「ふかく」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ ふかく[形容詞]
空ふかく  秋ふかく  奥ふかく  夜ふかく  落葉ふかく  葉ふかく  昼ふかく  草ふかく  轍ふかく  枯草ふかく  水底ふかく  意味ふかく  印象ふかく  雑草ふかく  焼ふかく  御灯ふかく  海底ふかく  もっとふかく  ことにふかく  貪欲ふかく  奧ふかく  一番ふかく  地底ふかく  こんもりふかく  とてもふかく  底ふかく  所ふかく  臺ふかく  城内ふかく  益々ふかく  興味ふかく  胸中ふかく  濃くふかく  日頃ふかく  裡ふかく  漸くふかく  ことふかく  黙然とふかく  深くふかく  奥底ふかく  いまふかく  山ふかく  哀愁ふかく  骨髄ふかく  煙波ふかく  そこふかく  ずっとふかく  にしふかく  哀しみふかく  感懐ふかく  海の底ふかく  ひろくふかく  土中ふかく  入れふかく  水中ふかく  海中ふかく  ふかくふかく  昧ふかく  谷ふかく  顎ふかく  喉ふかく  扉ふかく  息ふかく  興ふかく  青葉ふかく  藪ふかく  かげふかく  霧ふかく  本丸ふかく  影ふかく  ゆめふかく  行宮ふかく  大空ふかく  峡ふかく  もとふかく  そうふかく  壺ふかく  峰ふかく  最もふかく  檜山ふかく  ままふかく  さらにふかく  青々ふかく  半眼ふかく  心ふかく  内心ふかく  靄ふかく  胸ふかく  感慨ふかく  雲ふかく  色ふかく  なほふかく  そのままふかく  意義ふかく  懐ふかく  夢心地ふかく  春ふかく  若葉ふかく  情愛ふかく  少々ふかく  しみふかく  情ふかく  草むらふかく  魅力ふかく  大きくふかく  石垣ふかく  馴染ふかく  妹ふかく  泥海ふかく  下ふかく  同情ふかく  霞ふかく  天上ふかく  皆ふかく  趣きふかく  意ふかく  地中ふかく  感銘ふかく  地下ふかく  よりふかく  愛想ふかく  有難くふかく  慧ふかく  感じふかく  こふかく  一層ふかく  かくふかく  用意ふかく  裏ふかく  底ひふかく  霑ふかく  注意ふかく  交わりふかく  

~ ふかく[形容詞]
夜のふかく  雪にふかく  心にふかく  心をふかく  なかにふかく  兵曹長はふかく  襟をふかく  戒儀をふかく  こゝろにふかく  丈ほどふかく  頸動脈をふかく  胸にふかく  関係をふかく  今夜はふかく  鏃はふかく  陳宮はふかく  喪はふかく  本性をふかく  心労にふかく  狂躁をふかく  家兄がふかく  信念のねのふかく  山はふかく  自身をふかく  太股をふかく  卑劣をふかく  殿閣にふかく  予はふかく  雪がふかく  心事にふかく  内情をふかく  頭にふかく  中にふかく  部落にふかく  胆にふかく  荘子はふかく  気持をふかく  華陀はふかく  馬遵はふかく  孔明はふかく  人にふかく  捲土重来をふかく  曹真はふかく  哀愁がふかく  草のふかく  霧がふかく  ようにふかく  地上にふかく  奧底にふかく  森がふかく  ことをふかく  門はふかく  悔いはふかく  小柄がふかく  夫人がふかく  座席にふかく  色をふかく  誠はふかく  根をふかく  瞼をふかく  右手はふかく  事件をふかく  身辺にふかく  槍をふかく  地中へふかく  菩提寺鑁阿寺のふかく  面をふかく  眠りもふかく  甲州武士がふかく  廻転錐はふかく  造詣もふかく  下をふかく  子供心にもふかく  敵もふかく  庇護をふかく  そこをふかく  みかどにはふかく  脾腹にふかく  素養もふかく  具現をふかく  御所のふかく  ここにふかく  恩寵をふかく  記憶にふかく  葺藁をふかく  雑草もふかく  低地へふかく  勝利をふかく  首をふかく  腰をふかく  足がふかく  雪のふかく  つたがふかく  秋がふかく  谿はふかく  山霧のふかく  下にふかく  編笠にふかく  生命のふかく  川浪にふかく  霧はふかく  奥にふかく  噴火口にふかく  潮博士はふかく  頭をふかく  中にもふかく  鯉もふかく  素養がふかく  意味をふかく  一般人にふかく  わが身をふかく  傷痕をふかく  葉末をふかく  椅子にふかく  のかをふかく  思いをふかく  関心をふかく  古書はふかく  なんマイルもふかく  秋もふかく  帽子をふかく  眼のふかく  人々によってふかく  女性にふかく  つて身をふかく  感銘がふかく  樹立がふかく  非常にふかく  どこまでふかく  くすり指はふかく  息をふかく  ポン公はふかく  焼跡をふかく  風よけをふかく  言をふかく  だんだん奥がふかく  瓶はふかく  戦雲はふかく  信心をふかく  いちばい太平記もふかく  興趣がふかく  世をふかく  興味がふかく  相当にふかく  一章一章をふかく  

ふかく[形容詞]
ふかく息  ふかくノロ  ふかくみほ  ふかく藪  ふかくあと  ふかくきり  ふかく草  ふかく蛇  ふかく山  ふかく水  ふかくも暮れ  ふかく味  ふかくここ  ふかく見えかくれ  ふかく何  ふかくこ  ふかく魚  ふかく鐘  ふかく遺憾の意  ふかく溶けるよう  ふかく経験  ふかく首をかしげ  ふかく注意  ふかく立てて自転車  ふかく私  ふかく浸透  ふかくのべられていて大変  ふかく沁みついてゐる刈萱  ふかくに物  ふかく人目  ふかく豊富  ふかく理解  ふかく頭  ふかく彼  ふかく蔵するの  ふかく腕  ふかく頭蓋  ふかく思い  ふかく考えるの  ふかく民心  ふかく用心  ふかく貴様  ふかく恥じるもの  ふかく外部  ふかく兄  ふかく描かれていること  ふかく埋めているの  ふかく感謝  ふかく腰  ふかく科学  ふかく同情  ふかくにも私  ふかく考えられるの  ふかく恩  ふかくしみこんで今日  ふかく喰  ふかく聖慮  ふかく桃園  ふかく姜維  ふかくそれ  ふかく感嘆  ふかく信任  ふかく自己  ふかく辱  ふかく胸  ふかく蕗  ふかく耳  ふかく血みどろ  ふかく鎖  ふかくして母  ふかくなりゆくもの  ふかく溺れてしま  ふかくうつろ  ふかく潜  ふかくもぐること  ふかく沈没  ふかく分け入るほどはあざみ  ふかく銀  ふかく体  ふかく泡  ふかくしま  ふかく炭  ふかく過去  ふかく居  ふかく分  ふかくふさいでいるの  ふかく意趣  ふかく突っ込んでいるよう  ふかくまで突  ふかく拝  ふかく月影  ふかく露  ふかく帰依  ふかく土  ふかく喰いこみそう  ふかく考えてみること  ふかく考へること  ふかく吸  ふかく肝  ふかく聞くこと  ふかくきてみだら  ふかくいち  ふかく自動車  ふかくもアンテナ  ふかく人  ふかくうもれてゐる実  ふかくほう  ふかく山奥  ふかく木の実  ふかく谺  ふかく御簾  ふかくに御座  ふかく惧  ふかく謝  ふかく心  ふかく自分  ふかくまろ  ふかく死蔵  ふかく手  ふかく結ばれている者  ふかく信ずるよう  ふかく尊氏  ふかく青  ふかく納  ふかく怨み  ふかくため息  ふかく情  ふかくもぐるから  ふかくも君  ふかく降りつもっている路  ふかくなりて憔悴  ふかくこれ  ふかく姿  ふかく配置  ふかく雑木  ふかく思われるの  ふかくも苔  ふかく日常  ふかく海気  ふかく自覚  ふかく前非  ふかくもの  ふかく棲むいろいろ  ふかく湛  ふかく学ぶところ  ふかく観察  ふかく垂れ  ふかく水中  ふかく思いあわされる条件  ふかく明治  ふかくかえりみるの  ふかく疳  ふかくも心  ふかく追窮  ふかくかきわけて谷  ふかくしずか  ふかく根  ふかく遊び  ふかくかけている保  ふかく思ってみるの  ふかく回想  ふかくかくれてしまうよう  ふかく日輪  ふかくやはらかく木の芽  ふかく思うの  ふかく蔵  ふかく新子  ふかくしまってあるということ  ふかくて奥行  ふかく水色  ふかく静  ふかく御礼  ふかく食いこんでのこって生命  ふかく順応  ふかく生活  ふかくまじめ  ふかく複雑  ふかく物  ふかく身  ふかく蔵すこと  ふかく思うところ  ふかくにくるま  ふかくのもの  ふかく風車  ふかく覆ひて若葉  ふかくおろし  ふかく戀  ふかく愛子  ふかくあやしむなからん  ふかくこたえて来る感銘  ふかくの  ふかくサンデー  ふかく悲嘆  ふかく仏恩  ふかく罪  ふかくて先  ふかく観照  ふかく思ふ一  ふかく玩味  



前後の言葉をピックアップ
深川  深き  ふかき  不覚  深く  深草  不拡大  深くっ  不可欠  深けりゃ


動詞をランダムでピックアップ
むしり取ら溜めん欠い見落しみこん申し付ける吸う裁か追払わけばだつふりかけしわめるみごもらころすもだえる買取ろ混み麾いでくわす困り果て
形容詞をランダムでピックアップ
まっしろく手びろい無から涙脆かっ気だるく果敢なけれ羨ましく水臭ものめずらしあどけなきひど目ざましいたのもしくものがなしきやましいふがいない恨めしゅう狂おしきつよけれ眠くっ