「おちつか」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おちつか[動詞]
九月廿二日秋雨しめやかである、おちつか  飽和して、しんみりとおちつか  このごろは兎角にそわそわしておちつか  笠もおちつか  私もおちつか  いつぴきとなりおちつか  枯葦のおちつか  読書におちつか  本物ではない、おちつけおちつけ、おちつか  心がおちつか  君、おちつか  心が淋しくおちつか  不安になっておちつか  不安でおちつか  ここに来たのに、来てみれば冷たいおちつか  出発せねばならぬかもしれないのでおちつか  ようなおちつか  腰をおちつか  チモフェーイチも、やっぱりおちつか  ざわざわしておちつか  心をおちつか  ここに来ておどろいたおちつか  露の、おちつか  雲かげもおちつか  眼などもおちつか  蒼ざめた、おちつか  どこかにおちつか  気をおちつか  針をみているが、すこぶるおちつか  気持をおちつか  和吉はおちつか  胸をおちつか  気分もおちつか  嘘だ、ちつとも早くおちつか  それはおちつか  身心をおちつか  蠅もおちつか  蘭竹のおちつか  福村も起き上っておちつか  極度におちつか  東南院におちつか  彼女を少しおちつか  底におちつか  後醍醐がおちつか  省作のおちつか  光厳帝は、いっそもう、おちつか  今夜はおちつか  喜平は少しおちつか  のかと思われて、むしろおちつか  鉄造はおちつか  ここへおちつか  こころをやわらげ、おちつか  次兄のおちつか  眼をおちつか  二人をおちつか  流転して、おちつか  旅はおちつか  尻のおちつか  樣な、おちつか  田代は、おちつか  索漠としておちつか  声を聞くと、やはり気味が悪くおちつか  船室に入ってくると、おちつか  エルネストをおちつか  私をおちつか  中には、ちらちらとおちつか  島におちつか  それはいかん、早くおちつか  人々をおちつか  日かなおちつか  気がわくわくしておちつか  なんかと、おちつか  不安で、おちつか  おしりのおちつか  気のおちつか  ことか、ちかごろなんとなくおちつか  つばさをおさめて、おちつか  鳩たちはどうしておちつか  いらいらしておちつか  自分をおちつか  何かおちつか  変におちつか  トーマスは、おちつか  気持ちはやはりおちつか  気持ちが、しだいにかれをおちつか  あたしたちだけでもおちつか  ふゆるであると考へて見てもおちつか  ます意だとといて居るがどうもおちつか  気もおちつか  一日が永く感じられ、なんとなくおちつか  いつ迄もおちつか  久保田君自身も、常におちつか  



前後の言葉をピックアップ
オチッコ  落ち着い  おちつい  落ちつい  落ち着か  オチツキ  落ちつき  落ち着き  おちつき  落ち着き


動詞をランダムでピックアップ
仇する組み合さ言ひ現せ際立てふき取っ相するたどら払い込め興すみかね下せよ殴ら歓ば取り毀し聞さ突っぱねるすりぬけ嗄れ消え去叩き付けよ
形容詞をランダムでピックアップ
やにっこく相容れない心細勿体なかっ切なやるせなきあぶなかろさみしかっ善う欲しけれなまぐさしろきか細いいろっぽいか黒き手がる重おもしかっこまかい睦まじい