「浅黄」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

浅黄[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
浅黄の事務服を着て,  浅黄のはんけちを出して,  浅黄のヅキンをかぶり,  浅黄の手甲脚絆をつけ,  浅黄の茶布巾を猫板の上へおいて,  浅黄の影が消える,  浅黄の石持で柿色の袖なしに裁布をはいて,  浅黄の風呂敷包を肩にかけていた,  浅黄の股引を執って洗いだしたが,  浅黄の蒲団の上に倒れて見せた,  浅黄の洋服の胴体が一つ見えてゐたが,  浅黄の洋服の胴体が一つ見えていたが,  浅黄の木綿の大風呂敷を斜に背負って居る,  浅黄の直衣に濃い紫の浮紋の指貫を御召しにな,  浅黄の手拭で自分の顔の汗を拭いたりした,  浅黄のチョッキから木綿のだぶだぶずぼんまで粉ですっかり白くなりながら,  浅黄の表紙をした,  浅黄の暖簾がかけられ,  浅黄の縦横縞の浴衣を着た,  浅黄の無垢を重ね,  浅黄の袖口やメリンスの帯などがぞろぞろと町を通った,  浅黄の手拭で頬冠りをして,  浅黄の手拭に顔をつつんだ,  浅黄の背負上が流れた,  浅黄の股引の膝当のついた,  浅黄の帷子の袖無しを一枚素肌にひっかけた,  浅黄の股引を穿いて,  浅黄の手拭を出した,  浅黄の襦袢一枚になり,  浅黄の車輪を空にあげて倒れていた,  浅黄の手拭で鉢巻をして,  浅黄の染抜の法被の上に白い前垂をかけて,  浅黄の羽二重の長襦袢の裾がちらちらこぼれて見えて,  浅黄の手拭に包んで,  浅黄の襦袢を膚脱で行く,  浅黄のぶっ裂き,  浅黄の襦袢ひとつになって,  浅黄の襷を掛け,  浅黄の直垂を着けて,  浅黄の衿は白いく,  浅黄の蚊帳の糸に美しくもつれていた,  浅黄の水干の襟上をつかみながら,  浅黄の扱帯の裂けた,  浅黄の蒲団をかけて,  浅黄の脚絆や道中差しなど私に写生させた,  浅黄の暖簾が垂れている,  浅黄の線が流れていて,  浅黄の半合羽を着た,  浅黄の頭巾をかぶって,  

~ 浅黄[名詞]1
小娘が浅黄の  白と浅黄の  風呂敷ぐらいある浅黄の  頭には浅黄の  色が浅黄  人差指に巻きつけていた浅黄の  我を諷するがごとき浅黄の  それに浅黄の  脚下に浸してあった浅黄の  油じんだ浅黄の  横から浅黄の  田舎風な浅黄の  高瀬は浅黄の  山内劇場と染め出した浅黄の  少年達は浅黄の  美濃紙版の浅黄の  紅や浅黄の  今から浅黄の  雨雲を浅黄と  子持縞の浅黄に  白に浅黄を  素ツ裸に浅黄の  赤や浅黄の  半襟や浅黄の  石谷貞清も浅黄に  口元に含んだ浅黄の  手柄の浅黄を  腰から浅黄の  鬱金や浅黄の  垢染みた浅黄の  中に浅黄の  地は浅黄  ちょんと浅黄を  引抜きで浅黄の  いずれも浅黄の  日光が浅黄の  伊勢詣りの浅黄の  青や浅黄の  金懐中に浅黄の  紋無しの浅黄に  様な浅黄の  九郎は浅黄に  彼は浅黄の  冬でも浅黄の  

~ 浅黄[名詞]2
濃い浅黄  みじかい浅黄  その浅黄  この浅黄  汚い浅黄  

複合名詞
浅黄模様  浅黄色の  ソノ下ニハ浅黄色  浅黄色  浅黄暖簾  水浅黄  水浅黄ちりめん  冠つた浅黄  浅黄鹿子  水浅黄色  水浅黄格子木綿服  浅黄ちりめん  浅黄幕  浅黄縮緬  浅黄甲斐絹  浅黄地  浅黄のれん  浅黄の  浅黄木綿  浅黄布  浅黄鹿の子  2浅黄  浅黄服  水浅黄縮緬  浅黄文雲  浅黄紗  浅黄桜  浅黄ぼけ  浅黄繻子  浅黄木綿石持  浅黄木綿三つ柏  浅黄のぶッ裂羽織  浅黄無地  浅黄繻子なんど  浅黄股引姿  空浅黄  浅黄無垢  互浅黄  浅黄絖  色浅黄  



前後の言葉をピックアップ
朝がけ  朝方  阿佐谷  浅き  浅吉  麻木  浅葱  浅木  浅黄裏  朝霧


動詞をランダムでピックアップ
渡り歩きひねりまわしめんずこげ相まつなぶら落ち延びよ誘おつかむやりこめよたかめる揺すれ序するたゆま取り越し揚んまう忌み嫌う切りかえるがんばる
形容詞をランダムでピックアップ
楽しかっいじらしかっおぼしくにくらしいよそよそしあぢきな難しく憎々しかっひろくっくすく穢し苦しかれ小さからとげとげしい相応しけれ幅広からいとわしかっ香しくっねつい