「召し上げ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 召し上げ[動詞]
茶器として召し上げ  役を召し上げ  皇子大碓命をして召し上げ  竿を召し上げ  かまはずに、召し上げ  それをよみせられ、召し上げ  持つべからざるものを持つが故に、召し上げ  領國を召し上げ  筑前國を召し上げ  三四人急に召し上げ  それを嘉せられ、召し上げ  祖麻呂を召し上げ  馬諸共に召し上げ  児小姓に召し上げ  新妻を召し上げ  殿に召し上げ  眼に触れて召し上げ  邸はお召し上げ  ものを召し上げ  所領を召し上げ  



前後の言葉をピックアップ
めしあがれよ  召し上がれる  召し上がろ  めしあがろ  召しあげ  召しあげる  召しかかえ  召し抱え  召抱え  召しかかえる


動詞をランダムでピックアップ
かき分けよ阻ん怖じる言いならわし延べんききつけ費せ見そこなう組ま苔むす引出さくり出すねじきる紛らわせこぼち血塗ら窶れる押入っつかわ鋳込ま
形容詞をランダムでピックアップ
やるせない華々しき青かっ赤うちいさけれ忌々しかっ目出度い根強かっおさないかんばしく深いさとししおからかっ弛うしろし望ましき酸っぱわるし丸し脆き