「少い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 少い[形容詞]
最も少い  極めて少い  数少い  ごく少い  遍少い  づ少い  まり少い  割に少い  より少い  甚だ少い  また少い  幼少い  言葉少い  なかなか少い  もう少い  決して少い  甚少い  概して少い  残り少い  至って少い  案外少い  いくらか少い  人少い  通行少い  縮少い  こんなに少い  いたって少い  なるべく少い  まだまだ少い  あまりに少い  本当に少い  どんなに少い  寧ろ少い  二つ少い  交渉少い  こと少い  一向に少い  まず少い  もの少い  愈々少い  ゆうの少い  數少い  却って少い  大分少い  うすい少い  頗る少い  いかにも少い  全く少い  大変少い  多い少い  懐中少い  とも少い  実に少い  何と少い  年少い  の少い  むしろ少い  元々少い  頼り少い  望み少い  余りに少い  とおし少い  如何に少い  類少い  たきの少い  供給少い  比較的少い  段々少い  恐ろしく少い  つて少い  わりに少い  殊に少い  けが少い  まだ少い  未だ少い  やや少い  類例少い  さら少い  ひじょうに少い  はなはだ少い  から少い  とても少い  まったく少い  みの少い  もっと少い  まさしく少い  く少い  たって少い  存外少い  趣味少い  便り少い  滅法少い  じつに少い  一寸少い  先ず少い  以上少い  余り少い  更に少い  殆ど少い  甚だしく少い  

~ 少い[形容詞]
数も少い  もっと版数が少い  歌が少い  ことの少い  ことが少い  三船は少い  庵者が少い  例の少い  抑揚の少い  劇場は少い  意外にも少い  宿屋の少い  処が少い  列車の少い  死ぬ人よりも少い  今年は少い  数は少い  河が少い  それより少い  事実において少い  ことは少い  荷物の少い  水の少い  座席の少い  店は少い  職務がら顔見知りの少い  智識階級には少い  親類が少い  まことに少い  数が少い  類例が少い  事の少い  里数の少い  乗降客も少い  定員が少い  者の少い  人は少い  感じが少い  判断力が少い  客の少い  水が少い  人が少い  相変人通りの少い  類の少い  難が少い  雑誌も少い  儲けが少い  数の少い  グループは少い  反戦文学の少い  東宝にとって少い  下生えが少い  歌は少い  記号が少い  変化の少い  者は少い  成生と少い  ものの少い  城壁下の人通りも少い  客が少い  人声は少い  者も少い  感化は少い  酸素が少い  平和は少い  皺の少い  効果の少い  脂肪の少い  客足が少い  時は少い  一番錆が少い  危険の少い  量が少い  土地は少い  酒飲みが少い  もっと樹立の少い  樹立の少い  他人よりは少い  病原が少い  親類の少い  抵抗力の少い  奴も少い  時間も少い  種子が少い  芸術量の少い  ものは少い  一人の少い  部数が少い  もんは少い  人通りも少い  氣の少い  霧が少い  火の気の少い  年増のと少い  人も少い  權威が少い  意志強壮なますらをは少い  用例は少い  全体としては少い  子の少い  眠る時間の少い  類が少い  ソバ屋の少い  メチルが少い  豪傑は少い  往来が少い  三つ四つ歳の少い  余地の少い  友人も少い  数においては少い  便利も少い  係累の少い  苦痛が少い  非常に少い  量において少い  人通りの少い  一種類の少い  誤植が少い  食糧も少い  空気が少い  材料は少い  口数の少い  口數は少い  遥かに少い  まり人の少い  兵力こそ少い  友達の少い  場所が少い  口数は少い  被害の少い  お前さんだって実入りの少い  ポケットの中に二箇よりも少い  空気がわりあい量は少い  人数は少い  分布も少い  ものが少い  知識の少い  熟練工の少い  人種は少い  もの云つて口数も少い  者が少い  欲望が少い  事が少い  希望が少い  国は少い  つて人口は少い  鐵が少い  方言に少い  乳の少い  石が少い  被害が少い  汚れが少い  作家まわりが少い  人の少い  性質が少い  交渉が少い  禄高も少い  襤褸が少い  隙が少い  隙の少い  輩が少い  一番働きの少い  のが少い  要素の少い  抵抗物は少い  場合は少い  思いやりの少い  入りが少い  曹洞が少い  數は少い  眞言よりは少い  失敗が少い  愛着は少い  打撃が少い  満員は少い  名は少い  人影の少い  比較的に少い  言葉数の少い  荷物も少い  人通りが少い  人目の少い  若い男の子が少い  金高が少い  年紀が少い  ヒガミの少い  意外に少い  蓄積が少い  専門家も少い  穴レースが少い  観衆が少い  犯罪も少い  酔いの少い  年紀の少い  変りは少い  人数が少い  資本が少い  禁則の少い  日本には少い  余地が少い  要素が少い  店員より少い  さが少い  入院患者は少い  粘性が少い  邪心の少い  危険が少い  ツナガリの少い  使用が少い  量より少い  望みが少い  ユーモア作家の少い  ユーモア小説の少い  地の文の少い  師匠が少い  遠慮も少い  男より少い  影が少い  湿度の少い  差は少い  粘り気の少い  酒量の少い  話相手も少い  人物は少い  ことも少い  箇数が少い  旨味が少い  其粘り気の少い  魚の少い  家が少い  刺目の少い  田が少い  方却つて危險が少い  ため被害が少い  可能性が少い  モウケの少い  望みは少い  気こそ少い  例は少い  活字の少い  人間味が少い  在留民の少い  人気の少い  偏見が少い  脂っけの少い  種類が少い  日が少い  子供の少い  機會が少い  風も少い  二六・九〇〇瓩も少い  食が少い  年の少い  變化が少い  詩が少い  彼より少い  家具が少い  家の少い  特別魅力の少い  作が少い  効果が少い  街燈の少い  儲け高が少い  不純物も少い  圧迫の少い  3よりも少い  割合に少い  さは少い  関係が少い  足場は少い  変化は少い  人間が少い  自由が少い  見物が少い  人通りは少い  兵力の少い  出血は少い  女は少い  怪談が少い  玄機よりは少い  玄機より少い  のは少い  ところが少い  往来の少い  交渉は少い  人目が少い  冗談口も少い  余裕の少い  新味の少い  意味は少い  仕事は少い  時分は少い  世界に少い  窓の少い  人数の少い  賞金が少い  花が少い  愛情が少い  尋常よりも少い  それが少い  教育者は少い  僧の少い  収入が少い  白粉気の少い  ところも少い  処と少い  盛方が少い  見送り人の少い  報酬の少い  一番價値の少い  年が少い  すべて刺戟性の少い  価値の少い  持合せが少い  ニュースの少い  髪の毛の少い  類例の少い  あれより少い  差の少い  餘日も少い  抵抗の少い  田地もちの少い  少い汁の少い  昔から悪人が少い  愛嬌が少い  お客が少い  功の少い  乳が少い  灯の少い  隠し場は少い  怪異が少い  マチガイが少い  年紀は少い  斜木の少い  一人でも少い  ところの少い  紫外線の少い  感覚が少い  やつぱり日本には少い  芸術的天分の少い  頁数こそ少い  時間が少い  消化率の少い  機会は少い  野趣は少い  毛は少い  数量が少い  物資が少い  弟子は少い  深味の少い  品物の少い  方が少い  特に婦女の少い  率が少い  戸外労作の少い  怪我の少い  出血が少い  仲間の少い  美人の少い  人々が少い  今一人の少い  昔の少い  己は少い  都会も少い  時代は少い  影の少い  大気中に少い  角板状が少い  記載が少い  資料は少い  迹の少い  仕事も少い  思想は少い  今でも少い  食量が少い  國人も少い  貯蔵が少い  風当りが少い  変化が少い  伝統的に少い  陰影の少い  人通の少い  酒飲みの少い  ものも少い  湿気が少い  風景詩も少い  利が少い  憎悪心の少い  人間は少い  読者の少い  天然資源が少い  人數の少い  度も少い  持駒が少い  口数が少い  実在性の少い  関係の少い  酒は少い  身寄の少い  中には少い  怪談も少い  家族も少い  ほかに少い  車台が少い  文句の少い  時機は少い  理科志望が少い  顔は少い  科学者よりも少い  必要は少い  記録的資料の少い  方で少い  内にゃ少い  植木よりは少い  類も少い  傾斜が少い  傾斜の少い  酒量は少い  虫が少い  お方も少い  味が少い  當時留學生の少い  書は少い  考える人は少い  本は少い  日暮れ頃なぞには少い  一次だけ少い  学問が少い  事業が少い  樹木の少い  客も少い  働きの少い  人出も少い  偏見の少い  作家が少い  才能が少い  水も少い  友人の少い  友達が少い  男が少い  交通の少い  特徴の少い  親しみが少い  桎梏の少い  掣肘の少い  花の少い  刺激が少い  奇遇は少い  二十は少い  差も少い  ます時間が少い  瑕瑾の少い  肱より少い  摺寄つたのは少い  感情が少い  商家も少い  方は少い  しかも少い  村長も少い  飛行には少い  一億プードも少い  悪風も少い  土気の少い  話題の少い  語彙は少い  語彙が少い  言葉が少い  言語は少い  人数も少い  漁の少い  国民は少い  人さえも少い  お金は少い  日は少い  高が少い  ところは少い  往来も少い  筋が少い  回数は少い  樹は少い  雨の少い  魚は少い  む文学者の少い  前例の少い  ひとが少い  スペインは少い  赤血球が少い  給料の少い  例が少い  糖も少い  出場が少い  種類も少い  悲しみが少い  友達も少い  機会が少い  みんな月給は少い  給金は少い  防衛の少い  場合が少い  心が少い  砂糖気の少い  自覚が少い  文学には少い  儲けの少い  來の少い  収入の少い  雪の少い  不安が少い  他に少い  ため間違いが少い  伸縮が少い  磁土が少い  窯場が少い  紫色は少い  品が少い  我国では少い  窯の少い  誤りの少い  作品が少い  仲間は少い  死傷多く戦果の少い  所見が少い  人気も少い  私の少い  佳句は少い  技巧家は少い  煩悩の少い  女性に少い  文学は少い  ひとは少い  直接関係のものが少い  見込みの少い  職業婦人が少い  痕跡が少い  大人は少い  イタリー人が少い  負担が少い  消耗の少い  ところからガツガツが少い  其が少い  貯蔵は少い  波瀾の少い  思いが少い  稠度が少い  ようが少い  虫の少い  蠅が少い  自作農が少い  毛の少い  單に少い  律要素の少い  科白の少い  体は少い  煙の少い  原本は少い  案外に少い  論文の少い  人員二百名は少い  方だって用の少い  数量時の少い  点の少い  お客も少い  献金も少い  悔いの少い  今までよりはずつと少い  美談が少い  口頭伝承が少い  文化的要素の少い  小銃が少い  寔に少い  殊に人の少い  文明社会よりも少い  女の少い  苦労が少い  結婚の少い  二期より少い  増殖力が少い  産物は少い  夫が少い  それは少い  靄が少い  望の少い  福者の少い  日本史上に少い  事は少い  效が少い  志願者は少い  今よりも少い  人間にも少い  特色の少い  読者が少い  怪談は少い  自然描写が少い  分量が少い  間違いの少い  

少い[形容詞]
少いうえ  少いの  少いもの  少い時  少い事  少い一本調子  少いところ  少い汽車  少い損傷  少いけれどもエジプト  少い料理  少い年月  少いよう  少い方  少い会場  少いということ  少い現在  少い上  少いから  少いやう  少い電車  少いため  少いといふこと  少い場末  少い立派  少いが健康  少い反動  少いこと  少い観客  少い女給  少い広漠  少い広場  少い故  少い身  少い折  少い軍用機  少い父  少い場所  少い空間  少い蜜蝋  少い子供  少いし呑気  少いパーセンテージ  少い主婦  少い女  少い友人  少い顏  少い店頭  少いさ  少い代り  少い娘  少い社会  少い道具  少い内容  少いというので安心  少い法学博士  少いほどの邊鄙  少い一人娘  少い往還  少い色合  少いダイナミック  少い女中  少い綺麗  少い好青年  少いのにちょっと  少い将士  少いお蔭  少い方法  少い爺さん  少い金時  少い一般  少い時分  少い努力  少い理由  少い母親  少い時間  少いと云うこと  少いガサツ  少い文章  少いと云  少い台詞  少いのに疼  少いかと云  少い老人  少い屋敷  少いですよ。  少い道  少いわり  少いん  少い片瀬  少い作家  少い様  少い気立て  少い場合  少い色白  少いわけ  少い文化  少いという評判  少い遊女  少いお嬢さん  少いと噴煙  少いそう  少いというので我慢  少い好人物  少いというの  少い頁  少いのですぞ  少い試験  少い沿海州  少いお話  少い出来事  少いという事情  少い温泉  少い涼  少い此辺  少い此邊  少い経験  少い人物  少い銀  少い自分  少い馴染み  少いと思  少い此  少い眇  少い患者  少い所  少いロンドン  少いとのこと  少いとは言われなかった  少い穴  少い生存  少いという条件  少い滑らか  少い上役  少いなア  少い訳  少い髪の毛  少い手代  少い戸数割  少いと徳次  少い貴重  少い裏通り  少いと思う西洋  少い2  少い中  少い彼  少いのに却って  少いとは違  少いだけでも非常  少いうち  少い詩人  少い信長  少い夜  少い名著  少い現代  少い坦々  少い身体  少い生命  少い町  少い食物  少い倉庫  少いとでもいうの  少い手当  少い姿  少い処  少いと小言  少い妙  少い紳士  少い金  少いのに不満  少いひと  少いグウ  少い去年  少い仏  少い温厚  少い村  少い位  少い灰  少いここら  少い眼  少い寂寥  少い都会  少い俳優  少い聲  少い戯曲  少いとは言  少い石膏  少いほう  少いほどの危険  少いせい  少いと座談会  少いとき  少いという点  少い頬  少いシベリア  少い静か  少い身構え  少いシンガポール  少いそれ  少い公然  少い本  少いというよう  少い悲惨  少いとかいう問題  少い婦人  少いのに座敷  少い男性  少い日  少いみささ  少いといふ事  少い世の中  少い国土  少い損害  少い異国風  少い言葉  少い男  少い竪川  少いといふ傾向  少い確乎  少い古代  少いどころ  少い正確  少い漫歩  少い髪  少い世界  少いのに気  少い筈  少い夜半  少い早朝  少い下級  少い生活  少い女の子  少い大臣  少い記憶  少い年頃  少い隣  少い数  少い中等学校  少い一部  少い商人  少い内  少い豪傑  少い夜会  少い声  少い例  少いとマダム  少い麦  少い葬列  少い作物  少いけれども書き物  少い語彙  少い夏場  少い文学  少い京  少いだけのこと  少い季節  少い当時  少い独りぽっち  少いつて  少い見栄坊  少い犯罪  少い今  少い若い  少い佳作  少いといふ事実  少いと言  少い程たま  少い親類  少い文学者  少いので自然  少い東京  少い恨み  少い北陸  少いかに気附  少い安全  少い入口  少い友達  少い煩累  少い由  少いかということ  少い選手  少い場面  少い一つ  少い夏  少いけれど今月  少い喜劇  少いけれどもちゃんと  少い日数  少い仕事  少い報酬  少い新劇  少い都市  少いかとかいうこと  少い貧弱  少い青森  少い範  少い余命  少い情念  少い性格  少い美人  少い道端  少いオーリ  少いという結果  

名詞

少い[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
少いという条件ともたたかっている  少いが天成の素質を利用して  少いだろうと思う  少い暗く苦しい日常を送っている  少いが健康時の作の持たぬ  少いがお礼にとって置け  少いから鐵で拵へた鍬と木で拵へた鍬と二つ使つて居つた  少いでせう  少いに違ひない  少いさっぱりした  少いしなびた植木がいけない  少いかも知れない  少いが痩せた  少いが非常によいところがある  少い白く澄んだ  少いお人柄な綺麗な方でおあんなさいまする  少いが部屋の手のつけかたから見て  少い痩せた曲つた松並木を右に見  少いであらうし  少いから急所さえ外れて居れば  少いであろうと今も時々思い出す  少いから他國人も少いと思つて居る  少いであらう  少いでせうな  少いだらうと考へてゐる  少いに決っていた  少いからでせう  少いであらうが  少いからその方にしようと思うという  少いからお対手に似合うというので  少いからかもしれません  少いから御辛棒下さい  少いでせうが  少いで有らう  

~ 少い[名詞]1
時間の少いという  数は少いが  數こそ少いが  子供の少い  比類は少い  楽しみの少い  ものも少い  利益は少い  これは少いが  鐵が少いから  お客さまも少いで  非常に少いに  油気の少い  意外に少い  緑素の少い  雑誌は少いで  沢の少いが  量は少いが  ものは少い  血の気の少い  気が少いが  競争者も少い  証拠は少いが  枝葉の少い  ものは少いで  出血が少いから  所は少い  食量が少いから  西洋には少いで  ことが少い  町の少いか  偶然性の少いばかり  割合に少いからで  ことも少いに  これは少いより  感情が少いから  事は少いで  出場が少いから  者は少い  類が少い  手も少い  美人が少いから  人も少いで  ことが少いから  不安が少いから  のは少い  人は少い  ところも少いで  方が少いから  負担が少いからかも  貯蔵は少いから  問題は少いで  汁が少い  見物が少いから  非常に少いから  さつた事も少いで  余地も少い  

~ 少い[名詞]2
もちろん少い  恐く少い  世にも少い  いずれ少い  ごく少い  蓋し少い  

複合名詞
少い一本調子  少い松の木  少い人  少い女  少い失望  少いてる子  少い量  少い世捨人  少い会衆  縮少い  少い骨  少い通  少い方すか  少い娘たち  少いおり  少い者  少い者同志  少い声  少い街  少い圏境  少い額  少い金の  少い屋敷町  少い研究  少い家  少い試験用缶詰  少いお話  少い所  少い対話  少い経験  少い位  少いロンドン  少い道  少い券  こと少い  少い出家  少い沿海州  少い町  少い時間  少い部数  少い町一杯  少い時分  少い日  少い金  少い人たち二人  少いよう  少い十六七  少い役  少い改札  少い男  少い汁  少い商売  少い関東地方  少い年  少い層  少い打  少い処  少いシベリア  少い竪川河岸  少い外窓  少い持物  少い日本  少い区  大分少い  少い人たち  少い生活  少い品  少い一人  少い靜  少い相  少い髪  少い内  少い東京  少い陳列室  少い位置  少い北陸  少い顔  もの少いめ  少い側  少い電燈  少い仕事  少い青森街道  



前後の言葉をピックアップ
  少な  すくない  少い  少ない  少う  すくなう  すくなかっ  少かっ  少なかっ


動詞をランダムでピックアップ
乗移のぞい侍れたちあがろきけん顕しいきすぎせせっくわわっ役だっ遣わせなびけはげむひきさがる数え上げる有り余っ陣どいいつけるよじ登刷り込ま
形容詞をランダムでピックアップ
うそ寒く押しつけがましく清く精しきいみつまらなかろ長たらしかっいきぐるし楽しから真白きなし似合しい愉しから近うかしこかれ心地よかたくるしむし暑かっ意地汚くずるくっ