「かえし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ かえし[動詞]
腹を立てて言いかえし  ガード横丁まで引っかえし  ものにかえし  底をかえし  名をつげてかえし  海へかえし  ようにかえし  サアサア早くかえし  三枝子は言いかえし  子をかえし  官学崇拝者を見かえし  礼をかえし  無事にかえし  一たん船をかえし  船首をかえし  ふしぎそうにたずねかえし  機首をかえし  フネをかえし  もう一度それを掘りかえし  山を掘りかえし  世界へ送りかえし  兄さんを見かえし  額越しに睨みかえし  父を見かえし  何心なく訊きかえし  砂を掘りかえし  裏表をかえし  十一であるから何とか云いかえし  十一であるから何とか言いかえし  あれを早くかえし  一たん貴様にかえし  マスクをかえし  ように言いかえし  踵をかえし  それをぐっと握りかえし  帆村をかえし  なかったけれど、やむをえず、かえし  帆村をにらみかえし  安全にかえし  身にして、かえし  娘をかえし  咄嗟ににらみかえし  眼を据えて、にらみかえし  眼をこすって、またにらみかえし  言葉をかえし  あとでかえし  豹一にかえし  ものと思って鋭く言いかえし  逡巡が照りかえし  地面を掘りかえし  まわりの浅いくぼみをほじくりかえし  ぼくは言いかえし  友人はさらに言いかえし  倦いて来たので引っかえし  土を掘りかえし  お爺さんをかえし  いまに見かえし  白い街上に照りかえし  にんげんにかえし  所謂原体にかえし  番頭にかえし  ゆっくり吸いかえし  左へこてんとかえし  ぱい宙に向って投げかえし  鸚鵡がえしに問いかえし  どぎまぎしながら訊きかえし  微笑をかえし  息を吹きかえし  そこから射ちかえし  子供をかえし  顔を見かえし  駕籠をかえし  顎化けを見かえし  藤波を見かえし  眼を見かえし  底板をかえし  のかと追いかえし  ほうへ引っかえし  生涯に照りかえし  庭石の馴染まないあらつちに照りかえし  引出しを引くるかえし  夜具を蹴りかえし  欄間に照りかえし  三下り半を持って引っかえし  幕なしに唱えかえし  頁をかえし  谺をかえし  目礼をかえし  声で訊きかえし  笑いをしながら睨めかえし  吹っかえし  身をかえし  足もとに寄せてはかえし  山口をかえし  眉をもちあげて訊きかえし  のに言いかえし  光を照りかえし  母をも逢わずにかえし  あっちへかえし  会釈をかえし  から、かえし  感情を塗りかえし  あとを掘りかえし  眼をかえし  藤屋へ引っかえし  阿弥陀沢へ引っかえし  裏を蹴かえし  ものだよ、かえし  大成に、かえし  玄関へ引っかえし  とこへかえし  そこから本を出して読んではかえし  別に何とも云いかえし  何のかえし  寒い光を照りかえし  落着いて言いかえし  呼吸を吹きかえし  逆落しに向けかえし  反響をかえし  裏をかえし  御礼を云ってかえし  土曜にかえし  こだまをかえし  不幸をかえし  馬首をかえし  座敷から怒鳴りかえし  足をかえし  広場をわたりかえし  調子で言いかえし  あたしを追いかえし  車をかえし  手をまわして抱きかえし  顔で、たずねかえし  顔でたずねかえし  先で掘りかえし  視線を受けとめて、弾きかえし  表をかえし  一節が、繰かえし、繰かえし  中にかえし  馬をかえし  駒をかえし  時代をかえし  皆をかえし  馬に乗せて送りかえし  劇団を揺すぶりかえし  家へかえし  借金をかえし  いま掘りかえし  京一は、訊ねかえし  別嬪さんをかえし  心持を伴って繰かえし  長靴などをかえし  使をかえし  饅頭をかえし  自由を奪いかえし  言葉を強めて、訊きかえし  一歩をかえし  兵馬をかえし  泥田をかえし  善光を見かえし  手にかえし  問屋にかえし  穴を掘りかえし  方を見かえし  借財をかえし  にわかに、さっとかえし  道をかえし  こっちへ積みかえし  彼は繰かえし  安部が繰かえし  君はもう引っかえし  調子で云いかえし  後方へ引っかえし  手をかえし  上にかえし  荊州へかえし  一人一人追いかえし  二はおどろいて訊きかえし  花をひっこぬいて掘りかえし  罎をかえし  エリック方へ取ってかえし  後ろへかえし  軍をかえし  むりに奪いかえし  船をかえし  食卓にかえし  挨拶をかえし  雁首をかえし  さを感じて、じっと見詰めかえし  手首をかえし  羽織をかえし  腹をかえし  声になって訊きかえし  ように訊きかえし  牛乳屋にかえし  三郎にかえし  顔を睨みかえし  卓子へかえし  手を強く握りかえし  それをかえし  笑いをかえし  皿をかえし  あたしがたずねかえし  地震のゆれかえし  船長のおもてを見かえし  缶詰をかえし  姿にかえし  うえにかえし  もの、あるいは掘りかえし  ステッキをかえし  懐中電灯をかえし  評論を加えてかえし  秩序にかえし  手をとり、訊きかえし  気持で訊きかえし  あっちこっち返して見て、訊きかえし  けげんそうに訊きかえし  まま訊きかえし  鬼頭はたずねかえし  三度裏表をかえし  杜も強く云いかえし  場所に取ってかえし  契約証をかえし  棚にかえし  彼にかえし  いつでもかえし  内に照りかえし  元にかえし  半分をかえし  半分、かえし  上でひっくるかえし  体をゆすぶりながら、かえし  帆村が訊きかえし  今掘りかえし  いるかと問いかえし  糸子をかえし  手を握りかえし  地を掘りかえし  ために掘りかえし  瞬間掘りかえし  野郎をかえし  長太をかえし  断片が照りかえし  鼻であしらって追いかえし  後自由を奪いかえし  嘘をついて到頭追いかえし  山彦をかえし  しずかに訊きかえし  芳衛さんが、訊きかえし  あたしが、たずねかえし  方をかえし  ことやらと思い、たずねかえし  僕も握りかえし  おんなじだと、繰かえし  ものを睨めかえし  六郎にはどなって睨めかえし  お礼のかえし  中をかえし  養家へかえし  手にとって見てすぐ突きかえし  主にかえし  茂太郎は取ってかえし  みな庚申塚でかえし  のだろうといって、追いかえし  首を向けかえし  そのまま見逃してかえし  小声で訊きかえし  仔牛をかえし  子供にかえし  お金をかえし  表情をかえし  ように睨めかえし  部屋へ取ってかえし  ところまでかえし  雛をかえし  村を眺めかえし  そばへ引っかえし  道を引っかえし  二研究室あとを掘りかえし  あいさつをかえし  蜂矢をにらみかえし  エキモスにかえし  壺を蹴かえし  内から呼びかえし  足駄を踏みかえし  候補生が訊きかえし  中へ引っかえし  舵をかえし  意外らしく訊きかえし  蝋人形をかえし  蝋燭をかえし  伊太郎ではないかと思ったが、呼びかえし  こっちを睨みかえし  封筒にかえし  火事場へ取ってかえし  説得してかえし  乗物をかえし  七は訊きかえし  霜も負けずに云いかえし  荒物屋を出ると又引っかえし  表てをかえし  云々と云ってかえし  沢田へふるいをかえし  男を見かえし  裾を吹きかえし  夫人をかえし  例もあるをと、思ひかえし  あとから掘りかえし  大声に訊きかえし  急行で引っかえし  財布をかえし  葉裏をかえし  外敵を弾きかえし  枕をかえし  位置にかえし  ことを詳しく訊きかえし  女に囁きかえし  箱にかえし  銀座でかえし  毎月すこしずつでもかえし  私は言いかえし  さらなければかえし  もとにかえし  場所にかえし  少女もかえし  手をにぎりかえし  おかみさんにかえし  言葉を震わしながら言いかえし  みんなをかえし  そうに笑いかえし  お辞儀をかえし  国へかえし  父親を、見かえし  そのままもとにかえし  らをかえし  白髪頭を撥ねかえし  サスでかえし  橇は、うまく云ってかえし  橇から引っかえし  正気にかえし  書附をかえし  不断にかえし  邸前まで取ってかえし  丁附のかえし  代表者をかえし  お返しするとかえし  幾度か打かえし  横目に睨みかえし  諭吉が、こういってかえし  くりをちっともかえし  朝廷にかえし  政府にかえし  物を掘りかえし  身体は掘りかえし  上に、乗せたりかえし  からしかたがないと云って呼びかえし  辰馬が、引っかえし  前進が照りかえし  私も憎みかえし  ハねかえし  方を見て、云いかえし  君が云いかえし  作中に照りかえし  上にも照りかえし  要素を照りかえし  奴を見かえし  とし子を見かえし  あとを見かえし  土塁を見かえし  広場を眺めかえし  小路から引っかえし  明るみにかえし  手の裏をかえし  刀を取って引っかえし  のですが、まもなく引っかえし  母は、かえしてやれ、かえし  一瞥をかえし  足で引っかえし  家へ引っかえし  磯五も、すぐに笑いかえし  居間へ引っかえし  駒ちゃんを送り返して、引っかえし  たかと問いかえし  日本一太郎を見かえし  おじぎをかえし  店へかえし  さを照りかえし  うちまでかえし  生活を生きかえし  俤を眺めかえし  顔をじっと見かえし  猿を目がけて投げかえし  銀はおどろいて訊きかえし  体をかえし  何か云いかえし  裏葉をかえし  ちがいない、そうおもい込んで、また引っかえし  上を掘りかえし  防空壕を掘ったり埋めかえし  死骸を引くりかえし  手の甲をかえし  憤然と怒鳴りかえし  日光を照りかえし  雑誌をかえし  ところを繰かえし  母親をかえし  札をかえし  習慣的にかえし  風情もなく、すぐさま追いかえし  オレンジ号を、かえし  場所へかえし  人間界にかえし  数が多すぎたので一旦送りかえし  多賀子をかえし  私も、思わず微笑みかえし  湯島までかえし  原稿を送りかえし  穏かに言いかえし  中野は訊きかえし  のを眺めかえし  憶いかえし  揚巻にかえし  土地を掘りかえし  注意を繰かえし  氷上へかえし  囚人をかえし  幽霊を、かえし  夜みんな子供をかえし  のをうけとって見て、かえし  深川をかえし  褓母を早くかえし  自分にかえし  上に照りかえし  二人が勢いこんで取ってかえし  空地を掘りかえし  意志を照りかえし  塚を掘りかえし  所を掘りかえし  お辞儀をしてかえし  柳を呼びかえし  裡へ呼びかえし  型にかえし  判をしてかえし  兵をかえし  盃をかえし  胸に照りかえし  巻紙をまた捲きかえし  裾をかえし  ように揺りかえし  ホテルにかえし  ホテルへかえし  墓を掘りかえし  光が照りかえし  川島も、思わず訊きかえし  底から掘りかえし  本をかえし  学士は、すぐさま、つよく言いかえし  顔をぐっと睨みかえし  煉瓦を掘りかえし  獣を睨みかえし  スパイを生かしてかえし  ことばをかえし  からだにかえし  糸をかえし  水に照りかえし  何か訊きかえし  笠井氏を見かえし  三度も訊きかえし  白服にかえし  恩はかえし  笑いを照りかえし  表へかえし  桶にかえし  故郷へ呼びかえし  どてらをひっくるかえし  さが照りかえし  上へかえし  娘に訊きかえし  娘も見かえし  のをかえし  家鴨は言いかえし  しまにつかみかかりながら罵りかえし  怪訝そうに訊きかえし  これっぽっちも言いやしねえよ、さ、早くかえし  川上は訊きかえし  杉本もどなりかえし  ほうを見かえし  ぼんやりと見かえし  手へかえし  男に囁きかえし  吃驚して訊きかえし  次郎をかえし  民がすぐ問いかえし  許にかえし  金をかえし  冗談を言いかえし  お金はかえし  掌をかえし  両手で持ちかえ持ちかえし  寝言だったかを問いかえし  次郎にかえし  みんなを睨みかえし  父にかえし  郎を見かえし  スミス中尉にかえし  手をぐっと握りかえし  大沢にかえし  あべこべに問いかえし  本箱にかえし  めちゃめちゃに掘りかえし  穴小屋をほじくりかえし  子供達は繰かえし  しろへ引っかえし  彼品御かえし  報いとして、早くかえし  山の上へ引っかえし  先生を見かえし  少佐を見かえし  カイちゃんをかえし  意外にも蒸しかえし  福間警部をかえし  カンゴ婦をかえし  車へのせてかえし  後遺症がぶりかえし  根を、掘りかえし  ことなく映しかえし  おかみさんが引っかえし  蘇武をかえし  二三歩歩きかえし  白紙にかえし  恩をかえし  正面へかえし  それを握りかえし  茶碗をかえし  それから踵をかえし  俥をかえし  変質させて送りかえし  卵をかえし  いま訊きかえし  中に喚びかえし  秋山はすぐ訊きかえし  ニベもなく云いかえし  馬車はかえし  ひき出しに入れた、かえし  木曾にかえし  サロンへ引っかえし  姿に行ないかえし  しりをかえし  先生が来てかえし  勝利者になって見かえし  そうに見かえし  チマ子は負けずに言いかえし  表情も変えずに握りかえし  右門をにらみかえし  裏へかえし  くるり引っかえし  方へ引っかえし  豚を追いかえし  上へ引っかえし  洗濯屋がかえし  屋敷まえへ取ってかえし  私にかえし  そのまま私にかえし  歴史を照りかえし  親たちを見かえし  ことを照りかえし  負債をかえし  家へ、かえし  女中さんをかえし  茶をかえし  歩調の踏みかえし  あとへ引っかえし  念を押して、繰かえし  坑内へ引っかえし  七五郎は引っかえし  印象の噛みかえし  4300をかえし  この間送りかえし  家でかえし  不要品整理で送りかえし  こともかえし  そばに新しく掘りかえし  かいに、ただ伝えてやろと申してかえし  原稿きっとかえし  のを送りかえし  力を極めて蹴りかえし  力を出して奪いかえし  王が呼びかえし  来週中にかえし  下には、掘りかえし  自分達が掘りかえし  生田氏より送りかえし  山にぶつかって引っかえし  私は尋ねかえし  恩は、きっと、それだけかえし  馬の脚一本背負わせてかえし  木魂をかえし  筆をかえし  農夫が掘りかえし  付近を掘りかえし  髭をかえし  マリを跳ねかえし  紙をかえし  ピオニェールにかえし  結納をかえし  十娘は言いかえし  十娘をかえし  小声で呼びかえし  のかと訊きかえし  まじめで訊きかえし  びもいくたびも絞りかえし  彼等を見かえし  お金はそっくりかえし  下へかえし  鍋にかえし  ニヤッと笑いかえし  算盤をかえし  意識をかえし  かしみんなおかえし  ちゃんと引っかえし  



前後の言葉をピックアップ
還さ  孵さ  カエサル  カエシ  帰し  返し  返し  還し  孵し  返しゃ


動詞をランダムでピックアップ
描き出せれはいずっつなぎ止め垂んとするむしりしけ学び取りこぼたあわれがり揚がっ威張っかすめる干あがっ薫れ養っくばりさらし見回れ転ぜそばめ
形容詞をランダムでピックアップ
やかましくっびんな荒かっ目ざまし度しがたき恥ずかしかっ長う痛くかぐろ重い低くっいざとく情けない床しく耳遠い物がた甘辛ゆるしどけな