「更け」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 更け[動詞]
夜が更け  庵の更け  響がもうだいぶ更け  静かに更け  しづかに更け  声も更け  春が来たぞな更け  うち夜も段々と更け  夜も段々と更け  夜はいたく更け  かに、更け  街は、更け  行つた呉郎さんが更け  夜は更け  森然と更け  夜はしんしんと更け  夜が次第に更け  夜も更け  宵は更け  夜はまだ更け  静心夜が更け  秋の更け  ことか更け  窓を持つていて、更け  程静かに更け  時とすると更け  だんだん夜が更け  夜はだいぶ更け  深沈と更け  まり夜が更け  夜は一段と更け  夜は更けに更け  家を飛び出して更け  だんだん夜も更け  森々と更け  やうに更け  空に更け  ぎゆくもをかしく、更け  秋もいつしか更け  三十路の更け  秋が更け  夜露に打たれたり、更け  気を挙げんかな深々と更け  森深と更け  音ひとつ洩れないで更け  夜の更け  氣にもかけず、更け  ハンカチになにか書かれてあるか知ら更け  痴話に更け  年齡が更け  遠くから近くへ、更け  そのまま夜が更け  夜、だいぶ更け  夜は遠慮なく更け  夜が既に更け  料理屋で呑み、更け  夜はシンシンと更け  外はもう更け  宵も更け  其夜も更け  夜も、更け  遊びに更け  ころから夜が更け  十九にしては更け  今宵もいたく更け  大分夜が更け  夜も空しく更け  大分夜も更け  しずかに更け  秋は更け  夜は段々更け  夜を更け  夜もずっと更け  昨夜も更け  森と更け  夜はだんだんと更け  酒宴に更け  空襲に更け  夜はよほど更け  中にも更け  つた夜が更け  こと多かり、更け  夜は刻々と更け  夜は次第に更け  秋はまさに更け  松に更け  春は更け  夜はもうだいぶ更け  姿になって、見ちがえるほど更け  ほか町の更け  今さら夜の更け  夜も多少更け  夜もだいぶ更け  夜も余程更け  声も聞えず、更け  夜ぞ更け  夜はしみじみと更け  十歳ほど更け  寂然と更け  秋も更け  夜は深く更け  大晦日が更け  夜は愈々更け  良人や戻らん、更け  夜も相当更け  気分と共に更け  丑三時で、しんしんと更け  いつか夜が更け  夜もだいぶん更け  年より更け  夜もかなり更け  沈々と更け  一室夜いたくも更け  時の更け  夜は、もう更け  夜はもう更け  あとは黙々として更け  霜夜もようやく更け  夜は早く更け  夜が刻々と更け  夜はようやく更け  底が次第に白く更け  これで、だいぶ更け  夜はいよいよ更け  可成り更け  騷しく更け  顔が更け  影も更け  蚊帳のかげ更け  きりぎりすも更け  夜が既に遅く更け  灯は更け  夜はもう余程更け  夜は深々と更け  夜はしだいに更け  肌寒いほど更け  協議に更け  夜はしいんと更け  かなりに更け  宴は、更け  彼もつりこまれて、更け  霧は更け  娘がそう更け  事実、しんしんと更け  夜もいよいよ更け  評定に更け  俥引達を振り向きもせずに、更け  余ほど更け  だんだんに更け  音もなく更け  まま、だんだんと更け  おいおいに更け  気がするので、更け  夜はむなしく更け  夜はいたくも更け  燭は更け  失踪以来相談に更け  春に更け  夜も深々と更け  夜もいたく更け  色はいとど更け  夜は、更け  夜が一段と更け  シーンと更け  何気なくは書いているものの、更け  夜はもうかなり更け  夜、もうかれこれ更け  時もかなり更け  程なのに、更け  夜は既に更け  夜はすっかり更け  夜はかなり更け  のであるが、更け  御所であって、更け  時刻よりも更け  寒い夜が、もうだいぶ更け  夜がおもしろく更け  らを飲んですつかり更け  晩、更け  いつのまにか夜が更け  夜がしっとりと更け  夜が、痛ましいほど更け  四邊は深々と更け  ます、更け  周次は更け  机に凭れながら更け  夜や更け  夜もよほど更け  夜やや更け  野の更け  野は更け  空気、更け  夜のいつしか更け  夏も更け  物語に更け  一昨夜もかなり更け  何のさまたげもなく更け  夜は、いたく更け  中に更け  蓮見は、更け  秋ももうだいぶ更け  それよりも更け  時刻も更け  深閑と更け  ぬばたまの夜の更け  静に更け  夜も漸更け  音聞ゆ夜の更け  袂に入れてかなり更け  霧に更け  恁う更け  只事ならず段々更け  夜がすっかり更け  夜がかなり更け  人声が更け  夜が段々更け  つた、でも更け  つた、更け  遼陽城頭夜は更け  夜がそんなに更け  わたくしにお逢いになりましても、そう大して更け  大切にいたして、更け  森閑と更け  夜がしんしんと更け  なごやかに更け  のか、更け  夜ももう更け  夜がよほど更け  時刻が更け  音に更け  掛行燈の更け  娘が更け  しんかんと更け  寒々と更け  夜さえそぞろに更け  夜が少し更け  今夜は、ちと更け  寒い深更け  駕籠、更け  まり夜は更け  燈火、更け  夜もいつしか更け  夜も、さて更け  夜もしだいに更け  声とが、次第に更け  戸外を更け  夜は段々に更け  夜は段々と更け  晩は、更け  小柄の更け  弁難に更け  今夜もまた、もう更け  月の明るい更け  うちに、更け  名ばかりで、このくろぐろと更け  思いのほかに早く更け  河鹿にまた更け  寂々と更け  夜はやや更け  うつ音が更け  だんだんにさびしく更け  夜はすぐ更け  夜はいいかげん更け  宿りごとに更け  夜は恐ろしく更け  



前後の言葉をピックアップ
深け    吹けれ  耽け  拭けよ  更けよ  拭け  耽けれ  ふけ  更けれ


動詞をランダムでピックアップ
掛り合いさきがけ心付き耳立て寝取らおぼらさひきこもっ改まりうけひき有しゃ決まれ舐る逃げだしたわむれ申し伝え投げる労う申渡さだきしめよ相成ら
形容詞をランダムでピックアップ
酷い空恐ろしく華々し新しけれ佳し欲しけれよかれ名高く重苦しかっ憎にくし黒くっ待遠しく草深みっともなく愛しけれめぼしき香し手早甚だしかろ