「帆」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
帆も撓わりにけりな  帆をあげて去つた  帆はならんで  帆をあげた  帆の帆縄を力いつ  帆がいつまでも写つてゐたよ  帆のように吹きはらませるかと思うと  帆かけ船が数艘出ている  帆をあげて走って来る  帆に張りあげている  帆と連なって  帆の色になった  帆が蘆の彼方に動いて行く  帆を掛けて辷ったが  帆がつく  帆が所定の位置に固定され  帆に懸けてゐる  帆を張り浪を破つて  帆を上げている  帆を挙げてゐた  帆の帆縄を力いっぱい引きしぼると  帆がいつまでも写っていたよ  帆を孕ませて行く  帆を順風に孕ませた  帆を張って  帆のようにふくれ上っていた  帆を張りて  帆が見え  帆が見える  帆を上げて走つて来る  帆を張った  帆を掛けた  帆の船が目につく  帆じるしをみて  帆を鳴らして  帆を張りきって  帆のはためき  帆まかせに走っている  帆ばしらの根を離れ得ずに  帆は切り裂かれても  帆に暴風が吹き付けたらば  帆は張り切れんばかり  帆を操りながら  帆とともに行方を知らず  帆にて何故に船がかくまで速く走るやを知らず  帆をすら降さば  帆を眺めしが  帆を降す  帆の影も澄んだのに  帆を打つ  帆をかけた  帆を卸した  帆を揚げた  帆揚げて潮越えて  帆が見えるだらう  帆は少し動いた  帆のこちらを鴎が通つて空へ舞つてゆきました  帆が薄光りに光る  帆をふくらませた  帆を揚げてゐる  帆掛けて逃出す  帆を張つて沖の方へ出て行く  帆をかけたりします  帆ばしらにひるがえし  帆をおろしながら  帆のように彼の方へ進んでいた  帆を張つたボオトが滑らかに湖上に動いて行く  帆を鐘楼に上り見てある  帆織る戸へ信天翁を荷ひ入る  帆をかけ  帆の下の箱の上に腰かけていた  帆を張って来る  帆を張らせて  帆は破れ  帆を逆しまに逃げ出して  帆を上げた  帆を上げる  帆を孕んだ  帆は柔らかい卵子色をしている  帆かけて行く  帆も船首ばかりが変に盛上って見える  帆を一杯に張って  帆をはためかせながら動いてゆく  帆が望まれる  帆を立て  帆を張りあげろ  帆をあやつる  帆を裂かれ  帆も利きます  帆の面をただ見詰めていた  帆の破れ目からチラチラ見るくらいでは  帆を自然と日避けにしたい  帆は張切って来た  帆を下して  帆で屋根を張った  帆で屋根が張ってあるから  帆の下から顔を出して  帆の張り  帆の形面白しなど語ら  帆を張りつらね  帆をやすめる  帆や白く塗られた  帆がパッと紅に染まる  帆をダラリとさげた  帆をかんぬきがけにして  帆を舟一杯にひろげて干して居る  帆を満面に孕ませた  帆を揚げて居る  帆を揚げて  帆をあげて  帆をかけて  帆を捲いた  帆はそのまま煙のように消える  帆の帆前船が見えだした  帆を海鳥の翼のごとく広げ  帆が見えて  帆を張りあげて進んだ  帆をかけるばかりである  帆のやうに張りきって  帆まで張ってあった  帆を捲ひたり  帆を立てました  帆をおろして  帆が上げてあって  帆は一枚一枚はられました  帆をまき上げました  帆をはって  帆は風でふくれて  帆懸舟の通る  帆を張りたる  帆を下ろしていた  帆をいっぱいに張って  帆走って行く  帆走っている  帆を張れば  帆だけ風を孕んである  帆もあげてゐ  帆は風のためにぼろぼろにちぎられて  帆が一ツ横になって見える  帆に角が立つのみか  帆をこしらえました  帆を張りました  帆をゆるめました  帆やオールの使い方を知っているか  帆でもオールでも使えます  帆を上げると  帆を吹く  帆もやはりヤーフの皮で作りました  帆の影が一つ見えてきました  帆もそのおもてにみえてはいませんでした  帆を大きく描いて  帆を立てる  帆があげられて走り出す  帆を張り艫櫂を使ひて  帆を上げて進んで来る  帆もつくろひぬ  帆やら小蒸気やらをその水面に載せてた  帆が鳥の翼のやうに大きく動いた  帆がいくつも通る  帆というか  帆を巻いて重ねてある  帆を揚げんとて  帆の影が浮かび  帆は夏三伏のような暑気の風をはらむ  帆は雲にふれて消えもせず  帆のやうに現はれよう  帆を光らせる  帆を揚げたが  帆ばしらの天っ  帆ばしらの上で骨牌をめくる  帆ばしらの突端へ飛びついたり  帆のヨットが浮んでいる  帆をもった  帆のヨットの話をした  帆のヨットがいるの  帆をつかったりする  帆をあげる  帆の装置と云うか  帆や舵の位置を固定して  帆と舵を固定して  帆かけ船があって  帆は繻子で盛上っていた  帆の翼を張りきって  帆が上げられて  帆もちぎれ  帆をかけるという  帆の附いた  帆をまきあげて  帆にうけて  帆をいっぱいにふくらませて  帆にふくむ  帆にする  帆を屋根にはり  帆を見つける  帆が見えるではないか  帆や船が眼の前を静かに滑べって行く  帆を孕ませて  帆を揚げる  帆を張って走っている  帆をあげ  帆になった  帆を伏せながら  帆として働いている  帆が一つ張られた  帆を使って  帆の張りかたも筏のあやつり  帆をゆすぶった  帆は吹きとばされた  帆をはろうや  帆を張り出した  帆が出来ると  帆は海風をいっぱいにはらんだ  帆はまきおろされているが  帆はどの帆もすっかり巻きこまれてた  帆は役立つかな  帆をはいで  帆は完全といっても  帆もそれに負けず  帆を張っても  帆がキリキリと捲き上げられると  帆はダラリと垂れてしまって  帆かけ船は見えるし  帆は見えても  帆が光る  帆が辷る  帆の女王を中心に遂に白く白く旋転する  帆が走る  帆が廻る  帆の側面が何か強い力で内にひかれる  帆をあげたぬしの  帆がかすむ  帆を張れ  帆を七分三分に引下げた  帆を卸すと  帆を上げて走れる  帆が鳴りはためく  帆はうすれ出している  帆は彼に代って  帆ばしらの根にくくってしまった  帆懸舟をいっぱいに描いて  帆に孕んで  帆に似ていると思うわ  帆に似ている  帆を二つに折つて敷いた  帆にぶつかる  帆の鳴る  帆を下ろせヨー  帆が弛んで来た  帆かけて走る  帆がそのすぐ前を通って行った  帆が夕日を受けて  帆も懸ける  帆の力は荷船のようにはかどらぬ  帆によって行く  帆を懸  帆が上がり切ると  帆を捲いて  帆も上げるが  帆を見廻したりなどしてゐたが  帆をはつた大きな船が一隻の小舟をひいて  帆を揃えて  帆に帆を慕ッて行った  帆となり  帆を開いて  帆を懸け  帆が通る  帆を巻いて走  帆を解き放すと  帆をはってうちよせる  帆をひっぱりあげて  帆のふくらみに伝へくる  帆の終のはためき  帆きゆる  帆の響死と悔恨の闇擾し壊れく  帆をしぼれ  帆のうなり  帆を張って遡って行く  帆が甚だおかしくてたまらぬ  帆を張る  帆の影さえ一つも見えない  帆をあげたい  帆を醜くだらりと休ませながら  帆は既に挙げられて  帆上げたあとと思召し  帆を立て直している  帆をかがやかした  帆がおろされる  帆の上げ下げを誤るまいと  帆の自由である限りは金輪際船を顛覆させないだけの  帆を奪い取られては  帆をいっぱいに開いて  帆をいっぱいに開いた  帆を上げ下げする  帆だけが矢よりも早く動いて行く  帆を形ばかりに張り上げて  帆をたて直し  帆を張り上げて  帆がおろされた  帆の始末を簡単にしてしまうと  帆を浮かせて  帆が雲とも水とも見分け  帆が小指の爪ほどに見えるのみである  帆は全く動かない  帆のやうにふくらませた  帆を下ろしたので  帆があっては  帆を掛けて  帆となりけん  帆を傾けて  帆まへ船を見あげて  帆まへ船の姿は消えてしまひました  帆のようにかって  帆が作れる  帆を作ったって  帆かけて逃げやんした  帆の力一つで東支那海や印度洋の荒波をこえてくる  帆の力をまつたく  帆させたばかりの  帆を立てた  帆は風まかせ  帆を張り直した  帆をあげてから  帆を操る  帆をあげ去った  帆を上げ去った  帆を整えながら  帆は胸を落ち込ました  帆の意味に用いられる  帆をかけて走らせる  帆を孕ますべき  帆を張ってすべる  帆の数を持つ  帆の一部分を望み得させる  帆を染めて  帆は霧を破る  帆を揚げようという  帆を染めると  帆は上げられて辷っている  帆を上げながら  帆の密集した  帆のやうな翼の下に成る  帆に風を孕んで  帆が悠々と滑りゆく  帆を上げて  帆が浮び出る  帆の春風を負うて  帆揚げる四藩の奸物隅の方からソロソロ這い出し  帆に幌とでも讃えたので  帆に姙ませつつこの新らしい潮流に進水した  帆を半ば張った  帆が風を十分に孕み出し  帆が風を孕んでいた  帆の前縁を見ながら  帆も捲けれ  帆が帆脚索で十分に張られた  帆の下でぶつぶつ言いながら坐っていた  帆を唸らせながら  帆を揚げて走っている  帆は幾分膨らみ  帆はやはり風を受けて膨らんでいたので  帆が滑車のところで唸って  帆の下桁をくぐり抜けながら  帆はあちこちとばたばたし出していた  帆を下ろし漕ぎゆくもあり  帆の雲が見え  帆をはらむ  帆のやうに大きく半弧を描いて  帆のあがり  帆が頻繁に出入りした  帆をあげてゐる  帆をふくらました  帆をたたんで  帆をあぐ嬉し嬉し海が曇る  帆にも日光の明暗あり  帆を張ると死ぬがごとくに叫ぶ  帆よりも高々とそびえて  帆もさけんばかり  帆をいっぱいに張りながら  帆をひたひたと下ろしはじめた  帆を朝風にばたばたと靡かせながら巻き上げた  帆に風をはらんだ  帆かと見ゆるばかり  帆をあげよ思ひはつきぬ  帆を上げて帰って来る  帆のかたちした  帆を焼き尽くし  帆をつけた  帆にはらみつつ  帆かけ船を何艘も浮かべている  帆も楫も無い丸木舟が一艘するすると岸に近寄り  帆も楫も用いないで  帆を張って走るほど  帆をまきおろす  帆の風に吹きたわめられて  帆が破れた  帆をそっくり切りとらなきゃ  帆を切るから  帆は上方のなわが断れているが  帆は風にまかせて  帆の上端を甲板にむすびつけた  帆はずたずたにさけ  帆がなくてもあっても  帆は風をはらんで  帆の力をかりる  帆を監視した  帆に風を孕ませて  帆をあげて出てゆく  帆を始末していると  帆を三つずつ横向きにかけている  帆に風を孕んでも  帆が張っているから  帆があれば  帆がまた一つある  帆も同じくこちらへ帰る  帆が利かぬ  帆のない船であちらへ行く  帆を揚げ  帆を張りひろげた  帆のようにふくらみます  帆の綱が辺に揺るるのみ  帆のヨット走れり  帆を十分に張って走らせると  帆をうつしたる  帆かけた小舟がのんびり通りすぎる  帆のように微風をはらんでいた  帆を揚げますと  帆を巻き下して  帆にもたかつてゐる  帆に内海の冬の日をうけた  帆にふくらませて  帆がすぐ眼の前をよろよろととほ  帆をあげて行く  帆の風にはためく  帆を挙げろ  帆のようにふくらみ  帆でもながめてゐよう  帆をはっているが  帆は決して畳んでしまわず  帆の檣碎けて縺れ落つるごとく  帆を繕ふ  帆をおろし  帆にも見ず  帆ををさめ  帆を上げ  帆に代ふ  帆をかの殿の中まで進む  帆を揚ぐるにいたれるばかりに  帆かけずしというのはどんなものか食べた  帆じるしに  帆に風を孕んだ  帆が無数に釣ってあるが  帆をおろした  帆の小船は駛ってゆく  帆が揺れて  帆の船はひた  帆走っていた  帆を繰り  帆をまくや  帆に風をはらんで待っている  帆がめらめら燃え上った  帆をみなあげて  帆をあげている  帆のように扇風器の風でふくらました  帆の帆綱を力いっぱい引きしぼると  帆をあやつっている  帆であるが変わった  帆は風を孕んで靡いたが  帆を一ぱいに張って  帆を染めていた  帆を一ぱいに張つて音もなく行きかけた  帆を染めてゐた  帆あげた舟は快い速度で廣い  帆に微風を孕んで  帆を下すと  帆がぬうと  帆かけ船が頻りに動いて行く  帆のみが真白く際立った  帆の間をば鴎が幾羽となく飛び交う  帆をちぢめ  帆は垂れて  帆かけ舟の高い帆柱があちらこちらに見えていた  

~ 帆[名詞]1
船の帆も  三つの帆は  これらの帆  襟を帆の  沖に帆  紅色の帆を  布地を帆に  鼠の帆と  普通の帆の  漁船の帆が  前後に帆を  一枚ずつ帆が  前に立っている帆の  方は帆に  一艇の帆を  とりどりの帆を  金襴の帆を  風を孕んだ帆よりも  裾が帆の  一番上の帆が  下の帆が  下の帆から  上の帆が  軍艦が帆を  眞白な帆を  櫓も帆も  満々と帆を  船は帆  綱は帆ば  順風に帆は  舵を取り帆を  一面の帆にて  檣の帆をすら  檣の帆を  暴風に帆を  水には帆の  はたはたと帆を  砂原に着いて帆を  船に乗せて帆を  定紋をつけた帆を  尻に帆  漁船が帆を  龍舌旗を帆ば  三角の帆を  我に足らじか帆  渡船は帆を  ロマーシと並んで帆の  順風に帆を  風を感じて帆を  一つみつけたは帆  蒼海原に帆を  夕日を受けた帆は  戎克に混じって帆  其日から有るだけの帆を  船の帆が  あいだから帆を  マストに登って帆を  方へ移って帆を  さや帆に  心の帆は  代りに帆で  和蘭船の帆の  船はかくれて帆の  む心一つに帆の  黄いろの帆や  船頭は帆を  下りも帆を  千石船に帆を  舟に帆を  真紅な帆を  真紅な帆は  真紅な帆の  三重の帆を  船の帆を  帆穡へ縛り付け帆を  船が帆を  一本だけに帆が  ヨットに帆を  一日川があって帆  上なる帆を  山の根近く来て帆を  帆艇が帆を  そばを帆  二人の帆  行衛も知らぬ帆  禁物は帆  三角の帆だけ  ボートの帆の  最後の帆の  リフレインとしてあった帆の  間に帆が  二枚の帆を  ありったけの帆を  船は帆を  軍艦の帆より  口で帆を  向うに帆の  ひとつの帆も  檣と帆を  沖へ向って帆を  類の帆を  向から帆を  夕映えを受けた帆の  江や帆も  伝馬やら帆やら  舵というか帆と  南風に帆を  間に帆の  かんと帆は  眞夏の帆の  眞白な帆の  ケープホーンに帆を  櫓櫂も帆も  お前さん達ぁ尻に帆  三十尺もあろうかと思われる帆ば  恰好の帆を  かたちの帆を  南京袋で帆を  二枚の帆の  宝と書いてある帆は  空色の帆も  一艘ずつ帆を  尻に帆を  その後に帆の  元気に帆を  風を帆に  ふく風に帆を  風に帆を  マストや帆は  スクーナー型帆船の帆が  幾つかの帆や  短艇が帆を  十六反の帆を  カヌーが帆を  静かに帆を  頑固な帆に  背中の帆を  板の帆を  それは帆として  ポチが帆の  二度目の帆を  時は帆を  大船の帆は  海には帆が  真中に帆が  その間を帆が  マトモ一パイに孕んだ帆を  接近して帆を  海上を帆が  寺船の帆は  持舟の帆は  中に帆  緋色の帆に  なかばはらんだ帆が  碇を上げ帆を  ジヤンクの帆を  ボートは帆をは  方でも帆を  沢山の帆を  兵船五百そうの帆を  帆に帆を  鮹が帆と  小泊から帆を  追風に帆を  柱の帆を  船の帆の  ブラウンは帆を  だらしなく帆を  男は帆を  カンヴァスの帆を  灰紅の帆の  管絃楽の帆の  空色の帆の  舟の帆に  憩える帆  私の帆は  綾の帆  おしりに帆  さに応じて帆を  合図どおりに帆の  強弱に応じて帆を  半分がた凍ってしまった帆を  うちにと帆を  舵や帆の  脊を帆の  得手に帆  袖や帆と  手をやめて帆  誰も気がついたと見えて帆  うしろに帆の  上流へ帆  布があれば帆が  へんで帆を  乘つきつてゆく帆  長崎を退帆  長崎退帆の  日本から退帆  ペルリの退帆が  麻の帆が  大統領親翰をつきつけて退帆  四隻の帆  プーチヤチン使節を退帆  下田退帆が  軍艦が退帆  完成されるにつれて帆も  四五十反の帆に  水夫たちは帆を  夜風に帆  こちらへと帆を  スペイン海岸目指して帆を  イギリス軍は帆を  風向きに帆を  無敵艦隊は帆を  一般に帆の  風にてもあれ帆を  海風を帆に  十八片からの帆の  いっぱいに帆を  荷船の帆の  荷船の帆を  障子へ映る帆の  追手に帆を  裾から帆を  朝日が昇って来ては帆を  褐色の破れた帆を  真黒な帆を  それらの帆の  船は浮べども帆の  奴原得手に帆  潮に棹さした帆を  棹をさし帆を  舵をとる帆を  体を帆に  灰色の帆を  すべての帆が  男は帆の  甲板の帆の  私は帆を  度毎に帆は  他の帆は  船に帆を  商船の帆の  人々に押されて帆の  気分の帆の  やうな帆を  舟の帆の  菱形の帆を  小船が帆を  あはれ舟人ちさき帆を  なかに帆を  われの帆よりも  帆艇の帆かと  海に帆を  沖から帆を  月の光りを帆に  錫色の帆も  たくさんの帆を  赫いた帆  それは帆も  海原を帆  それじゃ帆を  ぼくは帆を  ほうにすわって帆を  純白な帆に  船上は帆の  船も帆を  埠頭場から出る帆が  こちらへ帰る帆が  かなたの帆も  場合は帆が  海原に帆を  風に帆の  湖面を帆  帆船の帆の  往き通ふ帆でも  色の帆を  新品の帆なんて  風にはらめる帆の  大小の帆を  海の帆にも  活動の帆をを  翼を帆に  強慾の帆を  從ひて帆を  函に帆を  物になると帆  ツツーと帆を  片雲が帆  帆船の帆  船三十五反の帆を  燭奴の如き帆を  内閣で帆を  船が帆  筏船を作って帆を  幾個の帆は  苫をかけて帆  浦ふうねに帆を  独木舟の帆の  その間も帆に  灰色の帆が  夕風を孕んだ帆  荷船の帆のみが  いつでも帆を  碇をおろしている帆  

~ 帆[名詞]2
黄色い帆  赤い帆  紅い帆  その帆  白い帆  強く帆  白き帆  なく帆  悠々帆  すぐ帆  未だ帆  大きな帆  大きい帆  同時に帆  黒い帆  やがて帆  新しい帆  この帆  どの帆  一心に帆  間もなく帆  まにまに帆  もっぱら帆  まず帆  小さい帆  紅き帆  黒き帆  短い帆  遠く帆  もう帆  まだ帆  あくまで帆  ただちに帆  これから帆  ぶんぶん帆  再び帆  一杯帆  そろそろ帆  いまや帆  いっぱい帆  美しい帆  やっぱり帆  赤き帆  颯と帆  小さな帆  きたない帆  たちまち帆  紅く帆  赤く帆  素早く帆  

複合名詞
帆張り  加藤帆奈美  帆奈美  帆ひとつ  帆村  帆村探偵  帆形  朱帆  帆縄  たくさん帆  縞帆  帆村荘六  帆村おじさん  理学士帆村荘六氏  探偵帆村荘六  まま帆村荘六おじさん  帆村荘六探偵  いま帆村探偵  帆村君  帆村さん  とき帆村  帆村探偵ただ一人  おい帆村探偵  さっき帆村探偵  おい帆村君  帆立  帆車  隣帆亭  帆カケ舟  帆舟  帆あら  帆檣  帆前垂  帆前垂れ  帆印  帆役  帆方  帆方ア  帆綱帆車  三角帆  帆掛船  帆艇  上帆  すべて帆村さん  むしろ帆  錦帆  錦帆来  兵帆何百艘  一帆呉  一帆  唄帆  妻帆岡  帆かげ日  百帆  帆屋根  おい帆村  帆風  帆かげ  帆支度  帆さき  矢帆  帆係下一番猪三八  とき帆村探偵  帆穡  つて帆  帆村探偵登場  私立探偵帆村荘六  帆村たち  大体帆村  帆村荘六君  イキナリ帆村  帆づなをびゅうびゅううならせて  帆村独特  帆村自身  帆村氏あたり  さっき帆村  他方帆村  帆村先生  帆村口  帆村がけ  帆村名探偵かぶれ  帆村探偵事務所  帆小帆列  九端帆  帆掛独木舟  帆立介次  同志帆立  19同志帆立介次  代り帆  青年探偵帆村荘六  帆村機  当時帆村  帆村氏  帆木綿の  帆木綿  舟子帆  帆三伏風  帆裝  征帆  帆前  帆村委員  帆脚  帆村はん  生命びろいをした帆村  帆村荘六はだら  青年探偵帆村壮六  箱ごと帆村  ナニ帆村荘六  いくら帆村  オイ帆村君  一つ帆村  先刻帆村  午後二時探偵帆村  ア帆村さん  やあ帆村はん  ひとり帆村探偵  彼帆村  一体帆村  探偵帆村  酔漢帆村荘六  帆村荘六はん  愛人帆村  総て帆村  帆村珠偵  いま帆村  係官はじめ帆村探偵  帆村一生  帆づなや  帆かげ一つ  帆走り  帆づな  友人帆村  蜃気楼帆  一ぱい帆  帆先  帆かげ船  のち帆村探偵  帆村荘六さま  帆村さま  帆付  帆自動車  一体帆村荘六  帆村一人  帆鳴り  海景帆  帆しぶき  帆坂  七分の帆  帆村探偵局  帆ぐる  帆蔭  一艘帆  帆駛  帆掛け紋  縮帆部  縦帆  スクーナー帆式  裏帆  帆索  帆力  科学探偵帆村  みな帆力  帆掛棹  帆片帆沖  一枚帆  帆村荘六氏  帆村理学士  帆村理学士  理学士帆村荘六  帆村荘六自身  帆村班員  帆村たち地球人類  帆村所長  帆村探偵対狼  帆村荘六様  帆村探偵対  木綿帆  筵帆  帆音  帆みずから  三十六反ひと帆  みな帆  帆一枚  一帆一  帆汽船合計船舶総トン数  かぎり帆  むりな帆  帆立尻  一帆一人  春帆楼  帆たて貝  帆脚索  帆装船  帆檣安房上総  泊帆舟小  帆づなをとり船客  ふから帆掛船  高村帆奈美  高村帆奈美つまりホミ  帆村張り  友人帆村荘六  ため帆村探偵  船大工命帆  帆類すべて  翌朝船尾帆  一つ帆  私立探偵帆村荘六氏  帆村名探偵  群帆  結局帆村  おい帆村荘六  伯父帆村荘六  帆村伯父  帆村記者  帆村たち十名  帆一ぱい  兼帆艀  八反帆  二帆三帆  帆数  帆檣林立風景  小舟帆  從つて帆  帆手うち  赤帆  帆村荘六どの  帆ふくかぜ  帆銭  



前後の言葉をピックアップ
ペール・ラシューズ  ペーヴ  ペーヴメント  ペー・ド・ヴォー      保太郎  保証書    


動詞をランダムでピックアップ
おもいなし吸え積込ま処すれはみ出すむすべ乗越し年取るうりあげ掘り進んまぎらさ這入突っつく生きぬくききすます脅し思いやっ鬱すきこえれふりまわせ
形容詞をランダムでピックアップ
心弱くよろしから血腥い凄かっかわいらしきつまらなけれ囂しい猛猛し口惜しくっ恥しく恥しけれ少なき物凄まじきくだらなくいじらしくっ何気無く晴がましかっ細かき待ち遠しくっ