「触」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 触[動詞]
駅売の触  抱へ込み、触  なつたら、触  子どもはまた触  癪に触  私に触  百年に触  本などには触  生命と触  ところの、相触  びに触  針を並べた触  国分寺の触  物に触  年寄役、触  川便でおくれという触  勘定所の触  用金差しまわしの触  手が触  足が触  それに触  何遍も引つくり返して、触  魔法の杖で触  叔父さんは触  つて、触  柱頭に触  物を触  体をころがして見、やさしく触  板元蔦屋重三郎お触  倹約の御触  小癪に触  のが、触  のは、やはりこの触  土師氏は、触  為に、触  所以のものは、もちろん触  彼らは、触  頬が触  旧臣の焦触  一指でも触  身にとっては触  存在を触  紅色をふくんで、触  痕に触  木へ決して触  気分の腐触  戸に触  藁縄をはづかしさうに触  水曜と触  政府からお触  香味と触  指に触  豪家という触  君、触  込が触  道化芝居の触  事がならねいというお触  実業家だと云う触  手で触  からだに、触  つても触  からだに触  モウ手も触  物が触  腰の物に、態と触  兵力を有し、しかも、触  気に触  羽根で触  木の葉に触  角封筒に触  母親に触  ことを言い触  内証で触  ものが触  背に触  印象、実際触  虚無僧寺の触  カムボジヤの触  事で、この触  畏敬と触  ちよつと触  普通視空間と触  空間とか触  空間も触  空間と触  空間や触  ば視空間と触  味、触  味と触  言ふよりも寧ろ触  様は、単なる触  中に紛れ込んで、しばしば触  さちよに触  掌に触  諸所ヘ触  地面中ヘ触  ころに触  太鼓が廻って触  だれかの触  指先で触  認むることをえなかったし、また触  心に触  視神経と触  触覚に於ける触  処が実際は、触  何となく舌に触  義理人情に触  気分に触  局部に触  猴、触  力があって、触  紙面を走る触  殺生を忌まれ、また触  牽引方式は触  わたくしが触  智恵子は触  梓川と触  雪に触  屋形船に触  凹凸を触  指で触  確かに触  ぱつと快く触  紙衣裳を眺め、触  事は触  外に、一寸触  故人の触  眼頭を触  髪の毛に触  光線に触  ものを触  ちよいと触  口髭に触  義賊だと云い触  手先に触  バリカンが触  枕木にべたりと触  何処へ触  頬に触  手に触  触手というか触  遠野郷十二ヶ寺の触  間違い無しに触  さつきから癪に触  そつと触  穴に触  屋根へ触  グツト癪に触  彼れと相触  鰻を見ても触  程軽く触  二三歩すると又触  皮膚に触  トロに触  キイに触  指を触  掃除御用之触  一統に御触  指が触  最初の触  神殿を造り、触  顔が相触  四方にお触  聞に触  人形は、触  びを何となく手で触  自分も初めての触  アミイバが触  効果と触  ガサガサと触  真実を触  小指で触  扉に触  



前後の言葉をピックアップ
佐和山      ザワ  さわ    騒い  さわい  沢井  沢入


動詞をランダムでピックアップ
果たせる切付けよ啄み拡がれ言い残さくりかえるひやさ切り上げる瞑せ奏で辞むいからし釈か署せまぎらかみくだきすすりなく芽立とすだけ目がけ
形容詞をランダムでピックアップ
うれしかろ上手けれのろくさい危なかろさむくきたなくっ物すさまじきおしく待遠しかっしめっぽかっ憎々し生白もったいらしむずかしゅういけ図々しくっずぶとい待遠しい回り遠いうとう輝かし