「幼い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 幼い[形容詞]
まだ幼い  ごく幼い  あんなに幼い  直接幼い  主として幼い  更に幼い  つた幼い  いちばん幼い  また幼い  若い幼い  ぐらゐの幼い  もう幼い  恋しい幼い  いや幼い  甚だ幼い  から幼い  ない幼い  もの幼い  いかにも幼い  ふと幼い  ずっと幼い  その他幼い  次第に幼い  共に幼い  又幼い  まず幼い  まったく幼い  張り幼い  必ず幼い  なんでも幼い  知らない幼い  たしかに幼い  彼等幼い  きわめて幼い  どうして幼い  皆幼い  唯幼い  未だ幼い  殊に幼い  恋しく幼い  全く幼い  ひどく幼い  まさか幼い  時々幼い  手ずから幼い  もう少し幼い  のぞく幼い  こんなに幼い  なほ幼い  もっと幼い  まり幼い  自然幼い  おなじく幼い  なかった幼い  いかに幼い  別に幼い  く幼い  遠い幼い  それぞれ幼い  一番幼い  さぞ幼い  再び幼い  同時に幼い  かん高い幼い  度幼い  恐ろしく幼い  ころ幼い  其幼い  極めて幼い  おそらくは幼い  しろ幼い  

~ 幼い[形容詞]
私は幼い  時分の幼い  それに幼い  こころざしは幼い  嘆きと幼い  村の幼い  彼の幼い  頃から彼の幼い  われわれの幼い  のちには幼い  自分の幼い  それが幼い  其処に幼い  わきに幼い  目には幼い  子たちは幼い  中には幼い  私も幼い  カヤノも幼い  二人の幼い  レオナさんは幼い  その他の幼い  叔母と幼い  たくさんの幼い  ように幼い  世界の幼い  大学生が幼い  自分は幼い  感情を幼い  は幼い  五人の幼い  それは幼い  エドワードの幼い  過去の幼い  昔の幼い  ハイラムも幼い  すべての幼い  母は幼い  ふたりの幼い  あたしが幼い  竜太郎は幼い  袖には幼い  どれ程幼い  自分達より幼い  母と幼い  琴の幼い  わりには幼い  科も幼い  春の幼い  甲斐虎山翁が幼い  弟が幼い  竹内数馬の幼い  肖像は幼い  ゴーリキイの幼い  私の幼い  島の幼い  島は幼い  意地張なお島の幼い  四人の幼い  ものは幼い  自分らの幼い  男に幼い  味が幼い  瑠美子と幼い  瑠美子の幼い  娘の幼い  気もちは幼い  丸という幼い  ところが幼い  葉子の幼い  ほうが幼い  俺の幼い  一つには幼い  これは幼い  始め真一が幼い  路を幼い  葉子は幼い  若い妻と幼い  子供が幼い  父は幼い  母親は幼い  政宗の幼い  方が幼い  自分の子供の幼い  十六よりも幼い  一番キレイな幼い  それを幼い  太田の幼い  太田は幼い  我々の幼い  町の幼い  ことは幼い  雪も幼い  これも幼い  コンニチハといふ幼い  コンニチハという幼い  わたしの幼い  壁には幼い  中に幼い  彼女が幼い  私が幼い  声は幼い  彼は幼い  呉葉は幼い  奧で幼い  山で幼い  女でも幼い  わたくしは幼い  昔わたし達が幼い  わたしが幼い  わたしも幼い  作者が幼い  感じが幼い  小太郎が幼い  八歳の幼い  文吾の幼い  ここで幼い  茂太郎は幼い  伊織の幼い  頃の幼い  武蔵も幼い  男が幼い  奥さんの幼い  アンポンタンの幼い  あたしたちは幼い  同輩の幼い  十位の幼い  妻は幼い  妹の幼い  中の幼い  から妻は幼い  ぐつたのは私の幼い  僕の幼い  祖母と幼い  多聞丸たちの幼い  のは幼い  外で幼い  十歳以下の幼い  それらの幼い  知つた自分の幼い  三四人の幼い  が幼い  末の幼い  ネリという幼い  博士と幼い  仲の幼い  亀寿の幼い  僧の幼い  清三は幼い  知識を幼い  やうに幼い  一念は幼い  母が幼い  三人の幼い  美を幼い  彼女は幼い  空気が幼い  床で幼い  お国元の幼い  下の幼い  ヴォルフ夫人と幼い  十代の幼い  年こそ幼い  デヤドラの幼い  女は幼い  度ごとに幼い  たびごとに幼い  姪を幼い  四つの幼い  あなたは幼い  口もとに幼い  前に幼い  絵は幼い  怪物を幼い  碧眼の幼い  クリストフは幼い  祐道は幼い  ために幼い  父君光尊師は幼い  御子が幼い  彼女には幼い  足が幼い  細君と幼い  妻や幼い  当時の幼い  わしは幼い  自分などの幼い  始は幼い  老人と幼い  一切の幼い  アンドレア・デル・サルトの幼い  子供を幼い  父が幼い  すみ子には幼い  人を幼い  十一の子の幼い  時の幼い  彼女も幼い  そこの幼い  トウルゲネフは幼い  戸外では幼い  先ごろは幼い  少女にたいする幼い  謀略が幼い  癖を幼い  絵本を幼い  一葉さんは幼い  ケーテの幼い  荒物屋には幼い  頭には幼い  高輪田長三は幼い  殊には幼い  浦と幼い  杉が幼い  あれの幼い  のを幼い  頬には幼い  乳母は幼い  それより幼い  後には幼い  何でも幼い  少年少女には幼い  雁が幼い  後室と幼い  私などは幼い  鶴見が幼い  子供は幼い  姫宮を幼い  玉藻は幼い  対照が幼い  本心は幼い  燕の幼い  子供達の幼い  倉持は幼い  これほどの幼い  後ろ手に幼い  宮様は幼い  ファラデーの幼い  為に幼い  殿様の幼い  非常に幼い  風の言葉を幼い  のも幼い  ことが幼い  ものを幼い  事が幼い  伯の幼い  の子の幼い  看護婦は幼い  謡の幼い  外に幼い  からは幼い  誰か別の幼い  ホミは幼い  二つ下の幼い  影響を幼い  光は幼い  お前の幼い  母の幼い  平七は幼い  らの幼い  一種の幼い  故郷の幼い  両手に幼い  家は幼い  伸子の幼い  先づ私の幼い  何となく私の幼い  前へ幼い  それからそれへと幼い  幸子は幼い  信一の幼い  謝端は幼い  一行は幼い  当時二人の幼い  なんでも幼い  許嫁の幼い  鼈四郎は幼い  他の幼い  みんなは幼い  家庭に幼い  子どもの幼い  私たちの幼い  卓一が幼い  文子の幼い  子の幼い  もっとも幼い  その子はいかにも幼い  おまえらは幼い  そつと幼い  病父と幼い  病父も幼い  客席の幼い  子供たちも幼い  はるかに幼い  自分が幼い  彼が幼い  程度の幼い  大小を幼い  小菅は幼い  間に幼い  県は幼い  余所の幼い  なかには幼い  てつは幼い  何かで幼い  まことに幼い  ともよは幼い  其間に幼い  その間に幼い  

幼い[形容詞]
幼い秀  幼い時  幼い記憶  幼い時分  幼い児  幼い昔  幼いもの  幼い娘  幼い友達  幼い頃  幼い哲也  幼い日  幼い感じ  幼い憧憬  幼い彼  幼いとき  幼い心  幼いルシャイト  幼い一員  幼いくせ  幼い子供  幼い者  幼いころ  幼い人々  幼い聖者  幼いジェニファー  幼い彼女  幼い言葉づかい  幼い女の子  幼い二  幼い子  幼い手  幼い肉  幼い孤児  幼い体臭  幼い私  幼い調和  幼い少女  幼い日々  幼い折  幼い弟妹  幼い幻想  幼い何  幼い息子  幼いワラス  幼い自分  幼いハイラム  幼い友人  幼い時期  幼い方  幼い学童  幼いクリスト  幼い作者  幼い間  幼い頭  幼い神経  幼いルイズ  幼いうち  幼い強がり  幼い芳太郎  幼い癖  幼い達  幼い長子  幼い道  幼い調べ  幼い女  幼いもののだれ  幼い女児  幼い一  幼い藤  幼い巫女  幼いセリ  幼いゴーリキイ  幼い遊戯  幼い子ども  幼いおり  幼い童  幼い希望  幼い珍客  幼い妹  幼い人  幼い面影  幼い殿様  幼い弟  幼い論難  幼い妾  幼い五  幼い身  幼い魂  幼い我流  幼いながら親戚  幼い思い出  幼い洋服  幼いながらにも母  幼い考え方  幼い最初  幼いん  幼い姉  幼い訣  幼い両人  幼い顔  幼いパンパン  幼い足音  幼い従弟  幼い女中  幼い胸  幼い感傷  幼い涙  幼い頭脳  幼い脳裡  幼い日日  幼い感情  幼い信  幼いから  幼い耳  幼い姿  幼い兄弟  幼い銀  幼いつや子  幼い聲  幼い死  幼い声  幼い死児  幼い想像  幼い夢想  幼いクレオン  幼い健  幼い時代  幼いわたし  幼い兒  幼い寿子  幼いヨシオ  幼い文字  幼い詠みかた  幼いケティ  幼い笑顔  幼い笑  幼い同士  幼い童子  幼い智慧  幼い文吾  幼いの  幼い両親  幼い精神  幼い思念  幼い幻影  幼いたましい  幼い姉妹  幼い黒  幼い座員  幼い彼等  幼い花形  幼い葉子  幼い哀しみ  幼い靨  幼い少年  幼い多聞  幼い一太  幼い宮  幼いお方  幼い東  幼い金髪  幼い千寿  幼いまま  幼い生徒  幼い棘  幼い空想  幼い北条氏  幼い義良親王  幼い児童  幼いロザリー  幼い岸田劉生  幼い命  幼い三郎丸  幼い僕  幼いうぐいす  幼い君臣  幼い夏目  幼い将軍  幼い色  幼い主人  幼いながらも猛然  幼い童女  幼い聴手  幼い思想  幼い眼  幼い一徹  幼い少年の蒼  幼い仕事  幼いものの生命  幼い十兵衛  幼い織次  幼いため  幼い伜  幼い一つ  幼い聖母  幼い想像力  幼い初恋  幼い未開  幼い滑稽  幼いマチルド  幼いわれわれ  幼い慧  幼い神  幼い利己  幼い愛情  幼い胸中  幼い学生  幼い可愛い  幼い凡  幼い久子  幼い住民  幼いみよ子  幼い須世  幼い皇  幼い建築  幼い姫君  幼い恋  幼いふう  幼い姫  幼い雛遊び  幼い内親王  幼い観察  幼い夢  幼い藻  幼いはず  幼い女王  幼い字  幼い身空  幼い愛娘  幼い三  幼い好奇心  幼い意  幼いといふ意  幼い靜  幼い形容詞  幼い島流し  幼い長女  幼い快感  幼い青春  幼い了簡  幼い圭一  幼い甥  幼い驚異  幼いマリア  幼い片仮名  幼い折りから  幼いもののわがまま  幼い唱歌  幼い宗一  幼い商  幼い兄  幼い男女  幼い男子  幼い人道主義  幼い歌人  幼い伊代  幼い批評  幼い悦楽  幼い魔女  幼い通学  幼い搖籃  幼いマルキスト  幼い兄妹  幼い鼻  幼い詩人  幼いながら嫉妬  幼い孫  幼い藤村  幼いいたずら  幼い幼  幼い二郎  幼い栄一  幼い正義感  幼い潔癖  幼い野心  幼い人達  幼い香川  幼い望み  幼い手つき  幼い軍治  幼い小児  幼いよう  幼い人生  幼い安徳天皇  



前後の言葉をピックアップ
おさつ  長寺  オサトシ  おさな  おさない  オサナイズム  幼う  おさなかっ  幼かっ  幼顔


動詞をランダムでピックアップ
煙たがる祝す搗い刺さる向かい見渡せもとまむくいよ繋がっちらば囃さ片寄っ切り込むしのびない載れ蝕む煽が纏ま浮き立ただまさ
形容詞をランダムでピックアップ
とうとく喧しでかう悪しかれやすなれなれしいおそ強かっ根深青白き悲しからくさずうずうしくあまずっぱいわかけれ面倒臭かっにくたらしくけぶかく拙けれ鈍く