「温」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 温[形容詞]
すべて温  いい加減温  近い温  えらい温  く温  一節切温  ゆる温  ケレドモ温  少し温  きつい温  な温  将軍温  みんな温  ぽかぽか温  さ温  然るに温  やや温  どうやら温  すこし温  極めて温  いくらか温  まだ温  アノ温  日温  いまに温  うち温  柔らかく温  寒温  快く温  まるい温  もう温  よく温  須らく温  

~ 温[形容詞]
死兒を温  言葉は温  ふところに温  血が温  私は温  胸が温  心が温  旧交を温  胃部には温  幼帝が温  流れは温  ストーヴの温  のは温  やうに温  ところを温  尻が温  愛顧者は温  途中の温  島では温  寝室が温  体が温  居心地の温  焚火の温  些ツと温  懐中が温  美感と温  治療は温  蒸汽の温  余熱の温  白楽天の温  葉肉の温  体の温  夏の温  頬に温  師弟関係の温  身の温  女房も温  款待に温  心の温  ように温  そのまま折井の温  幹が温  焚火に温  今幾何の温  酒の温  湯は温  炬燵に温  ふくよかに温  対手の温  靜子は温  

[形容詞]
温ため  温な雰囲気  温そう  温際  温ねて玄  温るそう  温湿布  温な感情  温健  温徳  温さ  温キ  温湿の気候  温仙  温覺  温味  温ら  温よかな心持  温ッ  温恭  温泉駅  温かい  温りさ  温厳  温は微笑  温は一  温は大中  温のみはいつまでも  温が長安  温まり  温和やか  温補  温覚  温るむ  温な片  温泉水  温な緊縛  温清  温明  温麦  温なしい女房  温ね奉ること  温って濡  温たか  温るの  温1  温11  温21  温午後  温一  温るい  温な呼吸  温なしく答  温罨法  温なしく両手  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
温に触感を手のひらに感じる  温にして  温な感情を起し得る  温たまるにつれ毒ガスを発生したり  温の事を問う  温に逢う  温と玄機とが対面した  温は貴公子連と遊んではいるが  温を迎えた  温は直に玄機が尋常の女でないことを知った  温の前に置いた  温はこれまで七たび挙場に入った  温は度々魚家を訪ねた  温に代作させて  温の名は遂に宣宗にも聞えた  温の友に李億と云う  温より十ばかりも少くて頗る詞賦を解していた  温が長安に還ったので  温は刺史徐商の下で小吏になって  温の机の上に玄機の詩稿があった  温は三年前から詩を教えている  温の所を辞して  温の初て逢った  温を師として詩を学ぶ  温に寄せる  温の書が来ると  温に送って  温はこの詩を受けて読む  温の耳に入っていた  温のまだ抜けない  温な緊縛を覚えたので  温しく頭を下げた  温なしい  温ねるのは新古ともに茫々たる魔境に墜ちる  温が示されていないと云っていらした  温な指がそれにかかった  温とを授ける  温なる感情を有する  

~ 温[名詞]1
嚢中却て温  あたりにほの温に  柔く温  火イで温  手を温  体温で温  玄機が温の  恭く温を  筆墨を温の  始として温は  旗亭で温に  年は温より  往っていた温が  李は温の  夜旅中の温に  日を経て温の  これは温の  それを温に  口から温の  湯の温の  頬に温  此女の温  光と温とを  頒たんとするが如き温  

~ 温[名詞]2
もそっと温  甘温  

複合名詞
地下増温率  温飯四杯  一温  曰く温肉  温乎  温地帯  司馬温公  温知叢書  温味  温行  温袍  手温るい事  司空張温  張温  温言  温優貞淑  温涼風雨陰晴満干  星野温泉行  温別  一得タリ二温山  温覺  片岡直温  温健  名温  君性温摯  温補  温湿布  温器  験温器  尿温  温帶  温帶的  温帶美  温帶文明的  温帶的  與二王郎一夜飮二井水一呉興六月水泉温  呉興六月水泉温  温針百度以上  塩谷温対長谷川菊乃  つて温ら  典雅温優  温レ  温ッ  司馬温公みたい  司馬温公曰  温感  余温  一寒一温  温公  日温  日夜温  頃温  尹温璋  温岐一人  温岐  温飛卿  温飛卿詩集  車中片岡直温氏  温飯  遠藤温氏  海温  身体自ら熱温  温顏  温帶地方  温祚  血温  温語  温房設備  温茶  時験温器  自動調温器  発温鉄管  温加減  ソノ人ニ接スルヤ温乎玉  葉温  温谷峠  温るい  温藉  渡辺温氏  温氣  風流温藉  温血  温くみ  温補壮陽  晴温  温レ故知レ新  温眼  温光  温知叢書百万塔  温風  鍋焼温飩  温差  温表  寒外温  温痛痒  慎しみ温言以  死温  死温程度  温霧谷  温霧谷氷河  温宿  温るい計画  弼馬温  温罨法  温潤  



前後の言葉をピックアップ
塗る  温まら  温まり  ヌル    ぬる  ぬる  ヌルイ  ぬるい  温川


動詞をランダムでピックアップ
しなだれるなびけ挾み賞すやりあい掛合っつかみ学び取ら囁やい聞きとどけ差しだす乗り上げるのこさうずかこおれ摘み取立迷う存する寝ころび取り直し
形容詞をランダムでピックアップ
手がたい愛らしきひょろ長くむず痒い苦しゅう柔らかいゆるし物凄かっかくいはれがましい物悲しゅう似つかわしから懐かしいのろわしき弱き多く脂っこく著しかっうまけれ永く