「悲し」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 悲し[形容詞]
なく悲し  ざめた悲し  美しく悲し  ない悲し  ら悲し  又悲し  いかにも悲し  当然悲し  運命悲し  美しい悲し  ほとんど悲し  ふと悲し  世にも悲し  鋭い悲し  すこし悲し  てひどく悲し  切ない悲し  暫時悲し  いかばかり悲し  寂しく悲し  アア悲し  寧ろ悲し  じっと悲し  さら悲し  たえがたい悲し  また悲し  大変悲し  光悲し  なにか悲し  やがて悲し  弱々しく悲し  弱い悲し  はや悲し  無い悲し  むしろ悲し  一層悲し  つた悲し  甚だ悲し  さも悲し  淋しい悲し  どんなに悲し  共悲し  もの悲し  遠い悲し  ごと悲し  さ悲し  少し悲し  不快悲し  益々悲し  殆ど悲し  いくぶん悲し  クンクン悲し  ひどく悲し  いつも悲し  へん悲し  虚しい悲し  別段悲し  稍悲し  恐らく悲し  喜悲し  ところ悲し  時又悲し  さらに悲し  るい悲し  うめく悲し  深い悲し  何となく悲し  つて悲し  甘い悲し  嘸悲し  すこしも悲し  やはり悲し  候悲し  より悲し  別れ悲し  まり悲し  しろ悲し  時々悲し  うとう悲し  がたい悲し  時時悲し  そう悲し  終夜悲し  さびしく悲し  くせ悲し  ます悲し  情けない悲し  すごい悲し  優しい悲し  それから悲し  そんなに悲し  別に悲し  たまらなく悲し  なに悲し  半ば悲し  じつに悲し  彈琴悲し  歌悲し  さほど悲し  から悲し  琵琶悲し  なんとなく悲し  なんだか悲し  ば悲し  わざと悲し  おどけ悲し  く悲し  きっと悲し  もう悲し  中悲し  日に日に悲し  心悲し  情ない悲し  せつない悲し  つねに悲し  嬉し悲し  のもの悲し  夕暮悲し  ばい悲し  如何にも悲し  みんな悲し  あんなに悲し  かるい悲し  早く悲し  あな悲し  いつまでも悲し  多少悲し  何と悲し  忽ち悲し  もつとも悲し  やや悲し  突然悲し  いかに悲し  図悲し  こんなに悲し  なにやら悲し  何より悲し  ゃだんなのその悲し  なんと悲し  さして悲し  蒼い悲し  只悲し  にせまる悲し  仕方がない悲し  一向悲し  ほんとうに悲し  あんまり悲し  なかった悲し  次第に悲し  いと悲し  どことなく悲し  はた悲し  とき悲し  めのと悲し  尊い悲し  あまりに悲し  声悲し  みな悲し  皆悲し  悲しい悲し  淡き悲し  いっそう悲し  なき悲し  毎日悲し  よく悲し  いっせいに悲し  夜も昼も悲し  とても悲し  ちょっと悲し  ぽい悲し  暫く悲し  物足りない悲し  大して悲し  さびしさ悲し  嬉しい悲し  慌ただしい悲し  ちょうど悲し  細い悲し  大いに悲し  しきりに悲し  しばらく悲し  淋しく悲し  たいへん悲し  遠く悲し  はじめて悲し  私悲し  懐しい悲し  たしかに悲し  高く悲し  つくづく悲し  いちばん悲し  もっと悲し  それほど悲し  ふかい悲し  大層悲し  いま悲し  かに悲し  冷たい悲し  なさけない悲し  こう悲し  同時に悲し  濃い悲し  何だか悲し  やるせなく悲し  あはれ悲し  今悲し  べつに悲し  の悲し  命悲し  ひたすらに悲し  まったく悲し  

~ 悲し[形容詞]
ものは悲し  孔雀は悲し  声も悲し  時は悲し  顔は悲し  年少の悲し  顔にも悲し  さと悲し  貧乏の悲し  母は悲し  メイが悲し  なかに悲し  急に悲し  ことを悲し  彼は悲し  ことの悲し  息子さんの悲し  何んとやら悲し  何が悲し  ザムザ夫人は悲し  中には悲し  さや悲し  永遠の悲し  声は悲し  夕風に悲し  堕落の悲し  ことへの悲し  はるる時の悲し  ように悲し  やうに悲し  鏡子には悲し  日の悲し  凶夢を悲し  北山はいかにも悲し  自分の悲し  のが悲し  表情を悲し  平服の悲し  苦しみや悲し  現実の悲し  日民子は悲し  俺の悲し  僕は悲し  ブラウンが悲し  お母さんは悲し  ジユウルとは悲し  アゾルまでも悲し  山角兵衛獅子の悲し  萬物の悲し  羊は悲し  あまりの悲し  静だけが悲し  主人持ちの悲し  腹の中では悲し  恋は悲し  凡手の悲し  浮世の悲し  先生は悲し  無力の悲し  にわかに悲し  千絵が悲し  なまけ者の悲し  非常に悲し  二人は悲し  彼女の悲し  これらの悲し  一人でに悲し  妾ものの悲し  良吉は悲し  さも悲し  子供ごころの悲し  初めは悲し  例の悲し  何か悲し  生き甲斐の悲し  表情の悲し  ものの悲し  妻は悲し  の子も悲し  生き別れの悲し  別離の悲し  其節は悲し  女の悲し  若君は悲し  光君の悲し  そうに悲し  ことさら秋の悲し  治六は悲し  老婆は悲し  繊は悲し  娘は悲し  生理の悲し  ぎが悲し  奉公人の悲し  車からは悲し  頭から爪先まで悲し  宿命の悲し  音楽が悲し  彼女は悲し  もさまで悲し  君は悲し  人間の悲し  片親の悲し  不意に悲し  一瞬生活の悲し  船長は悲し  世の中の悲し  二つの悲し  町人の悲し  悔いも悲し  悔いと悲し  悔いや悲し  声が悲し  滑車が悲し  身を悲し  娘が悲し  愛慾の悲し  ゲエルは悲し  ことが悲し  つながりの悲し  心の悲し  心は悲し  あはれに悲し  見習士官は悲し  犬も悲し  商売女の悲し  夫は悲し  私の悲し  揺りかごは悲し  なにより悲し  目は悲し  彼女も悲し  ままに悲し  のさへ悲し  浮世を悲し  政治の悲し  持たざる者の悲し  ユリ子は悲し  彼氏の悲し  余りの悲し  無限責任の悲し  それさへに悲し  言葉を悲し  すべての悲し  樽野は悲し  人の悲し  男親の悲し  住民たちの悲し  日本庶民生活の悲し  戦争の悲し  ちょっとも悲し  笛の悲し  ホーキン氏の悲し  あなたは悲し  奥さんは悲し  燕尾服は悲し  死別の悲し  月が悲し  のに悲し  身は悲し  世帯持の悲し  さが悲し  一そう父親が悲し  瞳を悲し  後進国の悲し  従妹の悲し  なにが悲し  中を悲し  ときの悲し  カイゼルは悲し  たびに悲し  不安や悲し  伸子は悲し  閑人の悲し  のを悲し  忰が悲し  カピが悲し  あれほど悲し  何度も悲し  限度の悲し  雲を悲し  すずめは悲し  風景の悲し  空屋の悲し  下司の悲し  身の悲し  それも悲し  一種の悲し  登子は悲し  幕末の悲し  オツに悲し  アクションも悲し  風に悲し  何んと悲し  受け身の悲し  時の悲し  愛情の悲し  郷愁の悲し  枝の悲し  主人は悲し  砂の悲し  荘夫人に悲し  柳秋雲は悲し  それが悲し  盲目の悲し  音は悲し  づれば夜は悲し  素人の悲し  髯さえも悲し  捨子は悲し  子供の悲し  落伍者の悲し  花嫁の悲し  夫人は悲し  文章は悲し  従兄の悲し  セルゲイは悲し  暗がりの悲し  あなたの悲し  兄は悲し  人気商売の悲し  自分は悲し  低能の悲し  わたしは悲し  ポチは悲し  ミャアと悲し  風守の悲し  三枝子の悲し  必死に悲し  弓の悲し  女は悲し  犬は悲し  子犬はさも悲し  髪の毛が悲し  先生も悲し  少年の悲し  人の子の悲し  兼ちゃんの悲し  読者に悲し  それは悲し  畜生の悲し  ための悲し  ソヴェト農村ユーモアは悲し  父親は悲し  宣祖王は悲し  娘さんは悲し  一途に悲し  商売の悲し  とき急に悲し  心から全体が悲し  博士は悲し  これも悲し  事の悲し  少年は悲し  眼が悲し  慶娘は悲し  盲人の悲し  皆われらの悲し  姫君は悲し  芸人の悲し  わかうどは悲し  いくつらね悲し  博士はさも悲し  死に顔を悲し  市長が悲し  人々も悲し  蟹は悲し  赤蜻蛉は悲し  二人とも悲し  クリストフは悲し  一代分限の悲し  付け焼き刃の悲し  馬は悲し  ローザは悲し  吾は悲し  ひろ子は悲し  それを悲し  人々への悲し  何をか悲し  若い腰元が悲し  ドサ廻りの悲し  母さんは悲し  孤独の悲し  彼等を悲し  怒りの悲し  後室は悲し  しろうと大工の悲し  しろうとの悲し  しろそれは悲し  浅知恵の悲し  精霊の悲し  コレットは悲し  言葉にたいする悲し  それのみ悲し  母親の悲し  梟が悲し  姉は悲し  人は悲し  顫わせさも悲し  紋兵衛は悲し  僧の悲し  拳を悲し  オリヴィエは悲し  事物の悲し  奥さんが悲し  日は悲し  たくさんの悲し  お国出の悲し  まことの悲し  彼の悲し  令嬢は悲し  夫こそは悲し  靜かな悲し  ちょっと栖方は悲し  まりの悲し  火は悲し  われわれは悲し  小鳥が悲し  物柔かな悲し  コンスタンチーノヴナは悲し  生者必滅の悲し  当時の悲し  雑沓や悲し  微かに悲し  濛々と悲し  段違いの悲し  其時の悲し  若い子供達が悲し  追憶の悲し  女房などが悲し  眼は悲し  驢馬が悲し  別れを悲し  私を悲し  涙がこぼれそうな悲し  里の悲し  源氏は悲し  一人旅の悲し  明石の悲し  書物は悲し  物の悲し  性格を悲し  死ぬほど悲し  際に悲し  院は悲し  物怪は悲し  宮の悲し  者の悲し  運命の悲し  女房などは悲し  夢の悲し  死ぬまで悲し  今更に悲し  一同は悲し  半蔵は悲し  インテリの悲し  尼は悲し  小川の悲し  成金の悲し  ことかと悲し  乳母は悲し  真心から尼君は悲し  新参者の悲し  顔を悲し  浮き世の悲し  光は悲し  寒や悲し  白を悲し  父の悲し  土人の悲し  浅学短才の悲し  孫七が悲し  どこまでも悲し  我の悲し  瞳も悲し  所所に悲し  凡庸の悲し  明日の悲し  按摩は悲し  肉体の悲し  稍や悲し  魚らは悲し  魚は悲し  魚が悲し  これまでの悲し  酋長は悲し  鶉は悲し  妙に悲し  紳士は悲し  魚容は悲し  夜猿の悲し  人生の悲し  一番の悲し  大阪者の悲し  翠は悲し  頭痛や悲し  一角を悲し  ポウセ童子が悲し  孤獨の悲し  ジョウが悲し  わが身の悲し  孝一は悲し  普通の悲し  私も悲し  お久美さんは悲し  若い文士には悲し  運命を悲し  小坂部は悲し  師直は悲し  時彼女は悲し  国の悲し  人が悲し  木も悲し  客は悲し  一度も悲し  何を悲し  怪物は悲し  独身生活の悲し  歓びと悲し  学士は悲し  鯨は悲し  老人は悲し  名家の悲し  別れこそ悲し  愛情や悲し  王子は悲し  方を悲し  語の悲し  マイダスは悲し  むしけらものの悲し  私自身の悲し  顔の悲し  それらは悲し  蝙蝠が悲し  青年は悲し  薬剤師は悲し  つぎに悲し  国中の人は悲し  てへんに悲し  アヤは悲し  一途の悲し  しまつたといふ悲し  男の悲し  大人の悲し  こと自体の悲し  結局お前の悲し  扨も悲し  ミドリは悲し  彼を悲し  馬耳を悲し  天人は悲し  五時まで悲し  日ごろの悲し  子犬は悲し  君を悲し  さは悲し  今も悲し  今の悲し  心には悲し  そこに悲し  葦は悲し  ジュスチーヌは悲し  父は悲し  茶色の悲し  胸は悲し  細君は悲し  私は悲し  岸の上で悲し  罪の悲し  オルガは悲し  不機嫌そうに悲し  微笑は悲し  きゅうに悲し  鳩は悲し  犬の悲し  真似の悲し  夕暮の悲し  折物語の悲し  禽獣よりも悲し  人々の悲し  銀の悲し  あたりは悲し  穂さきの悲し  玄人の悲し  小人物の悲し  悟空は悲し  賤の悲し  歌寿は悲し  智恵子を悲し  無限の悲し  幻滅の悲し  喜乃は悲し  貧乏書生の悲し  音も悲し  光景の悲し  母の悲し  ギンは悲し  これにすら悲し  教養人の悲し  山羊は悲し  唇は悲し  落胆とか悲し  吾心はたも悲し  夕焼けの悲し  千代子は悲し  主人が悲し  末法時の悲し  モウロは悲し  死は悲し  信吉は悲し  顔に悲し  身分ちがいの悲し  熊城は悲し  

悲し[形容詞]
悲しさ  悲しそう  悲し気  悲しげ  悲し過ぎてぼんやり  悲しむばかりであつた  悲しや世  悲しゅうてなもし  悲しゆ  悲しひ事  悲しがるの  悲しがつて  悲しがらしった  悲しコスモス  悲し相  悲し吉原  悲しかるへき  悲しもうに  悲しむのもかなりさっとしたものなのだ  悲し過ぎる事  悲しん  悲しや  悲しまし  悲し氣  悲しと思  悲しさより  悲し翹望  悲しい死  悲しがっておいで  悲しかん  悲しと觀  悲しとも思ふわけ  悲し冷  悲しかつた  悲しがっているの  悲しや不憫  悲しやこれ  悲しがらせたりすること  悲しの戀  悲しやはらばふ身  悲しとも樂  悲しみはし  悲し代々木  悲しや眉  悲し函館  悲しがるに違い  悲しの  悲しも独  悲しは切  悲しと思う人間  悲しがってるの  悲しいうなり音  悲しと思うに違い  悲しから  悲しむるものを  悲します  悲しや一  悲しゅうござります  悲しやくせ者  悲しびのあと  悲しがっていらっしゃるから  悲しとも思わなかった  悲しや火事  悲し味  悲しがって大騒ぎ  悲しがってはしかた  悲しがって泣いたりするおり  悲しがる女房  悲しがっている様子  悲しがってくれる気持  悲しがって今  悲しがっていること  悲しかるらん  悲しがらせるあなた  悲しめど  悲しがらせるの  悲しみいそ  悲しがって言い続ける少将  悲し神国  悲しがりになること  悲しがっているところ  悲しや何  悲しの色  悲し佐久  悲しがつた  悲しかア  悲しかりけれ吉野山  悲しや言語  悲しいくら  悲し秋  悲しや上人  悲しび  悲しまで喜べるもの  悲しがるわけ  悲しもと  悲しも思ひしもへばもろこし  悲しとい  悲しと來  



前後の言葉をピックアップ
金澤  哀し  悲しも  悲しん  かなし  悲しから  哀しま  カナシ  悲しま  哀しい


動詞をランダムでピックアップ
たたかくわだてるあきれ果てみかぎりつけ込も立たうやまわとどろかせるうかびでるさしあたっ志す掴み合う連出さ給う攻め立てよ引き去る囲う温まら轟かさ凌ぐ
形容詞をランダムでピックアップ
したわしいよんどころなきこそばゆき憎かっ臭い尊う何気無く良い大きかろ素ばやく細けれひらたき忌わしく根ぶかいあたら愉しき歯がゆい磯臭いあまねから