「放た」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 放た[動詞]
当主いまだに放た  朝月に放た  小菅刑務所より放た  紅を放た  眼を放た  中につき放た  檻から放た  それは時には釈き放た  悪声を放た  声の放た  憂いから放た  どこかに放た  価値意識より放た  未来とより切り放た  光が放た  手が、さっと放た  盤面から目も放た  周は放た  急に放た  女が放た  言葉が放た  響が放た  縄は、放た  鹿が放た  茫然と放た  香を放た  それが放た  目から放た  光を放た  矢を放た  目も放た  声を放た  社会に放た  煙も放た  空に放た  御鷹を放た  最後の言葉を放た  海に放た  物から放た  朝日が、いまだあけ放た  一矢も放た  陽炎が放た  警砲が放た  光焔を放た  対岸から放た  異臭を放た  山に放た  縛して放た  声が放た  天地に放た  偵察艇から無電が放た  個人へ向って放た  社会から逐い放た  青空へ放た  小川に放た  なかに放た  眼も放た  質問を放た  のは放た  酔ひから無責任に放た  致命的に放た  弦を切って放た  おおらかに放た  それ、放た  中庭に放た  絶景に接して放た  瞳遠く放た  五景で、切って放た  ところから目を放た  自由に放た  眉目美しく放た  鬱林に放た  翼を放た  中庭の向うから放た  被告三村保三郎より放た  神経衰弱より放た  ぜんと言い放た  国境よりぞ放た  名士屈原が讒せられて放た  やうな、放た  間を繋いて放た  天井から床まで、すっかりあけ放た  フスマをあけ放た  情実から放た  戸障子はあけ放た  矢は、まさに放た  やつと放た  女から放た  彼はようよう放た  火が放た  火を放た  石火矢を放た  ここでまたも放た  弾機が放た  から釈き放た  右の放た  眼をつけて放た  大声が放た  細君へも放た  事から放た  さつきから目も放た  語を放た  ます塵を含まず何時も開き放た  水門が、切って放た  青春の放た  のですから、放た  現実から古昔に向って放た  気の放た  しばみの枝をくぐって放た  言葉は放た  矢はついに放た  池に放た  戎衣を捉えて放た  矢が放た  手から放た  巻を放た  からが、放た  気が放た  閃めきを放た  もとに放た  人々は放た  其処で放た  女ごころは秘めて放た  間身を放た  栗を放た  箭を放た  鎖を放た  プツリプツリと素早く切って放た  左腕を斬って放た  悪臭を放た  決定、この放た  五欲を放た  口から放た  大生命海中に放た  ために放た  遠くに放た  しか空間に放た  庭へ面してあけ放た  矢も得放た  霧は既に晴れ、あけ放た  甞て放た  孵化場から放た  大海に放た  頃甞て放た  光も放た  大津渡海へと放た  持して放た  墓穴から放た  家を放た  寸のめりに喰い込まれて、すうっと放た  こちらからも放た  鯉が放た  声として放た  意味を違えて放た  猛獣が放た  家もなし放た  束縛より放た  そうです、放た  此頃囚はれた、放た  光輝も放た  耳を捉えて放た  家鴨が放た  鳩が放た  腸綿から放た  金魚鉢から池に放た  流言を放た  姿へ向って放た  城外に放た  手を放た  執念く放た  弦から放た  弾丸も放た  怒声は放た  二箭は力強く放た  悪臭も放た  眼にも見よと、さすがにいひは放た  正確に放た  空間に放た  言を放た  不遜に放た  鉄砲を放た  業房から放た  内へ放た  目を放た  砲声が放た  一語が放た  つぶやきが鋭く放た  啖呵が、おもむろに放た  於ては放た  ことばが放た  ものは全く放た  一箭が切って放た  はじめてズバリと言い放た  ようにまず放た  ところへ放た  声がたちまちずばりと放た  自分自身も放た  声も放た  うめくように放た  のは、放た  川へ放た  野に放た  牢を放た  一箭、はっしと射放た  うちに射放た  今かごから放た  なほ目を放た  狙ひ放た  嘆声を放た  矢継ぎ早やに放た  今も放た  ピストルを放た  晴眼にひたと向ひ、未だ放た  睛眼にひたと向ひ、未だ放た  弓弦から作家によって放た  世界に放た  胃袋は切り放た  メスでもって切り放た  街路へ放た  つるから放た  知識からまるで放た  飼鳥を放た  相国寺に放た  四方に放た  野へ放た  眼の光りを放た  魂に向かって放た  穢れの流し放た  窓も放た  一切火を放た  縛めから放た  手を握りて放た  籠から放た  喇叭のごとく、放た  鷹が放た  



前後の言葉をピックアップ
花園妙心寺  はなぞの  花園  花園天皇  はなた  鼻高々  鼻高高  鼻茸  花立て  ハナタデイヌタデノ


動詞をランダムでピックアップ
乱そ立会わすり減らす玩ん召し上がれる囀る入れ替らむさぼり掻き鳴らせ託すれ入り交じ食い込むにおわす乱れ飛ん振れる見せ掛け蔵すれはたらかす引裂こ取返す
形容詞をランダムでピックアップ
かぐろい敢なきあぶなけれふかけれ目出度きひとくさ広かろ凄し豪く勇ましかわゆき善かっまるし拙けれ未練がましき手がたいすきずき暑くふとけれ幅広く