「保」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
保定警察局といふ看板の出てゐる  保を立て  保によってプロレタリア文学を押しすすめる  保たるべきものと信ずる  保れてゐた  保し得んや  保が熱心に何かやっている  保は盛にシクラメン培養のむずかしさを説明しはじめた  保の云う  保やつや子はいないし  保だっているのに  保が花壇の花を持って来た  保の来る  保と三越に出かけた  保に渡し  保が上野行に乗る  保と三越へ行った  保元平治以前の源氏と保元平治以後の源氏とは其東国に有せる  保合っているらしい  保元物語に見える  保嗣が急に浪花へ下った  保合ってくれるか  保元平治物語を拾い読みした  保しがたい自身を考えていた  保の面影を痛惜をもって  保の辿った  保の短い生涯を終らせ  保元平治の乱となり  保与のついた  保も稚いつや子も出入りしていた  保が東京高校へ入学した  保の勉強部屋へあがって行った  保の勉強部屋になっていた  保の部屋の入口にはられている  保の貼紙の気分とはちがった  保の生活がそういう学生の動きとはちがっている  保のまぶたはぽってりとしていて  保の部屋の襖をしめてその部屋を出ながら  保が二階から降りて来た  保が見ている  保の気持がわかる  保は黙って  保はしばらく立った  保も伸子もいない  保が机に向ってかけ  保がこの家の生活の中にあって  保の室の入口に書きつけられている  保の絣の筒袖に手を置いた  保が麹町の方にある  保のいる  保の温和な顔を見た  保を招いて  保をじっと見守っていた  保が赤い毛糸の房のついた  保が通っていた  保がそういうギーギーのぼる  保はそう考えた  保の示した  保との関係が思われた  保の家庭教師に選ばれた  保の生れつきを青年期の憂悶から解放し  保にきらわせる  保に対する心痛と自分の非力さを思って  保のために選ばれる  保の家庭教師について考えてやれなかった  保のからだを自分のこころの力でおす  保がききかえした  保もそれにつれて立上った  保に見せたら  保をよび出した  保は十時ごろ伸子のところへ一旦よってそれから見にゆくときまった  保をつれて行ってやる  保が訪ねて来た  保をいじらしく思っている  保に鵞鳥も見せたいと思い  保は伸子と道ばたに並んで  保のために在宅をよろこんだ  保が辞退するので  保は活溌に話してきかせた  保は愉快そうになっている  保がよろこぶかと思って  保の部屋の入口の鴨居にはられている  保の貼紙のことを話した  保のことは隅から隅まで自分にわかっていると思いこんでいられる  保のなかには伸子の生れつきとはちがった  保は伸子から自分をへだてている  保はその遊びをしないで  保の気分を支配した  保に温室を見せてもらった  保に似て  保だって世話になっているのに  保もつや子も学校へゆき  保からもかくしていた  保の部屋の入口の鴨居にある  保と対蹠する  保が瞑想と自分の部屋の入口に貼紙する  保が帰って来た  保は坊主になって  保はそんな話をしている  保が帰って来てからは  保も仲間になった  保の仲間がこしらえようとしている  保の日ごろの気持からも推察された  保は首をふった  保は柔和なぽってりした  保は肯定した  保は一層大きく膝をゆすりはじめた  保はくりかえし  保の問題にあてはめた  保の方法をそれが執拗であるだけに伸子は不安に感じた  保の純粋をけがさず  保の肩をつかむ  保の眼をみつめた  保に向って  保の不思議に抽象して  保がどうしてもむき出しに自分の感情の底をわらずにはいられなくなる  保の人間性の根っこをつかまえて  保と自分とでしゃべる  保がどう思ってみたか  保の微妙な心もちが映っていた  保と正反対の飄然さをつよくあらわしはじめて  保から感じる  保が知ったとして  保をむき出しにしてやる  保はどういうことになる  保は越智とつき合ってゆく  保だと伸子は思った  保の身に即して  保が生きてゆく  保への残酷に似た  保と話した  保の通学している  保がちがった  保も処分されただろう  保が見えなかった  保がドイツ語をはじめた  保の日頃から思弁ぐせにつらなって考え  保に会う  保はそこにいなかった  保としゃべったりした  保の若々しい精神がこの本棚のような有様でもちこされているという  保の勉強場が出来ていた  保の土蔵への引こしを  保の心持そのものに不吉感を感じる  保の心もちを飛躍させる  保がいつもくりかえす  保のぽってりした  保のことが気にかかって来たの  保から実際問題にうつされた  保の友達にしろ  保のいった  保が出て来た  保だって旅行に出る  保の几帳面さからではある  保の高官に立身した  保元平治の乱や清盛の独裁政治というようなものは実は表面化した  保が死んだ  保を喪った  保の気質はすっかり違った  保はその電車にのっている  保は母に話した  保の思慮のふかさの例として家庭のひとつ話にした  保と九つ年がちがった  保のそういう合理的なようなところが却って少年っぽさの無さに思え  保のふっくりとした  保が立った  保は高校の制服をきちんとつけて  保は何と云った  保を呼んで見ておいてくれと頼んだ  保はこう書いていた  保が長四畳の勉強部屋の入り口の鴨居にMeditationと書いた  保がいい友達をつくる  保がよく云った  保をとめて置こうとし  保が全部は同意していない  保は彼をとめて置こうとしつづけて来た  保が高校へ入学した  保は知っているだろうか  保の唯一のよろこびにまで  保ぐらいの若い人に死なれる  保がもっていた  保は死んだ  保の死の報告をうけて  保は温室のメロンにつかう  保が発見された  保も共に泣き  保の心にはサスペンスとしてあった  保に対面するには  保の遺骸の安置された  保の死に恋愛がかかわっていないという  保の目で見送られた  保のいのちをも裏づけている  保たるといひ  保元平治の戦いを身に知って来た  

~ 保[名詞]1
日本軍の保  七百町歩の保を  レーニン的段階の獲保によって  関連が保  秩序が保  今にして保  伸子は保の  和一郎だって保だって  保は保  つや子や保の  二本とって保に  源氏と保  それまで保  右の保  盛衰記や保  生死の保  弟の保の  それは保の  傍の保  ものは保  翁は保  四五日は保  そこが保の  うしろに保の  中から保が  そこに保も  母と保と  伸子には保が  ように保の  少年の保の  視線で保を  子供の保は  かけっこについて保の  人物と保との  人物が保の  議論として保に  伸子は保に対する  中学四年生の保の  花ずきの保に  自動電話で保を  制服をきた保が  竹村と保の  平静な保の  貼紙している保の  私に保の  二十歳の保の  意識しはじめている保の  どこか保に  計代はおくれてかえる保の  これまで保からも  僕と保が  高校生の保が  学校へ出た保が  遊戯ならば保も  抽象してしまう保の  ものこそ保に  それについて保と  和一郎が保と  弟である保から  二の次にされている保への  客間で保と  ときから保が  文丙にいる保が  うちにいるという保に  ここで保と  窓下に保の  中で保の  かげをもった保の  もちは保から  和一郎や保にとっての  戦慄すべき保  西行は保  高校生であった保を  朝子自身とも保の  意見で保は  それを保の  朝子は保と  ときの保の  印象にある保の  つや子と並んで保が  なかで保は  柔毛の生えた保の  高校生である保の  大学生になる保を  かたに保が  最後に保は  それは保が  それを保は  純真な保の  兵児帯をしめた保は  母も保も  アンダラインした保の  清浄無垢な保に  翌朝紋服にきかけて保の  能く保  男に対して保  純粋に保  とくにして保  

~ 保[名詞]2
丁度保  ちょっと保  やわらかい保  鋭い保  せめて保  珍しく保  そういう保  ない保  なく保  その保  やはり保  どうしても保  若い保  永く保  

複合名詞
保證  保叔塔  享保十四年九月一日  享保  享保以前  享保廿年正月  保食  享保以下  永保三年  享保十五年六月中旬  享保十五年  享保年間  吉田保さん  藤原保藤  保延七年  建保二年正月  建保二年  建保七年  駿河権守高階保  建保四年閏六月二十日  建保年間  千年保伎保吉  一幕享保時代  仲保者  享保中  保定  保塁  保定城  事変後保定  保維  享保七年正月板行  保婆奈  保我波奈  保助器  享保以後あたり  享保三年  享保時代  享保元年  保シヨウ  巣鴨養保院  候事者保延三年九月候  河北省保定  保元  享保十八年三十七歳  浜野保樹監修  保命  保券  浜野保樹さん  浜野保樹放送教育開発センター助教授  保名狂乱もどき  半井保  保導協会  寛保二年大水  保險附  保證ス  保證スル國民預金等  保證スルニ至ラバ  保證シ  永保  保嬰活命丸  建保元年五月  貞保元年二月  貞保二年九月  享保三年七月  享保五年三月  高田保  保名  古郡左衞門尉保忠郎從兩三輩中此箭  保忠大瞋兮  建保四年九月廿日  建保七年二月八日  保線区  許己呂於毛保由  大伴能等保  保布流  享保二十一年版  享保頃  享保十一年  寛保二年  一保堂あたり  村井保  保ちゃん  シネマ時報記者村井保  保皇  高田保氏  保羅  保羅自身  保修工事  保シ自由  保ツベキ  岩井通保  朝鮮捕鯨会社社長伯爵岩井通保  伯爵岩井通保  岩井保通  住人岩井通保  享保撰要類集  保名狂乱  享保四年大岡越前守等  宇津保物語  保助  文保  永保元年三井寺焼打ち  享保十二年以後  加茂保豊  保豊  賀茂保豊  享保時分  人物保根  一場保根  保根  保根さん  保根君  保川  二保  楫保川  享保板  保さん  三保  保先生  保險  木さば保  ぢゃ木さば保  寛保二年頃  武儀郡下ノ保  レ保二帝國  つて保證  保證出來  保舊  享保十二年九月三日  享保七年  享保二年以来  享保十二年  庇保  韋駄保  陶保廉  保我  保我自利  保羅さん  天迪從子保  天迪格保  昔保元  保平が十八  保嗣  保平  保平が安房  保平が朝霞  保平殿  保平さま  享保二年  後天保七年  保命酒  保證人  保證人二名  自己保證  身許保證  保證物  宮野仁保  保村山  保輔  安場保和  気質沢猛保  保ツ  保田山日本寺  生命保險會社代理店  保證す  保字金  享保年中  保暦間記  霊山久呂保山  瓜生保  享保十四年  包保  一条能保  源平盛衰記保  寛保一辛酉  通寺町保善寺  保ツ二餘生  保ッ  保菅  保蓄  當然即時保釋  保釋出所  保釋出所  享保初年  豪傑知事安場保和  保着  小森敏保下田  伊羅保  陸奥国平泉保  建保元年癸酉の  建保五  建保  建保五年  建保元年  建保元年あたり  建保二年甲戌  建保三年乙亥  建保四年丙子  建保三年六月  建保三年  建保六年  建保元年二月二十七日正二位  建保四年  建保四年六月  建保三年十一月  建保五年丁丑  建保六年戊寅  建保五年六月  建保七年己卯  右馬権助宗保  保證致候  保チ  青年技師利根川保君  保狸口君  保狸口  享保二十年  河野通保弁護士  公保  父公保  亡父公保  福永保  翌年父公保  保叔塔寺  塙保己ちゃん  享保十三年  伊蘇保物語  伊蘇保  享保小判  保一  保一くん  保名主従  まま保名  明くる日保名  とおり保名  時保名  保名親子  不滅院量外保寿大姉  儀保松男  保等登藝須發行所  享保十八年  郡主馬宗保  保建大記  洋學年表享保元年  享保二十年生れ寛政六年六十  享保十九年  保釋  享保十七八年  矢保佐  宗保  むかし享保頃  享保九年六月頃  その後享保十二年  享保九年  享保四年  細工保  享保六年  享保十二未年棟付御改帳  享保八年  元禄享保  寛保宝暦  正徳享保頃  寛保末年  寛保三年  寛保延享寛延  享保年代西川風  保チタレドモ  保曾呂倶世利  慶長享保年代  みな享保年代  享保年度  保字小判  越用レ明保二愼其身一也  澀江保さん  保午浴佛日呈壽  享保十一年丙辰六月七日死  享保四年三月二十九日  享保十一年六月七日  寛保元年辛酉十月二十四日  享保四年五月九日  享保八年七月二十八日  享保八年癸卯七月七日於京都  享保三年五月四日  保延三年八月遁世之時  康保年中  文保二年  英保  捏造保  文保二年五月二十一日高時  享保二年二月三日附  享保初年調べ  景保  享保初年以後  享保以後  享保九  もの享保年間  寛保年中  高橋景保  聖保羅  生計保償  隣村立保  村立保  保技  むることなきを保  とき保  保君  保様  享保六年八月一日  保螺貝  保一人  意保合  保食神  意見通り保文社  三保様  三保さん  小佐保  保ツニ足ル  保延四年  保延六年二十七歳  保延六年  保元頃  戸板保佑  むかし三保松原  保自身  一度保  保亞羅大師さん  亨保幾年何流  亨保  大凶享保一年  凶享保五年  永保元年  享保十六年四十二歳  保勝会  保險事業  保險會社  保險業者  保險銀行時報  保險ロマンス  由つて保證  保人等  享保十六年  享保四年歿  保篠龍緒君  享保年代  享保五年  保民官  保たる  レ天者保二其國一  遠野保  享保十七年五月  享保十一年二月  享保十七年  享保六年以後毎六年目  三十五万九百八十六人享保元年  保命薬  亨保十九年  永保三年二月二十八日  保命館  生命保險  保甲組織  保甲青年団  小館保治郎氏  保延三年  保延年間  保元以後  享保版  往つて享保元年  



前後の言葉をピックアップ
ペール・ラシェーズ  ペール・ラシューズ  ペーヴ  ペーヴメント  ペー・ド・ヴォー      保太郎  保証書  


動詞をランダムでピックアップ
潜め咽べしなさ言い交す打ち据えすり寄っ集まれる嘗めるきわめ足しひきしめねころびえぐれあるきまわるじれ込ん染み渡悩まそ流行れ遂げれ逸ん
形容詞をランダムでピックアップ
すばらしい黄色目覚しい後ろめたい未練がましき済まなけれ紅うつまんなくもったいなきうるわしく物凄まじい面白からいとしかっ普き忘れっぽ騒騒しくかいい貴き善かろ