「睨ま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 睨ま[動詞]
警察にさへ睨ま  番頭さんに睨ま  髣髴させたが、叱られたり、睨ま  二人の睨ま  どこかを睨ま  眼光で睨ま  教授に睨ま  一緒にいたので睨ま  警視庁あたりでも睨ま  剛に睨ま  ものに睨ま  眼で睨ま  ソーヤーに睨ま  南からは睨ま  遠野を睨ま  廂にも睨ま  妖鬼に睨ま  だって、睨ま  顔が現われて、じろりと睨ま  藩からは、睨ま  社会から進歩的と睨ま  あとあとまで睨ま  唇をひるまずに睨ま  室内を睨ま  仲働きに睨ま  叔母に睨ま  こっちを睨ま  ジロリと睨ま  ジロリ、睨ま  松に睨ま  女を睨ま  ヂロリと睨ま  僕を睨ま  大隅君にぎょろりと睨ま  そこまで睨ま  山城守に睨ま  二つのボタンに、ぐっと睨ま  ボタンに睨ま  二つのボタンに、睨ま  あたりを睨ま  兵を睨ま  乱暴なので怪しいと睨ま  徴兵医官に睨ま  空を睨ま  さらでも睨ま  貴下に睨ま  警察に睨ま  誰かに睨ま  容疑者として睨ま  私は睨ま  我々を睨ま  母から睨ま  シャを残さなかったなぞ、随分と睨ま  役人に睨ま  伸子を睨ま  眼で一寸睨ま  あとを睨ま  猫に睨ま  関係者と睨ま  あいつらに睨ま  ことから睨ま  顔を睨ま  小母さんに睨ま  心も、睨ま  先生に睨ま  鬼眼鏡に睨ま  ちがいないと睨ま  ボロを睨ま  姿一つを睨ま  同心かと睨ま  横に睨ま  方を睨ま  お前に睨ま  目に睨ま  七に睨ま  浪士づれに睨ま  ように睨ま  山崎に睨ま  眼に強く睨ま  眼にじろりと睨ま  集合所と睨ま  肩越しに睨ま  抱え主にも睨ま  徳次兄いに睨ま  多吉に睨ま  万力に睨ま  代官に睨ま  蛇に睨ま  字をつかっても、睨ま  青年士官を睨ま  犯人と睨ま  彼を睨ま  うごきを、じっと、睨ま  ことを睨ま  軍事探偵であると睨ま  ものなら、悪く睨ま  新撰組に睨ま  ツと宜しく睨ま  奥様に御睨ま  意気張って睨ま  存在して居たと睨ま  二人を睨ま  母を睨ま  知らないとこじゃ、まったくもう怪しいと睨ま  ものを出したら睨ま  者に強く睨ま  猴に睨ま  老人や、睨ま  平生から社員に睨ま  真先に睨ま  女性に立ち向うて睨ま  眼に睨ま  頼長になにやら睨ま  眼でじっと睨ま  何か叱られたか、睨ま  長蔵さんからこいつは危ないなと睨ま  一度ずつは必ず睨ま  奴めと睨ま  昔ギロリと睨ま  因縁がついて、なんだかいつも睨ま  屹と睨ま  どこへ行っても睨ま  顔をして睨ま  嫉妬家に睨ま  自由主義者として睨ま  発展しすぎて睨ま  額越しに睨ま  俺に睨ま  間それに睨ま  細君から睨ま  綾衣にやさしく睨ま  一角を睨ま  仏僧を睨ま  人間を睨ま  彼が睨ま  斯う睨ま  誰が描いたと睨ま  殿頭に睨ま  もの言へば睨ま  眇に睨ま  瓦を睨ま  誰が睨ま  これに睨ま  ガヤガヤつめて睨ま  目で睨ま  東条軍閥に睨ま  から上級生に睨ま  上級生達から睨ま  お前は睨ま  悪戯者だと睨ま  文部省に睨ま  奴と睨ま  大槻を睨ま  このごろ政府からひどく睨ま  才兵衛にぎょろりと睨ま  引廻しの子と睨ま  儘に睨ま  上から睨ま  それに睨ま  教師に睨ま  奥女中たちに睨ま  給仕より睨ま  勤王派に睨ま  柳子さんに睨ま  炯眼に睨ま  大方血眼で睨ま  禁物であるから、睨ま  天井裏を睨ま  刑事に睨ま  有司から睨ま  運転手に睨ま  又野に睨ま  風で、なるほど一度睨ま  旅商人を、どうも怪しいと睨ま  上官に一旦睨ま  渠を睨ま  



前後の言葉をピックアップ
ニヨーチンダ    ニラ  韮崎  ニラザキ  にらま  睨み  睨み  にらみ  にらみあい


動詞をランダムでピックアップ
かいくる組立てる吠えろ住まわ書き流し因め忘れ去ろ打ちつけるすぐりぬりつぶし居残ろふっきら縮みあがる入りかわっまいあがっ泣き伏せる気に入ならお駈る劣る
形容詞をランダムでピックアップ
にがにがしき名だかし喧しかっ真白きともく感慨深き清すがしい見好いおもしろ丸ししかつめらしい手酷き心地よずるう清かっ血なまぐさ赤黒く速し奥深きはしこ