「はせ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ はせ[動詞]
ほんとうに気が違ってしまいはせ  ヂュリエットあい、ちがへはせ  籠を出しておきはせ  エンヤラヤ力をあはせ  あじあはせ  一枚、とりあはせ  そばにゐあはせ  手の平をくみあはせ  分裂にまで押し進みはせ  間にあはせ  立像手をあはせ  移り香をただよはせ  わたしのあはせ  たまをふれあはせ  ひとつひとつにつづりあはせ  涼風をただよはせ  札をあはせ  中をうろうろうろうろはせ  はじめ翁まで、居あはせ  故事におもひあはせ  上下、あはせ  瞳をみあはせ  テキストと讀みあはせ  目をあはせ  名をはせ  肉のはぜ  やつぱりここでも食へはせ  五五十鈴川口のはぜ  情景相かなはせ  目路をなげかはせ  背中あはせ  うに気持をあはせ  桃葉をあはせ  言ひあはせ  身受けをされてしまいはせ  想ひをはせ  肩を震はせ  挨拶をかはせ  其處に住まはせ  さわって、はぜ  手をあはせ  声をあはせ  人間そこまではせ  事に引きあはせ  足を震はせ  反抗心なんて現はせ  ためにどうかしてしまいはせ  さまよはせ  茶博多のはらあはせ  縒りあはせ  母存生しておはせ  上野殿だにもおはせ  音がして、なにかはぜ  守夫に負はせ  果のはぜ  言葉にもあらはせ  やうにおはせ  あるかないかになってしまいはせ  小僧ふたりが居あはせ  顔をみあはせ  拳を震はせ  ようにはせ  弟子たちに押し附けようとはせ  国に住まはせ  ほのぼのにほはせ  それへはせ  傷けはせ  二手の内何方へ向はせ  画面では現はせ  よくをはせ  全身を震はせ  われに負はせ  殺害してしまいはせ  逃げかくれてしまいはせ  言葉ではいひあらはせ  身を震はせ  コチヨウして小さくしてありはせ  宿に泊りあはせ  冬になると、焼きはぜ  家庭もあろうが、焼きはぜ  古城へはせ  目にあはせ  ゲエテに向はせ  火ははぜ  声を震はせ  掌をあはせ  聲をあはせ  早々先へはせ  交錯を思ひあはせ  気味をさへにほはせ  傍に住まはせ  われわれを住まはせ  曠野をはせ  豆をはぜ  天子でおはせ  盛名をはせ  身内に住まはせ  邪悪を負はせ  考へあはせ  内に向はせ  枕を奪はせ  上に組みあはせ  魚類を住まはせ  爆音にあはせ  不貞の女子に計はせ  襟をあはせ  父も死にはせ  漆かはぜ  まわりをはせ  手つきをして、ありあはせ  吉野山中に迷い込みはせ  ように、しめし合いはせ  微笑を絶えずただよはせ  脚を震はせ  さが現はせ  人々に負はせ  帳場に居はせ  顔を見あはせ  五人二題づゝ、あはせ  薄笑ひをただよはせ  気持が表はせ  そこに有りあはせ  誰彼さそひあはせ  豆がはぜ  辺に住まはせ  姑の病みておはせ  椎茸つけあはせ  合図にあはせ  歩調をあはせ  問ひあはせ  車を外してしまいはせ  土地に住まはせ  傷を負はせ  めあはせ  殿、覚えておはせ  感受性を震はせ  人は決して喜びはせ  辻褄をあはせ  云ひ現はせ  者に会いはせ  番組など、どう進もうが、かまいはせ  人は、はぜ  東国へはせ  一番目二番目に組みあはせ  しか届きはせ  夜半にでも着きはせ  奴隷たちを住まはせ  魚が疲れてしまいはせ  そこらをはせ  尾をひいてはせ  そんなしあはせ  失恋などはせ  チーズを盛りあはせ  明りをただよはせ  本尊を信じようとはせ  小幡伊織が居あはせ  救ひ、あはせ  味方にはせ  爆発してしまいはせ  夜明けまで置けば凍え死んでしまいはせ  東海道をはせ  ことだ、とても死にはせ  所へ立ち退きはせ  役人に化けおはせ  額には、はぜ  猛烈にはせ  ことははせ  手にはせ  土になっても厭いはせ  身体が消えてしまいはせ  小生に少くともさうおもはせ  麦のはぜ  枕許にはせ  病気がすすみはせ  しかねはせ  吹雪をはせ  三人ひとしくはせ  明治時代に生れあはせ  支流をあはせ  つた歴史と思ひあはせ  事件を繰りあはせ  照しあはせ  つてなれはせ  汽笛にあはせ  友とをあはせ  上にはせ  目をつぶって、はせ  物にせおはせ  唇を震はせ  抽象にはせ  河口の浅きにのみはおはせ  生命とをあはせ  末長谷梵宇明王のふるきをもつてあたらしきにゐはせ  先き追はせ  思いをはせ  客がはせ  行水をつかはせ  弁当でもつかはせ  蔵してありはせ  面をつきあはせ  桜におほはせ  小橋に名おはせ  姪を住まはせ  武鑑に載せてありはせ  乘りあはせ  リイムをあはせ  表現にあるとはせ  請ひあはせ  番頭に負はせ  手を結びあはせ  物羨みはせ  千枝松をよもや忘れはせ  歌もおはせ  観照に向はせ  風物に絡みあはせ  古代国語とつきあはせ  黒眼が流れてしまいはせ  借りに行くといいはせ  音をたててはぜ  身体を震はせ  父にておはせ  母にておはせ  友禅染を打ちあはせ  風物を詠じ、あはせ  詩である故に、あはせ  戯曲でなくては現はせ  消費せられるか、またはせ  遠見に、はぜ  色を薄くはせ  夕涼みのとりあはせ  歌をあはせ  無数によりあはせ  下僕に負はせ  文章をあはせ  疎略にはせ  隠れをはせ  必要だつたが、ありあはせ  デウベン城をただよはせ  つた性格に負はせ  教へ、あはせ  胸を震はせ  眞人間扱ひはせ  羽をかぼそく震はせ  爾だ更に初めても構いはせ  紙面では書きあらはせ  力をあはせ  統計的に考へあはせ  肉体が圧し潰されてしまいはせ  方へ奪はせ  葉をうまくとりあはせ  二人住まはせ  ふしあはせ  言ひあらはせ  古今集に照しあはせ  相聞二人でかけあはせ  間違へられはせ  ゼとあはせ  組あはせ  心をあはせ  金を遣はせ  牒しあはせ  手なりたがはせ  幸おはせ  ことをもあはせ  のは見あはせ  與へはせ  味ははせ  前ににほはせ  男たち、あはせ  絃を掻き鳴らしながら、それにあはせ  窮乏に堪えよ、などとは説きはせ  発車を待ちあはせ  のははぜ  土手にはせ  人々が驚いてはせ  顏を見あはせ  風を引きはせ  しの生命が断れてしまいはせ  氣を起しはせ  拳固を震はせ  兩手あはせ  ためであらう、あはせ  名を負はせ  背中にせおはせ  女じゃで、言いはせ  雲にまがはせ  木刀をつかはせ  誰ぞ、早く行かねば、間にあいはせ  雲を震はせ  ようにはぜ  ように撓はせ  夜の疲れゆくゆめとあはせ  ナニ現われて来ずとも少しも構いはせ  探偵が進みはせ  事を聞きはせ  二木をあはせ  与力同心を住まはせ  人に遇いはせ  大かたこれにあはせ  火にパチパチはぜ  どこをはせ  ことを願うても叶いはせ  声が、何ぞに乗りつかれでもしはせ  荷物を負はせ  知らない青年になってしまいはせ  藥にも、ありあはせ  云々あはせ  もの同志を掛けあはせ  わたしゃ影でも厭いはせ  わたしゃ蔭でもいといはせ  児にて、おはせ  道に迷うておはせ  私は拒みはせ  それをまぜてねりあはせ  性格をあはせ  二人ははせ  一団にはせ  齒をかみあはせ  身を負はせ  笛にあはせ  空をわけてはせ  のち顏をみあはせ  誰なるやをそのはせ  彼等のはせ  さま恰もはせ  ガラガラにゆるんでしまいはせ  それより、はぜ  秋口のはぜ  たい、はも、はぜ  ただちに西方相撲連のしたくべやにはせ  水をはせ  天にむかはせ  彼等みな聲をあはせ  こなたにはせ  歌にあはせ  節をあはせ  器にあはせ  あゆみにあはせ  足をあはせ  山にはせ  圓にむかはせ  歩みにあはせ  調にあはせ  毛等を結びあはせ  文とあはせ  善にむかはせ  参詣、はせ  声がはぜ  三騎がはせ  神田鍛冶町へはせ  節にあはせ  句に現はせ  思をはせ  差図などはせ  自転車から唇を震はせ  唱へなれたるにあはせ  坊さんが通りあはせ  むりに住まはせ  野山をはせ  背中を震はせ  当時名声をはせ  里に住まはせ  声あはせ  叙事詩にあはせ  はしやはせ  山なみははせ  生命は死にはせ  艪拍子をあはせ  如何がはせ  聲をはせ  間にはせ  翅を震はせ  私が行きあはせ  足にあはせ  籐のはぜ  明日へ立ち向はせ  後光を負はせ  通りあはせ  體驗にひきあはせ  苦心をあはせ  ことを思ひあはせ  顔などはせ  余言ついでにあはせ  愛に溺れ、ならはせ  涙声を震はせ  行ひ正しくおはせ  



前後の言葉をピックアップ
外れる  はずれれ  弾ん  はずん  ハズンバ  派せ  馳せ  馳せよ  はせあつまっ  派生


動詞をランダムでピックアップ
廃ら見逸れきりつけ引裂けぶり返す振切っうきあがらゆであがっかがやい出来上がりくりあげ受入れん明け渡す殺気立ち不貞腐れ鎮まる聞き糺さ疲れはてる申し渡す悦ん
形容詞をランダムでピックアップ
目映ししげいうら悲し情深軽々しく自慢たらしい多きなまめかし義理堅とおくばた臭くはばひろき面倒くさい著き手荒き無からいまいまし見にくいおおく