「沢」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
沢の草花が混つてゐた  沢の上の蚊の声とも思われる  沢の螢は皆燃える  沢から三つ又からサッカイの山からマミ穴森から白沢からまるで縦横にあるいた  沢と言って  沢によっていつしか心の虜にされてしまった  沢は逃げるどころか  沢に対する恋は日に日に猛烈になって行きました  沢に対する心持を感知したと見え  沢の頸筋をつかんで殴る  沢に同情し  沢は始め反対しましたが  沢は深切に友江さんの面倒を見ました  沢が預って居て  沢がかかり  沢に心を奪われた  沢の外には一人もありませんでした  沢に言い寄りました  沢も決心して  沢に申しました  沢は一しょに行くと言いましたが  沢に告げました  沢はその場に気絶して仰向きにたおれました  沢の口へそそぎかけました  沢が頻に頼むので  沢はただならぬことが起きたと思いました  沢はたずねました  沢の顔を見つめるだけでした  沢は再びたずねました  沢はその場で気絶しました  沢の気絶した  沢を抱き上げたかと思うと  沢を寝かせました  沢を見つめて居ましたが  沢の身体に手をかけたかと思うと  沢を見たりしていて  沢のいかもの店に女唐停ち  沢を炭竈の白い烟が立ちのぼる  沢の水は少しづつ蒸発する  沢を下り  沢のない乾からびた  沢にせさせ  沢の底の奇巌のあいだに噴き出るに任せ  沢の家々を遠く下に見て  沢へ来て  沢の藤屋に自分の帰りを待ち焦れているであろう  沢へ笑って  沢の猿の湯へ湯治に行った  沢や森林から雨のごとく矢が飛んできた  沢や崖から飛んでくる  沢のほとりに駒をとめて  沢のかげに眠って  沢を伝わって  沢若しくは其附近の尾根を登る  沢を戻る  沢を離れて  沢へ下りられる  沢へ下りられた  沢にある  沢やという屋号で呼ばれている  沢やらしい商売でもしていた  沢や婆さんの顔を見  沢や婆さんの戸籍を調べて貰った  沢や婆に払われるには  沢や婆は十五年以上暮していた  沢や婆さんは腸工合を悪くして寝ついた  沢や婆は柳田村に移される  沢や婆の丸い背を見つけると  沢や婆と坐っていると  沢や婆のいる  沢やの婆が行ってしまったら  沢や婆を村に置きたい  沢や婆が帰る  沢まで来た  沢が裾をひいて  沢からチラチラと無数の火が見えた  沢が食いこんだりしていた  沢の前に立ち止まりながら  沢を隔てながら  沢に賜わった  沢の家主の久五郎というひとから赤紙つきの手紙が届いておった  沢の家から唸り声がきこえるから入って見ると  沢が斬られて倒れている  沢がわしに書き越すからは  沢を襲う  沢と申す  沢と一杯飲っていた  沢というのと齢ごろになる  沢へ下りると  沢の奥の行き  沢になっている  沢の曲った  沢を合せたら  沢へ下りて来た  沢や平野を買い占めてのう  沢の奥にはいって行くと  沢の風色を思ひ浮べると  沢に昔から地獄穴があると伝えられ  沢があって  沢の若菜を摘みて  沢の方へ逃げだした  沢へ下り込む  沢が落ち合っている  沢だと思ひ  沢へも入り込む  沢として置きたいので  沢は大釜の手前の浅い所を徒渉して  沢らしい窪はある  沢を右に取って  沢を上られた  沢を下ろうかと思った  沢に下って行く  沢を帯びた  沢を渡って歩く  沢の中から救い上げてくれました  沢を万人にこうむらすにいたるには  沢に出掛けるので  沢の蘆原の中で水鶏が鳴いていた  沢といわず  沢が宿っていた  沢を万人に被らすに至るには  沢の方に出来て  沢の方に出たら  沢のほうへ降りて行った  沢の蓬を刈って  沢はひっそり黄昏れていた  沢がひろく見渡された  沢で焚いている  沢から般若坂へぬけてゆく  沢の上にあたる  沢に見える  沢から外へ洩らさなかった  沢を通り過ぎて  沢の少いが痩せた  沢は振向いて  沢は薄汚れた  沢が此処に寝て居る  沢の腰を掛けた  沢は此方の側伝ひ  沢は一目見て  沢は実は其段心得て居た  沢は笊に並んだ  沢は恐入らずには居られなかつた  沢に恁う言ひながら  沢が其の故郷の話をする  沢は蘇生つた気がした  沢の瞳を射た  沢は思はず  沢の手は取られた  沢は見る  沢のようになった  沢に生えていた  沢を見ず  沢の温泉をゆずってもらって  沢を降つてゐるので  沢に向って  沢の近くの凹地へ運んだ  沢の方に水稲をつくっていた  沢よりの藪かげへ寝ころんで休んだり  沢のむこうの  沢のはんのきのうしろにかくれる  沢に流るる  沢に落ちて  沢に辿りついた  沢に出られて  沢には第一の小屋が出来かけています  沢で燃す  沢の清水を竹筒に満たして  沢の水が淙々と鳴って  沢も小流れも水が溢れて  沢にひそむ  沢で材木を挽いていた  沢を覗いて  沢を下る  沢に下る  沢へかけて望まれる  沢が落合い  沢は再び石が累積し  沢や雪渓が足下まで延上っている  沢という呼称はとらない  沢を持っていた  沢の口でおろして  沢の陣地にいた  沢という両村へ引揚げて  沢と青い木だち  沢の下へ駈け出して  沢の水を指さした  沢に下って  沢を遡行して登りつめた  沢の方へくだって行く  沢に出て行く  沢の浅瀬を渡って来る  沢や谷が幾つもその間に横たわっている  沢を越せば  沢はなるほど  沢を登って  沢はいくらでも出てくる  沢を越えきると  沢が下って  沢が出てきた  沢は黒ずんで見えた  沢を越えて  沢は渡れない  沢が迫っている  沢に挟まれてしまった  沢を渡った  沢へでて  沢を渡って  沢の勘公がペコペコと頭を下げる  沢の勘公雪の下の粂公里芋のトン勝さっさ  沢に引き込まれる  沢は中新川堺の雑木山から乏しい水を搾り集めて  沢の名であることを話された  沢を登って来て  沢と呼び  沢を二つ越すと  沢を渡り  沢の突き当りの大岩が堰き止めた  沢に出る  沢を伝って下りて行くと  沢を暫く登ってから  沢のある  沢をいって  沢をのがれて  沢は何を収め  沢のあたりまでスキーに乗って  沢に集まった  沢深い山間を歩いて行く  沢から平ヶ岳に登る  沢を行く  沢の池のほとりに有りけるが  沢の称があるという  沢の製板業が盛になった  沢を遡って  沢だと聞いた  沢の源である尾根の名を冠して  沢が来る  沢の下流里余にして  沢で到底遡行は出来ないと話した  沢の主なり  沢に行って  沢より竜燈今に上るなり  沢には鐘二つ沈みいたが  沢の上から落ちて  沢の岩菜を摘んで  沢を呼んだ  沢は火鉢の前へ来て坐つた  沢は出て  沢は言ふので  沢の所にたおれた  沢の落葉を掻寄する  沢の山家へ泊まった  沢に木賊瀑が懸っている  沢の中では第一に位する  沢の製板業が盛になったので  沢の話を聞いた  沢が流れて来て落ち合っている  沢について何処までも登る  沢に出た  沢の二分する  沢に挟まれた  沢の名を聞いて見たが  沢の大岳を崛起し  沢へ降りて  沢までは凡そ三四丁の道程があるので  沢に降りると  沢は下りられる  沢を登ると  沢を行かれないので  沢を登る  沢で野宿をした  沢を一つ越しすぐ取付いた  沢を二つ越し  沢へ降らなければならなかつた  沢の流れに飲んでいる  沢へ移って来た  沢は裾まで下りるなんて  沢の入口にあった  沢の底の方には種々な声があった  沢について歩き  沢と底倉で各一泊したので  沢から湯本の玉簾の滝を見に出かけた  沢の方へ近くなり  沢の中に散在している  沢というところから初まって  沢に沿うて  沢近く来た  沢を隔てて  沢の福住へ参り居り  沢の秋の夕暮れのような歌も出てくる  沢べにかけるはやぶ  沢がある  沢やかな額に手をかけたが  沢にあり  沢なく弛んだ  沢を求めて  沢の下端によくある  沢に沿うておりて来る  沢にも湯がにじみ出ているという  沢に突当って  沢を横切って  沢を上る  沢が尽きて  沢に出て  沢の両岸には半永久的の小屋が散在している  沢が流れている  沢を登り初めた  沢が来た  沢が合した  沢も芽ぐんだ  沢に生えている  

~ 沢[名詞]1
細身の沢の  刃に添うて沢の  葉に降つた沢の  なめとこ山からしどけ沢から  塔の沢  名を沢と  信之は沢によって  彼の沢に対する  信之の沢に対する  鍵は沢が  掃除も沢が  信之と沢の  信之と沢との  盛んに沢に  信之は沢を  鍵を貸してくれと沢に  提灯をも消さないで沢に  それを沢の  信之は沢の  敷蒲団を敷いて沢を  情慾に輝かせつつ沢を  右は沢へ  髪の沢を  かも塔の沢の  静かな沢を  身延の沢に  かたわらの沢の  あみだ沢は  あみだ沢には  あみだ沢の  あみだ沢へ  背後の沢へ  眼下の沢へ  彼方の沢や  八方の沢や  南下する沢  出合まで沢を  何処にも沢へ  無事に沢へ  何か沢や  赤児で始めて沢や  此那奇蹟的関心が沢や  小屋に沢や  荷車に乗ってゆくという沢や  塔の沢まで  西方の沢が  前面の沢から  一つの沢の  鹿を追い掛けて沢の  鴫たつ沢の  奥の沢に  琥珀色の沢が  あっちの沢や  石塔尾根を登ってから沢へ  皆知らぬ沢  立派な沢  右の沢は  為に沢を  右の沢を  方へ沢に  雨に沢を  おかあさんを沢の  事業の沢を  山や沢に  湯川の沢の  釜の沢の  南へ曳いている沢  伊吹の沢の  野の沢が  そこの沢で  野の沢から  今般若野の沢の  芝地の沢に  般若野の沢から  塔の沢を  中に居る沢に  稲妻の如く沢の  箱根塔の沢の  西端れの沢の  仕事をやめて沢よりの  蔭や沢の  下の沢に  雫が沢に  シラッカリの沢に  一足先に沢に  シラッカリの沢には  あたりの沢の  足下では沢の  あたりの沢も  それへ落つる沢や  谷と沢の  二つ位手前の沢を  所要の沢に  峰から沢へ  今まで登って来た沢や  ノゾキの沢という  滑らかに沢を  木だち沢では  中から沢の  傾斜を沢の  足音が沢に  たくさんな沢が  右手には沢が  右手の沢を  右手の沢は  左手からも沢が  二つの沢に  奥の沢へ  上方の沢を  神之沢の  時次郎下っ沢の  二つ目の沢  羚羊が沢を  劒沢と称している沢の  今下りた沢の  最後に沢を  水量のある沢が  瀑のある沢を  皆清らかで沢の  日はふりこ沢の  国々には沢  尾垂の沢  谷や沢の  獅子が沢の  何処までも沢を  無名の沢  為に沢の  一つの沢が  左から沢が  平木の沢の  平木の沢に  平木の沢には  義弟の沢を  松の沢の  秩父の沢の  山や沢の  十文字峠から出る沢は  三宝山から出る沢は  雲切とから出る沢は  山奥の沢という  私達は沢について  水のある沢に  此二つの沢に  下の沢で  西側へ沢を  端をつまんで沢へ  前に沢の  入の沢へ  静かな沢の  雷も沢も  塔の沢と  塔の沢から  池の沢という  上りで沢を  初めの沢  塔の沢の  ぎ立つ沢の  月風立ちて沢べに  ここいらの沢  案内の沢やの  てらてらと沢が  名馬の沢や  葦など生じ湿りたる沢  内は沢  ことナイは沢  深山の沢に  皮膚の沢  谷や沢を  地方の沢の  それを目がけて沢に  川にも沢にも  西に沢を  水量ある沢に  最初の沢を  こととして沢を  かなりの沢に  かなりの沢が  十分ばかり休んでから沢を  鋸山方面から流れ出る沢には  

~ 沢[名詞]2
とうとう沢  又もや沢  単に沢  その沢  あんな沢  とある沢  ひろい沢  この沢  愈々沢  遠い沢  小さな沢  大きな沢  狭い沢  あの沢  ない沢  若い沢  幽沢  小さい沢  著しい沢  深い沢  偉い沢  長い沢  さる沢  悪い沢  かの沢  数多い沢  恐ろしい沢  もう沢  ちっちゃな沢  暗い沢  しばらく沢  よい沢  

複合名詞
色沢  盲人沢一お里  鰺ヶ沢  淵沢  ぃ沢  上下色沢  沢屋  沢屋米穀商  沢市  沢正  沢正オ  沢正事件  沢正君  沢正以前  それ以前沢正  沢正一座  下馬沢  空沢岳  空沢  沢つや  沢一寿  南雲沢  沢潟  阿弥陀沢  沢壺  阿弥陀沢名物お山  沢道  沢べり  春沢美子  四沢  嵯峨沢  越後沢  日光沢  錆沢  地獄沢  沢婆さん  時沢弥平  岸沢式佐連中  皇沢  沢桔梗  八百九沢  大日沢  蛍沢  昨年蛍沢  外科医宗沢  家老蘆沢伊織  蘆沢伊織  蘆沢  蘆沢様  蘆沢家  盧沢伊織  白糸沢  うた沢  葦沢悠平  蔵沢  十一時四十五分ナレイ沢  沢一つ右  束沢  たる沢  信州沢  五時二十分頃木賊沢  松葉沢  桃沢花  沢水  沢の  沢千禽  麦太郎繭子海老子夫人女事務員葱沢院長袖原さん其他無言  葱沢院長  根利沢  江南沢国  淵沢長之助  葦沢  沢ちや  沢ちやん達  沢ちやん  つて沢ちやん  沢正一派  沢蔵稲荷  峰四沢  つた沢  沢山水  モングチ沢  益沢勾当話  沢菴  沢山ひだ  塔沢岳  笹目沢  沢谷郷方面  霊沢金水  方沢  沢畔  ヤグラ沢  荻沢警部  長官荻沢  荻沢  乍ら長官荻沢警部  由独り荻沢警部  沢文  沢あたり  万沢  沢づたいに  枝沢  沢みたい  気質沢猛保  沢太郎左衛門  底沢  下鳥沢  岸沢  先年沢市  沢石伝い  衝立沢  沢山人  夢沢  籠沢家  野老沢  東北沢行き  沢一帯  スバリ沢  賛沢  沢伝い  雷沢帰妹  籠守沢  沢山男  沢文旅館  沢山水瓜  薬沢  寒風沢  山林叢沢  早口沢  沢胡桃  土室沢  奥赤沢  発射ト色沢  沢蔵坊  奥平沢  硫黄沢  木挽越中沢二山  沢岳  タル沢あたり  タルガ沢  白砂沢  沢向う  滑沢  酔桃館蔵沢  湯舟沢  隣村湯舟沢  馬籠湯舟沢  湯舟沢峠  平岳沢  麗沢  一沢  沢以外  沢氏  ナレイ沢  ヌク沢  沢小屋  此東沢伝い  鬼ヶ沢  今日藪沢  妹沢克惟  沢歩き  草沢  沢潟屋張り  沢正一党  木賊沢  石船沢  其儘沢  葡萄沢  礼沢  二時半豆焼沢  井戸沢  午前七時十分井戸沢  白出しの沢  白出し沢  岸沢文左衛門  檜沢新太郎  蘭沢  その後蘭沢  ユワタル沢  コマツ沢  梶沢君  妹沢博士  艶沢  白出沢  劔沢  夏沢温泉四・〇〇  夏沢温泉  夏沢温泉三・〇〇  ワリモ沢側  一〇・一〇冷沢炭焼小屋  念乗越沢出合  九・三〇冷沢炭焼小屋  八・三〇冷沢炭焼小屋  冷沢  念沢  念沢出合  念乗越沢  晩冷沢  冷沢徒歩六・一〇  冷沢徒歩一一・〇〇  四年一月夏沢温泉  冷沢西俣  幸ひと沢  沢山賊  洲沢  沢鰻  天沢  天沢和尚  寂菴宗沢茶史  十腰沢  千枚沢岳  千枚沢  沢近く  沢正一代  上五十沢  野辺沢  荘右衛門沢  山葵沢  四条通室町上ル西側沢屋  夕方沢蔵稲荷  すべて沢  其華奢麗沢  鮎沢元子  沢正関西料理店  沢山上つて  候処三沢  矢木沢京吉  夕狩沢  王沢  如く色沢  沢山神  花園妙心寺聖沢院  座句沢  砺沢  沢等南アルプス  賛沢品  



前後の言葉をピックアップ
    ザワ  さわ    騒い  さわい  沢井  沢入  沢右衛門


動詞をランダムでピックアップ
おいはらえ入り交じり履い通り過ぎよととのっ富もいいのこしさかのぼらならべたてる潰せる暖めんつきすすめよろめけすりへらし縮らし表すやりこめ引き留める見くびり懲らさ
形容詞をランダムでピックアップ
恥ずかしきにくう腹だたし難き有難けりゃくさう凄まじ晴がましくがまんづよく温かう程遠い易けれ薄ら寒かっ縁遠い人なつかしくするどくろき口やかましくかたくるしく