「馳せ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 馳せ[動詞]
その頃文名を馳せ  心を馳せ  乃ち馳せ走りつ、馳せ  乃ち馳せ去りつ、馳せ  若者たちが馳せ  人馬の馳せ  天野源右衛門三十騎計りで馳せ  尋常ならぬ思ひを馳せ  時、馳せ  思を馳せ  中へも馳せ  伴れて馳せ  姿をお見かけいたしましたので、馳せ  輪なりに馳せ  家の子郎党達が馳せ  集合場に馳せ  まわりを烈しく馳せ  ために馳せ  過去へと馳せ  新興高級住宅地へと馳せ  四方へ馳せ  思いを馳せ  野末を馳せ  兵ども、それと聞き伝え馳せ  左とへ別れて馳せ  矢庭に馳せ  人の馳せ  影は馳せ  窓に馳せ  末におくれ馳せ  群集が馳せ  一方に馳せ  想ひを馳せ  いかがわしい境に馳せ  稲本を馳せ  静かに馳せ  応援に馳せ  オスワルドは、遅馳せ  人道を馳せ  城へ馳せ  われ知らず馳せ  家へ馳せ  そこへ馳せ  居間へ馳せ  心馬悪道に馳せ  勇名を馳せ  方へ馳せ  側まで馳せ  駸々と馳せ  縦横に馳せ  一行に馳せ  武者さえ馳せ  驍名を馳せ  許に馳せ  周囲に馳せ  これは馳せ  旗下に馳せ  原始時代に馳せ  門下に馳せ  筆が馳せ  から、まだ馳せ  山を馳せ  二十間ばかり勢いよく馳せ  宙を馳せ  本陣へ馳せ  援軍に馳せ  人が馳せ  群集が飛び廻り馳せ  ようにして馳せ  ように、馳せ  営内靴で馳せ  英俊精猛が馳せ  麾下に馳せ  陳留へ馳せ  山上から曠野まで馳せ  命令一下京都に馳せ  大軍を馳せ  むような眼差を馳せ  本多平八郎忠勝馬をおどらせ馳せ  方へ遮二無二に馳せ  銅鉾を叩いて馳せ  死体を背負うと、馳せ  訓令して、馳せ  味方に馳せ  危急に馳せ  洛陽へ馳せ  使いを馳せ  早馬で馳せ  急に馳せ  徐州城へ馳せ  即刻、馳せ  馬車が馳せ  後から後へと続々と馳せ  全仮装舞踏会は、馳せ  三百余騎で馳せ  名声を馳せ  屍をたずねて馳せ  丹陽に馳せ  名を馳せ  反対に馳せ  方面へ馳せ  華容道へ馳せ  救いに馳せ  桂陽城奪取に馳せ  武陵へ馳せ  馬をとばして直ぐ馳せ  橇を馳せ  上を馳せ  麓から使者が馳せ  船を飛ばして馳せ  戦場へ馳せ  呂蒙呂蒙、馳せ  そこに馳せ  山中へ馳せ  左に馳せ  独り八尋屋を馳せ  援に馳せ  勅使を馳せ  それを通さじと、防ぎに馳せ  直ちに踵をめぐらせて馳せ  文名を馳せ  上に思ひを馳せ  真ん中を馳せ  前を馳せ  昔に馳せ  熱海をさして馳せ  のだといって馳せ  知らせで驚いて馳せ  彰義隊に馳せ  伊香保をさして馳せ  急を知って馳せ  空に馳せ  重傷を被らせ、馳せ  場に馳せ  本隊へ馳せ  会津へ馳せ  下に馳せ  魂の馳せ  乾坤に馳せ  箱庭に馳せ  足早に馳せ  須利耶さまは、馳せ  間を馳せ  大木へと馳せ  清川八郎とが馳せ  廊下を馳せ  四方を馳せ  越後に馳せ  井戸側へ馳せ  風みたいに馳せ  心は馳せ  洛中洛外を馳せ  処まで馳せ  君が馳せ  京中京外を馳せ  米友が馳せ  名として馳せ  さを以て馳せ  距離を馳せ  如くに馳せ  直ちに長浜に馳せ  長浜まで馳せ  戦場に馳せ  瀬兵衛敵中に馳せ  二時頃には馳せ  鐙を合せて馳せ  其間に馳せ  中に馳せ  ぐらに馳せ  物も取り敢えず馳せ  お祭も馳せ  敵は馳せ  枕頭に馳せ  落葉を踏み砕き、踏み響かせて馳せ  上方へ馳せ  東海道を馳せ  京都に馳せ  方まで馳せ  右往左往に馳せ  ソレッと言って馳せ  やうに馳せ  懐古に馳せ  馬を馳せ  先頭に馳せ  んと馳せ  君命を果さうとて馳せ  東国下野へ馳せ  夜ッぴて城戸へ馳せ  京へ馳せ  方向に向って馳せ  原へ馳せ  武者が、馳せ  宮方へも馳せ  誰かが、息せき切って馳せ  まま宮中へ馳せ  警固五十余騎も馳せ  一散に馳せ  笠を突いて馳せ  そのまま江戸へ向けて馳せ  一議に及ばず馳せ  旨をつたえに馳せ  山へ馳せ  ここへ馳せ  一番に馳せ  山風寒いのみで、馳せ  輦下へ馳せ  ため、馳せ  覚悟して馳せ  駒を馳せ  馬前に馳せ  目を馳せ  ひとりに馳せ  長年が馳せ  境内まで馳せ  そくえに馳せ  大変が起ろうも知れぬ、と馳せ  左へ馳せ  陣屋へ馳せ  海道を馳せ  争ッて馳せ  全速力で馳せ  それぞれ村へ馳せ  谷間へ馳せ  真直に馳せ  傍を馳せ  ウワッと叫びながら馳せ  狂的に馳せ  坂を馳せ  長崎孫四郎左衛門、すぐさま馳せ  郷武者ばらも馳せ  山門まで馳せ  敵中へ馳せ  これへ馳せ  武者までが、かほどまでには馳せ  千種忠顕以下、たれもが驚いて馳せ  近国からも馳せ  持明院殿へ馳せ  男女がおくれ馳せ  海岸を馳せ  ところへ馳せ  車力はついに馳せ  中村へ馳せ  辻へ馳せ  時を逸して、馳せ  昼夜なく馳せ  後陣も馳せ  ついで、馳せ  それらも馳せ  使いにて馳せ  麾下にあれば、不日、ごく近々には馳せ  まっしぐらに馳せ  道へ馳せ  一人で馳せ  そちが馳せ  いまごろの馳せ  こへでも馳せ  一大事ぞと、あわてて馳せ  加勢に馳せ  新手が馳せ  もとへ馳せ  一日も早く馳せ  ほか数百騎をひきつれて馳せ  ままにして馳せ  まま会津征伐に馳せ  背を馳せ  南へ馳せ  向うより勢いよく馳せ  警官が、息せき切って馳せ  伊達政宗も後れ馳せ  ムク犬が馳せ  東京から自動車で馳せ  歓声をあげて馳せ  雨中を馳せ  ムリヌウに馳せ  のが馳せ  身の上に馳せ  期成同盟に馳せ  極端から極端へ馳せ  兵がやがて馳せ  援軍が馳せ  所へ馳せ  歴史に思ひを馳せ  方へと馳せ  御陵隊へ馳せ  町役一同、馳せ  意にもかけず、馳せ  女芸人として名声を馳せ  それの馳せ  全力をあげて馳せ  電車に乗って馳せ  手前、早速、馳せ  声やら、馳せ  そのままバタバタと馳せ  電車の馳せ  静かに心地よく馳せ  ホールへ馳せ  方にのみ馳せ  振りかえりつつ馳せ  ほうへ馳せ  やうに、馳せ  森に馳せ  階段を馳せ  胸まで馳せ  祖国イスパニヤに馳せ  国々より馳せ  者が馳せ  郊外に馳せ  北の方へ馳せ  部下三四百を率い、馳せ  ニュース面に馳せ  特に当時盛名を馳せ  自動車で馳せ  盛名を馳せ  末大名を馳せ  間に馳せ  冥界に馳せ  ちょかと馳せ  物ずきに馳せ  手にして馳せ  カーキ服が馳せ  男が、馳せ  都へ馳せ  急ぎ人を馳せ  通り雨が馳せ  急を聞いて馳せ  相手を追い散らし、馳せ  武士が馳せ  演劇も後れ馳せ  ときおくれ馳せ  女中が馳せ  由良一座に馳せ  間断なく馳せ  自動車が入り乱れて馳せ  ガタガタと馳せ  巡査が馳せ  童飛ぶごとくに馳せ  疾風のごとく馳せ  文学に思ひを馳せ  酒店に馳せ  納屋へ馳せ  鼠色ランチの馳せ  猿殿がこれから馳せ  比肩して互に馳せ  軍門に馳せ  西に馳せ  流れがやや濁って馳せ  塞北に馳せ  向側へ馳せ  想いを馳せ  生返事しながら馳せ  一躍して馳せ  俄かに馳せ  价を馳せ  大阪城に馳せ  世界に馳せ  から次ぎへと馳せ  絶奥に馳せ  一人残らず馳せ  ぬかるみに馳せ  空を馳せ  催しに馳せ  人々は馳せ  其儘里へ馳せ  路に馳せ  そこへ、おくれて馳せ  子供達が馳せ  中を馳せ  艦隊が馳せ  音を聞いて馳せ  毎に、即ち馳せ  空想を馳せ  暮まで馳せ  蔭へ馳せ  方を振り向いた、爾して馳せ  室へ馳せ  停車場へ馳せ  物の具とってすぐ馳せ  現場に馳せ  若い女房、おくれ馳せ  丘を馳せ  狼は素早く馳せ  斥候が馳せ  それを引きずりながら、馳せ  向うへ馳せ  ところまで馳せ  前へ馳せ  武蔵国へ馳せ  邸へ馳せ  方を馳せ  鎌倉へ行こうぞと馳せ  時に馳せ  青楼へ馳せ  もとを馳せ  此事に依りて馳せ  腰越浦に馳せ  南側に馳せ  加藤判官六波羅に馳せ  里人ら驚きて馳せ  おのれは馳せ  壮士が馳せ  醫師一人が馳せ  車に乗じて馳せ  溝を馳せ  我は馳せ  新富町に馳せ  活動を共にしようと馳せ  自由を望んで馳せ  町に馳せ  三曲彼等忽ち馳せ  物に臨むがごとく、馳せ  愛を枉げずば即ち馳せ  騎士、馳せ  上に馳せ  火事ありと思いておびただしく馳せ  二人が馳せ  水桶を倒して馳せ  無鉄砲に馳せ  夢中に馳せ  われらは馳せ  恃處に馳せ  輝に馳せ  汝が馳せ  柱脚に馳せ  ヨハネ共に馳せ  指揮下に馳せ  軍隊が馳せ  不破河内守等が馳せ  一時盛名を馳せ  翼を馳せ  白帆が馳せ  車を馳せ  一時文名を馳せ  大分緩くりと馳せ  以外に馳せ  極端に馳せ  才名を馳せ  歯車の軋り、飛び違い馳せ  我もと馳せ  ここにもまた馳せ  合言葉にかけて馳せ  上下に馳せ  びっくりして馳せ  ウマを馳せ  助力に馳せ  もとに馳せ  群衆が馳せ  プリムスに馳せ  前に馳せ  夜明けごろからエセックス邸に馳せ  新を抱いて馳せ  遲れ馳せ  自動車を馳せ  宙に馳せ  不意に馳せ  昆虫館へ馳せ  駕籠はついに馳せ  掛け声を掛けながら馳せ  裏門まで馳せ  建物へ馳せ  追っかけ追っかけ、馳せ  一団が馳せ  武士は馳せ  小山へ馳せ  小山を馳せ  谷底を目掛けて馳せ  大勢の馳せ  昆虫館をさして馳せ  其しらべの苦るしさ、馳せ  用もあればと馳せ  国を馳せ  夢路を馳せ  内に馳せ  四方に馳せ  南から北へまっすぐに馳せ  南から北へまつすぐに馳せ  うえに馳せ  築港にまで馳せ  坂道を、そぞろ馳せ  武者修行どもが馳せ  清須から馬を馳せ  大高表に馳せ  空にして馳せ  暫時失敬して馳せ  庄次郎が馳せ  想を馳せ  流眄を馳せ  往来を馳せ  競馬場へ馳せ  上から下まで馳せ  唯一息に馳せ  彼は、馳せ  場内を馳せ  



前後の言葉をピックアップ
弾ん  はずん  ハズンバ  はせ  派せ  馳せよ  はせあつまっ  派生  はせがわ  長谷川


動詞をランダムでピックアップ
騒げるさしかけ痛めるおもひよ過ごそまごう抱こ明け渡さうかびあがらはぶき泣く尽し背い汲み取呻か輸しわりこむつみかえる遇う昇り
形容詞をランダムでピックアップ
よくっまるかっ豪いちいさく願わしい気味が悪かっ厭わしく思しく渋し久しかっあわただしき涙ぐましかっ勿体なかっまずい見よいわるきそらおそろしいこわくっおそろしかっ弱けれ