「幽」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 幽[形容詞]
がたし幽  二幽  風月幽  遠く幽  管野幽  ない幽  白幽  から幽  けた幽  いつも幽  美しい幽  峯幽  林幽  田島幽  実際幽  昨夜幽  よく幽  白い幽  神秘幽  池沼幽  下幽  誇張幽  九幽  細川幽  遠い幽  細く幽  づとその幽  戰場幽  的幽  ざめた幽  瞑想幽  小さい幽  忽ち幽  深い幽  花幽  さながら幽  遊び幽  法皇幽  亦幽  すこぶる幽  大いに幽  名香幽  極めて幽  少ない幽  まだ幽  薄く幽  長く幽  影幽  光幽  さうな幽  甚だ幽  別に幽  長い幽  里幽  斯干幽  ラカニ幽  ボツ幽  そろそろ幽  暗い幽  さらに幽  いよいよ幽  ひどく幽  青く幽  一種幽  より幽  つて幽  此頃幽  あなたに幽  分幽  寂幽  更に幽  独坐幽  陶淵明幽  帰幽  唯幽  真に幽  黒い幽  やがて幽  其境幽  可憐幽  畢竟幽  清新幽  深く幽  響き幽  山幽  然るに幽  母幽  妖麗幽  清幽  青い幽  一言幽  く幽  必ず幽  一層幽  ウシテ幽  ニ幽  すこし幽  ひとり幽  深山幽  深林幽  殿幽  明暗幽  且つ幽  人声幽  夜色幽  いと幽  声幽  頗る幽  うち幽  うすら寒い幽  深幽  世に幽  佳山幽  境幽  木深い幽  神事幽  岩倉村幽  さも幽  蒼白い幽  大原幽  サラニ幽  軈て幽  む幽  挙止幽  深き幽  怪しい幽  なほ幽  山林幽  参道幽  へや幽  參道幽  常に幽  

~ 幽[形容詞]
象徴派の幽  導入節や幽  一条の幽  巣鴨の幽  周囲の幽  人情の幽  陰気に幽  蠅の幽  寄生蟹の幽  ほのかに幽  靈魂の幽  こは幽  墓地は幽  恰で幽  圖此の幽  樹だけは幽  ように幽  明に幽  美女の幽  唇に幽  何処かで幽  なほも幽  医王山の幽  裏に幽  径に幽  底に幽  穂が幽  引く手に幽  つて知盛の幽  日中の幽  かくも幽  遠方を幽  一種の幽  深山の幽  山も幽  音とともに幽  船員どもの幽  お前の幽  谷底に幽  そこには幽  関羽は幽  聲で幽  都会では幽  奥には幽  靖節の幽  巧妙と幽  つて蟻の幽  白日の幽  光は幽  ものは幽  於て幽  人が幽  此の幽  奥の幽  頤で幽  ものの幽  先に幽  やうに幽  曷んぞ幽  世紀末の幽  下を幽  もとの幽  のが幽  の幽  娘の幽  町の幽  歌に幽  宮の幽  佐竹一帯の幽  提灯の幽  真夜中の幽  携へて幽  一字ずつ幽  光が幽  我は幽  なかから生の幽  爲の幽  古寺の幽  自然の幽  寂寞や幽  建物の幽  岳鵬挙の幽  彼は幽  ちりんと幽  等に幽  兄高氏の幽  兄の幽  四方は幽  声は幽  生命がけで幽  ここに幽  穴原という幽  日野資朝の幽  内に幽  流人資朝の幽  妙宣寺と幽  ところの幽  彼が幽  無限の幽  帝の幽  寂滅為楽の幽  之を幽  天地の幽  貴島は幽  君は幽  貴島が幽  友達が幽  これは幽  樣や幽  宮が幽  寢息が幽  復一は幽  以て幽  一種は幽  声が幽  單に幽  屋敷に幽  女の幽  巧くその幽  ふみの幽  文の幽  寂として幽  高士の幽  讃頌の幽  らの幽  方へ幽  三度めには幽  南山や幽  のだけ幽  雪も幽  中に幽  俤が幽  黒猫の幽  沼は幽  八は幽  板画の幽  姿勢は幽  詞藻は幽  奥村一派の幽  私の幽  來て幽  昨夜の幽  仙郷的の幽  僕は幽  空気に幽  ひとりごとに幽  枕ながら幽  聲さへ幽  代官の幽  二人は幽  須磨の幽  頼りたいような幽  言つた独坐深夜の幽  西行の幽  戸を幽  ホントウの幽  その他安政大獄当時に幽  露伴先生の幽  独居の幽  隙から火光が幽  茂が幽  二の幽  場末の幽  頃は幽  真個に幽  これも幽  灯で幽  何といふ幽  あれだけに幽  鴎外の幽  私は幽  何處かで幽  一道の幽  家庭の幽  末は幽  混亂の幽  あいだに幽  木末の幽  だんだん声を幽  火も幽  水辺緑蔭の幽  声も幽  電燈の幽  三樹交契の幽  樹間の幽  夜は幽  さに幽  晝の幽  悲哀懊惱の幽  春峯庵物の幽  奥だけ幽  向うを幽  幽邃と幽  其処には幽  頸脚に幽  下あたりを幽  以前よりは幽  内容の幽  国に幽  坊の幽  磴の幽  温泉場の幽  田舎の幽  山林田野の幽  それらの幽  都会の幽  一條の幽  南半球地下の幽  地下の幽  不平と幽  森の幽  堂の幽  利根川の幽  社会に幽  人に幽  竜胆は幽  芝居などで幽  聲は幽  谷の幽  

[形容詞]
幽怪  幽窗抱  幽窓  幽圄  幽婉體  幽婉体  幽婉奇  幽竹一  幽を闡  幽径  幽靈  幽居  幽月  幽静  幽気  幽道人  幽人  幽音  幽な音  幽けさ  幽世  幽けき花  幽閑  幽韻  幽鬱  幽に一  幽毅  幽雅  幽にみえて上野  幽精  幽澗無  幽峯  幽に肉  幽な物  幽なる山彦  幽翠  幽鬼のよう  幽美  幽婉  幽咽  幽篁  幽な谷川  幽なる光  幽に呼吸  幽に温  幽に脈  幽ながらに声  幽渺  幽靈草  幽幻  幽なる声  幽に蒼空  幽趣  幽水  幽的  幽に月  幽に見える若狭  幽の主  幽室  幽宮  幽齋  幽に笑  幽寥  幽十  幽に猿島  幽眇  幽意  幽思  幽なる中  幽に震えるよう  幽になって外  幽蘭  幽興  幽けく羽交  幽光  幽懐  幽麗  幽に來  幽に散歩  幽情  幽冷  幽襟  幽に耳  幽な幻影  幽うつ  幽に見えるの  幽潭  幽靈船  幽艶  幽夢  幽の横物  幽な茅屋  幽山  幽に黒雲  幽賞  幽な波  幽なる幻  幽欝  幽蒼  幽繪  幽憤をやらむとしたる  幽屏  幽絶  幽に云  幽に覚えて居る種痘  幽に影  幽奥  幽の流れ  幽妙  幽沢  幽所  幽けき呻吟  幽に血  幽な声  幽に隅  幽荘  幽けき煙  幽境  幽谿  幽南山  幽とは見るべから  幽風  幽黝  幽石  幽澗梅  幽な嘆声  幽滯  幽なもの  幽な陰  幽にして靜  幽にチチ  幽な湯  幽ん  幽靈話  幽けき夢路  幽闇  幽ながら見  幽にも傑作  幽も相当  幽以後  幽信士  幽の名作  幽の一  幽の掛物  幽が贋物  幽の鬼  幽のほん  幽子  幽に返事  幽なりということ  幽な茜  幽に光  幽に覚えているん  幽に触る手  幽に呻吟  幽靈坂  幽に美濃  幽壑  幽絶境  幽に眉  幽奧  幽味  幽に松風  幽に聞  幽なるも哀れ  幽公  幽に池  幽に里  幽にも揺曳  幽顕  幽なる心  幽にわな  幽な處  幽の情  幽な蛍火  幽迷  幽に能  幽鬱して病  幽ハ  幽ナリ  幽神  幽にさび  幽に城  幽禽  幽澤  幽斎藤孝  幽照  幽な暮し  幽な稲妻  幽に一つ  幽にきこゆ  幽怨  幽なる朝風  幽め  幽と清楚  幽なる空  幽嚴  幽郊  幽と明  幽花  幽に日  幽に幻  幽の神農  幽閑境  幽なる處  幽に映ずる空  幽にそれ  幽厳  幽な寐息  幽苑  幽事  幽悽  幽學  幽は選  幽齋三  幽などの巨匠  幽サラニ  幽深見  幽な横雲  幽に眼  幽林  幽間  幽な底  幽に見ゆる観世音  幽僻地  幽路  幽置  幽遷喬  幽けさよ  幽に雪間  幽になつ  幽居中  



前後の言葉をピックアップ
仮想  仮葬  加速  加速器  加速度  かそけ  幽い  かそけき  かそけく  幽し


動詞をランダムでピックアップ
いいのがれるおっかける残せるこげつい聞き取り食すふんばっ遺そひらめかさとびこむ濯う履きゃささえる融ける馴染むほぐせるくっつく放りだしあげつら狂れ
形容詞をランダムでピックアップ
手痛いわかり易くまだるっこく慕わしかっねたく分別らしき赤黒きほど遠からいたわしめでたい騒がしから明るかっ奥深かっのぶと心地よきうら悲しくおめでたく温くっ痛ましい