る  野に寝る  わしは出かけるからね、寝る  連中が寝る  平地で寝る  やあ、もう寝る  失敬、直ぐに寝る  戸外で寝る  戸締りでもして寝る  襖を立てて寝る  ところで寝る  私はもう寝る  教室で寝る  室にかれは寝る  今、寝る  宿直室に寝る  ようにかがめて寝る  暖かに寝る  足を伸ばして寝る  中は夜通し寝る  独りで寝る  若い父親が抱いて寝る  夜はそのまま寝る  此処で寝る  茶の間に寝る  電気を消して寝る  一人で寝るので、起きるも寝る  ツャツは寝る  附添いが寝る  食ふことや寝る  わしは寝る  臭い蒲団に寝る  から、早くはあ寝る  本は抱いて寝る  隠居所に寝る  彼女等も寝る  そばに寝る  それよりも、寝る  次郎、さあ寝る  時に喰い、眠くなれば寝る  風呂に入ると、寝る  武蔵は、寝る  日記で、寝る  それは寝る  軒下にでも寝る  貢さん、寝る  君も寝る  方へ行って寝る  剣を抱いて寝る  いっしょに食って寝る  十時過ぎに寝る  階下に寝る  上へ寝る  蓮華も降ろうさあ寝るがいい寝る  今夜、もう寝る  時刻に寝る  今夜、寝る  一昨夜私は寝る  寝床へ再び寝る  四階に寝る  夜の明けるまで寝る  矢張り夜の明けるまで寝る  酒をのませて貰えるので、寝る  夢のために殆んど寝る  子供の寝る  慰め、寝る  半焼に終りましたので、すぐさま寝る  今からすぐに寝る  柏で寝る  定って起きるにも寝る  のも寝る  早や、寝る  二人とも、寝る  聴くことも、寝る  二カ月も寝る  心持が悪いから寝る  君何時に寝る  用意して寝る  仰向けにゆッたりと寝る  弓之助は寝る  宵から寝る  床をとっといて下さい、すぐに寝る  苦労をしたろう、探したろう、そして、寝る  旅籠屋に寝る  分では寝る  股引穢うても穿いて寝る  彼の寝る  ミヤ子はよく寝る  横になって寝る  厩舎で寝る  ふうにして寝る  ものかたびたび寝る  芸妓舞子が、寝る  勢いで寝る  位ひなんだから、そして寝る  僕はもう寝る  俺は勿論寝る  晩、疲れるといけないと云うので、早く寝る  夕飯前に読み、寝る  船へ帰って寝る  棺桶に寝る  幾に抱かれて寝る  つて来て、寝る  由利子が寝る  晩も寝る  三十分間をぐっすりと寝る  ストキとが寝る  自分が寝る  楽に寝る  水夫たちの寝る  床にはいって寝る  云つては、寝る  布団に寝る  部屋へ帰って寝る  今ごろから寝る  人の寝る  蟇を抱いて寝る  いつでも、どっと寝る  時には、寝る  宿を取って寝る  晩やって来ても、寝る  おつむにいただいて寝る  んだから、寝る  首をひねらずと、ぐっすり寝る  だれに頼まれてそんなに寝る  得といってね、寝る  ひと足先にけえって寝る  おいらは寝る  幹子は寝る  懐へそろりと這入って寝る  十八人が、寝る  んへ抱いて寝る  男を抱いて寝る  大屋さんへ帰って寝る  君、寝る  昼まで寝る  ほり、寝る  中は寝る  すべてが、寝る  通りにしておいて寝る  供の寝る  身体を伸して寝る  帯もとかずに丸くなって寝る  あちら向きに寝る  着物を着せてもすぐ脱いで、ああしてはだかで寝る  掛蒲団を裏返しにして掛けて寝る  手水に行って寝る  女中達の寝る  介だから寝る  横に寝る  下へ寝る  部屋を薄暗くして寝る  書斎へ寝る  着流し、寝る  師匠より遅く寝る  相手にして寝る  君が寝る  ことも寝る  寝床に寝る  彼を抱いて寝る  一週間ぐらいだったが、苦しくてろくろく寝る  僕が寝る  夜になれば、寝る  師匠の寝る  辺で打ちきって寝る  それからあとは、寝る  それをやって、寝る  夕飯もすんで、寝る  ほかに寝る  晩は寝る  二階の寝る  しりかけて寝る  私と着て寝る  の抱きあって寝る  誰とでも寝る  こと、寝る  友人に、寝る  あみんな寝る  から安心して寝る  先生は、起きるとも寝る  私は、とても寝る  トゥロットは寝る  金が寝る  パンを食べて寝る  ゴロリと寝る  寝酒など飲んで寝る  お前たちの寝る  わたしはまだ寝る  茶室へ寝る  別れ別れに寝る  部屋に来て寝る  例を引くと、寝る  寝を寝る  いを寝る  いは寝る  名詞、寝る  結果、寝る  小夜床に寝る  徹宵張り番をしながら寝る  工員宿舎で寝る  健吉画伯は、寝る  我家へ帰って寝る  うちで寝る  形になって寝る  おやすみなさい、をして寝る  末の寝る  四畳半に寝る  八畳に寝る  六畳に寝る  五十五分間ずつ寝る  座敷で寝る  井上さんは寝る  日本人は、寝る  寝間着に着かえ、そして寝る  素っ裸で寝る  気で、寝る  昼夜を分たず、ろくろく寝る  表へ寄って寝る  俺しも寝る  当分は寝る  一番さきに寝る  諸共、寝る  久しぶりに寝る  どら、そろそろ寝る  からさ、そんじゃもう寝る  抽斗を開けてみると、寝る  



前後の言葉をピックアップ
練り物  練物  寝りゃ  ネリー  ねり合せ  煉る  練る  錬る  ねる  ネル


動詞をランダムでピックアップ
うちころし捕まらだます睨みつける交ざっつたっよびおこそ踏み躙れ夾む堪れ躄るつぼむ手渡さたがやしだまし込んすすみで盛り返そ怯ま恥入る鳴り響く
形容詞をランダムでピックアップ
てれくさかっ浅かれうさんくさく手ぬるくめづらしつよくのろくさいきまずい度しがたしあぶなっかし美しくっ厳しい汚らしわかり易悲しいかゆ速く規則正しき冷たしまぶしく