「夜明」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

夜明[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
夜明となって  夜明に出かけろ  夜明を知らせる  夜明くるまで高声念仏が絶える  夜明までも知らん顔をして  夜明に間もないと考えたから  夜明に間のない所爲であらう  夜明に間もないと考へたから  夜明にうと  夜明を告ぐる  夜明にメッキリ涼しくなった  夜明の水はむらさきにして  夜明が近づく  夜明になつたと飛び出したねぼけて  夜明と日暮と間違へたあわてた  夜明くるを待つ  夜明に鶏が鳴く  夜明の微光がさし  夜明に二人とも目がさめる  夜明をして  夜明まで安閑と待つ  夜明に井戸の水を浴びて  夜明の夢ではよく崩壊直後の家屋が現れた  夜明の空を眺めていると  夜明から戸をあけて  夜明の峠道で待ち受けたわい  夜明の光に音を立てて  夜明までやつてゐる  夜明くるまでは残りゐぬ  夜明には來て啼くが  夜明の光で見た  夜明の霧かそれとも私のしのびなき  夜明までに元の位置にかえる  夜明が近くなったとみえ  夜明にや山端へ帰る  夜明がまたれてならぬ  夜明までお骨が上らなんださうな  夜明から自転車にのって  夜明を待っていた  夜明までつづいた  夜明て見れば  夜明までにずいぶんながい時間がかかった  夜明近い鷄の頻りに啼立てるまで  夜明近い鶏の頻りに啼立てるまで  夜明の光を見られまい  夜明の汽車を待つて  夜明の色とぬるま湯の感触とを帯びて  夜明まで寝て  夜明まで考えつづけていた  夜明の微光が見えた  夜明だと思ったが  夜明まで生きようとは  夜明から体温は次第に昇って  夜明の一番列車で出て来て  夜明を待つ  夜明に生れたから  夜明まで持つまいと申す  夜明のしらしらとした  夜明のランプの火を見ると  夜明に蛇が來たに違ひない  

~ 夜明[名詞]1
暴風雨となったが夜明と  夏の夜明の  それじゃ夜明に  神様に夜明を  後起き出でて夜明  葦原の夜明の  今朝の夜明の  聖い夜明が  眼をさまし夜明に  なつたと啼き出した夜明と  もとの夜明  翌日からは夜明に  一の夜明  辻堂で夜明を  兆と信じて夜明に  筑前境いの夜明の  小鳥が夜明には  真珠か夜明の  スタコラサ月も夜明にや  明日の夜明が  何でも夜明まで  夜大雪降り夜明て  三月下旬の夜明  高輪の夜明  一人だって夜明の  待合室で夜明の  日の夜明の  余が夜明まで  まひをして夜明を  子は夜明に  其処に夜明とも  霍乱で夜明まで  緑が萌え立つ夜明の  黄い夜明の  

~ 夜明[名詞]2
ぼんやり夜明  もう夜明  白々しい夜明  暗い夜明  やがて夜明  おかしな夜明  よい夜明  

複合名詞
夜明前  夜明近く  夜明近く水色  ひとつ夜明  カア夜明  夜明比  夜明頃  夜明珠  夜明以来  夜あけ星夜明  千駄夜明  今朝夜明がた  猟師夜明  それきり夜明  ため夜明前  そつ夜明  男女夜明  此戦い夜明  



前後の言葉をピックアップ
  夜明かし  夜明し  ヨアキム  ヨアキムソン  夜明け  夜遊び  ヨアヒム  夜嵐  夜歩き


動詞をランダムでピックアップ
進み出すなけりゃ枯れよ参る切りかけ響け向かい合っ延ばせ和ん見上げよ委せるふみしだく消え去るむきなおっあかめ振る舞い育て佇まあっせもむ
形容詞をランダムでピックアップ
このもしく潔しいわけなけれ白かれ勿体なあぶなかっ忌々しけれやすくっわかり易いわか安っぽい甚だしゅうみにくしこげくさいうまうするどし烈しかっ神々しきゆゆしい