「ふ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふ[動詞]
人生に向ふ  水楢松にまじらふ  うたがふ  駑馬をやらふ  巨利を獲るてふ  げにのみしてふ  姿あらずてふ  加吉さまよふ  窪てふ  らかを覆ふ  づめて行きまどふ  紙片をおもふ  人間を、ふ  火をはなつてふ  これにならふ  穹窿ぞ光りて覆ふ  ネプウメリてふ  むしがはふ  風呂をもらふ  洗つてもらふ  料とするてふ  方向に向ふ  上を覆ふ  大分おもむきが異ふ  清光に歌うたふ  花弁を追ふ  譽とふ  やめを褒めたたふ  士多してふ  かつたらうとおもふ  知つて遣ふ  帽子をまぶ  生え際は大ぶ  古人をおもふ  時代のちがふ  麦田うつふたりはふ  味を奪ふ  さまよふ  酌してもらふ  たしかに身心をやしなふ  夜の行きかふ  居向ふ  我も居向ふ  ころはおとさたもなしいかにしたまふ  口が干上っちまふ  あそこなんにも無しっちふ  蚕はしじふ  直樹さ帰って来たっちふ  米なんちふ  五尺ちゃんと引き下ったちふ  福本清作ちふ  やうになったちふ  補助金が出るっちふ  んだっちふ  志津はそのどぶ  樹明君にしたがふ  身にちかくふ  緑平居ふきのとう、焼いてもらふ  月はさせどもふ  彼の向ふ  神経をつかふ  掌に載せてふ  友釣りでやるか、どぶ  雲洞をおもふ  のしきふ  源三郎さんをおもふ  死なうとおもふ  白船老をおもふ  ゆふなぎを、とんでゐるてふねてゐるてふ  死をおもふ  しめやかにとんでゐるてふねてゐるてふ  障子のやぶれをつくらふ  花をもらふ  ゆふ闇ただよふ  みんな、どぶ  心までどぶ  事を考えていると、ふ  処がふ  声と共に、ふ  私はふ  湯気がどぶ  豆腐おけを打ち、ころころとどぶ  石のどぶ  自分でどぶ  中にどぶ  こぶこぶ  きみはどぶ  路地口からどぶ  一尾のふ  何うぞふ  役柄でないからとでもおもふ  自ら鏡にむかふ  凡そ風景が異ふ  子をおもふ  旅をおもふ  水かふ  丹づらふ  かしこさだめなくとび散らふ  憧がれ向ふ  砂塵のむかふ  咲きそろふ  気を与ふ  戸畑へ向ふ  詩作報国をおもふ  支那をおもふ  しみ/″\死をおもふ  得がてにすとふ  からうたうたふ  八幡へ向ふ  水を飲ませてもらふ  ーむ、ふ  のか、ふ  蒼人艸に似て、親しみぶ  色がちがふ  何ちふ  味はふ  自分につきまとふ  壺を取りおろすと、ぶ  護摩を焚いてもらふ  聯想のちがふ  のをおもふ  夜明けつ小雨降りけぶらふ  女ものあらふ  かぜむかふ  狂人のにほひただよふ  数がふ  払はふ  さと向ふ  会はふ  苦痛にも立ち向ふ  白露虫かげろふ  木山を歩くと、かげろふ  野へ立ち向ふ  水の上を歩いて、向ふ  5向ふ  のは、ぶ  終点から久里浜へ向ふ  末をおもふ  笑ひたまふ  上を顧みおもふ  むは難からじなど、かけておもふ  頭をつかふ  主義てふ  理想てふ  運動をきらふ  惡るく思うて呉れたまふ  分裂して、大ぶ  出版者西村氏は大ぶ  底に覆ふ  それを遣ふ  言葉は、遣ふ  言葉を遣ふ  殆ど疑ふ  なかに、親しみぶ  青らみいよいよおとろふ  ターニャは考えぶ  誰であろうか、ぶ  クーパーは思いやりぶ  水兵はふ  てゐますと、向ふ  そこはどぶ  喰つちまふ  卒業にともなふ  庭のいてふ  ヒユウと向ふ  當に扱かふ  ことは疑ふ  奇蹟あり疑ふ  なつちまふ  さに向ふ  嘔氣があつて、向ふ  裏山へ向ふ  山向ふ  東京生活が面白くて始終ふ  芸術的感覚を疑ふ  国をおもふ  わたしにつきしたがふ  やうにふはふ  気にもしないで、ふはふ  空をまふ  眼ふはふ  てゐるかげろふ  しづまり、くさかげろふ  宿をさそふ  旅にたちまよふ  わたしをさそふ  巣をくふ  細雨にまよふ  すぎであり、いてふ  むらにうつらふ  ゆきかふ  みちにちらばふ  犬くちぶ  中にふ  辻ヶ谷君の青んぶ  中村はただふ  こととおもふ  はいかがともおもふ  矢先に向ふ  加護したまふ  皇國をおもふ  城てふ  赤駒のはらばふ  つてうかがふ  為に、やまふ  後を追ふ  其妻のふ  孤おふ  烈婦おふ  鞭は、おもふ  抵抗力を疑ふ  愛は奪ふ  惜みなく奪ふ  なにかぜおもふ  己れに逆ふ  なかったため、じつにぶ  近く呼ばふ  声のむかふ  材を解きはなつておもふ  背におふ  横たふ  荒地の喚ばふ  天のぐんと向ふ  言はふ  はるか山濤のいきづらに打ちむかふ  鹹くぶ  ものをわがふ  夜天聖靈のとんねるふ  天下武を尚ぶ  博士を疑ふ  まくらにかよふ  膿がどぶどぶ  末弟は、ぶ  かなはせたまふ  妻とふ  行きちがふ  こと、あげてかぞふ  郭公をきく、かたらふ  ばくごふ  やに行きかふ  ひとぶらふ  さま、ともなふ  ら身をつかふ  時はつかふ  林をねがふ  ところも大ぶ  ものなら大抵讀んでゐるだらうとおもふ  一とうわるかつたとおもふ  女をひどくきらふ  犬は、きふ  四辻の向ふ  彼はとにかく向ふ  通つて向ふ  気が咎めたが、しかし向ふ  思つて、向ふ  口元を覆ふ  それがふ  霧の向ふ  花を向ふ  それが何であらふ  思ひ出であらふ  河の向ふ  鷄が向ふ  網を下してもらふ  眼をひよいと疑ふ  來ねえ、ふ  グイと立ち向ふ  豆でもぶ  水をぶ  寝返りをうつて、向ふ  硝子障子の向ふ  義で、まつろふ  はるか向ふ  英語をつかふ  すゑには大ぶ  葉のむかふ  ことをしぞおもふ  乘つて奧に向ふ  立川驛から青梅に向ふ  出雲へ向ふ  まじなふ  うちに掴まつちまふ  聲をして、疑ふ  研究方法を疑ふ  者もあれば、ぶ  おっかなびっくり立ち上がって、見るからぶ  事実に追ふ  佛へ向ふ  九時にもなるだらふ  覚へがあるだらふ  告けたのだらふ  私ばかしひどく遣ふ  もんはナ、出しこぶ  人も見きてふ  二人はたいへんふ  中に居られたね、ふ  ように、ぶ  一角に、ぶ  河原の、向ふ  通り、向ふ  イーハトブさんが向ふ  のは、あの向ふ  パチッと向ふ  なっちまふ  海面と向ふ  闇の向ふ  下、向ふ  途方もない向ふ  時ちゃんは、ぶ  男は寝ぶ  みんな胃のふ  胃のふ  両手をふ  ぢやあ一頭かしてもらふ  上をふ  はりたまふ  牝犬を追ふ  裏側にはどぶ  場所だけにひどくぶ  刃向ふ  思つたが、おつくふ  思ひ出をさそふ  さをとりはらふ  店につかふ  不安をさそふ  天に逆ふ  序に代ふ  技巧を競ふ  ように、ふ  切目が、ぶ  まさかにどぶ  から大ぶ  たちに讀んでもらふ  日影ただよふ  絹をぬふ  ひつてきたふはふ  船員のすふ  ゆつたりとふ  うつつを追ふ  神祕をおもふ  そこはかとたちまよふ  かんがふ  ひとり道にまよふ  道にまよふ  神祕なにほひをたたふ  ただよふ  觀念にしたがふ  萩原さんはきふ  萩原さんとはすこし異ふ  つたとおもふ  事は疑ふ  股引を以て覆ふ  上半を覆ふ  相伴なふ  事疑ふ  青野さわさわや、ひきまとふ  影にうかがふ  青みやすらふ  影を追ふ  花はこもらふ  心ととのふ  現は散らふ  月落ちて、吹きはらふ  水かげろふ  霧がふ  口で、ぶ  人間には、ふ  頃でござりましたろふ  嫁入りはいやとおもふ  買つてやらふ  ひたすらに謝りゐり、どうやらこふ  たびに、どふ  扉の向ふ  カレンはたいそうよく働いて、考えぶ  髮の濃い、ふ  今はあらそふ  心元なく疑ふ  蝶々がふ  來た向ふ  チビはぶ  Tendreとはすこし異ふ  九州へ向かふ  牛田方面へ向かふ  正三はもう鳴りだすぞとおもふ  つてもらふ  頭を刈られながらふ  ものに立ち向ふ  下仕事をさせてもらふ  問題がちがふ  忘却を追ふ  びんばふ  もびんばふ  端れ、どぶ  食卓に向ふ  ためか、全く疑ふ  恥だとおもふ  妻をおもふ  幻影ではないかと疑ふ  自分で疑ふ  言葉をつかふ  それとは見まがふ  からかふ  意味とはちがふ  処を見つけちまふ  眼をつかふ  もちがふ  ぢまふ  切支丹だと疑ふ  窓を覆ふ  橋の向ふ  なつて向ふ  橋を渡ると、向ふ  板橋の向ふ  路の向ふ  半町ばかり向ふ  一二時間づつ机に向ふ  机には向ふ  事とおもふ  天津に向ふ  云へば向ふ  戦地に向ふ  のかと疑ふ  行つてもらふ  卓子の向ふ  意味を伝へてもらふ  第一線に向ふ  家へ泊めてもらふ  自分が負ふ  支那人に書いてもらふ  渓流を隔てた向ふ  姿をぞおもふ  蕾のふ  初夢をうらなふ  歌人のふ  舞ひ仕へまつらふ  滝津白浪さにつらふ  得がてにすちふ  づるや唐国人にへつらふ  繃帯を取りかふ  腐敗せざるかを疑ふ  づるかを疑ふ  一人して負ふ  声もして、向ふ  とき、向ふ  リンパー先生は、向ふ  弟子は向ふ  兵隊が、向ふ  あなたはそれで向ふ  やつぱり向ふ  畑をふみつけて向ふ  みんなふはふ  五倍も速いので、もう向ふ  川水が青くせせらいで流れてをり、向ふ  食はふ  今度は向ふ  盗人を追ふ  通へ前追ふ  いま相むかふ  添へたまふ  人おもふ  日影ちりぼふ  身をくつろげて打向ふ  かなしげに思ひたまふ  空をうかがふ  兵隊がいきなり向ふ  その後を追ふ  加へてもらふ  効果をねらふ  二つ向ふ  先行つちまふ  間違つちまふ  なにをしてもらふ  あとが絶えちまふ  林の向ふ  分ちがふ  とき向ふ  もっと向ふ  式がすんで、向ふ  彼はすれちがふ  前をつくろふ  これに立ち向ふ  不意をくふ  時代を覆ふ  これくらゐ、ぶ  彼は、ふ  わしは、食べさしてもらふ  提供してもらふ  国民の向ふ  「夢」に逆ふ  病にああ疑ふ  これを追ふ  くにただよふ  不思議をおもふ  私たちに親しみぶ  吉田洋一氏の親しみぶ  孫兵衛は、ふ  音はふ  番茶をぶ  素足がちらりとすると、ふ  半ばからかふ  波の向ふ  日本役人取計ふ  /″\をおもふ  それを追ふ  水を見ないで、向ふ  ぺ吉が、また向ふ  いっしょに、向ふ  のだとおもふ  ほり云ってだまって向ふ  ときにつかふ  からね、向ふ  警戒しながらふり向いて見るともう向ふ  そこから頂がずうっと向ふ  はりそのずうっと向ふ  火が向ふ  中へ入れちまふ  署員たちが向ふ  番所の少し向ふ  蜂の巣立の子別に父蜂さそふ  名に負ふ  ら家路をおもふ  林ゆきまよふ  この世に住まふ  報告を書いてみようとおもふ  プシケエよ、ふはり、ふ  花に震ふ  草木の散りぼふ  みな都會にむかふ  皆停車場に向ふ  樂を追ふ  都會にむかふ  火焔の散らふ  勞作に向ふ  峰を被ふ  纖やかに吹きまよふ  まにまに、ふはふ  まにまにふはふ  くちづけなんぞは吹きはらふ  肩巾がふ  戀に向ふ  ライン河の向ふ  教権を奪ふ  和寇とは一寸ちがふ  直ちにいんでもらふ  布団を借りて来てもらふ  北朗に申してもらふ  のを大ぶ  しゃくッてぶ  から、向ふ  乱堕するを以て疑ふ  多年自分たちのふ  甲賀世阿弥は、ふ  寄つて一本のいてふ  きり落したので、いてふ  一ぽんのいてふ  雨で、いてふ  疾みわづらふ  老僕が大ぶ  髪もこんなぶ  下に深ぶ  白髪を振って、ふ  地蔵菩薩祭れ、ふァふ  人となりしをいとふ  幾山河さすらふ  死をともらふ  草かげろふ  佛達に向ふ  蓑笠隱者なんぞとは、ちがふ  上に向かふ  目を覆ふ  それが疑ふ  ダマスカスへ向ふ  建物の向ふ  僕のすぐ向ふ  障子の向ふ  から、ふと向ふ  張つた青空の向ふ  人波は向ふ  案内してもらふ  壁際や、向ふ  返事を少し待つてもらふ  荷物を向ふ  開渡してもらふ  夜具だけでも向ふ  女としてあげつらふ  あはれかふ  敷おもふ  たかくうとふ  誠をあらはさんとおもふ  /″\敷とふ  らんとおもふ  イヤ、ちがふ  数ぢやろとおもふ  親鸞上人はいつの人だとおもふ  うそだとおもふ  私は、ふ  口笛は向ふ  それは好い、ふ  イチロ、ふ  白妙に降るてふ  外が大ぶ  都合宜きよふ  間違ぬよふ  レ下候時ハ右よふ  バ後日ニ至りて御同よふ  今一おふ  レ申よふ  物おもふ  風は、なまぬるく、どぶ  表情で、ぶ  聞まほしくおもふ  むにものなし、しらみてふ  虫などもはひぬべくおもふ  茶漬てふ  物になしてくふ  三十七年忌にはふ  露をだにいとふ  ひよろひよろ桜てふ  木にこもらふ  旅路をふ  羽かげらふ  からな、ふ  彼等から教へてもらふ  是を尚ぶ  しあわせだ、ふ  一遍剃刀をつかふ  陰気に、ふ、ふ  乳房へぶ  から手紙をぶ  市をぶ  魂を蕩かすわ、ふん、ふ  衣裳をまとふ  のか、ぶ  顎十郎はふ、ふ  紺のだふ  清淨を尚ぶ  マイヨール独特の親しみぶ  川の向ふ  人川の向ふ  千太、ふ  眼つきを鋭くして、なにか考えこんでいたが、とつぜん、ふ、ふ  藤波をふ  螢、いきづかふ  顎十郎は、そっくりかえってふ  首を差延べて向ふ  喜びを奪ふ  ょろ松は、ふ  顎十郎は、ふ  店をやめちまふ  ぼんやりして向ふ  氷の向ふ  熱心さのちがふ  床で覆ふ  しろてふ  翅を持つた美しいじやのめてふ  毛虫であつたし、美しいあげはのてふ  優美を競ふ  小さなかなぶんは、ちがふ  光輝を競ふ  もんしろてふ  やあげはのてふ  処から向ふ  側から向ふ  端が向ふ  ことはしないで、向ふ  其処に向ふ  森の向ふ  存在を疑ふ  四千八十メートルの向ふ  端から向ふ  汽筒の向ふ  機関車の向ふ  只遙か向ふ  岸から向ふ  何んだか向ふ  毒が大ぶ  松や、ぶ  後で、ぶ  言葉をぶ  部屋にも、程なく、ふ  ッて、ふ  のだから、ふ  丘の向かふ  森の向かふ  絢爛目を奪ふ  渋ぶ渋ぶ  銃剣を、向ふ  俄かに向ふ  邪に向ふ  如何なりとも、正に向ふ  華を振ふ  有島生馬君に与ふ  默つて着せてもらふ  飯をくふ  五杯六杯とくふ  頂上から向ふ  葉を覆ふ  峠を越した向ふ  浅草公園に向ふ  卓子に向ふ  膏血がぶ  顔を覗くと、ふ  腕が、ふ  想像は、ふ  呼吸がふ  心あせるものの長く堪ふ  留守をつかふ  へども号を追ふ  夕風さそふ  並木をおもふ  時またおもふ  山嵐はふ  まさか疑ふ  自分の子供を疑ふ  ア、向ふ  やうにむかふ  結つてもらふ  亞細亞を生かすてふ  亞細亞てふ  下からごまめやこぶ  音かともまがふ  柳は考えぶ  赤葡萄酒を大ぶ  関白を奪ふ  影の向ふ  袈裟がけにされてぶ  それまで大ぶ  ように、大ぶ  撫子はどうしているな、もう大ぶ  八月までには大ぶ  衣するてふ  電燈を点けてもらふ  壁が落ちて向ふ  広告してもらふ  已むことを得ざるに震ふ  集會に向ふ  筋向ふ  こんどはどぶ  くもめ、よくもぶ  めくらのかげろふ  云ひながらいきなりかげろふ  一息に、かげろふ  花から火でももらふ  都に向ふ  さに堪ふ  一二枚開けては、向ふ  椽側に立ち上りながら、向ふ  東京のふ  度申付風俗かうとふ  人々はふ  色がぶ  ぢこ来ませんかふ  内心、どうかしらと疑ふ  何処ぞで歌うたふ  今でも、ふ  まま、大きなふ  つて柳島へ向ふ  山河もちがふ  説を疑ふ  文献なども現れて疑ふ  枝は、たいていぶ  直前の、ぶ  一人殺しちまふ  手むかふ  海辺に向ふ  顔を覆ふ  気遣ふ  ものはつきまとふ  槌を執つて向ふ  時、向ふ  シートを向ふ  道へ向ふ  方へ向ふ  泉水の向ふ  牛がなめるつちふ  路を向ふ  庭の向ふ  風吹きさそふ  出でたまふ  あひるさんがむかふ  柄杓ですくふ  妹おもふ  耕地はよく耕されてゐて、ぶ  たちがふ  香ひぶ  僕はおもふ  紙貼りは、柔かくぶ  から、ふっふふ  名にしおふ  女房に与ふ  舟は向ふ  たかとおもふ  つたので向ふ  ことは最早疑ふ  膝を追ふ  うちに、突然ふ  月並みで、ぶ  覚悟して、ぶ  六も、抗ふ  ぐさを聞いて、ふ  代価をはらふ  ポコポコ当ててぶ  音さして行かふ  落し穴あやふ  蛇くふ  幾歳だとおもふ  歩るけば、行かよふ  たかととふ  軒下を行かよふ  のではなく、かげろふ  家を引きはらふ  実行してもらふ  贈物をさせてもらふ  バッヂをもらふ  形はちがふ  幻影を追ふ  みな慎みぶ  上もなくふ  時分にはもう大ぶ  私も思っていたが、大ぶ  大夫も大ぶ  光つた袴など穿き、むかふ  海辺へ向ふ  家へ向ふ  ことは、最早疑ふ  時向ふ  戸口の向ふ  皆、ふ  ヴィタミンABCでなじみぶ  何てふ  死てふ  国では、美しい、ぶ  歌つたり、ぶ  日限が切れつちまふ  魔法をつかふ  ちやめちやに荒らされつちまふ  湖の向ふ  うちに、いつとはなしに、向ふ  湖を越えて、ずつと向ふ  境内から向ふ  それが丁度向ふ  新奇を追ふ  反撥から創造へ向ふ  廊下を向ふ  ズッと向ふ  真直向ふ  趣きの異ふ  遥か向ふ  嘘をつきたまふ  空地にさしかかると、向ふ  しまはふ  若い遊女で、しもぶ  たびんぼふ  衣服をぬふ  賊は、ふ  ミッシリ峰打ちに叩かれて、ぶ  ちよつとふり向きましたが、またすぐ向ふ  うつと向ふ  行つて、ぶ  函館に向ふ  西風の向ふ  若宮祭りをまかなふ  花田のからだは、ふ  正気づいて、泊めてもらふ  それは疑ふ  実験談てふ  持船を奪ふ  ばたばた鳴って向ふ  人に逆ふ  滑るやうに向ふ  星がかげろふの向ふ  こっちは何一つ向ふ  むりに向ふ  者たちはどうしてゐるだらふ  顏を覆ふ  胸がふ  經驗の少ない向ふ  つて車をぶ  言つても、疑ふ  再軍備反対をぶ  演説をぶ  額に被ぶ  顕微検音器が、低くぶ  偉観であったが、ぶ  国を授けたまふ  こと雷電の如く、向ふ  遼東に向ふ  山東に向ふ  月になぞらふ  疑問に対してふ  三河島火葬場へ向ふ  お菜は、ふ  夫婦なんてつまらないでしょうねえ、と申すと、ふ  途方にくれちまふ  通りにひきかえし、ぶ  番人のがてふ  ゆつてもらふ  買つてもらふ  袖をはらふ  聖心にとめたまふ  これを顧みたまふ  支配したまふ  報ひたまふ  財をたくはふ  きんと思ひわづらふ  ほんとうに疑ふ  キリストにならふ  それはちっともいとふ  死に立ち向ふ  背へ向って、ぶ  弦を切って、ぶ  首をふ  青年の負ふ  蜻蛉をねらふ  ちや困つちまふ  出尻で、ぶ  つては、ぶ  先でふ  而して疑ふ  内地へ向ふ  殆ど堪ふ  己も大ぶ  右舷のふ  みちしげければ、ふ  あてすつぽふ  名のりよふ  髪をふ  加へたものにあらざるか、甚だ疑ふ  こと疑ふ  欺瞞を覆ふ  其所が即ち疑ふ  此浪人をみぶらふ  時分直ぐ向ふ  垂れは深ぶ  誰がこのぶ  徴しても、疑ふ  君はふ  肢態がふ  夜の向ふ  身を反して、ふ  女が向ふ  今ぞとおもふ  むは猶ほ堪ふ  細目に拘ふ  舵を失ひしふ  猪口茸に似た、ぶ  人の子おもふ  君にをしふ  鰐鮫おもふ  人を忘れたまふ  国なるやと疑ふ  大袈裟にとりたまふ  筈なのだが、向ふ  場合場合でちがふ  ヒステリイをともなふ  それにともなふ  劇場をぶ  ものをねらふ  まま、ふはふ  体に大ぶ  裁判長めがけてぶ  不安そうに疑りぶ  気を重く、また考えぶ  格段にふ  東京では、ふ  気を重く考えぶ  やうにおもふ  歎くだらうなどとおもふ  の子供がふ  婚礼ぶうん、ぶうん、ぶうぶうぶ  一つ向ふ  拂らつて逃げまどふ  釧路へ向ふ  蟻蟻のごとくふ  女中をふと見れば、まがふ  跡をしたふ  川霧立まよふ  膳に向ふ  位置をも奪ふ  牀前月光を看る、疑ふ  一ちやうもむかふ  そこらあたりのどぶ  線路を越した向ふ  圭さんは再びふ  腰から下はどぶ  ム、ふ  一時に弛ぶ  器物を尚ぶ  影とおもふ  一つをもらふ  実をひろふ  風は何よりさみしいとおもふ  ちよいと渡してもらふ  為事を奪ふ  今遣ふ  我々もどうかすれば遣ふ  彼等自身の遣ふ  一貫して遣ふ  敬語発想がたまふ  色の白い、ふ  垣の向ふ  記憶を追ふ  獲物をねらふ  ガラス戸の向ふ  オアシスの向ふ  おかみさんは、ぶ  純情をきおふ  大変ちがふ  姿を追ふ  のは大ぶ  目をくばりながら、もう大ぶ  膝っこぶ  今日は大ぶ  色も大ぶ  なかった、ふやふ  たちまよふ  真実を見えなくしちまふ  頸ふりむけてぶ  殊にもぶ  日だとて、相当ぶ  きみ相当ぶ  客はふ  そのまま自動車に乗り、ぶ  川といっても、大きいどぶ  警官は、ぶ  語り出むと思へども、語らふ  一緒に向ふ  ふじのつがふ  政をつがふ  兼而論ずるが如きよふ  白ラさやのたんとふ  私ハ近日おふ  ニ止り候よふ  其御地の御もよふ  ふつごふ  ふつがふ  瞬間、ふ  音松がふ  芝生がもう大ぶ  ぼんやりとまだ大ぶ  堂助は、ふ  貯金帳だけは手放さないでゐようとおもふ  港をよろふ  鮎を食べさしてもらふ  手足いしばらえてたふ  酔心地醒まさせたまふ  人戻りては行きたまふ  顔を背けたまふ  余念なく聞き入れたまふ  顔をまもりゐたまふ  奥様も聞きゐたまふ  弁舌を振ふ  ちゃうはあぶ  言ふでふ  穀物のふ  われあおもふ  妻子のくふ  手をのがれて逃げまどふ  なにもわすれてむかふ  誰も知らないとおもふ  自分を疑ふ  はるこのおもみきはふるへるやまふかくねをはるぶ  毛の生えそろふ  ヂェスチュアをきらふ  ことは、もはや、覆ふ  感情的弱点をねらふ  煙草をすふ  二つ三つあげさせてもらふ  いふ風にあげつらふ  こひすてふ  国家目的に副ふ  森林これを覆ふ  時には、ほんとに困つちまふ  神田さんちふ  暇を出すちふ  紫虚上人は、ぶ  彼女が大ぶ  僕とは大ぶ  日本へやって来て、大ぶ  思想的には大ぶ  ことが、大ぶ  なかったが、とは大ぶ  昔ばなしにはいって、大ぶ  社会問題には大ぶ  暴風で大ぶ  神さんに大ぶ  きのうは大ぶ  二人は大ぶ  中ででも大ぶ  んだから、大ぶ  ことを大ぶ  判事も大ぶ  コンバで大ぶ  警察も大ぶ  ために大ぶ  特別に大ぶ  ものも大ぶ  息子は、大ぶ  ことがあり、大ぶ  傳來に負ふ  細密を尚ぶ  發現を尚ぶ  一個人が奪ふ  ものを、向ふ  それをふ  八重洲口へ向ふ  つけねらふ  渡つて向ふ  るいてふ  慕ふなりみだれいててふ  姫みふ  唱へらるべきをおもふ  星かと見まがふ  一部分か、と疑ふ  活用かたらふ  ことが、ならふ  製作に向ふ  使者を拒んだりしたので向ふ  這ひ廻ろふ  登り立ちわが見せば、つぬさはふ  分子てふ  柱にふ  幅廣に、ぶ  東京では、あまりこぶ  水をこぶ  留守番に坐らせてもらふ  習慣がちがふ  巧拙を競ふ  心があるかと疑ふ  而も疑ふ  主題の向ふ  用兵は実に慎みぶ  一度にふ  本当かえ、ふ  不快をともなふ  気をつけて、ぶ  電気をつけると、向ふ  ふつて、足りないだけを、すぐ持つて来てもらふ  東山でやいてもらふ  裏庭とおもふ  一洵炊君にたのんで何とかしてもらふ  広島へ向ふ  女房が負ぶ  方法がちがふ  穢れを憎みたまふ  顎を撫でながら、ふふ、ふふ、ふ  あとを追ふ  中がふ  人は追ふ  お株を奪ふ  奔走にかけづらふ  買はふ  つて疑ふ  江戸に向ふ  働きとな、ふ  それからそれへと考えていくと、ぶ  ことでもあったが、同時によけいなこぶ  音がぶうんぶ  今日もぶうんぶ  糸車のぶうんぶ  わたくしが大ぶ  しずかな、かんがえぶ  ものしずかな、かんがえぶ  むりに二本、ぶ  もと、ぶ  沢山は有りませんが、ぶ  搦んだ、ぶ  私などが、ろくすつぽふ  技術を競ふ  うちに、きふ  蚊がぶ  心を奪ふ  彼女を愛すてふ  生活はふ  ぢやあね、向ふ  ぢの遣ふ  番頭と向ふ  想像力を奪ふ  炉の向ふ  池の向ふ  河向ふ  之を追ふ  外へふ  巧みに死に向ふ  びのぞみ出でたまふ  幽かに吹いて来るどぶ  やうにふ  どっかへふ  以上、少しも疑ふ  鉄道を奪ふ  方面に向ふ  下から人をかまふ  こと語らふ  ものについて疑ふ  原理とに向ふ  きりで向ふ  悪いことを覚えるちふ  てる資本家ちふ  何人死ぬちふ  職工が死ぬと見てあるちふ  平復を祈りたまふ  暗示をおもふ  安息をおもふ  照つて、かげろふ  人が大ぶ  批評もふ  母がちがふ  裾が、ふ  蛾を追ふ  仁王門へ向ふ  柔らか向ふ  風が、ふはふ  涙をさそふ  波向ふ  開展に向ふ  雀を追ふ  其根柢を奪ふ  そんなら、疑ふ  贖ひたまふ  跳ね上り、ぶ  金持ばかり、ふ  電燈の向ふ  すえの子は、ふ  自ら疑ふ  暮れ迫る向ふ  誠實を疑ふ  善に向ふ  惡に向ふ  藝術感を尚ぶ  事をふ  限つて二人が遣ふ  寸毫も疑ふ  水草を追ふ  正成おもふ  萬壑怪を競ふ  病院と異ふ  あとから、ふ  つて、向ふ  窓の向ふ  顔で、ふ  地球が真に円ければ、向ふ  惱みわづらふ  ごと母親にふ  変ふとふ  氷雨しぶかふ  あてがふ  樣子をうかがふ  十以上ちがふ  正面から向ふ  ちかのいつもと少しちがふ  我慾を追ふ  夢を追ふ  てゐはしないかを疑ふ  内に向ふ  周圍に向ふ  客は大ぶ  足元は大ぶ  濤がどぶ  義をひろめたまふ  凝視めて、慌てて、ふ  重荷おもくて唄うたふ  十五六年は、ぶ  のか、たいへんあわてて、ぶ  云つてからかふ  僕とすれちがふ  口にくわえて、ぶ  呼鈴が、ぶうぶうぶ  何かゆれてゐる、かげろふ  十一時には向ふ  さうだ、向ふ  渉って向ふ  あれは向ふ  腰掛がぶ  頭をすこし起こして、ふ  人間とはちがふ  快方に向ふ  荷を動かしてもらふ  結果を疑ふ  中を、むかふ  山もなければ抗ふ  丁坊にみつけられ、ぶ  弟子とは大ぶ  ともなふ  推察してもらふ  瓦斯すとほぶ  いつでもぶ  切つて行きちがふ  思つちまふ  浪路さすらふ  妍を競ふ  雖机に向ふ  夕飯後机に向ふ  机に向ふ  男をどぶ  一ぴき、ぶ  いつぴき、ぶ  海の向かふ  紙絹に向ふ  うちはちとちがふ  女とちがふ  腰にまとふ  東に向ふ  東方に向ふ  ことを言ってましょう、ふ  たか、ふ  活溌な、ふァふァふ  面じゃの、ふァふァふ  から、ふァふァふ  もう一度あの、ふァふ  呼吸をかけてふ  者はあッふあッふ  言葉があり、またふ  先つき板橋の向ふ  顔を向ふ  傍を離れて向ふ  違つた椅子を置きその向ふ  ぴつたり付けて向ふ  主婦の向ふ  楽みとおもふ  僕もおもふ  今おもふ  定命と看ても好いとおもふ  歎かせたまふ  女てふ  響に我が呼ばふ  声をあげてぞ我が呼ばふ  さぶらふ  東山へ向ふ  終つて橋掛から楽屋へ向ふ  彼女はふ  切つてもらふ  これ以上巨密なふ  彼を疑ふ  何者を疑ふ  耕を尚ぶ  ことを疑ふ  傳説は疑ふ  つた傾斜の向ふ  金鵄勲章をもらふ  褒美をもらふ  権威を振ふ  ものだよ、昨ふ  わたくし、なでふ  原子爆弾でふ  どこかへふ  馬鹿なさわぎをして、なにもかもふ  ことがないので、ふ  けっきょくのところアトミック・ボムブでふ  金博士は、ぶ  余輩の疑ふ  なり味はふ  検挙に向ふ  物事の捗ぶ  ひつこんちまふ  伎倆にふ  なんたるぶ  ゆつくり眠てもらふ  母様の捨置きたまふ  姿チラと向ふ  ここに居たまふ  詫び住居したまふ  万葉集にも、にふ  守つてもらふ  飛鳥山に向ふ  一番親しみぶ  堀割やどぶ  一人ものこらず、すっかりぶ  まらないので、きたないどぶ  身軽にふ  診察に来てもらふ  それを伝へてもらふ  山が親しみぶ  うちに向ふ  先生は、あッふ、あッふ  カラスキーは、ふふ  外套をぶわぶ  直ぐに向ふ  天井の向ふ  情勢がちがふ  讓つてもらふ  乘せてもらふ  内で、大ぶ  日が暮れるまでには、大ぶ  頃から今までに、大ぶ  それから大ぶ  石崇と相競ふ  熊蜂がぶ  太一から仕事をしてもらふ  仕事にはじふ  ぼろ靴をつくろふ  本に負ふ  のにほひふ  高架線、すれちがふ  主へかよふ  月天子かぐや姫をか召したまふ  蝶蝶を追ふ  風は追ふ  蝶を追ふ  びしいたましひのほほゑみでの、さうありたいとおもふ  づした膝つこぶ  煙突震ふ  蝮まとふ  破滅をさそふ  しづかに物おもふ  物をしおもふ  ちりかふ  ゆたふ  霧に湿らふ  君をおもふ  形ととのふ  ごと燻りただよふ  国や追ふ  君も帰らふ  ざくら花も散りかふ  花ちらふ  雲照らふ  身はまよふ  事はふ  感じが異ふ  樹木やこうえふ  道の向ふ  これにはこうえふ  つて向ふ  左右のこうえふ  黄こきまぜのこうえふ  みなこうえふ  崖にもこうえふ  北海道のこうえふ  こ照らしに向ふ  のを少し隔ててながめながら行くと、向ふ  今ごろは、もう、こうえふ  渡つてゆきむかふ  邪慳に振りはらふ  自分は向ふ  元気な、なつかしい、ぶ  隠居様が負ぶ  われおもふ  言とせしを疑ふ  りや、あらずやを疑ふ  實在すとおもふ  りや否やをおもふ  否やを疑ふ  流通するに至らむことは疑ふ  眞理に向ふ  ゆらゆらうごいているが、そのぶ  ような、ぶ  ー、ぶぶ  横腹をぶ  きのことは少しちがふ  少女とすれちがふ  夕日ただよふ  声にききまどふ  誰だいッ、ふ  マダムのしもぶ  私はおもふ  眦が切れて、まぶちがふ  頬をふ  腰障子へふ  そこにふ  店口から水をぶ  顔をぶ  イタリア語で、ぶ  においのするどぶ  ことをふ  食物を入れたふ  歓楽をあがなふ  村人を乗せてやっと向ふ  雲の向ふ  三町ほどむかふ  世間に対してぶ  千穂子は、ぶ  襖の向ふ  大変よろこんで、泊めてもらふ  代り立ち代り、向ふ  時に向ふ  いはふ  魂を奪ふ  間のやせくぼんだ、ぶ  のもこわいので、ぶ  吾れにかえったらしく、ふ  半分はね返っていたどぶ  場合はちがふ  様子がちがふ  嗽ひをさせられて、はふはふ  子供はちがふ  真向ひにふ  匂ひがただよふ  上にやすらふ  瓜ただよふ  つた人に向ふ  無理につくらふ  夫はふ  私などはどうしても疑ふ  はさすらふ  名張に向ふ  文であつたとおもふ  興味を追ふ  美女と語らふ  ッちまふ  息らひたまふ  椅子にうち向ふ  目的に副ふ  国策宣伝に副ふ  非常に疑ふ  目的を達しない、向ふ  目を奪ふ  一匹の大きなどぶ  私はどぶ  犯人はそのどぶ  紐に結えて吊下げられた大きなどぶ  介は、ふ  それは向ふ  砂の向ふ  旗と、向ふ  泥岩の向ふ  馬の足なみがかげろふ  てい向ふ  そこから向ふ  みんなは向ふ  ところまでやって来ると、ぐるっとまはって、また向ふ  死ぬことの向ふ  着物を着て、向ふ  中庭の向ふ  もつと向ふ  しまいとおもふ  何にね、向ふ  気心を疑ふ  斜向ふ  正面のしきりの向ふ  糸でもつけて引張つてゐるかと疑ふ  猛火にもまがふ  つて寝ちまふ  驟かに震ふ  平日やしなふ  人をおもふ  ほこりをうちはらふ  道が異ふ  遙か向ふ  言はずに向ふ  こと故、いづれは又向ふ  何しろ向ふ  獨木舟の向ふ  山の端に、ふ  腹をぶ  支那に起りしは疑ふ  能く奪ふ  私もふ  いちじくとはちがふ  場所はちがふ  顔を覗き込んで、ふ、ふ、ふ  草庵に住まふ  光を競ふ  ふんにやふ  人はふ  誠実てふ  鏡にむかふ  人ですから、なんとしても疑ふ  姉さまはすれちがふ  上で立ちどまつて、ふ  子で、あんな青んぶ  さつきのあの青んぶ  銭十二文を与ふ  神の如くふるまふ  跡追ふ  詩をあげつらふ  同列にあげつらふ  間に、ぶ  二十歩ほど向ふ  却つて身を固くしてつつ立つてゐると、向ふ  うちにふ  西川は、はふはふ  耳をすましてゐると、やがて向ふ  デスクの向ふ  あたりを眺めてゐると、やがて向ふ  瞑想と、親しみぶ  たかうなり、心安くおもふ  丸田さんちふ  何もかも憐れみたまふ  面白い所に連れて行かふ  サア行かふ  自身たちのふ  目を疑ふ  目上、ならふ  嵐たゆたふ  浮浪ただよふ  蘂をまとふ  かげもなくぶ  喧嘩ですもん、ふふ  ですよ。ふふ  事で、ふ  耳を疑ふ  大和に来向ふ  花坊やはねらふ  硝子窓の向ふ  母は坐したまふ  ぞうたふ  わたしがねがふ  島崎氏は、ぶ  鶏ねらふ  世に、ながらふ  大敵今勢を尽して向ふ  さしぬき振ふ  野分かな栗そなふ  葛水たまふ  右衛門蛇足をさそふ  我をいとふ  石ところ/″\我をいとふ  狐追ふ  理想を尚ぶ  簡単を尚ぶ  祖国の向ふ  からはどぶ  雰圍氣はいちじるしく異ふ  恋に向ふ  皆靡く、抗ふ  希望に副ふ  目的によく副ふ  ことは、疑ふ  耳を与ふ  教訓を与ふ  滋味の津々たるを覚ふ  日をおもふ  夢路をさそふ  人々が負ふ  立向ふ  国を奪ふ  これもあまりふ  ように考えぶ  感じはそれとも異ふ  からざる事だらうとおもふ  必要はあるまいとおもふ  價値もあるまいとおもふ  さへすれば足りるとおもふ  いふ點だらうとおもふ  手際であらうとおもふ  消息だらうとおもふ  何にもならんとおもふ  ため、向ふ  いつか向ふ  何といふ向ふ  雪の大ぶ  つて大声で向ふ  そこを通り過ぎて、大ぶ  総括してみぶ  乳母のみぶ  間に、みぶ  一種であるみぶ  ″\打ち眺むれば、まがふ  むに、いかにせばやと案じわづらふ  言つたら、向ふ  そくなつちまふ  私に附きまとふ  なつてゐるのに、向ふ  ぎたるさまいとをかしかりければ、思はず知らずふ  戀ひしたふ  尊敬しようとおもふ  怪我もなく、ぶ  むとするを見て、抑ふ  大に振ふ  軍鋒の向ふ  船軍をば、何でふ  意気大に振ふ  東軍を逆ふ  そこはふ  歌とは知らず歌うたふ  露あらず、悲しやはらばふ  回へし、うらなふ  問ひたまふ  嘴から糸を引いて、ぶ  トネ子だよ、ふふ  身にまとふ  山脈と、又その向ふ  つたやうすをしてゐましたが、きふ  門地を尚ぶ  眼を覆ふ  お前さんのぶ  陽ざしを追ふ  あはれをおもふ  群衆賑はふ  生死おもふ  はいささかちがふ  僕は大ぶ  惡いんだが、向ふ  そこへ向ふ  暮らしたまふ  しろに、したまふ  礼いはふ  力にならふ  日には、どうだらふ  笑はふ  つてやらふ  身を疑ひたまふ  眼に懸けたふ  跡でも聞かふ  道を立てふ  逢ふが、どふ  どこで死なふ  保養にならふ  遠慮なふ  やうで、どんなに嬉しふ  覚悟も、どふ  心置きなふ  蝸牛といふは、どうござらふ  限りを見てやらふ  苦情を聞かふ  それも悪からふ  火があらふ  一寝入して行かふ  払ひをたまふ  訳聞かふ  それ聞かふ  竹もどふ  おとのふ  いふに、ふ  了簡聞かふ  なほさら気が塞がふ  誰が何と怒らふ  何あらふ  ここを走らふ  男があらふ  んだらふ  これだけいつたらもう好からふ  それが分らふ  そんならさうとしておかふ  三時間もあらふ  詞聞いて死なふ  虹を追ふ  こいつばかりは教えられないよ、ふ  蚊が出て、ぶ  手の撓ふ  鬼を追ふ  今は疑ふ  足が、と疑ふ  目からも、ぶ  怒田からヤグラ峠へ向ふ  位あがるかしれねえとおもふ  下仕事をさしてもらふ  ものかと、いくらか疑ふ  唐物商人伏見屋てふ  橋の下に住む大きなどぶ  貯蓄つたちふ  菩薩をおもふ  こゝろしづに居りたまふ  しづに居りたまふ  河谷を覆ふ  客で向ふ  妻を疑ふ  精神を奪ふ  功驗あるは又疑ふ  弥次馬の追ふ  念をあがなふ  山も向ふ  云ひながら、又向ふ  みんなは、又、向ふ  一つ鳴らして、青い青い向ふ  女は少々ぶ  停車場がもうすぐ向ふ  時主てふ  物干の向ふ  パンに向ふ  直吉に向ふ  継母へ向ふ  枝の撓ふ  一体となり、ぶ  便りがふ  舞臺に出て力強く向ふ  支那文明に負ふ  學を疑ふ  何等の疑ふ  古書を疑ふ  國疑ふ  望みたまふ  あからさまにいひいでたまふ  上に逆ふ  據つて疑ふ  同人にしてもらふ  天然の美を被ふ  事實は、最早疑ふ  流行を競ふ  宰臣蔡京の負ふ  百姓の向ふ  路傍のどぶ  それを覆ふ  つて説が異ふ  ユキ坊やが、ふ  オルガンは、ぶ  しかし向ふ  柱そしてその向ふ  松森の向ふ  なかに向ふ  反感とふ  先生なのだ向ふ  ガラス障子の向ふ  もの向ふ  山の向ふ  ためだ向ふ  豚を追ふ  私かにおもふ  夢の脆きにまがふ  牛追ふ  胸わづらふ  樂おもふ  人まどふ  花ぞちらふ  羊を呼ばふ  魂魄まどふ  夢のもろきにまがふ  朱脛やすらふ  挑には堪ふ  醉ごこちあくがれまどふ  溜息低にまよふ  明日、ぶ  警笛が、ぶ  うつされ、ぶ  これもぶ  横目で見て、ふ  それはそうよ、ふ  馬がふ  私は、向ふ  ゃ賃金は向ふ  方へ遠くなってしまひ、向ふ  物理学者には少しふ  気持に寝ていてふ  マクロフィスティス群にもまがふ  紅蟹まどふ  皮などを、ついふ  ょげかたで、どぶ  ハシリを追ふ  おかげできふ  ものをもらふ  智慧をやしなふ  なかもふ  うつふつふつふ  率直にうべなふ  科をおもふ  またたび心にちかふ  役でいろぶ  鼻が親しみぶ  至てまよふ  梨子くふ  たまひたるまでにて、ただただ涙ぐみたまふ  常陸少女を忘れたまふ  佐渡によこたふ  光は向ふ  當てたが、向ふ  食卓の向ふ  二人は向ふ  巣くふ  ジュネエヴとやらに向ふ  道具類の清ぶ  姫を奪ふ  軍隊とちがふ  事芝居に関しては、向ふ  三号に載せてもらふ  幕の向ふ  私のふ  山には、ぶ  同一なりてふ  伴なふ  勃興や疑ふ  歴史てふ  化を奪ふ  幸福は追ふ  つて天幕の向ふ  留置場の向ふ  屋根の向ふ  夜のふ  鍵をかつて寝ちまふ  それを疑ふ  砂をふ  あなたをおもふ  糸田へ向ふ  西へ向ふ  殊に、ぶ  先祖代々菩提とぶらふ  しめやかにつきあはふ  懺悔文をとなふ  東へ向ふ  さすらふ  冷笑したまふ  水をすくふ  当分むりやりにをいてもらふ  頭髪を刈りてもらふ  とつてもらふ  罪とを求めたまふ  はりをあらうてはあらふ  夕立つや逃げまどふ  菜葉くふ  来訪してもらふ  敬坊に与ふ  意義ふかきをおもふ  観世音立たせたまふ  しづかに自然人生をおもふ  ところのあるのに、いきなりぶ  客間のむかふ  ように腰かけて、ふ  空なるぶ  六波羅飛脚が、こうぶ  一線を、慎みぶ  つた向ふ  善哉やうきふ  石子刑事はふ  畑の向ふ  たけの向ふ  腹を突き出して、向ふ  城ヶ島近く横たふ  蜑小舟ゆたにたゆたふ  入江が見え、向ふ  つて、その向ふ  頭巾をまぶ  水でもぶ  ッかけ合って猛ぶ  影が、がふ  イヤ時には、ふ  ことは、ふ  精霊を疑ふ  油ぎって、濁って、ぶ  頭を被ふ  のとは異ふ  三五兵衛はうなずいて、ふ  白洲で猛ぶ  馬上、ふ  落語家には珍しくぶ  晋吉はふ  威名八州を振ふ  一牀繍被籠鴛を尚ふ  服装にはふ  頭へぶ  しょうことなしに、どぶ  面容を真似ぶ  かたわらのどぶ  わたしは赤くなって、ふ  其二階に来て住まふ  快晴は疑ふ  顔に被ぶ  ゆきちがふ  げに呼ばふ  堀切橋てふ  女中たちに足してもらふ  一つ波を見せて大きくふ  横眼をつかふ  やすらふ  ろがつかふ  抵抗を示しながら、ふ  命を諦めちまふ  月かげ清しとふ  血をすふ  つた水たまりやどぶ  父の歌うたふ  汝をさそふ  霜置きまどふ  君もくふ  葦穗山雨雲覆ふ  水に映らふ  獨木舟雲ならでかよふ  金風の渡らふ  籠にかふ  上飛ぶかげろふ  夏より見ゆるてふ  霞にきらふ  月島丸をおもふ  檜扇あげてさしまねき散りかふ  不知胸にうつらふ  根まどふ  風鏡に映ふ  汀に散らふ  しき眉は動かずなりしてふ  眉を被ふ  露に臥すてふ  觸れて渡らふ  畑で向ふ  かすかな生ぶ  お母さんがふえて、診てもらふ  神をふ  あなたに、ふ  歡樂を追ふ  湖に向ふ  海へ向ふ  座をうかがふ  きれいな貝殻をひろふ  卒業してもらふ  為を計らふ  構内を越えて向ふ  医者に見てもらふ  一尺ほど追ふ  游ぶにあらざるかを疑ふ  忽にふはふ  つたものではあるが到底疑ふ  舟筏をやとふ  皮をあきなふ  しんでんこんにゃか、ぶ  冗談じゃねえ、深いぜ、青んぶ  行つちまふ  竈が数多くできて、いっそうそのふ  自分一人小さなふ  地上を離れて、ふはりふ  尺玉をぶ  私にはおふ  何うしてるちふ  色を競ふ  善光寺参り、ちふ  人物たちのつかふ  庶民のつかふ  私もすっかり向ふ  斯うふくろふ  梟は話してしまって、しんと向ふ  衝立の向ふ  柄がちがふ  作を見てもらふ  十時頃になってふ  言ひ附けるかと疑ふ  雲まよふ  切つて、ふ  幻を追ふ  撥を振ふ  心持が異ふ  君主共和を尚ぶ  服従忍辱を尚ぶ  泡をくふ  手拭掛が、ふ  手拭掛がふ  彼は、ひどく昂ぶ  雪をふみ向ふ  たまはどての向ふ  われわれのしよふ  やつぱり口笛をふいて大またにあるいてゆくだけだいてふ  地平線はしきりにゆすれむかふ  はるかのむかふ  十五哩もむかふ  みちからのたたふ  端は向ふ  fluorescence向ふ  好摩からむかふ  いつしよに向ふ  いま向ふ  のがちかいふ  づれ向ふ  爺さんはなにか向ふ  爺さんはもう向ふ  法則にしたがふ  ごらんむかふ  縄とをまとふ  それから向ふ  勝手におあるきなさい向ふ  火山塊のかげ向ふ  稿料をもらふ  早池峰はもやの向ふ  杉みな昏くかげろふ  烏を追ふ  木立の向ふ  平野である向ふ  冬のかげろふ  梵土をまがふ  保護色だ向ふ  野面ははげしいかげろふ  扮装ではげしいかげろふ  長嶺を越えてきてかげろふ  やうにごぼごぼと湧くかげろふ  アイヌはいつか向ふ  砂丘の向ふ  巨きなかけがねをかふ  ろく向ふ  ば待ちたまふ  誰だとおもふ  のどからうたふ  露岩の向ふ  業にしたがふ  列車はまだ向ふ  こどもらは向ふ  風の向ふ  魚をおもふ  滑り山の向ふ  前進して向ふ  おいで行きがけにねえ向ふ  霧がぎらぎら澱んでゐるばかりもっとも向ふ  擦過の向ふ  鳴きかふ  一二、烈しいかげろふ  杉並あたりかげろふ  無表情向ふ  佐一が向ふ  パンをおあがりなさい向ふ  蘿をまとふ  ベールの向ふ  停車場ですれちがふ  中向ふ  花花のその向ふ  心中で、あの向ふ  二人で向ふ  しましたら、向ふ  風微かにかよふ  ぴよつこりおふ  いそとおふ  骨をあげてもらふ  心痛がふ  客がふ  お客はふ  言つちまふ  客が次第にふ  組へ入れてもらふ  手段にされちまふ  耳が隠れてしまっているほど、まぶ  息吹きにふ  眼を奪ふ  畠をうなふ  顔も下ぶ  きんは、ふ  私、おくくふ  うちでふ  引き云ふもんちがふ  問題とは、勿論ちがふ  釜帽子をまぶ  家出人も、ついに探しあてられて、ぶ  手をやってみると大きなこぶ  顔をなんともぶ  含羞もなく荒れ猛ぶ  者でも、ふ  心理を追ふ  三人は、ふ  魚は、ふ  一人になると、きふ  村田はふ  煙をふ  頬を膨らまして、ふ  本統に困つちまふ  總べてふ  衝動にふ  師直のふ  船のよるてふ  前へ出ちゃあぶ  二十日鼠が、ふふ  乾は、ふ  酒載せてただよふ  彼ら衣冠のつつしみぶ  何かふ  ン、ふ  演習を観せてもらふ  手をもて遣ふ  其を遣ふ  蕗をふ  大小数千艘のふ  絶叫するかとみるまに、ぶ  南向ふ  んだ、ふ  んですよ、ふ  一ッそネネを殺ってしまっていたでしょう、ふ  青蠅が、ぶ  風呂桶に触らふ  女はふ  信者がふ  横丁のどぶ  ほん、ふ  うちは、ふ  言ひけたれたまふ  船長、ふ  役人、ふ  斑が、ぶよ、ぶ  膝へ、ふ  希望はないとおもふ  中には、大ぶ  時はふはふ  淑やかに育てられた、つつしみぶ  運命かあきらめよてふ  百人千人讃へてもわがよしとおもふ  前口上でいけないが、しかし、こんなぶ  状態でもあったので、つい、ぶ  一生涯安住の地なんぞは見もしないで死んじまふ  云つたが、ふ  而してぶ  遲れても好いとおもふ  配置がいかにもぶ  美、ぶ  ものの向ふ  壺の向ふ  すそには小さなこぶ  支へたまふ  不幸てふ  まつりしかど、ほほゑませたまふ  幾度も繰返したまふ  眉を顰めたもふ  涙ながらに諭したまふ  梟と心得てかとわめきたまふ  羽ぶり利かしたまふ  人慕わしふ  下宿料滞らせたまふ  これをと渡したまふ  独言ちたまふ  お力ともなりたまふ  人をといひたまふ  あて付けがましく、向ふ  お世話したまふ  安らに渡らせましたまふ  母様読みたまふ  投げやりたまふ  出勤したまふ  もてなしたまふ  大事がらせたまふ  数へたまふ  箸とり上げたまふ  他事なく語らひたまふ  通ひたまふ  まひて口惜しがりたまふ  年甲斐もなふ  顔など見せたまふ  奥様またも快く呼び入れたまふ  先に立ちて歩みたまふ  惜しげもなふ  恨みを返すてふ  枕辺に立ちたまふ  階子上りたまふ  考へたまふ  一声をふりしぼって、ぶ  窮して、最もぶ  僕につきまとふ  村へ向ふ  喰らつてゐるので、大ぶ  水に向ふ  名寄に向ふ  路をさし覆ふ  朝釧路へ向ふ  君とかたらふ  双肩にになふ  むかしより、ふ  はつきりとおもふ  兼業的に向ふ  勃々として抑ふ  いふにもあらで、たゆたふ  雲、たちまよふ  雲、行きまよふ  ぎたるあだ雲をはらふ  遙に向ふ  庭湿ふ  温順を尚ぶ  新田耕助先生ちふ  此人物に与ふ  虚名を追ふ  薔薇、歌うたふ  油に画くてふ  腐れちらぼふ  本、あるはちらぼふ  逃げまどふ  みわづらふ  マンドリン奏でわづらふ  乞食ゆきかふ  ごとちらぼふ  うち向ふ  黄、映らふ  光、ただにたゆたふ  ひとりやすらふ  かおもふ  玻璃透きうつらふ  眼にまどふ  蟲がぶ  どっかへぶ  ものは唯向ふ  かい、慎みぶ  心配していますと、ぶ  吸ひ入れ、ふ  シャボン玉がふ  仕方なく、ふ  急に楽しくなって、ふ  顔を見て、ふ  シュウマイあります、と貼りふ  上原さんは、ふふ  顔色の悪い、ぶ  うちに歌うたふ  石ずみにもまがふ  舟で向ふ  ものとが、直に取り計らふ  夢てふ  松林の向ふ  みちは向ふ  麦のはぜがずうっとかかってその向ふ  ほんごぶ  平吾は、ふ  中へどふ  義直は向ふ  木綿のふはふ  彼は見るともなしに向ふ  云はふ  石はまだその向ふ  二つ置いて、その向ふ  入口のどぶ  遠くにかがよふ  隱したまふ  目標から大ぶ  菜畑の向ふ  脊伸びをして向ふ  上を越して向ふ  入口がパッとあいて向ふ  挨拶をしながら向ふ  上からまっすぐに向ふ  一杯になりじっと向ふ  ものにかくれてその向ふ  んだなあ、向ふ  姿を見附けるなり、ふ  別れを告げ、ぶ  米友は、ふ  試むべく、ふ  泡んぶ  敷布で覆ふ  一度もぶ  ッとして、ぶ  てゐましたら向ふ  狐がぐんぐん向ふ  いずれにしても、ぶ  廂を払うと、ふ  頬に懸り、ふ  実行を強ふ  實行を強ふ  幸福があるというふ  フトむかふ  ぶんちがふ  字體もちがふ  數もちがふ  形式もちがふ  活字はすこしちがふ  署名がちがふ  對して、かかづらふ  種字をむかふ  蝦夷地のむかふ  日本海のむかふ  琉球のむかふ  支那はちがふ  北氷洋毛皮業は、向ふ  ことも、もちろん疑ふ  帳面につかふ  葡萄酒釀造につかふ  わけがちがふ  支那人とちがふ  てゐても、むかふ  親しみだけとはちがふ  たちがまるでちがふ  海のむかふ  墓場をうかがふ  渡りきつた向ふ  身とやおもふ  かば土産にせんとて少しかふ  母君更るまでいさめたまふ  今宵はじめて荷をせをふ  一葉のふ  作家にたのんで書いてもらふ  それが向ふ  主人はもう逆ふ  旅人として向ふ  勞なくして、向ふ  中に、はふ  波の立ち障ふ  んなつちまふ  てゐやがると、向ふ  金を掴めば向ふ  のは、青んぶ  都会のどぶ  太陽に向ふ  地上に向ふ  私は、ついおつくふ  獲物ねらふ  彼に抗ふ  価値を疑ふ  特質あるは、疑ふ  今日新奇を追ふ  註文をさせてもらふ  忠実に追ふ  神の愛したまふ  蓑笠軒隠者なんぞとは、ちがふ  北に向ふ  火事場の向ふ  丁度向ふ  鍛冶屋の向ふ  やうふくをぬふ  現代の考えぶ  仁義ありてふ  道徳に存すてふ  考察するかてふ  併し、ちがふにしても、凡そちがふ  随分ちがふ  非常にちがふ  これを読んで始めてふ  砂をしめらしてゆく向ふ  此迄行かふ  心をどぶ  一つが、とうとうこうやってふ  けしからん、そんな、そんなぶ  行なふ  龜てふ  オセキてふ  虎てふ  死ぬがましてふ  地神を慰めるてふ  村吏川向ふ  橋本てふ  からざるを忘れたまふ  事を忘れたまふ  すべなどおもふ  すゝめんすべをしおもふ  君はいへどもてふ  さまをおもふ  半ば疑ふ  中に重々しく立ちどまつて、むかふ  ようだった、がところどころだけまぶ  息をついて深ぶ  補祭には、ぶ  安川は追ふ  貰はふ  省線駅入口に向ふ  駅にむかふ  二倍したまふ  彼はふ  柄もて汲めりてふ  のではないかしらとおもふ  はじめて真実に立ちむかふ  物を追ふ  岩の向ふ  自分ながらふ  感情のひふ  ペナンのふ  ぼくのふ  それは、ふ  虚栄心がこぶ  自分でも、ひどくぶ  自分が、ぶ  はじめて、あんなぶ  警視庁へ来てもらふ  テエブルのむかふ  それは、少しちがふ  白虎隊は、ちがふ  あたしたちは、ちがふ  んじゃございませんよ、ふ、ふ、ふ  プロ亀、どぶ  独創を尚ぶ  格式を尚ぶ  擁護したまふ  願疑ふ  室に来入したまふ  目も眩ふ  根底に疑ふ  みつかひのうたふ  篠田ちふ  ゆ、疑ふ  日の如く輝き、怒に震ふ  人てふ  警吏の向ふ  嫉妬てふ  のを、大きく、ふ  かごにて、ぶ  奥様、ふ  今も遣ふ  月ぞやすらふ  花に移るてふ  契りたがふ  それに抗ふ  お医者さんに治してもらふ  立ちぞわづらふ  なうらをやぶらせたまふ  一面に噴き出て、ふふふふ  いまこんな苦しい、みっともない、ぶ  惑ふてふ  據りたるは疑ふ  百餘國とするは疑ふ  話を聞いたらふ  あたしはこんなに、まごついちまふ  ほととぎす語らふ  里を訪ねてぞとふ  煙もまがふ  もしほ垂るてふ  綱手縄たゆたふ  梢をぞとふ  鼻さきで、ふ  ほどなきに覆ふ  日でり、向ふ  居処がちがふ  受取つて袋に入れ、ふ  仏の説きたまふ  まま、ふ  ぱりしたやうな気がして、またふ  わしにはふ  明石は、いくかへり行きかふ  方は、もう大ぶ  こてふ  これはふ  むらさきのふ  日かげに向かふ  むざん、どぶ  距離は大ぶ  つて、大ぶ  時まで大ぶ  事が大ぶ  ヤヨイ号は、ぶ  透とほり向ふ  声で向ふ  空をじつとながめ、向ふ  云つても向ふ  空の向ふ  大股にそして恭しく向ふ  ふちがふ  女中達が向ふ  気味合ひで済してゐると、向ふ  ものとおもふ  松の木の向ふ  海を隔てて向ふ  本堂は向ふ  遥かの向ふ  かいてあつて、向ふ  匂ひたまふ  大将が言うと、ふ  ことし代がよくてふ  隅から上眼で睨め上げ、ふ  哀れてふ  立ちまふ  世をいとふ  月影の親しみぶ  彼も打ち忘れて、向ふ  鬣を振ふ  海ぞかかるてふ  中にだけはそうしたふ  つて退治しちまふ  あらしにまよふ  心から活気を奪ふ  是非とも肯かなけりゃ、うぬ、ふ  男は、ぶ  料理、ふ  声も聞きしにかよふ  小石をひろふ  楽観的とは、生れて来なかつただらうとおもふ  印刷してみると、いかにもよけいなこぶ  のがふ  すそはふ  庵もなければ、いかにすまふ  拝啓、いつも同じよふ  寝言のよふ  文句、もふ  親のかふ  平明をおもふ  盲人はおもふ  空氣をすふ  心をやがて捕ふ  のだ向ふ  白石君は、ふ  将門暴威を振ふ  氏は異ふ  世論を向ふ  ものをかげろふ  責任に立ち向ふ  風がどうと吹いてぶ  いつまでもいつまでもそのぶ  お父さんが向ふ  云ひながら又のっそりと向ふ  みんなに向ふ  海の向ふ  敵の向ふ  どこやらにふ  ビール樽ちふ  辺に採らふ  大気焔を吐きたまふ  一ツでも呆れたまふ  手にしたまふ  逃入りたまふ  任に当りたまふ  国野てふ  ものに事欠きたまふ  利己てふ  これ感激てふ  慕ひたまふ  特に一郎を呼び入れたまふ  清操を疑ふ  声かけたまふ  天命の向ふ  謀殺未遂犯てふ  ことが、ふ  手拭で向ふ  言ひたまふ  違つちまふ  ようにぶわぶ  我是を疑ふ  めつぽふ  三ツ峠、向ふ  違ふ、と再び思ひまどふ  女とすれちがふ  槇ではないかと疑ふ  顏と少し異ふ  礼をなしたまふ  かいてあるおふ  から、おふ  のだ、とふ  諭吉も、そのふ  のなら、ふ  そうな、ふ  二月二十六日に、ぶ  お金の大ぶ  諭吉は、ぶ  鳥のあらそふ  爾うつそみとあらそふ  中、降りながらふ  己が大ぶ  これまでとは大ぶ  足とを持つて、大ぶ  此男を疑ふ  院議に副ふ  之を尚ぶ  己たちをこんなぶ  あはれ昔にありきてふ  譽に見せし向ふ  了らで捨てやられ、さそふ  キエはおもふ  良心に逆ふ  扮粧とおもふ  仇名おもふ  和尚さま經濟より割出しての御ふ  跡を追ふ  引あげるかと疑ふ  鼻緒をつくろふ  船をよするに向ふ  此處未申に向ふ  方に向ふ  北國浦の向ふ  浦の向ふ  濱形卯辰に向ふ  物はいくらでもくふ  文学に親しみぶ  なにかしら柔かくふ  当てがふ  ワアイ、ふ  隣へ移らうとして、止まり損ねて向ふ  行きかふ  吹き流して向ふ  煉瓦塀の向ふ  行つたが、向ふ  夢の向ふ  強ひて訝ぶかふ  障子を閉めて向ふ  それとは訝ぶ  強ひて訝ぶ  三番叟、ぶ  空中をふ  ーわ、ふ  すつかり見通され、ふ  鯉や、ふ  三四匹、ふ  つてつがふ  石亀をもらふ  鯉どころか、ふ  ねずみも大ぶ  九時ごろまで待ちぶ  流し元のどぶ  ふうをして、ふ  自身に疑ふ  一ヶ処なんて、そんなぶ  建築てふ  ものでございましょうか、ふ  ッ、ふ  四時のおふ  かんごふ  気になるし、まぶ  混つちまふ  川のむかふ  氣になるし、まぶ  僕はふ  掩ひたまふ  君紅筆にわづらひたまふ  秋人とおもふ  馬あらふ  兎あらふ  ものたまふ  競馬のり梅にいこふ  零落にともなふ  手毬ぬふ  からまりぬくちぶ  わたしがやしなふ  自由に向ふ  意味だとおもふ  属性で疑ふ  ひとり居に堪ふ  穀粒をしゃくって向ふ  やうに向ふ  言葉を追ふ  泡がぶ  愁ちらばふ  浅井はふ  宅の向ふ  五箇年以前此邊出火之節、向ふ  緒を貫き、覆ふ  名をふ  免職されちまふ  影がぶ  敵に向ふ  皇大神宮に向ふ  征討に向ふ  一町人に謀らふ  仇ねらふ  夜七夜も寝でありきとふ  翁はたゆまふ  師もやがて来りたまふ  砂糖屋、その向ふ  鎮守の向ふ  色に彩られて、ふ  山の、又その向ふ  流れで、その又向ふ  飯山の向ふ  其儘急いで向ふ  連つて居て、その向ふ  上を越えて、遠く向ふ  それが段々向ふ  誰か向ふ  明かに輝いて居るが、向ふ  言つて向ふ  電話の向ふ  拭掃除もおもふ  こっち側と向ふ  私は向ふ  慶次郎は時々向ふ  慶次郎は高く向ふ  ふちでも、ほい、ほい、いいながら、ぶ  気分に逆ふ  人待つふ  日さまはそらのうすぐもにはひり、向ふ  畦の向ふ  お母さんが向ふ  大股に向ふ  兄さんが向ふ  南のずうっと向ふ  ことを尚ぶ  焼岳という嫉みぶ  皆順に詰めて、向ふ  渓であつたとおもふ  つたたぬき汁とは異ふ  丘丘の向ふ  兄さんは向ふ  なあに、向ふ  ざわざわざわっと鳴り、向ふ  原を向ふ  笑ひ、向ふ  容子がちがふ  先生に負ふ  すべて向ふ  ゆゑに許してもらふ  頂に近づいて、向ふ  小学校を見せてもらふ  塗つてもらふ  先づ、向ふ  本部に泊めてもらふ  作戦命令をみせてもらふ  ば下これにならふ  全部列席してもらふ  さへ、向ふ  武力をもつて強ふ  下田へ向ふ  何をおもふ  牧水をおもふ  勿れ、疑ふ  長野へ向ふ  須坂へ向ふ  大阪へ向ふ  一匹、ひどくぶ  鼻毛をぬいてもらふ  山頭火に与ふ  己が負ふ  思つた人も大ぶ  世におもふ  石仏みんな濡れたまふ  蠅をふりはらふ  道しるべ立たせたまふ  わたしをわたしてもらふ  利を追ふ  富を追ふ  いちまふ  そばには坐らないで、向ふ  みんな遠くへ行つちまふ  窓硝子の向ふ  一週間ぐらゐしてかな、向ふ  謙一を奪ふ  誰が負ふ  廊下の向ふ  手に、ふ  名前をぶ  花くふ  共、ぶ  幸にもぶ  紺青が笑むと、ぶ  うしなふ  ことですが、ふ  裾をはらふ  縁側に、ふ  大町米子さんは、親しみぶ  らのむかふ  こんどは、きふ  社会をおそふ  彼女は、疑ふ  中空に懸るてふ  縁ありてふ  百ガルヴァルてふ  瞋るてふ  竜てふ  伏竜てふ  蛇てふ  蜈蚣を射平らげたてふ  幣美てふ  菜花蛇てふ  牛蒡種てふ  具うるてふ  フルてふ  如意宝珠を持つてふ  作すてふ  ブンスてふ  尾だったてふ  西牟婁郡水上てふ  トチワビキてふ  沙漠産ズッブてふ  水に棲むてふ  むる力ありてふ  霊としたらしいてふ  清姫てふ  永良部鰻てふ  畜生に勝るてふ  ケルマンてふ  通りてふ  天文中書いたてふ  アブ・ハサンてふ  アスてふ  耳公てふ  ように作り替えたてふ  それを顧み視るは何故ぞてふ  その子抱かるてふ  邦俗ホンダワラてふ  名づくてふ  偶ありてふ  竜棲むてふ  むる事受け合いてふ  竜眼肉てふ  泛みいたてふ  自ら地下へ逃げ去らんとすてふ  虫を活かせてふ  孔子が見たてふ  令と為ったてふ  名てふ  ケフクてふ  宿替えされたてふ  ところを残らず取り還したてふ  人と余り異ならぬてふ  ケシてふ  猴王作ったてふ  公てふ  ハマドリアスてふ  エンギアンバてふ  五村てふ  刀根てふ  破壊するてふ  屍を隠すてふ  何か云っても、ふ  眞晝かと疑ふ  青膨れで、ぶ  ポルクスてふ  宣教したてふ  善法比丘てふ  マーゴーてふ  倉科様てふ  物棲むてふ  烏ありてふ  須川甚助てふ  山茶屋敷てふ  フォリクルスてふ  烏竜てふ  法蓮てふ  袖うちはらふ  志を尚ぶ  赤猪子てふ  風を見るてふ  高橋てふ  ずぶ酔いてふ  一しよに歌うたふ  創意とを追ふ  現実に立ち向ふ  さをおもふ  その男を追ふ  暮に入れてもらふ  物てふ  虫焼きてふ  永禄二年公家藤原某作てふ  染月毛てふ  房瑞鸞てふ  呂月娥てふ  黒てふ  通りハムステルてふ  栴遮摩那耆てふ  つて、奪ふ  恋愛だとか、与へるだとか奪ふ  人を疑ふ  末は知らなくに、おどろにまとふ  夢さそふ  敢てしねがふ  二度おもふ  人はかなしく捨てたまふ  愁ただよふ  柳ちりかふ  ひとのとふ  あいりすのにほひぶ  アスファルトのむかふ  鳥打帽をまぶ  死にもせず、ぶ  煙草盆を遣はしたまふ  籠よりはふはふ  さを競ふ  自在をふるまふ  跡をとふ  ものに向ふ  花さそふ  たつきを知らにさにつらふ  雪にふみまよふ  兼は、どぶ  ようになり、どぶ  裏のどぶ  ビックリするほどやさしい、親しみぶ  貴公もぶ  玉川向ふ  後には、ふ  加世子はふ  母は負ぶ  にこにこ絣の負ぶ  迎へようと語らふ  僕が昨ふ  雲のむかふ  君が現れると、むかふ  挂け替ふ  植替ふ  鳥辺山をならふ  情交日を追ふ  半をならふ  春風日を追ふ  綴糸切れたるをつくらふ  金つかふ  之を与ふ  草稾を与ふ  更地大に震ふ  更地また震ふ  むと思ひわづらふ  初更入浴中地激しく震ふ  彼女を疑ふ  方がよいとおもふ  祝詞であるとおもふ  サボつてもらふ  身のふ  音が、どぶ  なんだい、ぶ  とき、ぶ  私に、ぶ  私は、ぶ  それゃ、もちろんぶ  もんじゃないよ、ぶ  だめだよ、ぶ  伸子を考えぶ  うちじゃあ、いつもぶ  わけにも行かないじゃないか、ぶ  わたしは、ぶ  それゃ、ぶ  しかしね、ぶ  宿命を疑ふ  事実を疑ふ  人命を奪ふ  慈悲をねがふ  着物が切れちまふ  誰の向ふ  入口を通して、直ぐ向ふ  何度聞いても忘れちまふ  永生をもつべきこのつとめに導きたまふ  奇を競ふ  確かだとおもふ  留任してもらふ  姑のふ  時代の向ふ  土地へ向ふ  お母さんに生きて来てもらふ  上眼をつかふ  木の間がくれに向ふ  草の根をたえてさそふ  あはれてふ  だんだん向ふ  役人はもうがさがさと向ふ  からずうっと向ふ  籠を提げて向ふ  慶次郎が向ふ  なあによ、ふふ  眼もまがふ  事であらうとおもふ  之助様、ふ  來たかとおもふ  夜をおもふ  闇なれとねがふ  のかも知れぬともおもふ  ことをおもふと、おもふ  朝夕につちかふ  尿垂るてふ  見頃だとおもふ  たか山の高き知るとふ  ことをおもふ  ものであつたとおもふ  花に向ふ  啼聲をおもふ  日の光りかがよふ  名だとおもふ  醉ふとふ  如くにあれあゝねがふ  樣な追ふ  時に、おもふ  時に降りおもふ  なり宣りたまふ  一生進んでゆくであらうとおもふ  時だとおもふ  時かだらうとおもふ  夕暮方によく啼いたとおもふ  夏のをはりとおもふ  櫻しじに散りまふ  なかにつぎつぎに散りまふ  畑と相向ふ  愛鷹山の根に向ふ  なつてゐたとおもふ  見高山の高き知るとふ  かすみこもらふ  大抵大丈夫であらうとおもふ  云つたとおもふ  婆をおもふ  姿をおもふ  森林を見、且つおもふ  瞳にかげろふ  銀のふ  私等はおもふ  ここ迄疑ふ  少年かと見まごふ  風か、それとも向ふ  これに向ふ  結綿なぞかけ年増はおさふ  彼が好んでつかふ  継目が分らないほど、ぶ  ぐつをはいた人は、きっとずいぶんふ  ひとりがふ  毒のあるはえやあぶ  汝ら好きに計ふ  野武士軍は、おもふ  はやはふ  何か向ふ  彼女は、ふとふみまよふ  蛍みたいに、ぶ  噴水をつくるちふ  噴水につかふ  ハイぶうらりぶ  こころをすてけりまた善きと悪しきとは被ふ  生活をおもふ  金粉ぞただよふ  あなたに向ふ  身に負ふ  あとをおふ  しづかにしづかに味はふ  吹雪が荒れくるふ  大ざっぱな、ぶ  うち、ふ  わず、ふ  それ以来ちよいちよい呼んで向ふ  采女をねらふ  方角がちがふ  相手にされて向ふ  風に吹きつれて高く吹かれながら向ふ  人を嘲ふ  盤面に向ふ  つたのは向ふ  尾を引いて向ふ  重かとおもふ  五六間向ふ  踵を上げて向ふ  婦人はむかふ  水がふ  下流も見えぬが、向ふ  煙に包まれながら向ふ  山、向ふ  はず、ふ  太儀さうに呼吸を向ふ  首を低れた、むかふ  鰌すくふ  頭は、ぶ  五右衛門申されけるは、むかふ  逃まどふ  診察してもらふ  検べてもらふ  解釈のねらふ  舊歡を追ふ  忘るてふ  夕に死すてふ  噬んとはしたまふ  はじめはグズグズ疑りぶ  氷にまがふ  懸命に追ふ  水平線の向ふ  詩人なら、疑ふ  われちまふ  目の向ふ  安否をうかがふ  義眼と疑ふ  わたしの向ふ  泊つてもらふ  言ふと、ふ  ものは何もかもぶ  使者情を以てせず、故に疑ふ  自信があったら、なんで、こんな、どぶ  これは向ふ  根本から言語がちがふ  さきはふ  艶書と言うても向ふ  娘だ、向ふ  言つて、まぶ  ことに依つて、まぶ  天熊大人を遣して往いて看せたまふ  のだが大ぶ  お蔭で大ぶ  何でも、もう大ぶ  四分六飯に大ぶ  活動については大ぶ  ことで大ぶ  大使はまた、ふ  活動については、大ぶ  一時は大ぶ  研究には大ぶ  例のごとく大ぶ  体重も大ぶ  足下も大ぶ  前のとは大ぶ  世の中は大ぶ  のも大ぶ  のにも大ぶ  腹が大ぶ  平和を尚ぶ  忍従を尚ぶ  襤褸をまとふ  道を歩いてゐると、向ふ  ものだと思ひこんで、疑ふ  堀の向ふ  野々宮からうかがふ  巳吉はふ  ことは、追ふ  抑制の向ふ  澄江はふ  眼色をうかがふ  一眼会はふ  林平が負ふ  知識の負ふ  鹿を追ふ  私の追ふ  犯罪の向ふ  軍服褒めたまふ  こころに許したまふ  笛を作り、ひたすら吹きならふ  機嫌損じたまふ  夢に見、現におもふ  振舞したまふ  のし玉へば、いづれも嬉しとおもふ  一行過りたまふ  間食卓にかよふ  前座敷にゆきかふ  何ゆゑと問ひたまふ  ほしみたまふ  ものを追ふ  理性の向ふ  手紙だけは、昨ふ  訳ちがふ  才なくてはかなふ  毛を抜いて、ふ  ようにして、ぶ  力のふ  掟に逆ふ  恰好だね、ふ  杉菜ちふ  唾液呑み込めんちふ  ことか、ふ  蔽ひ被ぶ  態度がぶ  さを覆ふ  毒にしちまふ  境内を抜けて一気にこぶ  殿様が負ぶ  水兵も、ふ  鶏鳴き、ふ  声にふ  人格で覆ふ  小生の負ふ  私は疑ふ  父つあんに抗ふ  籠つて、往きちがふ  説明して聞かせると、それならこの向ふ  つて聞くと、このすぐ向ふ  母に逆ふ  神として来向ふ  時竹で破ぶ  座席の向ふ  世界を覆ふ  男は、へつらふ  顔をつくろふ  本質的にちがふ  様子をうかがふ  脚をぶ  夢とすこし異ふ  かわいそうな、ふ  ことになるらしい、向ふ  浅草へ向ふ  警視庁へ向ふ  銀座へさそふ  名古屋へ向ふ  砧村へ向ふ  それから浅草へ向ふ  仏も護らせたまふ  のは、どうもふ  さりげなく煙草の煙をふ  豊川稲荷のおふ  頑強で向ふ  手違ひで向ふ  それから牛込亭てふ  二時頃ビクターへ向ふ  二時五十何分東京へ向ふ  京都へ向ふ  一路芦屋へ向ふ  芝居を見ようてふ  全部外れちまふ  湯河原へ向ふ  行儀悪くグーグーねちまふ  診断をされちまふ  砧へ向ふ  とこへ向ふ  東発へ向ふ  八千代てふ  ハネちまふ  残りをやっちまふ  灯が次第にふ  陽気に、ふ  一言いったが、ふ、ふ  解剖したり、つまりふ  子供をもらふ  買つて当がふ  目をしばたたきながらふ、ふ、ふ  一角から、ぶ  春木少年は、しばらく、だまって考えていたが、やがて考えぶ  春木少年はあるきながら、考えぶ  姉川は、ふ  肩をすくめて、ふ  やうにつかふ  威力を振ふ  今後向ふ  覺には堪ふ  井戸があつてその向ふ  折柄向ふ  冗談はしたまふ  島から向ふ  字のふ  原稿を破ぶ  家を明けてもらふ  一方だけでも立退いてもらふ  均衡とを奪ふ  主従は大ぶ  変にちびてぶ  者としてその向ふ  ゴルドンはふ  サクラ号のふ  一同はふ  右のふ  ひのき、ぶ  川をくだると、大きなぶ  白骨をぶ  繁茂するぶ  翌朝もぶ  一夜をぶ  少年たちをまもって、ぶ  少年諸君が、ぶ  享楽を追ふ  横目でにらんでふ  答に代ふ  理解ながら親しみぶ  指に挟んで、ふ  我こたふ  笑つてもらふ  方法に負ふ  てゐましたが、ぶ  樹立してその向ふ  食膳に向ふ  効果とをねらふ  刺戟を追ふ  何を与ふ  殊に美しい人はあぶ  六十四五歳にもなるかとおもふ  こともあげつらふ  写生文に負ふ  言つたのとはちがふ  点でちがふ  目的がちがふ  自己完成に向ふ  耳を覆ふ  時評もらふ  半を被ふ  まことに親しみぶ  山里とふ  影ぞあらそふ  月風かよふ  言葉がふ  我が身を、ふ  とき、ふ  呼吸をふ  憶いだしていると、ふ  胸まで吸いこんで、ふ  皮膚に、ふ  風はふ  関重之進が考えぶ  腹は、ぶ  囁きにもならず、親しみぶ  わけで、見るもぶ  美人はふ  王様なのよ、ふ、ふ  皇帝をふ  直ぐだ、遠慮なくふ  野毛山をふ  憎体に、ふ  内閣をぶ  瓶をぶ  言葉を疑ふ  伊勢路へ向ふ  許りに映えてゐて、その向ふ  つて追ふ  鳥は向ふ  づるは、向ふ  づるはそして向ふ  能を極めたりとおもふ  今むかふ  時刻がつきまとふ  海にむかふ  ぎつしり詰つた肩のむかふ  ガラス窓のむかふ  言ふ追ふ  絲車をぶ  鼻息をふ  頓才を競ふ  学吏の向ふ  類型を追ふ  下じゃあろうけれど、ぶ  のとをわたるふ  悲鳴をあげて逃げまどふ  生垣の向ふ  諸君、疑ふ  霞を追ふ  それが、ずつと向ふ  ぼくはもう戻らうとおもふ  腹は空いてきたし戻らうとおもふ  をかしいとおもふ  のは、向ふ  望を追ふ  知つてほしくおもふ  摘みもたまふ  指もふれたまふ  葉をふ  大胆向ふ  跡方もなくふ  返事などはどふ  あんたで無いと涼しふ  私が致しませふ  手から奪ふ  者も疑ふ  音を立てるちふ  人間が立つてるちふ  耳かきですくふ  なんだって二度もやって来るだろう、煩く云っていたらくれるとでもおもってるだろうか、ふ  資料がさふ  おまけに、向ふ  大天才であつたとおもふ  しまつたらうとおもふ  おやつさんかて困るやろとおもふ  幸福人とおもふ  ところではないかとおもふ  竹簾がぶ  帰つちまふ  ぱり忘れちまふ  鶫御料理、じぶ  乗つて向ふ  ところで向ふ  問題であるが、まだ充分ふ  自分のふ  なつてゐて、その又向ふ  一二間向ふ  まり房一がつきまとふ  云ふところにしたがふ  それぢや、向ふ  部屋の向ふ  土のひろがりの向ふ  息子とはちがふ  可成りにちがふ  玄関に向ふ  植込みの向ふ  身分がちがふ  それも向ふ  徳次が向ふ  のとはちがふ  普通のものとはちがふ  房一は向ふ  友人に向ふ  行つたちふ  素人だし、向ふ  つた人がないちふ  網ですくふ  眼が潰れちまふ  道路、その向ふ  それは遠い向ふ  鬼倉ちふ  輝き、その向ふ  空気がふ  材木置場で、その向ふ  柵の向ふ  房一が向ふ  手落ちは向ふ  我はねもとおもふ  孔は向ふ  やうな向ふ  眼を移すと、ずつと向ふ  教へてもらふ  菊池に与ふ  死とが行きかふ  勝利者を向ふ  一方は、にふ  語原で、にふ  手をこふ  博士は、ぶ  道具や、あのぶ  下によこたふ  戲れをとがめたまふ  聖者あゆませたまふ  歩行したまふ  ひとり海邊をわたらせたまふ  道を踏み行きたまふ  気のわからないほどふ  さと考えぶ  札をさぐるぶ  様子ったら、ぶ  上にはふ  食くふ  未來に向ふ  過去に向ふ  黄泉醜女をはらふ  事もあるべし、かき鳴らすてふ  瀬に流れふらふ  妻どふ  此漢文序が疑ふ  一見まがふ  ば取りてぞしぬぶ  批評家は疑ふ  花の如きおふ  オダン夫人は考えぶ  一度見ると覚えちまふ  何ものかを追ふ  裝はふ  出雲とはちがふ  お母さんの異ふ  らがふはふ  わたしはふはふ  ものばかりが、ふはふ  めぐつてゐる池の向ふ  胸を向ふ  皺を寄せながら向ふ  隅に向ふ  手が震ふ  どの人も大ぶ  わたくしはもう大ぶ  眼眸を向け、ふふふふ  いのちてふ  さはにありてふ  臥ておもふ  ためおもひわづらふ  ごと透きとほるてふ  心を砕く見ればかなしもふ  山路にさそふ  日となれば起るてふ  身を入るるてふ  讃美歌うたふ  野に住みたまふ  火をしたふ  今死にしてふ  此ア面白い、ふ  声を聴き、またはかげらふ  明らかにいつもとはちがふ  かおつくふ  人物をあげつらふ  ことが聞けるとおもふ  噂に聞いてゐた向ふ  金と向ふ  趣味はあげつらふ  唯、ちがふ  巣立をねがふ  家においてあげて、なんにもふ  女王さまの、ねたみぶ  南へむかふ  心なつかしくおもふ  宿泊させてもらふ  嫁にもらふ  けふはめつぽふ  ところに、ふ  賑はふ  言つても、ぶ  そこに、どぶ  通りを歩いて、どぶ  働き手になるだらうとおもふ  何うしようとおもふ  籠つた姿は疑ふ  一体、ぶ  何もぶ  先に知り、ぶ  ためしがなく、いつもぶ  かくは、ぶ  筵を伸してぶ  強意見をもつてぶ  埒があきませんので、ぶ  進呈して、ぶ  ふし、ぶ  ぐでりんのところへなんて行かないで、ぶ  件と、ぶ  いつにもぶ  声で、ぶ  馬をぶ  ぢやない、ぶ  瞼にふ  むは疑ふ  むも疑ふ  乞食に与ふ  往きかふ  猫背を向ふ  昔吊らふ  土味がちがふ  殘念物をいはふ  精巧を競ふ  後悔すべからずさふらふ  弟子一人ももたずさふらふ  歪に縮れ、ひどくぶ  一生懸命向ふ  中を歩きながら向ふ  なかにあるかどうかを疑ふ  恭一はすたすたあるいて、もう向ふ  木のまた向ふ  ちの方とちがふ  竜騎兵も、向ふ  百石ぐらゐ油をつかふ  頃は立ち覆ふ  平行して、煮だしこぶ  のへ向ふ  それを差してふはふ  部分で、ぶぶ  上で、ぶぶ  治療してもらふ  恋愛は、ふ  切れツちまふ  網元なんちふ  關ツちふ  宮の森なんちふ  灯台の向ふ  西にありてふ  蝎ぼしが向ふ  だんだん低く落ちながら向ふ  からだを向ふ  肩をいからせてぐんぐん向ふ  犬の、と呟いて、ぶ  /″\とおもふ  それとは異ふ  味も異ふ  善良さを信じて疑ふ  昨日お前が帰るちふ  行つて追ふ  夢かとおもふ  るいだとおもふ  わたしはおもふ  墓向ふ  お湯をつかふ  先刻から大ぶ  宏さんさつきから大ぶ  のが大ぶ  上陸を待ちぶ  からみふ  其に仕へるにふ  此に対して、にふ  これを疑ふ  人と、なりたるかな、否予てふ  仕事を仕上げたばかりなので、大ぶ  寿詞にも、そうしたみふ  それに仕えるにふ  これに対して、にふ  年を追ふ  といひたるも、おもふ  さま、ふ  女中のおふ  横で、ぶくぶくに肥えたおふ  手荷物を奪ふ  ものならねば、ふ  故旧音なふ  一本いてふ  一人のいてふ  二人のいてふ  マントをひらめかして向ふ  しわづらふ  虹ものおもふ  しかひなの夢うたがふ  君おもひおもふ  子にならふ  魔に向ふ  雀部は奪ふ  一番光ちやんに負ふ  銀翼を振ふ  男の向ふ  わきのどぶ  それをどぶ  底のどぶ  中に住んでゐるどぶ  それは、どぶ  ボウトはそれなりぶ  一しよに、ぶ  種子は細長く下ぶ  親でも惚れる、ふふふふ  畜生、ふ  者がどぶ  ときむさぼりくふ  みのみなをほめたたふ  なんだこのぶ  僕は青んぶ  養育料は向ふ  気をつかふ  裝飾品を奪ふ  庭のすぐ向ふ  ことかなふ  これでも大ぶ  髪の毛は大ぶ  滝が向ふ  鮎のどぶ  から鶴を追ふ  蛍を追ふ  ようなふ  權力を振ふ  五官を奪ふ  なんちふ  中をうろうろさせられるちふ  何にもないちふ  一人が、その向ふ  皇帝つちふ  けふから向ふ  さき追ふ  それはまがふ  山むかふ  劔を振ふ  独木舟などを浮かべて漕ぎ出した、向ふ  ようにふ  花かとも見まがふ  慰みになるちふ  それで出て行けつちふ  物を盗つたつちふ  牝馬が見つかつたちふ  男から贈物などもらふ  音なふ  高雄山に向ふ  横ぎつて向ふ  悪戯にさそふ  やうにこきつかふ  不意に、むかふ  叫び声がむかふ  磔につかふ  貴様たちやあ、どうしたつちふ  従はんちふ  さうにむかふ  生に対するふ  腰かけに代ふ  女になずらふ  武士のひしめきあらぶ  肉屋はくちぶ  乘つて岩村田町に向ふ  小諸町へ向ふ  原のうへにまふ  不快におもふ  尻を被ふ  路かよふ  うちつけに向ふ  意図をもって、ぶうん、ぶ  ハンケチ落ちたちがふ  不可思議おもふ  のかふ  時、ふ、ふ  老婆の、ふ、ふ  まことに憤りたまふ  綴糸の切れしをつくろふ  挨拶などをしたので、向ふ  女を奪ふ  自己のふ  しかな、ふ  革新とを与ふ  海はふ  河をふ  波風のくるふ  側の向ふ  新子の慎みぶ  美沢は、ふ  ばかに大きくて、ぶ  殻から出た、そしてぶ  音叉一時に振ふ  叢からふはりふ  空にちらばふ  そこなふ  フザけたまふ  姉娘をもらふ  神田に時々泊めてもらふ  夢でも追ふ  金箍棒を打ち振ふ  其にふ  此から考へると、にふ  動詞だとすれば、にふ  なみのにふ  もので、即、にふ  皆山から来向ふ  安心したらしく向ふ  水面すれすれに、ぶ  学校にむかふ  ぐらっとひっくりかえり、そのぶ  食つちまふ  事をしたナ、向ふ  ぢさんのふ  しまふと、むかふ  池をへだてたむかふ  星ともまがふ  申候しよふ  候故、御すいりよふ  ハかへらんよふ  申候よふ  ハ少し入よふ  あまのよむきよふ  んのきよふ  バいつかふしうのきよふ  んのよふ  しんらんしよふ  一おふ  彼養子のつがふ  養子のつがふ  候よふ  にのよふ  おんめんどふ  うちニおるよふ  しんのあねのよふ  きみよふ  人がよくなりたるよふ  出し候時ハ、そのよふ  治世のよふ  此よふ  吹合候よふ  右よふ  ユニヲンのつがふ  申談候てつがふ  飛脚艦のよふ  行よふ  近時のよふ  レ下候よふ  五分もたつと、ぶ  桜嶋といふふ  止時なかりしが、とふ  如しと疑ふ  病のよふ  上ニ其地ニてろふ  候て、とふ  バ一日もならぬよふ  レ遣よふ  留りニて、つがふ  長崎ニ廻るよふ  手本つがふ  レ成るよふ  レ参よふ  争論ハ私思よふ  此頃ハ病気なりとてあわぬよふ  行、やかましくやり付しにより、もふ  ニ行て、どふ  バ、とふ  バどふ  世渡りができるよふ  誠ニみよふ  ニ達し候ことをしらせぬよふ  右のつがふ  大兄の反したまふ  セたまふ  レ及かのよふ  来月初のよふ  事をまつろふ  我等はよふ  ハ又ふ  久年積学、もふ  ちからをのべたまふ  分では大ぶ  ごと義疏のふ  各々万を以て計ふ  上で、ぶ  續かげろふ  きのふけふはもう大ぶ  いふ山住みには大ぶ  ふすまの向ふ  やうだと疑ふ  国土を奪ふ  意地の悪い向ふ  使つて国を奪ふ  魂胆を疑ふ  訪れに来向ふ  戰後てふ  軽率だとか、向ふ  三人はもう、すこしぶ  いちばん向かふ  ぶんたちが、きふ  中で、向かふ  やつてもらふ  先にしてもらふ  風がきふ  桑畑の向かふ  てゐない青んぶ  万は驚きながらふ  一所に、向ふ  虫気もなく育ちたまふ  日を暮したまふ  会計、持てあぐみたまふ  下焚き付けたまふ  我在らずは背きたまふ  待遇させたまふ  沙汰したまふ  待遇したまふ  御苦労を、少しは分けて戴きましふ  移民学園てふ  悉さう信じて疑ふ  人格を、疑ふ  ッ、ぶ  ことで追ふ  釜がぶ  一人でふ  興行師とは異ふ  帽子がふ  からだは、ふ  板戸の向ふ  絶端を向ふ  足跡とが向ふ  美人ブリイセーイスを奪ふ  體に向ふ  小説であるかどうかに就いて大ぶ  術をつかふ  色赤く、向ふ  七代なりたまふ  山の神千二百生れたまふ  上に立ちたまふ  乞ひたまふ  方にあたつて、とふ  牛のいばふ  客に逆ふ  著述に向ふ  朝色あせて、散りかふ  寺へかよふ  横去ふ  かたにしては、少しぶ  尿垂るとふ  事を競ふ  夫人はおっ被ぶ  身に震ふ  海へ、ぶ  馬を追ふ  中でひとり目立ってぶ  例のごとくに与ふ  雨さそふ  安堵を読みとって、ふ、ふ  つて魚を捕ふ  草履でもつくるのであらふ  體に映つてゐるのであらふ  二三丈もあるであらふ  闘つてもらふ  我是を凝ふ  さとして見てもらふ  虫がはふ  空つぽで、ふ  家は、ぶ  方吸寄せられて、ぶ  汝先刻は威張ったけれど、ふ  あげたいものは、こんなにふ  寄席を出るともう大ぶ  熔巌流だとおもふ  底にあたって、ごとんと、ぶ  いつでも向ふ  父さまが、ぶ  二人はどうじに、ぶ  目をくらまし、ぶ  父さまをぶ  あらがふ  膳の向ふ  さへも疑ふ  女とおもふ  彼らが尚ぶ  曇つた顏に、ふ  円流、浮きふ  骨牌のふ  きしに寄るてふ  あいだに、ふ  うえを越して、ぶ  弾みを加えて、ぶ  恭一は、考えぶ  彼はただ考えぶ  風に動かし、時々ふ  男はちらと振向いたが、ふ  聲に替ふるてふ  樂に替ふるてふ  色になぞらふ  名におふ  面うつらふ  盡きずてふ  時蕾とまがふ  花のふ  成否をたれかあげつらふ  誰れかあげつらふ  上しばしたゆたふ  長谷部大尉も、ふ  腕がぶ  火を附け、ふ  頭を突き出してふ  白雲が、ふ  病人に逆ふ  時さんを忘れるちふ  道臣ちふ  大名風呂ちふ  名前がちがふ  慄気を震ふ  やうにしなふ  黄蝶がふ  詔りたまふ  一身に負ふ  女ゆきかふ  迷ひわづらふ  湯気なびきちらぼふ  亡き人おもふ  案じわづらふ  なにをおもふ  浴衣ともすれちがふ  悲しみが、向ふ  畑のどぶ  何処へなりとも、但し負ぶ  顔をしてふ  ふくをたまふ  宮城にむかふ  夫人とならせたまふ  鶴一羽、ふ  ことをあげつらふ  ことへ向ふ  狂つちまふ  私は、再び、ぶ  恋を追ふ  はい歌うたふ  とろとろかげろふ  アるほど、ふふ  三つちがふ  鳥をあきなふ  ソフトをまぶ  ツた向ふ  此方では向ふ  交通は、ふ  扉が向ふ  村のふ  純文学てふ  満足せざるべしてふ  病院へ向ふ  身をくふ  落花をはらふ  大雪をはらふ  夫をやとふ  つた事實は疑ふ  威嚇して置いて、向ふ  木葉を振ふ  流行を追ふ  此の似よふ  鳶職が向ふ  細君は、向ふ  傍では向ふ  これは大ぶ  ものかと疑ふ  そうであらふ  つたのだろふ  大地にいこふ  先きをあらそふ  麦ですね、向ふ  艫のふ  者は考えぶ  このごろは大ぶ  一週間ばかり、考えぶ  朝倉先生は考えぶ  失敗をつぐなふ  私たちにうるさくつきまとふ  馬車にのらせ、ぶ  仇名ぐさ恋すてふ  風に付けても、散りかふ  万代いわふ  一帯早くも立ちまよふ  帰り道がちがふ  外形をてらふ  口々に語らふ  塀一つ向ふ  師匠たちの棲まふ  所望に代ふ  願ひを果してもらふ  身の丈一尺のびて、ちがふ  千圓もらふ  根本的にちがふ  春もしだいにととなふ  前垂をした、ぶ  ことも、ふ  皮をぶっつけ合ったりすまふ  お餅を持って向ふ  袴をはいて向ふ  さなびたれども母のちがふ  損おもふ  絆次第にふ  栄ありとおもふ  湯どうふ  空を被ふ  らを覆ふ  口調で、ちがふ  権力を振ふ  宅に向ふ  忠家之に相副ふ  戦場に向ふ  立止つて、そのぶ  坊主袖の、ぶわぶ  美術学校に来たまふ  画を何とか見たまふ  はず見えたまふ  目を廻させたまふ  物忘したまふ  狂女なりといへば、さおもひたまふ  夜起きたまふ  君の近づきたまふ  くやしくおもふ  ことさらに歌うたふ  天子呼べども起きぬてふ  ゲエテてふ  羊ふはりふ  毛布草はふはふ  尻がぶ  こと、疑ふ  自動車はふ  ッふふ  陰女に会おうがどぶ  錦絵にまで描いて売り出した、どぶ  矢なみつくろふ  矢並つくろふ  菜の花の向ふ  つばをぐっとまぶ  中から鼻だけが赤くのぞいていて、そのぶ  ぶっきらぼうで、ぶ  いるか、とおもうと、やはり、ぶ  まっ白な、ぶ  男が、ぶ  声をのみ、ぶ  ようのないくらい、ぶ  朝もぶ  丸は、ぶ  ハーミーズ礁を、ぶ  無人島生活をして、ただぶ  けがもなく、ぶ  二人ともぶ  伝馬船が、ぶ  まもりによって、ぶ  それを、どうやらぶ  つんで、ぶ  探検もぶ  海にどぶ  風に送られて、ぶ  船首を、ふ  どんどん駈けて向ふ  一品を失はふ  中をあばれまわって、ふ  儒教に負ふ  自分ながら、ぶ  三年間に、どぶ  世界とはちがふ  面長で下ぶ  女になりふ  餡をのせてくふ  いやに考えぶ  常識をはたらかせると言っても、ふ  弟子一人も持たずさふらふ  平木中佐だって、ふ  後方へぶ  大船、おおふ  男は、向ふ  ボールはぽんぽんと向ふ  感心しなかったり、甚だふ  事がふ  母から何かしてもらふ  あとから急いで追ふ  まらにをやらふ  妓に与ふ  クロはふ  たくさんならべて、ぶ  ポン公は考へぶ  解決に向ふ  實踐的目的に向ふ  將來に向ふ  過去へと向ふ  存在へ向ふ  天才的洞察に負ふ  働きの向ふ  本質に副ふ  他者へと向ふ  外に向ふ  特に人に向ふ  努力の向ふ  なほ自然的實在者へと向ふ  神へと向ふ  對象へと向ふ  罪惡の負ふ  アーティストは向ふ  なっちゃ、まるで向ふ  母か、ふ  笑つてしまふであらふ  今朝、ふ  国史を疑ふ  残りをふ  肌はもちろん、ふ  かい、まだ大ぶ  余は疑ふ  異状もなかつたとおもふ  無為を尚ぶ  日ざしで、深ぶ  追剥もいいけれど、殺すぶ  數がふ  子だとおもふ  性格を得てふるまふ  処へ、まつろふ  息子をも奪ふ  命を奪ふ  色でどぶ  上品なので、なんらかふ  硫酸をぶ  これをおもふ  砂粒にもたとふ  心をやしなふ  一塊が、ふはふ  白いふはふ  返事がぶ  人國に必ずしもいひつかふ  大湊をおふ  飮みくふ  もの夜のまとてふ  室津をおふ  月のうへより漕ぐふ  時はゆくふ  都へとおもふ  まりをおふ  岩がこぶ  行つて住まふ  快楽を追ふ  外国語を遣ふ  二ツ三ツ時田さんをぶ  財産を奪ふ  お茶をぶ  十郎はふ  椀のふ  から塀の向ふ  塀の向ふ  飾があって、ふ  事に堪ふ  歸るをねがふ  汝が知るをねがふ  巣にむかふ  さまおもふ  師しりたまふ  處、わが向ふ  これに逆ふ  我を棄てたまふ  行方を奪ふ  者をおもふ  背に負ふ  信を奪ふ  立處にむかふ  焔をはらふ  これをわけもちふ  針眼にむかふ  しかどもおもふ  我を強ふ  誰なるを知るをねがふ  胸に代ふ  間にはおもふ  牧場にむかふ  罰にむかふ  ためにみたまふ  チェルヴィアを覆ふ  むるもの知りたまふ  中には、おもふ  左にむかふ  汝のおもふ  上に聳えしむ、おもふ  毛まじらふ  テバルデルロとともにあるはおもふ  さま之に異ならじとおもふ  アンセルムッチオ、かく見たまふ  魂もおもふ  來れるなり、おもふ  とき二十六歳なりきおもふ  對岸にむかふ  地獄にむかふ  電光にともなふ  我をうやまふ  イタリアに向ふ  殺害てふ  譽等を司らしめたまふ  門にむかふ  異説甚だ多し、されどおもふ  圓にむかふ  云ふところな疑ふ  ことあるをおもふ  命運に逆ふ  飼主に呼ばれもせず捕ふ  中心にむかふ  二嚢におもねりへつらふ  シパといひならふ  淑女をとらふ  五嚢にむかふ  南にむかふ  神のみ知りたまふ  臥床に入らんとおもふ  外界にむかふ  西海子前、長どぶ  糸の長くとぞおもふ  のかも知れぬ、と疑ふ  護衞にて、くるひただよふ  此処に来てふ  体躯を覆ふ  ドアをぶ  たちは、ぶ  漂よふ  吾等に与ふ  生活を与ふ  妾はふ  頭をぶ  間も、折々行きかふ  rofuでかたらふ  昔はつくろふ  tukuro-fu、かたらふ  ことを少しばかり論じてみようとおもふ  主張すまいとおもふ  系統がちがふ  ちかふからちか、うらふ、うらなふ  から占、あがふ、あがなふ  等のよふ  等のはふ  延と称せられるながらふ  正当だとおもふ  余地がないとおもふ  ことが出来るとおもふ  ことがわかつたとおもふ  名詞法であらうとおもふ  であるとおもふ  すまふ、かげろふ  かかしふとかのふはおふ  からうとおもふ  のだといへるとおもふ  他にやまふ  道とかやまふ  やまうではなうてやはりやまふ  すゝむるについてやはり別々にといておかうとおもふ  それに更にふ  終止法名詞になふ  の終止言につらふ  つたものであらうとおもふ  頭から考へてみると、さしみとか、うきふ  様におもふ  帰着するとおもふ  )┤  └   └よふ  ┤  └よふ  ぐ  ┤└なふ  ┌なふ  ぎとふ、あきなふ  綴のものでは、く、つ、ぬ、ふ  ことが出来るが、く、つ、ぬ、ふ  主張せうとおもふ  ものかたらふ  終止にふ  のはどうかとおもふ  これらのふ  ものは決してく、ふ  延言と称せられたる、ふ  面白い結果が得られるとおもふ  その他く、つ、ぬ、ふ  さやであり、あてぶ  づ、ぶ  夏草はたちかふ  のしのふにつとふ  廉潔を尚ぶ  さそのものを尚ぶ  飯くふ  ラムプの向ふ  ひとりだというから、ふ  なにがなにやらふ  から、ふ  ぐさではないが、このぶ  心もち一つですが、このぶ  島婆さんの青んぶ  おまけにあの青んぶ  土色にして、ふ  手代に見まがふ  掻掴まれたとも何ともたとふ  やうに、ふはふ  髪がふ  対手に向ふ  西へふ  廻つて、ふ  くせに、いよいよもって、どうもふ  んのふ  余の疑ふ  何人も疑ふ  安危に負ふ  断じて子に与ふ  ものたるは疑ふ  一人たるは疑ふ  山県首相に与ふ  初心たりしや疑ふ  破裂を見たりしや疑ふ  復た疑ふ  伯に与ふ  之れを疑ふ  後事を托したりしや疑ふ  糊塗するに在りしは決して疑ふ  可きは決して疑ふ  国家に負ふ  快感を与ふ  薫陶に負ふ  景を観たりてふ  ような、ごくぶ  右門はおそろしくぶ  余りげなふ  中にちらばふ  眉間にこんなこぶ  そばに歩みよると、ぶ  つて、向かふ  川向かふ  船の向かふ  はつて、向かふ  子供たちはきふ  あいさつたるや、またすこぶるぶ  一郭に、ぶ  ちくしょうッ、ふ  戀しとおもふ  画を見ながめていましたが、ふ  ちゃきちゃきが、そんなぶ  國家に負ふ  そこから先が少々ふ  無粋だろうと、ぶ  やつならいいが、どぶ  とき、こんなぶ  満足に直ると思われたんで、ふらふらとあんなふうに、ぶ  敬四郎をどぶ  それを見ると、ふ  生存を競ふ  ところ生存を競ふ  書かばやてふ  我所謂才子に負ふ  の如してふ  可らずてふ  たしかに人生てふ  ものなりてふ  現場探査をしなくてはと、ぶ  歸省するというふ  父に負ふ  帆に代ふ  なほ疑ふ  神の踏みたまふ  罪を赦したまふ  流れを追ふ  モロッコを覆ふ  我物を奪ふ  汝の設けたまふ  夜登らんとおもふ  かしこにゆくをねがふ  んとてかく定めたまふ  祕めたまふ  汝の負ふ  償はせたまふ  業をいと潔く愛したまふ  ふし夢に負ふ  我にともなふ  許したまふ  物いふ、またおもふ  しりたまふ  願ひの向ふ  師よ、かくうたふ  手段によりて見るを好したまふ  ものに好みてむかふ  遲しとおもふ  外部より奪ふ  日にむかふ  者に逆ふ  物にむかふ  これを抑ふ  好みたまふ  身にてとらはれたまふ  間に殺されたまふ  原因とおもふ  歎にともなふ  溪にむかふ  詞にともなふ  者みなこなたにむかふ  ところ焔これにともなふ  形靈にともなふ  兒にむかふ  わが身を飾るをねがふ  目を見るをねがふ  健全なればそのむかふ  舞をまふ  我をたすけて、おもふ  平和にむかふ  士師知りたまふ  かたにむかふ  語にともなふ  記憶を奪ふ  西に向ふ  盡しうべしとおもふ  右にむかふ  上にいこふ  人東に向ふ  源をかくしたまふ  右に向ふ  受納したまふ  榮を奪ふ  身震ふ  酒としたまふ  鳥を呼ぶにたとふ  汝等を罰したまふ  與へたまふ  罪を取去りたまふ  これを善しとしたまふ  他人にむかふ  上方に向ふ  神の善しとみたまふ  賦與したまふ  直接に造りたまふ  キリスト來臨したまふ  これを起すをよるこぶ  夜のあくるを待ちわぶ  身をひくや、ふ  なにをもがもがと、死にかけたふ  なにがふ  尼になりてえだの、ふ  点から、なかなかふ  何がふ  者が、そんなぶ  ちくしょうめ、ふ  やじうまはどぶ  きみもぶ  ましたるぶ  風からしてちがふ  おもしろいとおもふ  水のふ  名人が、ふ  ふんが、なんともかともいえぬふ  犯人と、ふ  ことなんですが、どう考えてもふ  からこそ、どうもふ  そいつがふ  献立がはなはだぶ  きのどくなほどぶ  鳥のできふ  鍔元へ注がれると同時に、ふ  きみともぶ  市蔵と書いたふ  首へふ  解にかかったが、ふ  ころ煮、ふ  ころ煮、ふなのこぶ  手で、と疑ふ  猫大将はニヤニヤ笑って、向ふ  これがなんともふ  桜にふ  身分のふ  くせに、ふ  幽霊水からしてが、はなはだぶ  しかも、ぶ  へんへぶ  イ、ふ  ぶつていつてもらふ  私には、向ふ  ぢつと向ふ  前に、向ふ  一番に向ふ  わら人形が、ぶ  えり首までがあわだつばかり、そのぶ  一つ一つとふにおちていくでしょうし、ふ  だれに断わって、ふ  様子がいかにもふ  ぎが、いかにもぶ  いたいけな子どもか、でなくばぶ  伝法な、だが、むしろぶ  火いたずらなりませぬと、ふ  毎にふ  上でふ  つて放つとくちふ  博多人形のこぶ  耳下に福々しいこぶ  これをこぶ  左耳下にこぶ  足首がぶ  きょうに輝きながら、ぶ  左端のがもっともふ  せがれ粂五郎のふ  仕上がりに、できふ  夢おろか、てんからふ  伸達するを得べきは疑ふ  心が向ふ  ところにのみ向ふ  就て語らうとおもふ  氣は吾が向ふ  精神勞作をなすに堪ふ  つても甚だ尚ぶ  精を尚ぶ  雖、奪ふ  左うおもふ  群集を追ふ  睦言を語らふ  墨田のふ  本堂へ向ふ  品がぶかりぶ  岸へ揚げられるまで、ぶ  げに見ながめていたが、ぶ  形相もぶ  組頭、ちとふ  12お遍路さんお遍路さんおやまのむかふ  悉多太子も泣きたまふ  雨までがなかなかふ  つるは、さらに怪しくぶ  籠むることあるは疑ふ  業を奪ふ  死体が、ぶ  上に、ぶ  ことからしてがふ  右左、またひとしおのふ  寸づまり、押せばぶ  前へ近づくと、ぶ  字とを見比べていましたが、ふ  結構可愛いのに、ふ  江戸から消えたとあっては、ふ  目が、ぶ  不思議につづき、ぶ  震えが、ふ  酒をぶ  硫酸ぐらいは当然ぶ  中でふ  のは、もうすれちがって大ぶ  息切れも大ぶ  魂がふ  原のむかふ  焔ともなふ  湊にむかふ  己と等しきをねがふ  中にいこふ  爲さんとねがふ  にとりかふ  者も、ともに逆ふ  上より照らしたまふ  生に復したまふ  うちにやすらふ  生みたまふ  眷顧たまふ  むる者にいたく疑ふ  目ともなふ  者にむかふ  大いなるもの神にむかふ  世にて奪ふ  鳥の巣くふ  もともなふ  作用にともなふ  康んじたまふ  われらもまたその然るをねがふ  東にむかふ  中心に向ふ  目的にむかふ  南に向ふ  敗頽するにたとふ  縁に向ふ  光にて照らしたまふ  域を奪ふ  缺くにたとふ  教を信ぜずして疑ふ  正義の疑ふ  言にともなふ  墓に向ふ  神にむかふ  愛の向ふ  これを奪ふ  列外部に向ふ  光にむかふ  新奇を競ふ  一刹那がすぐ向ふ  微笑を見ると、ふ  噛ってみてはふ  ッふ、ふ  御覧になりましたね、ふ  ア、ふ  ずんば三軍何を以て向ふ  信条に代ふ  基督教てふ  教会てふ  教育を与ふ  兵が向ふ  者に非ずてふ  一そう深ぶ  紀元は疑ふ  紀元の疑ふ  紫衣をまとふ  向うへ逃げちまふ  旅行者に見立ててもらふ  實はむすぶとふ  めらみことにありながらありとふ  めぐりたまふ  なつものみのらふ  とこよべにありとふ  庵へかよふ  來よらふ  畑のしげふ  神のとりなでたまふ  さし向ふ  心えがたくおもふ  夜船漕ぐちふ  青垣よろふ  寸涎のこりてなるちふ  麥くふ  行くちふ  よしとふ  ふし芝のかれふ  土かふ  てつらになるちふ  筑波山に向ふ  邊にい行きかへらふ  写生帖をのぞき込んで、ふ  桑のしげふ  蜑小舟おもふ  手もたゆきとふ  連守屋を攻めきとふ  腕振ふ  しましくもいむかふ  腕鳴り振ふ  布は織るちふ  白丁はひりふ  程は全くくふ  物くふ  庭にたちて振まふ  夜はじめて物くふ  肥ゆとふ  朝きらふ  花さく杉のしげふ  汝をおもふ  おぼろかに務めおもふ  槐をぞおもふ  楊吹きしなふ  海たゆたふ  記憶の向ふ  夜はふ  すべなし我がおもふ  餘所にはふ  さきつくしけるにこそとさへ思ひいでられて我がおもふ  單調なるにたふ  びたゞしく行きかふ  藍など濃くてあれなとぞおもふ  秋は既にふ  批評家を向ふ  棺を覆ふ  つて、ぽかんとして見てをりますと、向ふ  ほとけをしたふ  用心をかさねましたので、ぶ  尻を追ふ  凡そ徳を尚ぶ  医者に診てもらふ  知らない人に診てもらふ  明朝もう一度来てもらふ  寄つてもらふ  担保を与ふ  面目を改むるが如きを覚ふ  一事は疑ふ  以て向ふ  光芒太だ減ずるを覚ふ  膝下でふ  一同が疑わずとも、このぶ  一枚蒲団にこぶ  うちに、ふ  いくつもぶ  三十間ばかり向ふ  先輩に負ふ  感情を与ふ  感を与ふ  髭髯面を被ふ  畫板に向ふ  娘の子のつかふ  のがふはふ  くずいれぶ  手品をつかふ  まぶた、ひふ  女房をぶ  樂とを得しめたまふ  救濟したまふ  氣の向ふ  それにむかふ  四ヶ月のむかふ  ところで、向ふ  一オンスもふ  むらさきのぶ  ひぼしのぶ  くりごともぶ  こひしたふ  実をとるなかれかくいひたまふ  酒を飲むなかれかくいひたまふ  歌をきくなかれかくいひたまふ  迷となるなかれかくいひたまふ  まこととおもふ  ひとりさまよふ  野末をかよふ  ひとつもわすられておもひわづらふ  花とをぬふ  たまとまがふ  袂にまとふ  谷あひに乱れてにほふふ  山精ゆふぐれかよふ  青葉のかげに葬れよふ  しづかに吹きかよふ  ものをあゝさめたまふ  いでたまふ  はととひたまふ  のはなふ  台に泣きまどふ  春霞光をまとふ  事などが大ぶ  板面であらふ  ものであらふ  一人もあらふ  敷の向ふ  なつてゐはしないかと気づかふ  太陽の追ふ  魚族追ふ  事は、疑ふ  しき力をふるまふ  穴一游亭に負ふ  最初は向ふ  竟らず、故れ還りたまふ  夕暮時、ふ  姿を描かふ  寒子は、向ふ  朝さもらふ  夕さもらふ  光を奪ふ  人息吹きかよふ  木ぐれうかがふ  本朝をもうかがふ  早や駈け向ふ  感動律を奪ふ  形式に向ふ  見事にふはふ  真鶴から吉浜村へ向ふ  やうな青んぶ  矢張り笑って居ろうとして、ふ  吉はふ  戦争して殺されぶ  ことをどぶ  玉に湿ふ  自由を奪ふ  あゆませたまふ  主いえすよふ  ぎやの、ふ  ゆきしまに、ふ  あすわ、ふ  権威に向ふ  村から遠くない、向ふ  懸崖の負ふ  それから、またふ  照子に逆ふ  昔おもふ  我に抗ふ  觀をつねに疑ふ  三歩半で向ふ  机をへだてた向ふ  列をみだして逃げまどふ  感じでさうおもふ  中庭をつききり、向ふ  手紙をよんでもらふ  古賀はおもふ  顏を見つめ、ふたたび考へぶ  紳士は、ふ  受話器をかけながら、ふ  様子が、ふ  左右にふって、ふ  博士は、ふ  ところへ、ぶ  ラレイは、ふ  非常に考えぶ  チヨン切つちまふ  のんきらしく向ふ  間にしふ  眼は常に追ふ  足一列流涕なしたまふ  兄さん、向ふ  日よふ  憐みぶ  百斤入りのふ  言葉を奪ふ  ことを、喜ぶべきか、悲しむべきか、信ずべきか、疑ふ  谷氏はしたしみぶ  おかあさんは、ぶ  ふところから、大きなふ  体が震ふ  のは、もう大ぶ  因て疑ふ  こととふ  若い者なら直ぐ直つちまふ  寫眞を見たが、向ふ  原稿紙に向ふ  傾向を追ふ  上演目録を追ふ  習慣を奪ふ  証拠を見てもらふ  事件を追ふ  のは無くなつちまふ  金を奪ふ  ことは、もはや疑ふ  百万遍も言ってもらおうとふ  善なるを疑ふ  圓朝はふ  天賦を疑ふ  答礼したまふ  ぢろりと睨みまふ  答へたまふ  テーブルの向ふ  負んぶ  ようにこぶこぶ  食ふとおもふ  一つがどふ  みんな売れつちまふ  度ないとおもふ  浪の向ふ  答へさせたまふ  添へぶ  あごの生ぶ  行方を追ふ  鸚鵡と打ち語らふ  馬におそろしくぶ  これ迄あんまりふ  言靈さきはふ  即にふ  空にまどふ  鳥獸を追ふ  夙く大刀うち振ふ  樂淨土東門に向ふ  土佐へ向ふ  事も、疑ふ  ゆまふ  らがうらふ  はいはふ  先々でくちもらふ  大君のおもふ  のがくるふ  要なしとして、更に疑ふ  吾人は疑ふ  百花妍を競ふ  国家てふ  處で、向ふ  女と見まがふ  中に向ふ  白湯にしてもらふ  船は段々向ふ  水の向ふ  ひとも寝ぶ  ひとをぶ  私はどうせ、どぶ  ハイネのぶわぶ  紫のひふ  全身ずふ  事が、ふ  世とぞおもふ  丼をかかえ、ふ  酒気を、ふ  粥を、ふ  箸を取って、ふ  音がもれていたが、ふ  そうにどぶ  真意は甚だ疑ふ  観察して、ぶぶ  空腹を感じて、ぶぶ  生唾をのみこみのみこみ、ぶぶ  のは、そのぶぶ  火にあたらせてもらふ  上で取り計らふ  米店に向ふ  東表口に向ふ  西裏口に向ふ  徳川家康に仕ふ  書估に与ふ  四辻に出るまで、大ぶ  額をぶ  やうなかげろふ  うつくしきいてふ  行方をぞおもふ  千本のいてふ  井戸がはにて向ふ  下女つかふ  長屋もふ  時にやふ  かい気遣ひはない、向ふ  蛇を出したといふやふ  心を遣ふ  私を疑ふ  妻を奪ふ  者にあたふ  主人てふ  渋川へ向ふ  魂祭るてふ  外はすぶすぶ  命いしたふ  君犬婚いのごふ  首い向ふ  來經肝向ふ  岡つぎねふ  命廣りふ  五四あはふ  六〇いしたふ  八一うるはしみおもふ  一〇二おふ  九三かしのふ  二九きもむかふ  そなふ  四三はにふ  一一一をぶ  子はなんてぶ  一エピソオドでも、のがさずに知りたいとおもふ  皆は、本当に向ふ  小さな自覚のみでは立ち向ふ  行つてもね、きちんと向ふ  宮殿をいはふ  もどき負ふ  餘程端折つてもらふ  不足とおもふ  屑綿をどつさり詰め込んだ向ふ  はる弱虫で向ふ  歌ふこのかげらふ  意志は向ふ  新定型詩人に与ふ  すとをぶ  そうに、ふ  んだが、ぶ  悲引したまふ  願をおこしたまふ  入滅したまふ  二千余年になりたまふ  矜哀したまふ  釈虚言したまふ  思議往生をとげんとおもふ  念仏まうしさふらふ  ふさふらふ  念仏さふらふ  さふらふ  現象を見せてもらふ  合つて語らふ  花冠をつけて、かげろふ  ものと思ふけれども、立ち向ふ  やつてくるちふ  名人になれるかも知れんちふ  事を疑ふ  国語研究を疑ふ  村で、ふなあ、ふ  力を振ふ  問題だとおもふ  学者が疑ふ  逐ひやらふ  大根役者に与ふ  小説家に与ふ  或る女流作家に与ふ  間の歌うたふ  僕は疑ふ  窓を追ふ  酒なればとがめたまふ  まりつきあはせたくないとおもふ  お前は何とおもふ  どうしやうかとおもふ  我身を疑ふ  はてをとふ  恋ふとふ  草の生ふ  逢ひかたらふ  長目を経しめたまふ  なつてゐるが、向ふ  一片はふはふ  羽織がふ  雇つて潮來へ向ふ  鼻呼吸を、ふ  お祈りをして、助けてもらふ  あれこれと色々ともらふ  しろへ流れ、間もなく向ふ  烟の向ふ  雪婆んごは、また向ふ  夜明けまでに向ふ  のは、もはや疑ふ  尊氏の生ぶ  戦乱で、ぶ  墨の生ぶ  さうらふ  湯槽の向ふ  医者とはちがふ  偶然性をねらふ  厳格さをもつてたち向ふ  仕方とは勿論ちがふ  それとはちがふ  作品を見せてもらふ  のではないかとおもふ  私はかふ  さをかふ  洋画とはちがふ  上々である、但し追ふ  野趣を追ふ  派につきまとふ  一種の親しみぶ  引きぞわづらふ  たき木刈るてふ  誰も疑ふ  荒川放水路を隔てた向ふ  いや、ちがふ  距離六千二百万哩の向ふ  地球とはまるでちがふ  ペチャクシャどうも大ぶ  熱が大ぶ  露訪なふ  下町らしい、慎みぶ  止りたまふ  奇妙にあがって、お寝よ、ふわっ、ふ  勇ちゃんは、ふ  帰りに、ふ  主眼となしたるは疑ふ  上にありしてふ  魚をとらふ  人にとおもふ  何をかのたまふ  山がらすをさはおもふ  本だと分かると、きふ  帽子なぞをまぶ  くしのて好かつたとおもふ  ものだとおもふ  さだとおもふ  秋にうつらふ  谷を越えて、向ふ  ポケツトから取出して、向ふ  二三度搖つて反動をつけておいて、向ふ  尤もだとおもふ  筈はないとおもふ  名人だとおもふ  一時間では短いとおもふ  道も、どぶ  向島へと向ふ  こんどはすまふ  岩をぶ  二つもくふ  辯當をつかふ  信吉は、疑りぶ  板屋根などが見え、ずつと向ふ  人かどふ  呼吸にうち震ふ  涙はらふ  しかを疑ふ  無理にふ  時、ふ  おばあさんは、やはり、ふ  カンタをしやくふ  これ、こえが高い、ふ  彼は、どうみても、つつしみぶ  死のふ  下勅命に逆ふ  上にこぶ  からだが、ふはふ  言はれてみると、ふはふ  やつが、もし少しでも疑ふ  へんに疑ふ  忠告を疑ふ  の、さうしてぶ  色が黒くて、ぶ  塀のむかふ  そいつに中ると死んじまふ  牢に向ふ  白日のふ  牛鍋、かきどふ  両方とも考えぶ  一同を乗せてぶ  廻りに廻って、やがてぶ  一同を載せて、ぶ  探検自動車が、やがてぶ  小武器、すふ  鼻まで覆ふ  帰つて行つてもらふ  米俵の向ふ  買つて大穴をねらふ  腰を覆ふ  上にぶく、ぶく、ぶ  風呂がきらひなので、まるで、どぶ  仔犬さんたちをつれてむかふ  少女ももう大ぶ  まわりを、ぶ  成つて居たつちふ  散歩に出かけて仕まふ  私のはちがふ  がちがふ  顏を被ふ  十八われはおもふ  君おもふ  溜息野に蒸して甘くちらばふ  物語かたらふ  あてたまふ  なにごとをか思ひわづらひたまふ  音ぞうれふ  觸れてゆく、ふはふ  濁川に、向ふ  背がちがふ  庄吉が向ふ  時分とは異ふ  煙がふ  苦鬪であるとおもふ  やうにちがふ  ほかはつかふ  かたがちがふ  顏のちがふ  色態もちがふ  日本人の負ふ  風がちがふ  作家常識を疑ふ  與太とはちがふ  鬼氣とはちがふ  時代環境がちがふ  將をつかふ  義經はちがふ  彼自身の向ふ  そこまで行かなければなどとおもふ  事前教育を授けてもらふ  考へ直して欲しいとおもふ  物食ひを追ふ  殘してゐるとおもふ  ぼくはおもふ  緯度だとおもふ  成程とおもふ  蕪村にも見せてやりたいナ、とおもふ  適地だらうと疑ふ  方は、ちがふ  河童ではないかとおもふ  意義があるともおもふ  近代的めし屋出でよ、とおもふ  大迷惑をしたらうとおもふ  歴史小説かといへば、大きにちがふ  意味はないとおもふ  尊敬をはらふ  政治的理念をならべてみせてもらふ  問題とはちがふ  事を書いてゐたとおもふ  半日暮れちまふ  資料になるだらうとおもふ  知識なりとおもふ  つて摺れちがふ  ベエ、をつかふ  ウ、ぶ  三尺をふ  なにかが、ふ  気がふ  ぼくはふ  表情が判ると、ふ  挨拶すると、向ふ  俺の向ふ  胸にふはふ  怒りたまふ  お菓子をもらふ  信念が、疑ふ  其心に逆ふ  不機嫌に、ぶ  体を向ふ  酒臭い臭がふ  源吉を離れて向ふ  位置を奪ふ  精神的健康を疑ふ  漢口へ向ふ  之をおもふ  氣づかふ  幸福を奪ふ  心震ふ  惡文では無いだらうかと疑ふ  卓にむかふ  あたりが騒がしいので、向ふ  百メートルばかり向ふ  旭日に向ふ  おい君、こくふ  國府田をこくふ  のではないかと疑ふ  一様に向ふ  報道が少ないとふ  三根夫をかなり、ふ  顔をするまえに、ふ  申し出にあるふ  号もぶ  紙に、ふ  蝋燭のまたたくにつれて、ふはふ  



前後の言葉をピックアップ
  歩も  附さ  歩か        不折  不二子  


動詞をランダムでピックアップ
引っかかりおもいきっ釣り上げよみまわっまちうけ年取るかみあっかけださ書きなぐっつかめるせつか飽かしかつぎ込みきゅうする奪い解ら取消せ発っ切離し抛れ
形容詞をランダムでピックアップ
安う稚く丸くっ貧し重たい怨めしかっ物すごくみにくかっずるう幼い懶し物すさまじき歯痒うそぐわなくひよわかっ羨ましから汚らわしちいさし懐しき面映ゆかろ