「ひよ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ひよ[動詞]
ひきずつてきて、ひよ  樹明君がひよ  街を歩いてゐると、ひよ  ところへ、ひよ  私もひよ  勝手にひよ  入口でひよ  肉体がひよ  汽車にでも乗れば、ひよ  べつ甲蜂がひよ  浴場をでようとすると、ひよ  子供がきらひよ  云ふならば、ひよ  役人と、ひよ  工合で、ひよ  かげからも、ひよ  長居してをれば、ひよ  んだらうが、ひよ  バケエがひよ  身体を押したのでひよ  建築師は、ひよ  これはひよ  姿をひよ  時はもう、ひよ  一人でひよ  野狐は化けてひよ  佛蘭西語に直すと、ひよ  しかし、それにしてもひよ  体はひよ  後にひよ  花がひよ  晨がひよ  そこへひよ  嵬がひよ  間に、ひよ  るり、ひよ  ぴき引いて、ひよ  ものはなしにほひよ  人がひよ  風ひようひよ  ぼつて、ひよ  私達を強ひよ  のだが、ひよ  廿年もすれば老ぼれてひよ  鳥はひよ  さをどりひよ  とりさんも、ひよ  とりさんとひよ  内心、ひよ  一人にひよ  舌打ちと共にひよ  私、ひよ  典型とは大いに異り、ひよ  お父さんは、ひよ  男はひよ  機會にひよ  扮裝でひよ  つて手にしなかつたひよ  買つておもらひよ  今晩は寒い、ひよ  とき、ひよ  のだけど、ひよ  果ては、物凄いひよ  親しみを感じ、ひよ  山岸外史とひよ  処がひよ  やうにしてひよ  誰も考へるが、ひよ  ためにひよ  顔でもひよ  寄席へも、ひよ  虫がよすぎるとしても、ひよ  思つてゐるかも知れないが、ひよ  義務さへも強ひよ  おかめ、ひよ  私がひよ  父がひよ  しまつたが、ひよ  梧桐がひよ  夕方にひよ  幅なしにひよ  芽生がひよ  腺病質でひよ  時父はひよ  それから、そのひよ  間は、ひようひよ  以前はひよ  鼠がひよ  芸者がひよ  竹杖にひよ  ものは、ひよ  ことは、ひよ  千恵はひよ  母さまはひよ  故もなくひよ  俺はひよ  脚ばかりがひよ  われがひよ  嘉吉がひよ  のは、ひよ  のにひよ  風の音さやかに聞えひようひよ  証拠、もしひよ  鬼、ひよ  狐、ひよ  娘達がひよ  云ふばつかりでひよ  から、或はひよ  つて居りますけれども、ひよ  葉ではじかれて、ひよ  のはひよ  大方四天王寺であらうが、ひよ  思つてゐたのに、ひよ  月がひよ  足元もひよ  禅海坊がひよ  風を観てゐると、ひよ  はいつて裏道を歩いてゐたら、ひよ  中から黄色い小さいひよ  ぢいさん、どうかそのひよ  字は飛んだひよ  なかに、ひよ  から、ひよ  最初はひよ  物腰に、ひよ  冷酷はしかし、ひよ  それはひよ  酒を強ひよ  夢中でゐたにしても、若しひよ  分ではひよ  ダラク、きらひよ  柳がひよ  やうに思へるので、ひよ  はるのひながのあをいうみひよ  ぴよつこりおふねがういたらばひよ  私に強ひよ  さだが、ひよ  里神楽のひよ  和尚様は、ひよ  念仏踊り、ひよ  家が、ひよ  男がひよ  場所をかえてひよ  竹藪から長久保宇治がひよ  表をあけて、ひよ  処でひよ  話が、ひよ  足でひよ  医者仲間にひよ  わしも、ひよ  彼はすこしひよ  五尺七寸ほどの、痩せてひよ  人影はひよつくりひよ  般若とか、ひよ  天狗とか、ひよ  先にでも、ひよ  自殺らしくは見えるものの、ひよ  今、ひよ  これは、ひよ  下にいかにも強ひよ  のだらうか、ひよ  日鶉がひよ  やうに、ひよ  支那人がひよ  家が多く、たまにひよ  いつしよにひよ  富士がひよ  行つたのをひよ  女も、ひよ  詩をひよ  どこかにひよ  うちに、ひよ  苦心骨折があり、ひよ  しかし、ひよ  義母はひよ  夢中に噛んで、ひよ  光景がひよ  自分がひよ  概念は、ひよ  妻がひよ  窓があいて、ひよ  これもひよ  つて、ひよ  まなざしには、ひよ  青坊主がひよ  小僧子がひよ  ものであらう、ひよ  者はひよ  越後新報社へひよ  ジョーヌはひよ  粗服をひよ  馬の背なぞにひよ  打算からとも思はれないし、ひよ  つもりで、ひよ  ニユツとひよ  唐紙を開けてひよ  一日ぐらゐは、ひよ  不思議さに、ひよ  うちにひよ  思つて、ひよ  歩きつきがひよ  肩に懸けてひよ  抜き足でひよ  醫學士夫人として神田に居るから、ひよ  頃から彼はひよ  対岸にひよ  住職がひよ  どこかでひよ  中に或ひはひよ  ふいにびくびくつとしたり、ひよ  寄りでひよ  皿をね、かうひよ  それがかうひよ  所へひよ  それをひよ  身もうかりひよ  やうに思ひ、ひよ  夏前、ひよ  黒岩万五がひよ  突先がひよ  たましひよ  焼くるにほひよ  気ちがひよ  行つてお聞きになると、ひよ  んだが、ひよ  中に、ひよ  自分のかげはひよ  家根へひよ  学生がひよ  最後にひよ  顏がひよ  友達がひよ  ところで、ひよ  祖父は、ひよ  時分に、ひよ  小径へひよ  これにもひよ  三日にあげず、ひよ  訂正をして居て、ひよ  前へひよ  ひさし下に、ひよ  のも、ひよ  つて兼次はひよ  プラットフォームで、ひよ  時にひよ  脚をひよ  白首のひよ  皮膚が焦げてひよ  かたわれがひよ  あすにでもひよ  気がしてひよ  刻ほどにひよ  様子ながら、まだひようひよ  限りを尽すだらうが、ひよ  机にむかつたら、ひよ  つたのではあるまいか、ひよ  珍らしく、ひよ  六月にひよ  つた権はひよ  此をひよ  扉を、ひよ  近く梨の木がひよ  一節ごとにひよ  かば過にひよ  頭をひよ  ものがひよ  毎に、ひよ  ボクきらひよ  やうにひよ  彼はひよ  さでもつて惹きつけられてゐますので、ひよ  脚どりがひよ  親爺がひよ  風情にひよ  あたりから鬼やひよ  んだ、ひよ  僕は、ひよ  進歩はひよ  君もひよ  それが、ひよ  餅もひよ  主人がひよ  断髪はきらひよ  あんばいにひよ  青年たちがひよ  併しひよ  のがひよ  嬢さんがひよ  夫人としては、ひよ  手腕にかけては、ひよ  目まひをさへ感じはじめ、ひよ  つもりでも、どうかすると、ひよ  化物がひよ  中には、ひよ  物も、ひよ  ひつそりとはひよ  犬がひよ  神様がひよ  二つ、ひよ  操吉が、ひよ  ことかひよ  ものなどが、ひよ  愛が、かうしてひよ  うちにまたひよ  おれには、ひよ  女房子だの、ひよ  ことを思ひあはせ、ひよ  嫁さんは、ひよ  つて來てくれないか、おいひよ  

名詞

ひよ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ヒヨを一羽拾うてきた  ひよつくり帰つて来た  ピヨちゃんと言う  ひよつこを奪ひ去る  ひよつくり浮び上つた  ひよひに脱ぎて  ひよつくり浮んできました  ひよつくり頭を出す  ひよがしきりに叫んでゐます  ひよつこりとでてきませんか  ひよつこりと帰つて来る  ひよつくり變てこな夢何かを見てね  ひようきんさうに鼻高のシラノのやうな見  ひよつくり讀みあてた  ひよつこりと現れた  ひよつくり出  ひよいひよいと靴のかかとを見せて行く  ヒヨを打ち落した  ひよいひよいと二歩で飛び越せる  ひよいひよいと飛び越した  ひよいひよい歩いてるから  ひよつくりバサウリュークが姿を現はしたの  ひよつくり出つ会した  ひよつくりこつくり  ひよつくりその美しい顏を出した  ひよつくり現れた  ひよつくり出て来て  ひよつくりそれを思ひ出した  ひよどりが羽根をひろげて  

~ ひよ[名詞]1
敬君がヒヨを  中でひよひよ  次郎がヒヨ  來たかひよ  ピヨトルをピヨ  にこにことしてひよ  うしてひよ  ウヅラやヒヨを  なつてひよ  枝にいるひよ  

~ ひよ[名詞]2
普通ひよ  

複合名詞
ひよろひよろ大根  ひよろ  樹明君ひよ  ひよ鳥  ひよろひよろ  ゆびよ  ひよツくり俊男  ひよツ  ろひよろ  言ひよつて  云つてひよろ  違ひよ  ひよろひよろ桜  コツピヨ  伝ひよ  ろひよろ生  云ひよ  ひよっ子  ひよッ  ヒョくり顔  言ひよ  貰ひよ  なす願ひよ  愁ひよゆ  大間違ひよ  しまひよ  謝安石ヲ用ヒヨ  ひよウ  ひよめ  ひよろひよろ畑  松原ひよろひよろ松  ひよら  かお買ひよ  ひよつくり  占ひよ  二歩三歩ひよろ  払ひよ  以来ヒヨ鳥  願ひよ  位ひよ  笑ひよ  ひようし  出来損ひよ  ひよいとこ  間違ひよ  唄ひよ  張り合ひよそれぢ  気違ひよ  拂ひよ  拂ひよお前さん  經つてひよ  臭ひよ  ひよふし  ひよひよ  後世ひよ  つてひよろ  買ひよ  歡びよ  ひよくりひよく  くりひよくり  ヒヨマ行上二段活用  ヒヨマ行上一段  使ひよ  



前後の言葉をピックアップ
ヒョーソー  ヒョータン  ビョービョー  干よ  ひよ  ピョイピョイ  費用  飛揚  日傭  日傭取


動詞をランダムでピックアップ
苅れ乗り回そねめいてつか過ぎ去らぬかし失くなる物思っ書き入れ繰り出すめくろこおら握りしめ押しかけむかっ包み込ん亡くな肥えるときめか呼び付けよ
形容詞をランダムでピックアップ
人間らしからおそろしやばたゆからほど遠い堆きか細遅う怖くっいとおしい烈しいえがたし度しがたきおしくいやらしもったいなかっ望ましから明るいあおう