「さえ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ さえ[動詞]
月がさえ  創造をさえ  慰めをさえ  あなたをさえ  ことをさえ  御無沙汰をさえ  姿をさえ  月は高く澄んで、さえ  ますます眼がさえ  研究室にさえ  興味をさえ  心をさえ  フランスの歴史でさえ  そうにさえ  ようにさえ  言葉そのものをさえ  雲を破って、青くさえ  国へさえ  光がさえ  欄干に出て、涼しくさえ  会見をさえ  日をさえ  危険をさえ  威厳をさえ  郷民達をさえ  草をさえ  外にさえ  生活でさえ  ことにさえ  真似をさえ  これをさえ  根拠をさえ  肉臭をさえ  足手まといさえ  手をさえ  夫れをさえ  そこへさえ  左手にさえ  賭場にさえ  ことを言うのでさえ  社会感覚をさえ  俺をさえ  実在性をさえ  不断でさえ  大事にさえ  博士でさえ  中空にさえ  月のさえ  清らかに晴れて、青くさえ  それをさえ  心にさえ  モチーフをさえ  ことを感じて生きんとするおさえ  お気にさえ  解決らしくさえ  眼のさえ  色はさえ  眼がさえ  資格をさえ  政党政治家でさえ  必然をさえ  ディルタイでさえ  性質をさえ  アナロジーでさえ  夕をさえ  事をさえ  まま微動をさえ  ラシイヌをさえ  鰐魚をさえ  河川でさえ  人格をさえ  民弥をさえ  恋女房である綾子をさえ  子を生まざるをさえ  米一粒でさえ  見た目をさえ  段々目がさえ  感情をさえ  土産にさえ  獅子身中の虫をさえ  酸味をさえ  感動をさえ  行為をするだけにさえ  誇りをさえ  本館にさえ  空にさえ  庭先へさえ  ものをさえ  自分を抑さえ  眼が次第にさえ  誤解を抱いてさえ  逆境をさえ  念をさえ  運命をさえ  さをさえ  微笑をさえ  敗をさえ  習慣をさえ  月もさえ  気持でいるのでさえ  ことでさえ  声を抑さえ  嫉妬をさえ  意志をさえ  癪にさえ  においをさえ  鼓動をさえ  不機嫌にさえ  客観的事物でさえ  意味をさえ  プロレタリア的立場をさえ  大衆性をさえ  改良でさえ  側にさえ  祖母でさえ  激動から息気をさえ  顔色がさえ  秋田氏をさえ  私をさえ  命をさえ  気焔をさえ  面識者をさえ  不埒をさえ  お月さまだけが、うつくしくさえ  妙にさえ  気にさえ  出来事をさえ  喜三郎にさえ  犯罪をさえ  配属将校をさえ  顔をさえ  愛情をさえ  者をさえ  問題をさえ  想像をさえ  芸術観をさえ  衝動的にさえ  気がさえ  彼自身にさえ  ところへさえ  すがさえ  芸術をさえ  頭もさえ  知識をさえ  面影をさえ  足なんかもさえ  顔を洗うのでさえ  頭も少しくさえ  古事をさえ  伴につかはさえ  記念像でさえ  宅にさえ  急ぎでさえ  所でさえ  不満をさえ  検診をさえ  コツをさえ  書物をさえ  目はさえ  力こぶをさえ  声をさえ  お嬢さん、と呼んで取さえ  目がさえ  こんなに目のさえ  悩みをさえ  月のよくさえ  月はさえにさえ  ここまで来るのでさえ  自由をさえ  仕事をさえ  石像をさえ  星がさえ  どちらかと言えばさえ  負傷者をさえ  門番へさえ  油をさえ  施設をさえ  色が、さえ  今後まじめにさえ  生命そのものをさえ  文学的真実をさえ  意図をさえ  空想をさえ  自己弁解をさえ  間柄をさえ  母をさえ  磔刑をさえ  身悶えをさえ  ところにさえ  寒々とさえ  自分自身をさえ  皮膚が冷たくさえ  音をさえ  病気以来次第にさえ  父でさえ  科学的にさえ  横わる銀河にさえ  物をさえ  行先をさえ  紳士でさえ  ここへさえ  荒くれどもをさえ  ころにさえ  一つをさえ  誠実をさえ  言葉をさえ  名前をさえ  陽気にさえ  口にそうとは言わなくともさえ  イニシァルをさえ  獄へさえ  憎悪をさえ  労をさえ  苦手にさえ  ようにあるかをさえ  真白にさえ  悲しみをさえ  食膳をさえ  本性をさえ  色は、青黒くさえ  いままで、さえ  猟犬をさえ  数人をさえ  練習をさえ  協力をさえ  のへさえ  聖者像をさえ  茶碗をさえ  凡相をさえ  寄手をさえ  骨格をさえ  眼をさえ  笑いを抑さえ  内部をさえ  気分にさえ  中へさえ  静かにさえ  卓をさえ  間をさえ  弁疏をさえ  笑をさえ  愛、さえ  不可能にさえ  自分をさえ  旦那様をさえ  痛快味をさえ  剛毛をさえ  長次郎にさえ  愉快をさえ  微動をさえ  腕のさえ  一九二八年にさえ  田地をさえ  浮き易くして沈み難いかをさえ  巻屋をさえ  聖母受胎をさえ  造形的美をさえ  存在をさえ  守袋と金一封をさえ  尊敬をさえ  旅をさえ  美徳をさえ  不安をさえ  院へさえ  眼鏡をさえ  のにさえ  湯治場へさえ  から農家でさえ  欠乏をさえ  死をさえ  勝利をさえ  誤謬をさえ  三年前でさえ  特使をさえ  人間をさえ  自身をさえ  恐怖をさえ  別れをさえ  健康をさえ  お菓子をさえ  妨げをさえ  夜寝床に入ってさえ  熱情をさえ  情をさえ  のをさえ  ときでさえ  怪物じみてさえ  婚期をさえ  一端をさえ  大空をさえ  見舞をさえ  虫をさえ  何だか眼がさえ  僧都をさえ  衣類をもらうのでさえ  女給をさえ  様子をさえ  仮面をさえ  破産をさえ  ものでさえ  実直にさえ  人々でさえ  要素をさえ  反対のものであるときでさえ  愛してる友人たちでさえ  二人が仲よくさえ  男女をさえ  無でさえ  意味したにさえ  根柢とするのでさえ  発見でさえ  所与でさえ  技倆を計るよすがさえ  私にさえ  時にさえ  賤しきをさえ  無想庵にさえ  材料をさえ  価値をさえ  夢にさえ  機会をさえ  作家でさえ  俗言をさえ  経験をさえ  花一輪をさえ  ヴァン・ダインをさえ  色つやのさえ  肌もさえ  うえにさえ  教場でさえ  影をさえ  認識をさえ  小児をさえ  芝居へさえ  飛躍的にさえ  傍にさえ  一杯のビールをさえ  同意をさえ  通路にさえ  於てさえ  太陽をさえ  目はいよいよさえ  近くにさえ  氷をさえ  童話でさえ  旅愁をさえ  改革をさえ  文学をさえ  ほうはかえってさえ  馬車をさえ  しんがさえ  色のさえ  お金をかけてさえ  内側にさえ  なかでさえ  感じをさえ  風の音がさえにさえ  間違をさえ  居所をさえ  花籠にさえ  きたをさえ  霜にさえ  眉目をさえ  同僚に対してさえ  概念をさえ  存在でさえ  問題でさえ  問題それ自身をさえ  理論でさえ  事でさえ  不運をさえ  男でさえ  留学をさえ  農夫をさえ  控室でさえ  女教員のさえ  がちなさえ  驚きをさえ  可能性でさえ  何だか目がさえ  今でさえ  十四郎が話したのでさえ  それでさえ  犬をさえ  肉体的にさえ  妻をさえ  耳を抑さえ  才徳を磨こうとするのでさえ  乳母をさえ  憤激をさえ  自然をさえ  滑稽にさえ  門を出るのでさえ  立場でさえ  氏に対してさえ  専門家でさえ  鱗をさえ  樹木をさえ  彼を物悲しくさえ  野心をさえ  一冊をさえ  約束をさえ  秘密をさえ  正直にさえ  効果のさえ  横になったが、一旦さえ  手段でさえ  手をとりあって、さえ  悪臭をさえ  人をさえ  私でさえ  かげをさえ  臭気をさえ  錠前をさえ  頭のさえ  顔いろがさえ  考をさえ  名をさえ  泣き声をさえ  抱擁をさえ  家並みをさえ  境遇をさえ  ところを抑さえ  大旅行隊をさえ  一所にさえ  マルクスをさえ  様式をさえ  傘へさえ  鈴の音がさえ  さびしい、さえ  ここにさえ  歴史をさえ  様にさえ  面会をさえ  力に満ちながらさえ  耳をさえ  知がさえ  ピカピカとさえ  目のさえ  ことばのさえ  訳をさえ  明知がさえ  名人の鋭くさえ  腕がさえ  空は青黒くさえ  目が鋭くさえ  目を光らして見送ると、さえ  ことばがさえ  ことばがさらにさえ  ことばがいよいよさえ  声がさえ  秋日がさえ  知恵がさえ  声がそろそろとさえ  手際がさえ  声もまた鋭くさえ  なにものも見のがさぬさえ  名人のさえ  面がさえ  ほかにもこんなさえ  頭は冷たくさえ  子分たちのもてあそんでいるさえ  ガラガラポーンと伏せて、さえ  のどかにさえ  顔を抑さえ  つもりでさえ  三十日後でさえ  花藪陰のおどろがさえ  パンにさえ  慄然とさえ  大洲領内へさえ  恋愛をさえ  耳いよいよさえ  自分自身へさえ  子供に対してさえ  大浜へさえ  頭がさえ  学資をさえ  食物娯楽をさえ  風は落ちて、さえ  気持にさえ  身近にさえ  道聴塗説をさえ  米人でさえ  私共でさえ  欠点をさえ  苦悶をさえ  燕をさえ  経済思想をさえ  雌蝶をさえ  異国をさえ  弓勢にさえ  僕はね、さえ  獣身をさえ  光の青くさえ  主にさえ  小唄師をさえ  何となく英雄的にさえ  感傷的にさえ  様子もなくさえ  話がきまってさえ  寝所へさえ  帯刀をさえ  群をさえ  髪が、憎らしくさえ  妙に恐ろしくさえ  月さえにさえ  男をさえ  悪意をさえ  奈落から拍子木がさえ  鎌などをさえ  計をさえ  机をさえ  



前後の言葉をピックアップ
サウロ  サウンダー  サウンド  サウンド・トラック  サウンド・ピクチャー  冴え    冴え  冴え渡り  冴えよ


動詞をランダムでピックアップ
しぼり上げにじら抱きこむ吐きだささがしまわる浮き上がら曇り拓けときふせ汗ばむ立ちすくむきれ買い戻せる着る見開けおど売払い祝せよ乱そ睨み合い
形容詞をランダムでピックアップ
若くっ強いいけ図々しくがんぜない手あついおしくきよくなからしぶき均しきくらい下らない差出がましい若々しい手強けれにくらしい拙く人がましく手厳したどたどしい