「返し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 返し[動詞]
問ひ返し  静かに考え返し  切符を返し  スイッチを返し  羽根を返し  胸で想い返し  道へ引つ返し  一緒に返し  中で思ひ返し  お母さんがきき返し  病院までひき返し  きれいに返し  挨拶を返し  小言を言って、居ないと言って返し  のと揉め返し  手を握り返し  からお金を返し  論陣へ返し  舟に返し  時に返し  朱を加えて返し  原物を返し  巌が返し  方へ引つ返し  茶碗を返し  胴乱を投げ返し  言葉をとり返し  奮ひ返し  価を訊き返し  次第、すぐ返し  伝右衛門は、干して返し  病気がぶり返し  臼を挽かせたり、よくないといって返し  やうにあわてて逃げたが、すぐまた思ひ返し  このごろボオドレエルを讀み返し  着物を返し  俄に返し  マミミを返し  踵を返し  恩だけは返し  恩を返し  恨を返し  恨みを返し  恨みも返し  釵はもう返し  吃驚して訊き返し  もとに返し  始めに返し  裏を返し  金を返し  後へ返し  昔に返し  あれだけは返し  一時お前に預けたが、是非とも返し  お願いだ返し  女が囁き返し  眼を返し  びすを返し  座布團をうら返し  ポケットに返し  中風がぶり返し  瘤を返し  ものを返し  ピアイラグに訊き返し  ことなど思ひ返し  苦労と、思ひ返し  力を持ち返し  ものをどうか返し  あれを返し  あれは本当に返し  あとから表を返し  事情を話して返し  親分を呼び返し  繻子鬢のくずれを手早く梳き返し  こっちへ返し  目を返し  馬を返し  庄吉に返し  半分だけ返し  先方から袈裟料とでもして返し  剣を振り下すと同時に返し  御新造様を返し  それで返し  そのまま足を返し  手をじっと握り返し  ことを云って返し  壺をひつくり返し  足を返し  これを返し  考へ返し  明日には返し  空港から町へひき返し  車を返し  石家荘まで行き、引つ返し  斯うも思ひ返し  金は返し  母様に云って返し  瞳を返し  方へ返し  姉妹に返し  道を引つ返し  停車場司令部はごつた返し  から北京へ返し  ために引つ返し  息子を返し  お父さんが、返し  ぐりぐりと返し  鏡子は立つて行かうとしてまた思ひ返し  人々でごつた返し  十倍に増して、返し  上野まで引つ返し  十粒にして返し  つて笑ひ返し  顔を睨み返し  借金を返し  末節をよみ返し  顔をみつめ返し  声をしぼって呼び返し  紙入れは返し  冷罵し返し  先生に返し  云ひ返し  身を返し  公債を返し  本を返し  全部妻君に持たせて返し  鍵を返し  それを返し  時に渡して、返し  行つて置いて、返し  豊君を返し  金さえ渡せば返し  胡弓は返し  ポール公に返し  それを睨み返し  怒声を叩き返し  気当を返し  ヒラリと返し  百倍にして返し  ように返し  此方に返し  礼を返し  切符は返し  ソーッと読んで、返し  荷物でごつた返し  家に行くから、返し  杯を返し  三倍にして返し  本を又よみ返し  睥み返し  女はあわてて呼び返し  後方へ歩き返し  女に返し  普通に礼を返し  価値にまで返し  船長が訊き返し  札を返し  褒美ほしさに返し  小女を呼び返し  気を返し  膝を返し  オルゴールを返し  うちはごつた返し  あたりはまだごつた返し  さらさら蓬思ひ返し  中間へ返し  言いなり次第にうっかり返し  子を返し  うちに返し  心をひつくり返し  記憶を呼び返し  幾度もひつくり返し  仇で返し  基地を返し  城に返し  先刻おれが返し  松明を呼び返し  秘帖は奪り返し  手に返し  前借證を返し  彭に返し  前借証を返し  言ひ返し  十倍にして返し  辞令は返し  銭を返し  上に掃き返し  踵をぐるりと返し  上へ返し  我慢して訊ね返し  手紙を返し  ふたりへ返し  御用人様へ返し  阿波へ返し  誰かに移し返し  客に移し返し  レザールは驚いて訊き返し  不思議そうに訊き返し  足もとに投げて返し  袴腰を捻返し  一に返し  がんどう返し  綺麗に返し  品物を返し  息を吐き返し  容子を、なつかしく思ひ返し  刃を返し  中へ返し  子供を返し  ように、訊き返し  書棚へ返し  元価で返し  尋常では返し  一ツ目は訊き返し  ように訊き返し  ゆっくり噛み返し  ゆつくり噛み返し  滝本は、思はず怒鳴り返し  そいつを返し  ローラを呼び返し  折角八重さんを奪ひ返し  主人に返し  岩を返し  私に返し  心を喚び返し  俥も返し  中に寄せつ返し  銀色に射返し  手をきつく握り返し  君が握り返し  彼女に返し  ぱちんと鞘へ返し  出羽、斬り返し  自分目蒐けて投げ返し  住家へ返し  桜枝町から踵を返し  役所に返し  平次は飛ぶが如く取つて返し  許へ返し  みねを返し  態度で訊き返し  それは改めて返し  ちよいと返し  親仁に返し  手許に返し  眦を返し  新一郎は、呼び返し  どれ、返し  返しなつたら、返し  わたくしに返し  財布は返し  後、活かして返し  灰色によせては返し  寅二郎に返し  陸上へ返し  夫を返し  吃驚りして訊き返し  友達には返し  ポケットへ返し  場所へ返し  にわかに呼び返し  二回を返し  無理に押し付けても、とうとう返し  どこで逢ったと訊き返し  年季が済めば返し  砕けた瓦を拾って投げ返し  本をよみ返し  玩具箱を引くり返し  勇気をもり返し  後ろで呼び返し  駒を返し  手のひらを返し  気をもり返し  正常波をよび返し  鏡をとり返し  仇を返し  ものだといって返し  金を至急返してくれ、もし返し  百円を返し  車になっては、どう詫びて返し  頽勢を一気にもり返し  敵へ返し  屍を返し  貂蝉へ、それとなく返し  歩を返し  底を返し  静かに云い返し  げに云い返し  日傘を返し  ことを知っていたが、どんなに頼んでも、返し  それ、返し  神月君に返し  ここへ置いたって、返し  小田を返し  本国へ返し  軍を返し  砲門を睨み返し  戦線へ返し  家中はごった返しに返し  熨斗をつけて云い返し  玄徳も云い返し  がらかに云い返し  本を少し返し  レボリューションをよみ返し  思案して見ませうと一旦返し  それもかうまとめて讀み返し  軍隊に返し  こだまを返し  のを返し  仕組みで、どうしても返し  曹操へ云い返し  天子に返し  二品を返し  手へ返し  指を返し  都へ返し  唾して云い返し  顔を眺め返し  雑音を織返し  ところから訊き返し  金は必ず返し  女がいい返し  首を返し  面喰って訊ね返し  口なんかきいてやらないぞ、と負けずにどなり返し  圏点をつけたりして返し  Verygoodと書いて返し  詩稿を返し  彼が持たして返し  色が変ると思うと、また靡き返し  舅御が奪り返し  それを投げ返し  使いを返し  襲せては返し  大勢をもり返し  負担を返し  儘群集が抛り返し  さまを掘返し  言を返し  とき言を返し  二言三言辞を返し  上さんまで実家へ返し  味い返し  持主に返し  上に返し  じきに飲み干して返し  按摩を返し  不服で、訊ね返し  不覚と思ひ返し  金貨をはかってしまうと、また大いそぎで返し  怨みも返し  息をふき返し  書斎のあつちこちをひつくり返し  敵へ、射返し  耳あらば聞けといわぬばかりに云い返し  敵へ云い返し  パラソルを返し  壁辰は、にっこり掴み取って、投げ返し  なに、直ぐ呼び返し  鞘に返し  身をひる返し  板戸とともにでんどう返し  それから私をじっと見つめ返し  私を見つめ返し  私にいい返し  遠慮をとり返し  通りにして返し  から、返し  屍體なりと返し  職工たちに返し  とっさに投げ返し  荊州へ返し  矢で返し  中でなにかいって返し  あんを、返し  明を返し  大井さんを生き返し  ときき返し  ようにきき返し  九郎凹まずきき返し  先に返し  不利をもり返し  眼で睨み返し  襲せ返し  彼らに返し  敵に返し  フランス語で尋ね返し  里に返し  下くちびるを返し  息気をふき返し  汀に寄せたり返し  冷やかに云い返し  一たん玉璽を返し  勅使を返し  陣へ返し  箭を射返し  者をすぐに返し  箭を投げ返し  地面を返し  仰山に訊き返し  苦笑を返し  せつ子に返し  円満に返し  金をとり返し  長平に返し  請ひ返し  庸三に返し  下駄を返し  胡魔化して返し  要領を握らせないで返し  縁側まで射返し  四五寸ばかり捲き返し  さそうに訊き返し  声すずしく云い返し  勇気を持ち返し  先鋒へ返し  蜀勢が寄せ返し  朝廷に返し  ア困るだろう、返し  はい今追懸けて返し  遺失主を調べて返し  儘助けて返し  死人を掘返し  懐剣を返し  岡本に返し  らを返し  光を投げ返し  刎ね返し  んだから、今更返し  サイコロを返し  好奇心を起さずに、さっさと返し  鶴雄はひき返し  あんたに返し  しかし、どうして、わざわざ返し  小田に返し  大波を打つて、どどどと打つて返し  人質を返し  言つて追ひ返し  二王子を返し  ぼくを返し  チャンと返し  呑込めないので訊き返し  島村に持たせて返し  のを一々返し  杓とを出して返し  裏面を返し  幟を見詰めていたが、やがて返し  シと射返し  蒲団を返し  円らかさに返し  古藤を返し  葦間に漕ぎ返し  そのまま番頭を返し  顔を返し  わたしから確かに返し  倉地に返し  ものも返し  お辞儀を返し  手を返し  枕を返し  笑ひ返し  腕を返し  額を撲り返し  時には返し  微笑を返し  視線を返し  みんな追ひ返し  そくなったので、すぐ返し  なかったからまた返し  質を受け出して返し  女には、もう返し  与次郎がとうてい返し  しかしだれもけっして返し  美禰子に返し  背をぐるりと返し  ここで返し  書物を返し  全部を返し  本箱を引くり返し  羽織は返し  棚へ返し  大黒柱もっ返し  星は、きき返し  裡面を返し  ボーイに返し  机に返し  米本国に逐い返し  処に返し  目礼を返し  仕方がないから一先づドリアンだけは返し  後に返し  やうに寄せ返し  様子であつたが、思ひ返し  恥をもつて思ひ返し  真相を眺め返し  思想生活を思ひ返し  フランシスの返し  批評し返し  猪口を返し  やつて返し  道案内を返し  瓜を返し  息を返し  家へ返し  私は訊き返し  赤革トランクを返し  言葉を返し  着物だけは返し  二つなぐり返し  お茶碗へ返し  ッた返し  会釈を返し  愛吉が返し  規則正しく返し  あっちこっちばらばらと返し  仏誕会に返し  羽衣を返し  強情張つてゐたら、返し  強情はってたら、返し  方にのり返し  歩みを返し  もとへ返し  言草もあるまいと思ひ返し  下界へ投げ返し  一度正気に返し  主に返し  答えを返し  来年は、どうでもして返し  君は訊き返し  本箱をひつくり返し  冷笑を投げ返し  ラニョンがきき返し  ハイド氏がきき返し  両方とも返し  一言も言わずにひき返し  私に投げ返し  アッタスン氏はきき返し  彼が返し  斯う訊き返し  何遍もひつくり返し  双眼鏡を返し  馬車を返し  おだやかに返し  鷽を返し  物言ひたげに綻ばせたが、思ひ返し  生涯に返し  方に、返し  足先を返し  復た掘返し  下婢を返し  画を返し  小包にして返し  茶を返し  東京まで取りに来れば返し  元に返し  差支がないなら、返し  形に返し  天皇陛下のお言渡しと心得ろと然う言って叱って返し  町へ引つ返し  村に返し  悪魔でも唱い返し  娘を返し  荷を返し  のだから、返し  墓土を撥ね返し  方で返し  先へ返し  叔母へ返し  ときには、必ず返し  ていねいに返し  ところへ返し  手真似で訊き返し  石束家へ返し  持主へ返し  竹刀を返し  無意識に歌い返し  助が返し  若い衆が拭って返し  奥山から谺でも返し  呼吸を返し  中に返し  ほうへ呼び返し  アーサに返し  わたしもさすり返し  滝に返し  一行を呼び返し  一つ瓦を引くり返し  ところに返し  紙を返し  のか知らなぞと、時には思ひ返し  ものは返し  面喰ってたずね返し  自由を返し  表を返し  おまえたちに返し  カピを返し  キッスし返し  間の山節をうたい返し  竿を撥ね返し  手をやり、また引つ返し  飼主でも出ましたら返し  検事は、すこし硬くなって、訊き返し  告白書を返し  つてお辞儀を返し  夢を再び呼び返し  日に射返し  三寸ばかり颯と返し  谷底に呼び返し  儘通りすぎようかとも思ひましたが、又思ひ返し  想ひ返し  夜、又よみ返し  契約証を返し  それから、返し  水を撥ね返し  中へ呼び返し  おじぎを返し  私は思わずこう訊き返し  大事に預かって、返し  人へ返し  横面を撲り返し  おばさんに返し  気がつきましたので、急いでまた引つ返し  手を附けずに返し  一切文具屋に返し  手に固く持たれ、返し  私は、そう訊き返し  お金なら返し  すにも当らぬと思ひ返し  手の平を、心から握り返し  ものに、響き返し  人間に返し  魂をとり返し  娘に代って返し  三日たったらきっと返し  上で返し  帳面を返し  かけらを返し  草場にとって返し  そのまま踵を返し  舌打ちしながら睨み返し  ーと怒鳴り返し  彼も思いきって、やたらに怒鳴り返し  金さえ返し  分を、吐き出して返し  ものに響き返し  靴を返し  志田君に返し  貰ひたいツて返し  とつて返し  搖り返し  日ぞと云って返し  から銭を返し  柄を返し  若者は訊き返し  まま追駈けて行って返し  手によって返し  馬を乗り返し  原稿を、返し  初子を返し  温和しく返し  指の尖で撮んで、引くり返し  面を返し  姿を眺め返し  郷里へ着いたら、何とかして是非返し  から、もし読んでしまったなら返し  ときにも返し  それに返し  長太とを返し  長太を返し  んだ、冷かしたり、交っ返し  脚を返し  スクラップ・ブックを返し  裏に返し  瓶を返し  舟まで返し  乙に絡んで捻じ返し  内所で返し  んだから、呼び返し  自邸へ返し  女を返し  それを強くいい返し  皮肉にいい返し  角を睨み返し  のではないけれど、なるべく早く、なんとかして返し  無遠慮に訊き返し  傘を返し  傘を再び返し  自転車を返し  恩はきっと返し  建物はいつでも返し  飼い主に返し  判決をひつくり返し  ことをいって、どうしても返し  金助、返し  金さへ返し  それんばかり返し  木戸さまへ返し  手をにぎり返し  私は思わず訊き返し  んだ、使ってしまったら返し  石突を返し  槍を返し  元へ返し  あしを返し  世界がうら返し  写真を返し  近代詩壇に呼び返し  警視は頷き返し  からだにして返し  恩が返し  妻子を返し  孫を返し  主人公に返し  思つたが、思ひ返し  三銭を返し  十銭白銅貨を返し  刀を返し  こちらを睨み返し  疑問を喚び返し  くやしくば、返し  使いは返し  ちょっと馬を返し  礼儀を返し  郷里へ追っ返し  家を返し  んと嘲笑い返し  いつでも返し  手で返し  半分でも返し  表情で、訊き返し  人たちへ返し  良人を返し  和子を奪り返し  登子へ返し  青竜王に返し  金が返し  金でも返し  一文も返し  から、ほんなら返し  方を指さしながら、訊き返し  みんなひつくり返し  手の平を返し  所もありますが、讀み返し  田畑を返し  ものを、もり返し  ものも、すぐ捲き返し  何を訊き返し  声高く、嘲い返し  手によび返し  さらと、何やら書いて、返し  型に返し  こんどは、訊き返し  名前を返し  のはひどい、返し  笑ッていて、返し  ブン廻してもり返し  彼女は切って返し  わたしは訊き返し  彼女は訊き返し  いっときも早く返し  ざめにも、ああ返し  わら束をひつくり返し  文句なしに返し  机に坐り返し  軍二万は、捲き返し  凝視を返し  田舎へ、追っ返し  刀をぬいて斬り返し  時借りなどを返し  江戸へ返し  方へポイ返し  寝棺に返し  謝辞を返し  一色村へ返し  三河へ返し  ものなら呼び返し  姿を返し  幹事に聞けなんと云って返し  借財を返し  シネマだけ返し  鋒を返し  昂然と云い返し  答へ返し  被害者に返し  オモチャ箱をひつくり返し  助手に頷き返し  捉へ兼ねて訊き返し  先帝を、お解き返し  平和に返し  単刀直入に言って返し  丘下へ返し  舷に立ち並んで射返し  弟に返し  昔へ返し  舌で舐め返し  わる訊き返し  それを高く差し上げて返し  私へ云い返し  事を返し  それをよび返し  それを射返し  弟へ返し  高氏はきき返し  其鍋を投げ返し  主人ですから、きつとまた思ひ返し  客がごつた返し  お金を返し  顏を見詰め返し  明日は追ひ返し  士気をもり返し  頽勢をもり返し  良忠を返し  住居へ返し  道へ返し  将士までも呼び返し  扇ヶ谷へ返し  慶娘が呼び返し  波を捲き返し  手を強く握り返し  目配せを返し  草雙紙を返し  草双紙を返し  身をよじり返し  佐々木道誉が返し  場で返し  手もとへ返し  側面を返し  平助は訊き返し  私はすぐに訊き返し  からまた煮返し  小声で訊き返し  木像を返し  モー一度煮返し  翌日モー一度煮返し  河内屋へ返し  箱根路へ返し  一隊も返し  伝令を返し  将棋の駒を返し  手付け金を返し  大股を返し  揺れに揺れ返し  報告に漕ぎ返し  奥州へ返し  七は訊き返し  から一旦返し  心持で、すぐに返し  大変だから追っかけて行って返し  米国へ、返し  当人に返し  本人に返し  それが返し  腹を返し  七は透かさず訊き返し  狐を返し  幾たび催促しても返し  冥途から呼び返し  法律をひねくり返し  なにも仰有らずに返し  簿を返し  義貞はたずね返し  ただちに駒を返し  所有者へ返し  二朱銀を返し  好奇心をそそられたと見えてこう訊き返し  二度を返し  七はあわただしく訊き返し  わたしはすぐに訊き返し  愕いて訊き返し  借銭を返し  彦兵衛は訊き返し  底へ返し  藤吉が訊き返し  藤吉も、そこで訊き返し  藤吉へ返し  惣平次が、訊き返し  意外らしく訊き返し  彼は更に訊き返し  躊躇したが、思い切って訊き返し  途中から放して返し  勢いをもち返し  無理にも呼び返し  われわれは呼び返し  余に返し  一同を睨み返し  品を返し  光景を眺め返し  若い心を掘返し  余は訊ね返し  弁当籠にいれて返し  熱心気に訊き返し  君に返し  耳を疑って訊き返し  泣きながら訊き返し  真田幸村、やがてもり返し  寺から世話人に返し  いずれからも返し  楠が返し  父に返し  蔵へ返し  方へ投げ返し  場から踵を返し  ト身を返し  顔を視返し  もう少し早く返し  頸飾りを買って返し  皿を返し  から年々少しずつ返し  支那に返し  開封もしないでつき返し  息をふっ返し  江戸へ向け返し  叩っ返し  履歴書を返し  盃を返し  貴方に返し  伯父は云い返し  委任状を返し  彼は云い返し  女は云い返し  笑いをしながら云い返し  スクルージは云い返し  本を読まないで返し  ゴットフリートはきき返し  私あいつでも返し  話を聞くよりは、打ち棄てて置かうと思ひ返し  振りかえってはニッコリ笑み返し  ほほえみを返し  舟を返し  反映を返し  敬礼を返し  ように云い返し  折返し畳み返し  無事に返し  親許へ返し  ことで、返し  物静かに、おとない返し  一つ杖をつき返し  前に謹んで返し  一ぷく喫って返し  HALLOO!)を返し  自分でわざわざ返し  駅へ引つ返し  反響を返し  それに微笑み返し  接吻を返し  者を傷つけ返し  盆に返し  前に返し  甲板へひき返し  思つたが思ひ返し  六圓にして返し  餘計にして返し  確かに返し  モリソン號を追ひ返し  手きびしく追ひ返し  手寫して返し  つて馬券を握らして返し  セーターを返し  さうにするが、思ひ返し  書類をとり返し  切つ返し  原稿を返し  脚本を讀み返し  眼で微笑み返し  彼を映し返し  書物でも返し  神子に返し  児を返し  胸に返し  三十両ばかり返し  ヨシ子さんに返し  紙片を投げ返し  視線を睨み返し  棚に返し  不愉快に感じながら訊き返し  ひとみを返し  棹を返し  絵具はもう返し  僕は返し  ラエーフスキイは訊き返し  のに気がつきながら、こう訊き返し  借金は返し  微笑をおさめて訊き返し  人に返し  頂辺からどっと崩れて捲き返し  なかで、ごつた返し  熱狂して呼び返し  視線を投げ返し  手を振り返し  皇帝なんかではないと、怒鳴り返し  鼻先に投げ返し  それに答え返し  三度よみ返し  シュルツに返し  馬鹿だろうとは、思いつかなかったと答え返し  三言を返し  彼もまた微笑み返し  憤然とにらみ返し  正当だと答え返し  ままを返し  下返しに返し  いつか怨みを返し  車に返し  薄衣も返し  助は鋭く睨み返し  津に返し  野性に返し  ように、おずおずとして、受けていいか、返し  簪を返し  禮を返し  祝ひ詞を返し  挑発を響き返し  戸を撥ね返し  沼地を掘返し  女中を返し  萩寺の前で返し  琥珀色に寄せつ返し  谺を返し  食卓に返し  物をたずね返し  大将からはあの返し  部屋も返し  面会を求めて返し  帝釈天も返し  鮭をひつくり返し  ちりふり、ちりちり、たりたりなどとかき返し  浮舟が返し  義理を返し  づしに返し  男をにらみ返し  私は思い切って訊き返し  綽名を持つてゐるが、近頃思ひ返し  慥に返し  写真も返し  ヒラリ身を返し  一斉射撃を返し  連中もわあっと喚き返し  指輪を返し  偽物を返し  ことを、思ひ返し  外までひき返し  遇はせて追っ返し  魂を返し  私に答え返し  光を燻し返し  冗談をまぜつ返し  富士に返し  朱印を取りあげて、遂に返し  迷ひを思ひ返し  黄に返し  箱屋へ返し  平茂が訊き返し  顔を輝かしてそうきき返し  籠めて訊き返し  彼を愛し返し  室へ返し  所へ返し  金を拵えて返し  八百円を返し  虚心平気で返し  恩義までも返し  恩義を返し  夕方でも出たら忘れずに返し  五円を返し  山口は刺し返し  顎を撫でつつ訊ね返し  空気銃を返し  力を入れて訊き返し  係長は思わず訊き返し  悪口を返し  前によび返し  中を、こねくり返し  博士が返し  摺沢少尉も返し  上海へ引つ返し  丁子を煮返し  万太郎氏を思ひ返し  野郎共娘を返し  法師は訊き返し  店へ返し  ちょっと会釈を返し  嫁を追ひ返し  筈を返し  大臣にでもなったら返し  机懸けを返し  身代を持ち返し  私が走って行って返し  泰親はかさねて呼び返し  こちらへ運び返し  自分を見詰め返し  ちょっと見たら、すぐ返し  裸にして返し  品物でごつた返し  何ほどか返し  たまに返し  一つ干して返し  銀子に返し  なしくずしにでも返し  数だけぶち返し  女房に返し  ほうへ返し  資金をすっかり返し  わたしに返し  ここへならべて返し  高にきき返し  品は返し  それを撥ね返し  もう一度讀み返し  事をいうので、急いで訊き返し  鉛筆を拾って返し  革包に返し  札束を返し  キスを返し  何度もきき返し  お前さんたちに返し  飜然と返し  交際と思ひ返し  幾度も聴き返し  私は返し  茶の間へひき返し  二百二十号へ返し  日影を射返し  ハンカチーフを返し  小声になって訊き返し  直ぐに訊き返し  そのまま御返し  一人が訊き返し  意識をとり返し  失礼ではないかとおこり返し  吉弥を呼び返し  木の根を掘返し  二たび踵を返し  体を返し  木魂を返し  積善寺に返し  ものが、捲き返し  南アルプスをにらみ返し  人々御中に返し  からそれが来たらすぐ返し  時も一度呼び返し  壜をひつくり返し  眼を睨み返し  もう一度彼を呼び返し  尾をパチパチとさせ、またも返し  嗤い返し  つてこの世に投げ返し  暑い日がもり返し  尻を返し  心もちを果敢なくおもい返し  じい虫の唸、軈て取つて返し  久子さんに返し  身を反り返し  誤解から罵倒を返し  冷静に返し  ドレゴに返し  君へ返し  ホーテンスたち三名を返し  借金だけは、ともかくも返し  兵馬に返し  請取書がなくとも返し  約束に背いて早く返し  漢産を返し  お父さんに返し  恩は必ず返し  回数切符を切って返し  草地を掘返し  あなたにお分かりですかと訊き返し  圓太は訊き返し  そのままスタスタ踵を返し  ほうが返し  川波が寄せて返し  母は訊き返し  俺に返し  目配せで返し  手紙をよみ返し  四寸にしてこう返し  車は返し  調子で返し  ことを思ひ返し  作り声で、訊き返し  赤になりながら、少しも怯まずに云い返し  彼を呼び返し  妹を返し  レクを返し  メツツを返し  娘は、すぐ返し  一節を讀み返し  ラッパを返し  わざ/″\原稿を返し  ままで、返し  紅は訊き返し  さまに返し  箸を返し  召使でも付けて返し  子供さえ返し  商人なんだからと思ひ返し  打電し返し  百姓家へこっそりと返し  鍬を返し  此經驗を思ひ返し  がたに返し  持ち主が返し  和子に返し  婦人を返し  原稿をとり返し  今日それを返し  小女をよび返し  あとよりすぐに訪い返し  反りを返し  険を含んで訊き返し  輿を返し  奇麗に返し  文治五年八月になって返し  堀に返し  帝国ホテルに返し  ホテルへ返し  ページを返し  皇帝を返し  ホテルに返し  恩は返し  和尚さん、返し  玄関まで出たが、思ひ返し  頁を返し  SSSL居住許可証を返し  海を思ひ返し  ほとぼりを返し  小口を返し  姐さんは返し  左う訊ね返し  近くざーっと捲き返し  三度と讀み返し  掌を返し  式を返し  辞儀を返し  返還しろと言われて、返し  ことですか、と訊き返し  直子に返し  深町に返し  柴崎に返し  美枝子が訊き返し  鋏を返し  お礼を返し  何処へ返し  何所へ返し  へた様子で訊き返し  玄関から居間へひき返し  相手は訊き返し  小耳にはさんで訊き返し  つて問ひ返し  それを思ひ返し  一部分のれん瓦を掘返し  なかに返し  方へと歩き返し  怨みを返し  ボイに尋ね返し  土を掘返し  折目を返し  何度も讀み返し  ものは必ず返し  ものはまた必ず返し  こと讀み返し  隨分危く、讀み返し  叔父さんに返し  意味をひつくり返し  辭儀を返し  身體を返し  云つて罵り返し  それは思ひ返し  内に返し  其証拠金を返し  銘々に返し  方へ漕ぎ返し  屹度貴様に返し  三度も訊きかえし、云い返し  金環を返し  言葉とを返し  ものを贈り返し  間にからませながら、そう訊き返し  幾度でも訊き返し  生返事を返し  一言も返し  品物を持って行ったぎり、返し  余り金にならないんで、やむを得ず返し  元金も返し  時にすぐ返し  包皮を返し  女給の返し  自動車を返し  ものだと思ひ返し  頭を返し  二三歩あゆみを返し  卓上に投げ返し  品は買い戻して、返し  眞丸にして訊き返し  覧て、書き抜いては返し  言はうとして、思ひ返し  紛れ合ひ、躓き、引つ返し  箸で返し  袂へ返し  名誉を返し  彼は訊き返し  物とを返し  一人いて、返し  手帳を返し  予想通り袴を返し  婢を呼び返し  金はどうして返し  からって返し  憶い返し  若い記者に返し  響きも返し  樽野を呼び返し  彼女は思ひ返し  出来事は悉く思ひ返し  姿が消えたと思ふと、すぐ引つ返し  後へ引つ返し  やつと思ひ返し  それをひつくり返し  きまりをわるがるだらうと思ひ返し  言ひ出せないなどと思ひ返し  背らを返し  物は返し  顔で引つ返し  私は訊ね返し  ぱつちりとした瞳を返し  お前さんに返し  お前から怨みを返し  仰向けに蹴り返し  犬をば追ひ返し  浜に寄せては返し  者を返し  ように、きき返し  山をほじくり返し  唇をそっくり返し  ペーピーはきき返し  五十銭を返し  判を押して返し  手をひつくり返し  海苔をひつくり返し  それを嘲り返し  笛をとり返し  ことをおっしゃらずに、返し  後に引返したが、返し  お前に返し  何遍も讀み返し  尾田は返し  生家へ返し  吉里さんは返し  二人を返し  ここから踵を返し  餅ばあ、早く行ってもらい返し  返礼に入れて返し  山地へ放ち返し  行つて、呼び返し  喫驚してきき返し  ここへひき返し  塩山方面へ返し  自分達のものになっているのに、むざむざと返し  お兄さんに返し  財産全部を返し  つて馬を返し  顔を上げて訊き返し  むッくり起きて呼び返し  私は思ひ返し  書類を返し  から春日は笑いながら返し  ところへとひき返し  中から呼び返し  眼を視返し  彈まして訊き返し  鸚鵡返しに返し  眼をじっと睨め返し  法螺をふき返し  札を奪り返し  顔に示して睨め返し  ぶんと薙ぎ返し  乳母車をひつくり返し  衣服を返し  それを強く握り返し  後ほどに返し  まま踵を返し  眼を、きつく睨み返し  反ね返し  場で捻返し  茲へ返し  サア確かに返し  報酬を返し  職業に呼び返し  言葉を謝れば返し  木剣を返し  あいさつを返し  本籍に返し  船板だけを返し  恰好に捲き返し  はじめから讀み返し  信子につき返し  座に取つて返し  無理算段で返し  女の子に遇ったならば返し  雪見哉と返し  じきをと思ひ返し  紙片を返し  みゑ子を返し  京都へ返し  持ぬしに返し  下に返し  向へ返し  こちらへ返し  船を返し  まま元通りポケットに返し  来し方へ漕ぎ返し  薬屋に返し  何度讀み返し  微笑を湛えて云い返し  気に云い返し  冷笑で酬い返し  袖を返し  遊んだ銭を返し  手からうばい返し  くだだ広く掘返し  ように白く捲き返し  僕に返し  ナイフをとり上げて、うら返し  花江さんに返し  彼奴に返し  八十両ずつ返し  先へ、返し  千両だけは返し  証書を返し  儘踵を返し  手の裏を返し  入れ歯を返し  平然として訊き返し  屋形船へ投げ返し  言葉使いで若い武士は訊き返し  つまり一所で寄せつ返し  石をあっさりと返し  香りを返し  カテリーナ・リヴォーヴナは切って返し  布だけは返し  後生だから返し  方から返し  私のさえ返し  方に返し  あいくらでも返し  グルリ身を返し  今日にでも返し  詩で返し  おてもとに返し  衣ですよ。笛を返し  笛を返し  いま、すぐ、返し  命を返し  細君が訊ね返し  負債を返し  国に返し  作つて問屋を奪り返し  翼を返し  白目を返し  一声高く嘶き返し  歌を返し  畑中に返し  グルッと返し  此彼あはれがれども一人も返し  歌の返し  安心させて返し  それは必ず返し  一万円ぐらい返し  証文を返し  逆に睨み返し  カサを返し  われ身を返し  系図を返し  旦那を返し  オカネが怒鳴り返し  お札を返し  一つ裏を返し  位置に返し  労働者が返し  これは返し  灘へ積み返し  気がすめば返し  老人は言放って寝返し  夫を睨み返し  日記を返し  往って返し  虎ノ門へ取て返し  から、再び返し  頓間さを思ひ返し  彼は思ひ返し  中江に返し  紙入れもそなたに返し  者がいぶかってきき返し  もう一度生き返し  七郎兵衛がきき返し  そうにきき返し  ゆえ、返し  乍ら會釋を返し  邪慳に奪ひ返し  女も握り返し  相違なく返し  権高にこづき返し  恋歌を返し  乍ら会釈を返し  表に返し  源三郎も負けずに睨み返し  法衣を返し  即座に云い返し  ほんとうにホーソー神を睨み返し  ホーソー神を睨み返し  ふところへ返し  ゆえ、早く返し  台じりを返し  しごきは返し  世界に返し  間違いなく返し  それだけでも返し  一枚のこらず返し  虚無僧がきき返し  身構えをしてきき返し  声を、返し  甚内は訊き返し  駕籠を返し  ですよ。裏を返し  裏は返し  くろの背を返し  金を突きつけて、どうしても返し  金を投げ返し  相手をじっと見つめ返し  葉裏を返し  拭ひ終りて返し  嫌だつたし、また思ひ返し  古米で返し  先日預り主に返し  十円だけ返し  だって僕、早く返し  から別に三本持って返し  彼に返し  人を呼び返し  地下より呼び返し  私も怒鳴り返し  堀り返し  詫まったら返し  向ではかつて握り返し  照を返し  一度だって、返し  から川窪さんで、返し  何か踏み返し  縁者方へ返し  いたずらに持って廻り、捏ねっ返し  艸をいかばかり羨ましくおもい返し  丸薬を返し  指輪は強ひて返し  私も撲り返し  堂島を叩き返し  直ちに需に応じたが、返し  そこから駕籠を返し  空に思ひ返し  紙包みを返し  甚太郎は訊き返し  活顔に返し  十そう倍もの悪態を投げ返し  わたしが思わずも訊ね返し  むつと噎せ返し  空想に耽り、思ひ返し  余り表を返し  ところで、おいそれと返し  心臓を返し  二遍は讀み返し  三遍ゆつくり讀み返し  機會があつたら、もつともつと讀み返し  方だけ讀み返し  手に握らせ、返し  撥き返し  今すぐ返し  コオクは喚き返し  ポケツトに返し  二人を追ひ返し  外套を返し  立替へて返し  瓶に返し  独白、及び呼び返し  今輔が訊き返し  質に入れてしまったので、返し  童しゃど返し  粟を返し  童しやど返し  パーシウスは訊き返し  パーシウスに返し  ほかに返し  君にまた返し  画家はきき返し  そこここを掘返し  裳をけ返し  顔にてり返し  今度限り勘弁してやるといつて、返し  木精を返し  私も睨み返し  酒呑童子に返し  とき出来るだけで返し  疎開するので返し  三倍にもして返し  徳市に返し  憲作は睨み返し  唱へ返し  女達を睨み返し  松田さんに返し  金もかしてね、働いて返し  さに、いい返し  とおりにして返し  杖を返し  番太精神をよび返し  口ごたえを返し  義平太を、よび返し  原始的生活に返し  不安そうに訊き返し  吉次も云い返し  小一郎は訊き返し  武士が云い返し  半信半疑で訊き返し  光を射返し  頁をはぐり返し  彼に投げ返し  二字を眺め返し  穴から衝き返し  變醜かつたので恐れて返し  石長姫を返し  心を落ち着けて訊き返し  ナイフも返し  人が返し  舟を漕ぎ返し  紫錦を返し  俺らへ返し  柳子に返し  砂浜に寄せては返し  神妙に思ひ返し  案内人を返し  混っ返し  証拠物件を返し  十銭玉とを返し  少女に返し  糸子を返し  卓子をひつくり返し  こちらからも罵り返し  緊と握り返し  今夜それを返し  墳墓に、たたき返し  衣を返し  判つてゐる返し  鞠を投げ返し  車代を返し  云つて裏を返し  豚を手早くひつくり返し  水桶をひつくり返し  いますぐに返し  人間懺悔を返し  九州から捲き返し  徒然草をよみ返し  お礼をいって返し  膝へ呼び返し  原稿料は、すぐに返し  豊政を呼び返し  盃をつき返し  裏表を返し  手をうら返し  飴色に輝いて寄せつ返し  野郎、返し  係りへ早く返し  兵隊靴を踏み返し  顔を覗きながら訊き返し  舳を返し  それを握り返し  わたくしは訊ね返し  弾ね返し  両手を固く握り返し  十言喋り返し  女の子を返し  ボール箱へ移し返し  山を積み返し積み返し  声で訊き返し  親父を生かして返し  ピラトに返し  ちょっと借りに来ちゃあ決して返し  眼をみつめ返し  掃除して返し  文句を返し  大戦がぶり返し  恩の返し  玉を返し  金を是非とも返し  名刺を返し  ことをほじくり返し  伸子は思ひ返し  もう一度呼び返し  餘剩品を返し  ですよ。けれど、返し  草あ、ほじくり返し  ようにして返し  ひとが、訊き返し  ノオトを返し  熱意を輝き返し  シッカリと握り返し  五日とたたないで返し  一つくるりと返し  此店へ返し  幾分でも返し  意地にも返し  見事に助け返し  坪井君に返し  どこでも断わって返し  

名詞

返し[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
返しにぞある  返しをする  返しはじめてゐた  返しをした  返しが更に怖しい  返しと呼ぶ  返しの穽し  返しがつかぬという  返しはしませぬぞと  返しに来た  返しに来る  返しがつかぬ  返しも致しませんで  返しを喰して  返しを出す  返しに来なくても  返しの世話を見た  返しでもしておいで  返しはそれ相当に受け取りはしたが  返しにいらっしゃるに  返しをなさる  返しをするったって  返しかき廻し  返しでもしたかの  返しへ持って行って  返し洗いあげた  返しもしようし  返しに苦心しない  返しに松五郎さんの方から理不尽に喧嘩でも仕掛けるといけないから  返しにやった  返しに行った  返しとして良人の為めに茶をつぎ  返しの宮居を描いていた  返しにやって来た  返しはしないかしらと思った  返しを吹いて見給え  返しを食った  返しに上った  返しに行け  返しのつかない  返しを見ていた  返しや横ちょになって  返しにかかりながら  返しとなって  返しを喰った  返しに来たんでね  返しながらせき立てました  返しに来ると思って  返しが瞬く  返しもしないで  返しはしなかった  返しに往きし  返しの歌は言い出されないで  返しする浪の荒い海べのほうを戸をあけて  返しに謡いたかった  返しを受けないので  返しを書いてきた  返しを申された  返しを願いたいと書き添えてやった  返しさえすれば  返しを書いて出した  返しのお杯を賜わって  返しに来てください  返しを書いて  返しを返しをと責められるであろう  返しを伝えさせている  返しを見て  返し下され恐れ入  返しに逆にひっくり返した  返しをせぬと  返しする訳には参りません  返しがつかないし  返しはしない  返しをしなかった  返しを申し上げようとて  返しを兼輔の耳にそっとささやいた  返しを迫っている  返しをしないので  返しもせずに聞いていた  返しも出来るであろう  返しもなかった時には何とせらるるぞ  返しがあれば  返しの有りや無しやもお知らせ申しにまいりまする  返しがあればとて  返しをよこそうとも  返しをよこす  返しは何とあった  返しは何とあったか  返しを聞いた  返しはしなかつたらうか  返しにまいると  返しを使ひながら  返しの大地に洽ねき  返しをしようとした  返しのこともいわなかった  返しをして  返しもせず  返しに来るといって  返しがつかないので  返しをやつて居つた  返しをやっておった  返しながらそのあとを追って行った  

~ 返し[名詞]1
木の葉もらひし返しにぞ  簪をぬいて返しを  如何するぞとねだり返し  礼を云い云い返しに  何かし返し  葭萌関から呼び返し  ソッと返しに  笑ひ返しながら  のを怨み返しも  しっぺい返しを  こちらからも返しを  問ひ返しも  女将も来合わせて脱ぎ返しの  あとのすすぎ返しでも  あとでの返しは  賀状の返しを  十五の返しを  何も返しを  塀の返しへ  中をほじくり返し  ッた返しの  以後なんの返しも  数日後には返しも  松尾刑部が呼び返しに  姫様をとり返しに  内かとたずね返し  私に追いついて訊き返しは  裏っ返しや  箱を包み返しに  土用波の返しを  切つ返しが  手紙に返しを  私は返しに  訪問の返しを  鬼にもせよ返しに  返しを返しをと  中将は返しを  歌を詠みかけられて返しを  此の返しは  主君を愛し返しは  永遠に返しは  一度も返しを  歌の返しを  恋歌の返しを  何時か返しも  なんの返しも  相手の返しが  歌の返しの  ように返しを  奥方の返しは  小夜衣の返し  新たに思ひ返しは  剃刀の返しを  御馳走の返しを  遠慮しないと共に返しの  一言も返しを  貯水池ができかかっていてほじくり返しの  斟酌せず推し返し  ホホと笑う慣れきった返しの  手をとり返しも  安臥して食み返しを  幾たびか呼び返しながら  

~ 返し[名詞]2
その返し  この返し  どう返し  其の返し  そのまま返し  こんな返し  こぐら返し  どんな返し  

複合名詞
返しもと  叫び返し  意趣返し  洗い返し  照り返し  読返し  よみ返し  木魂返し  竹箆返し  駒返し  つた返し  おうむ返し  返し太刀  返したる  揺れ返し  とり返し  撥ね返し  酌ぎ返し  おし返し  返しなつ  返し空  ッぺ返し  千鳥返し  考え返し  表返し  オウム返し  達磨返し  隅返し  三段返し五段返し  がわり五段返し  攻め返し  死物狂ひでハネ返し  召返し  返し申  返し乍ら  歌返し  雨返し  くり返し  返し祝詞  往返し  つて返し  仏壇返し  戸板返し  ドンデン返し  一ドンデン返し  返し給  此方返し  ぶり返し  叩き返し  神返し  引繰返し  つて返し歌  睨み返し  つてひつくら返しひつくら返し  返しつき返し水落  返し戦  つくり返し火  明朝返し  返し掬  返し幾度  ゴッタ返し  法返し  返し矢  詞返し  ドデン返し  噛返し  枕返し  返したま  腓返し  ゆり返し  何段返し  返しそう  まま一度デングリ返し  返し文  口返し  引ッ返し  天地返し  お召返し  締め返し  突返し  都返し  甲羅返し  揺返し  返しよう  漉返し  三返し  水返し  照返し  いちょう返し  鉢返し  角返し  マゼッ返し  車返し  借金返し  お礼返し  ハネ返し  寄せ返し  木の葉返し  とんぼ返し  むし返し  そり返し腹  答え返し  廻り返し  意趣返し法  七段返し  龕燈返し  返し下  ぐる返し  方返し  デングリ返し  二度デングリ返し  うち返しうち  返し気味  下返し  息吹き返し眼  巻返しそれ  思い返し  返し言  返し申上候  ムレッ返し  延し返し  縫い返し  縦返し  わたし為返し  む返し  落葉返し  一本返し  歩み返し  操返し操返し  お呼び返し  借金取り逐返し  きき返し  ぎにふとんをためらうことなくはね返し  返答返し  握り返し  繰返し引繰返し  うち返し  其返しハ後  返し桜花  返し靜貝  商返しろ  吹返し  そり返し  返し候  石返し  



前後の言葉をピックアップ
カエサル  カエシ  帰し  かえし  返し  還し  孵し  返しゃ  孵す  カエス


動詞をランダムでピックアップ
続こ書き散らす粘りひるがえすおさまらうかせ仕込まいばりすべらす挙がれ介せ払わし先だたよごしあれくるい縛めん振れつっぱねなぐさめる絞り出せ
形容詞をランダムでピックアップ
心安きかび臭い見にく物凄し低しあつぼったいめでたい多しおおしく素早く聞きづらく耐えがたけれかしましきくさく弱々しきやすく小ぎたない女々しく広かっ心づよい