「幼顔」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

幼顔[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
幼顔に返って見ゆる  幼顔を振っていた  幼顔そのままの興娘の姿が微に思い出された  幼顔を忘れていた  幼顔を思い出す  幼顔は覚え染みて忘れざりけむ  

~ 幼顔[名詞]1
おぼろげに覚えている幼顔  興哥の幼顔を  妹の幼顔を  

~ 幼顔[名詞]2
その幼顔  

複合名詞



前後の言葉をピックアップ
幼い  オサナイズム  幼う  おさなかっ  幼かっ  おさなき  幼き  おさなく  幼く  おさなけれ


動詞をランダムでピックアップ
駆り出さ言い出せもぎろ飛びかかろやすん深めれ抱き込む綴り合し退らおよぼす詰め込めきらわれる跪い乗り組ま取りまわし応じよかかげむつかりしのべる
形容詞をランダムでピックアップ
まわりくどいっぽういとわしき芳ばしいすがすがしかっ幽いものすごくいたましいせわし貧しき懐しくっ遠かっねたましかってひどかっねついうすきみわるいねむたきかぼそくかわゆけれ