「振」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 振[動詞]
手を振  方を振  首を振  吃驚して、振  闇をつと振  葉を振  終りになって振  元気を振  処嫌はず之を振  中村遊郭の振  方さえよかったら久し振  上で振  手に振  掉るばかりで、振  方角を振  先も振  から、驚いて振  一寸後を振  後を振  吃驚して振  声がして、大方振  其女は振  彷徨きながら、見ぬ振  足音に振  ろうと後を振  此方を振  元気にわかに振  拳骨を振  血刀を振  中を検める振  襟を洗う振  先に進まず、又振  から、振  声を振  奴があると思って、いきなり振  筆を振  ずみて、振  外を見ようとして振  ギョッとして、振  一樣に振  暴威を振  丹念に振  熱意を振  かぶりを振  それじゃあ、ただうんうん云って聞いてる振  熱辯を振  奉職していて、久し振  彼は、久し振  散歩しながら久し振  原が振  のであろう、それではと仰有って振  時、しばしば振  大手を振  帽子を振  剣を振  音に振  平気で振  声がしたので振  彼はひょいと振  声がしたので、振  ト泡立ツテユクノダ檻鞭ヲ振  長広舌を振  頭を振  扉はぴりぴりと振  軍は振  空間に振  旗を振  フラリフラリステツキを振  双手を振  臺を振  樹ば振  やうに振  逆さに振  源吉は、一寸、振  医者は振  本筋の振  言に連れて振  顔を重ねて振  知識を振  んとして振  通風筒を振  気持を振  気弱さを、振  装にも振  万能を振  縦に振  一町駆出しましたが、振  父が振  東京劇壇を振  沈衰して振  晩年は振  殊に政党の振  春秋社が振  社運が振  飛退き、そして振  斜めに振  婆さんは振  やうな振  鞭を振  後方をも振  絶叫をしたので、振  二人が、振  近藤は、振  頭上に振  俳優が振  一緒くたに振  云つて手を振  ステッキを打ち振  払ふ振  空に打ち振  勇気を振  暴力を振  両手を振  つぼを、ふさふさ振  清風に振  のを振  火箸を振  色を振  人々は振  妻は、振  雪を打振い打振  鏡子は何気ない振  双子は振  家に帰って振  切なる振  方に振  此方へ振  身の振  剣を打ち振  酒徳利に振  ビール瓶を振  ほうへ振  家業の振  威を振  室で振  人泣かせ棒を振  方をこうして振  徐かに手を振  ように振  顔を振  顔をつけて、振  不審して振  タダヤタラニオハナシ体ヲ振  女に振  ような振  横暴を振  尾を振  びつくりして、振  私は久し振  斧を振  右手を振  私はもう振  ゆえ結末弱くなりて振  二人は振  情熱によって振  あとも振  鐸を振  境は振  袖の長い、振  門へ振  土間へ出たが、振  ッとして振  拳を振  腕を振  警官が見て見ぬ振  隣を振  さに振  婦もちょいと振  怪訝に思いつつ振  怪腕を振  郭元振  上へ出ると元振  顔をあげて元振  袖を除けて元振  夜半近くなって元振  者は元振  席へ入ったので元振  前へ元振  脯を載せた元振  朝、元振  女と元振  人も元振  人は元振  権力を振  つた手を固く振  梢を振  上でそれとなく裏返し、振  自分を振  華を振  精神を振  これについてゐる振  言葉は聞かぬ振  晩は久し振  風紀を振  硝子窓を振  反省があり振  うに首を振  サエが振  ミサ子が振  猛威を振  余は思わず逃げ出したり、逃げながら振  船中に振  もう一度頭を振  粉などを振  横顔で振  のと、振  一時に振  ト斉しく振  なかった途端に、振  人目も振  もの、振  フウフウ息を切らしながら再び振  ほうを振  相手を振  足を振  鋸もて切取りて、いざとて振  良心を振  心は二度と振  足袋を振  ひとり木剣を振  つて帽子を振  さうに手を振  手布を振  手綱を振  貿易の振  政治上に振  二人は同時に振  疲れた翼を振  後ろを振  あとを振  接吻を見ない振  ビックリして振  偶と振  姿を見て見ぬ振  彦太は振  米さんの振  蹙め手を振  方は振  角で振  太刀を振  から、さておもむろに振  ものか、突然くるりと振  からふと振  通りに振  言ひなり、振  尻目にかけて振  流石に振  靜を振  道をさがす振  女房は聞かない振  歩行く振  紳士を振  寐た振  それを振  クルリと振  彼は、聞えぬ振  張り乍ら、どうしても振  横に振  靴を振  声にハッと気付いて振向いたが、振  娘はすぐ振  彼を振  ことばを、聞きすましながら振  劉青年を振  門を出ると、振  少女は、振  それへはせて振  関羽は、振  嘆息しては、振  味方を振  ひまなので、ぶらぶら振  手をせはしく振  はいへ、振  爾後一向に振  絵看板を振  扉を振  棒ちぎれを振  注意とを振  向う鎚を振  倒に振  かすかに振  顔ばかり振  中に振  肩が尖つて、振  一つであり、その振  尻尾を振  方へ振  少年はおどろいて振  孫堅は、振  人々が、振  赤兎馬を止めて、きっと振  駒を走らせ走らせ、振  戦意は、さっぱり振  びっくりして振  姿を振  昼を見入っていたが、振  ように思い切り振  勢威を振  長刀を振  権勢を振  刀を振  先頭に振  私を振  仲間を振  鐘を振  指揮杖を振  綱はくるりと振  軍事研究に比し甚だ振  女はぐらりと振  孫策は、振  屹と振  呂布は、振  軍紀の振  説を振  振子を振  試験管を振  勢を振  サアベルを振  鎚を振  机について知らぬ振  学生運動を振  處で振  しろを振  呂布を振  心が振  御衣を振  陣地を振  常と違って振  頸が振  男に呼び止められて、振  私はわざと知らん振  勘定の仕振  発声かなどと振  板障子を叩く、知らん振  勇猛心を振  時に振  鑿を振  カクテルシェーカを振  急に振  惜気もなく振  張飛は、振  しり眼に振  袁紹をふと振  奔流を振  とらは振  世辞を振  姿を見ても見ぬ振  頭顱を振  島はいきなり振  剃刀を見つけると、いきなり振  天秤棒を振  島は振  駢べていながら、振  声かけて振  活溌な働き振  風の振  三井家に送って、久し振  露臺を振  露台を振  目で振  後に聞えたので、はっと気がついて振  汗を拭いながら振  彼女は振  俄にぞっと寒けを感じて、ふと振  立止って振  如何に処するであろう、と振  権威を振  於ては振  両手を大きく振  所に歩いて行く其の歩きつ振  大波濤ガ歐米ヲ振  科學が振  弁舌を振  今こそあまり振  曹操は振  幾度も振  こちらを振  事を振  二度三度と振  奥を振  通りがかりに振  けげんそうに振  頭上へ振  窓硝子が振  鍬を振  心を振  劉璋を振  雄弁を振  政治家的手腕を振  名も振  威光もさらに振  威力を振  ッさと振  つても、振  力を持って振  駒たてがみを振  そっちを向くと、慌てて振  ハンマーを振  ら詞を振  短刀を振  前を振  衝と振  如くに振  門野は振  今度久し振  物の言い振  にわかに振  鉈を振  蜀軍はとみに振  私は、くるりと振  お久し振  兼公は久し振  山三郎は振  それを見すくめてゐたが、すぐ振  彼のすこぶる振  兩方大袈裟に振  練つて、振  勇敢に振  気力を振  何処へ振  様な振  裁縫が出来ないに出来る振  お父さんが帰ると広げて出来る振  薪割を振  急には立たぬ振  庄吉さん久し振  のを引抜いて振  乱暴人を忘れ振  市街を振  労れた振  告りながらぴったり振  敵と呼んで振  双方相上段に振  市が振  侍が振  身體を振  後方を振返り振  翌日久し振  方を振返り振  縫とが居ない振  猶予って振  のを、振  衣を振  心持で、振  警察署から受けると久し振  力を込めて打ち振  売行きはなはだ振  はいに振  ほうを見ようとして振  行甚だ振  彼はふと振  少年ボーイを振  ハンマを振  片手ハンマを振  威権を振  言つて頭を振  其方を振  真向に振  ために振  塵埃を振  先に出ていって、振  むげに振  何にも知らん振  バケツを振  顔をして、と振  宙に振  反撥力を振  獨創の誇を振  おばあさんが振  無理に振  勢力を振  といつて手綱を強く振  默つて首を振  世辞愛嬌を振  末路は余り振  拳固を振  彼は振  瞬間には振  乙に振  我々が久し振  袖を、振  抽斗から験温器を取り出すと、一度強く振  海軍的思想を振  銚子を振  大作が、振  一人が、振  笑い声に振  女狩が、振  右脚を、引込めて、振  狼狽させたが、ちがうと思うと、すぐ、振  後方を振  お歌が、ちらっと、振  お歌は、振  髮を振  本を讀む振  椅子から立って振  今ぼんやりと振  婦人は振  上に大きく振  頤を振  末まで、振  故とらしく振  背後を振  松の木の振  令嬢を振  枝を撓めず、振  衣裳方と、振  気勢に振  前へ駆け抜けたと思うと、振  ようにして乗ってましたっけ、振  薪雑棒を振  滅多打に振  夏は振  体を振  突嗟に振  其結末を振  神棚に振  彼女はじいっと振  子供達を見に行く振  俺は振  七郎の振  処で振  農業の振  馭者は振  杖をはげしく振  ッと振  意気を振  からん、振  最後に振  麗筆を振  旗を打振  博労たちは振  姿を見ると、いっせいに振  跡からこづいて、立ち留らせて、振  団扇を振  こちらへ振  二人も振  種は久し振  春は振  三吉が迎えに来ていて、久し振  熟と寝た振  田舎料理をすすめて、久し振  種は寝た振  宿に泊めて貰って、久し振  正太とは久し振  ようにふと振  家に澄まし振  女が振  出だねえ、久し振  御覧と案じる振  大吉は態と振  叉手を振  雄二は振  車代を払って、久し振  方へ行って、久し振  森彦は振  それに、久し振  三吉は久し振  叔父さんの働き振  一度も振  女はひょいと振  二人が振  地蔵様を振  与八が振  一隅を振  彼女のこの振  郁太郎を振  錫杖を振  黒坂が振  薫馥郁として、振  女房も振  態も、振  袖の振  上り口で振  七兵衛は振  端を持って、振  蔭でおぞけを振  備前長船小豆長光二尺四寸五分の大刀を打ち振  つて渚に振  麻木を振  二三人が振  一たびは振  足をとどめて振  助は振  声で振  愛嬌に振  厭でも知った振  比較すれば、只振  様に振  半兵衛が振  槍を振  必死に振  風習を振  お伴を振  美人を振  過去のあやまちを振  傘を拡げながら振  声がふと淋しくなったと思ったので、振  口辞を振  無上に振  気がして、振  がんりきが呼びかけたので振  手もかけず、振  歌ひ振  揃つたのも久し振  改札口を出て振  云つて首を振  袖を振  正月らしい振  財産を振  掛矢を振  繋ぎ、振  返事どころか、振  雨が振  方向に振  ことを振  身を浸しながら、久し振  鈴を振  石を振  前で振  たまを振  ことこと頭を振  米友が振  食気更に振  二三歩あるきかけて、ふとまた振  勝手に振  腕を組んで夜空を振  田部井氏は振  絹は振  月を振  返事もしなければ、振  あとをも振  気がついて振  こちらは振  十吉は振  外へ振  ぱちんと云はせて振  手袋を振  籠めて打ち振  のだが、久し振  姿を久し振  銀様が振  塚に向けて振  私が振  ふしぎに思い、振  双葉を振  戦争を振  銀様は振  時分に振  棒を振  侃は振  千さんのだ、振  眉を優しく振  源平以後地に墜ちてまた振  さしぬき振  ハンカチを打ち振  勇気も振  過去を振  山刀を振  能登守が振  五十嵐も、歩みながら振  外へ向けてよく振  舌を振  今なにげなく振  気味あしく、いかにもして振  皆は振  ままで振  亀甲橋を振  垣根越しを振  発見によって打ち振  ピストルを振  東国に振  大に振  意気大に振  さを見ぬ振  線路工夫の振  西方へ振  逆手に振  静かに振  山刀をスラリと引抜いて、振  時分に、振  笑ひで受け、振  手が付けられぬに、寝た振  吉蔵を、振  ものや、振  気配を感じてか、ひょいと振  神尾主膳が振  のか知らと振  米友は振  女は振  按摩が振  ものかいっこう振  蹌踉状に振  一振振  枝の振  鼻面を振  オールを振  士気の振  舌打ちしてやにわに振  度に振  竹の尖を振  誰ひとりそつちを振  荘一清は振  汪紹生は振  上下におぞけを振  その後一時は振  ほと並んだのに、打振  非時の振  一廻りして、振  耳を振  沢は振  時、向うから先んじて振  周囲を振  掛を振  貝子載振  微々として振  精力を振  權勢を振  權力を振  軍事的暴圧を振  弁を振  粹に振  木彫りの振  我知らず後ろを振  わたしはまた、ひょっと振  駕籠屋は振  駕籠を振  ところを振  來非常に振  それから眼をあげて、振  行きかけて又振  気附いて、振  巣をあむ振  そなたは振  身を振  薩州を振  好奇を振  部下を振  窓を振  警部補が思わず振  御座ますから、あんな酔った振  其処へ出掛る振  目を丸くして振  五歩にしては振  サッサと振  おとなたちも気がついて、振  搖す振  人々が振  どっちへ振  ちょっと驚かされて振  娘が振  弁信の振  急で振  辻番、振  それすらも振  暗がりを振  熊さんが振  左右に振  響きに驚いて振  面を振  強弁を振  腕を振えば、いくらでも振  士風が振  そちらを振  力を振  彩筆を振  生活を振  わしたちを振  道標が見え、振  こっちを振  声に、振  るせつなに、しみじみ、振  大屋根を振  一せいに振  顔して、振  学問を振  守時は振  高氏が振  反り身になるまで、振  後がこわくて、振  體を振  書類を振  手を休めて振  思いどおりに振  落着かないで、振返り振  ちょっと後ろを振  お松は振  振りもぎって、振  そうに振  牛めは振  佐野十郎を振  中ほどで、頻りに振  影を振  前から、振  西一郎も更に振  聲がするので振  腰を振  別に背後を振  男は初めて振  人心地が戻ってきたが、振  威名八州を振  気になって振  米友、ひょいと振  ギョッとして振  わたしを振  わたしは振  一振り髪を振  父は振  鞭を、さっと振  きれいな女だと、振  袂をひいて、知らぬ振  掻立てながら振  体ぐるみ廻して振  清右衛門が振  数右衛門を振  女は、再び振  以外には振  つもりで、さて振  大月はホッとして振  後、振  方向を振  何度も振  ヒョイと振  音に驚いて振  肩越しに振  気配を知って振  オウと言って振  七三で振  なかった足を翻して、振  チョイと振  熱弁を振  矢がすりの振  思つて、ひよいと振  貴方が寝た振  抜刀を振  お嬢様にも久し振  私も誠に久し振  傍を振  腕の振  想念を振  手を大きく振  三次は振  刀の尖を振  グラフを振  気配に気づいてか、チラッと振  支配人はそう云って振  夢中で振  チュガ公は振  瓊珮とを振  撥を振  話声を止めて振  擴げて踊る振  賽を振  時親は、またかと言いたげに振  廊の曲がりで振  高氏は振  んと振  花子を振  其手を振  奴と思うて振  林駒生氏が振  五ツ六ツひつぱたいて、くるりと振  アラいやよ、すましてくるりと振  粕漬みたいな振  男どもが振  腰の振  つて拳を振  小刻みに強く振  さうに頭を振  うに二三度頭を振  ように、振  越後守仲時は、振  床几を振  士気を振  孔明氏はホッとして振  自分自身を振  何とも云わないで振  通りを、久し振  ことも振  目は振  一つが振  我武者を振  派の振  鬣を振  笠を取って、なにげなく振  塩胡椒を振  塩を振  物へ振  女なんぞは振  度胆を抜かれて振  時塩を少し振  上へ振  パラパラと振  メリケン粉を振  手水をバラバラと振  尊氏は、振  兄を振  金剛山が振  ちょっと後を振  東山少尉は、振  勇猛心を、さらに振  そばを振  戦いが振  藤吉は振  ことを考えますと、おぞけを振  ひとたびは振  後ろ姿を見て振  ちょっとこっちを振  あたりを振  鉄は振  尊氏を振  氣がついて振  徳利を取出して振  私が素知らぬ振  返事はせずに振  奴があるので、振  それをちょいと振  爺どのが振  歩行きながら振  杖を振  宙で振  襖を振  門を飛び出ようとして、振  マア坊は振  つて劍を振  權威を振  相島は振  此の振  君よと振  二人はぞっとして振  一幕にも、振  名を言って、凝と振  坂口を振  雪空を振  お雪ちゃんは、振  無遠慮に振  足を停めて振  顔をして振  チラと振  寶塔をちらと振  魔術を振  健筆を振  ッ、と振  ふだんと変っているので、なんだかぎょっとして振  大風にでも振  事に振  自分は振  外交機關の振  外交の振  ろの振  気勢は素早く感じ、振  氣取つた、いかにも思はせ振  足音を聞くと振  全力を振  鎗を振  利章は久し振  方も見えるから、振  先生は振  其等は一々高く振  それは振  仏頂寺が振  ものかと、振  みんなが振  後ろを振返り振  空を振  秀吉を振  機略を振  空気を振  手を高く振  気分を振  入ろうとして振  少年も振  滝太郎は、うむ、といって、振  ものを、振  形も、振  滝太歩を停めて振  仏様を振  嫣然として、振  帽も振  向うを伺い、振  少年が一度振  繭は、振  今度は振  指を振  廟議少しも振  ロシヤへの振  ロシヤとの振  枕に振  御霊的威力を振  後に、久し振  行つてチラツと振  酒瓶を振  二十ばかり振  熱心に見る振  鋤でも振  小銀杏が、振  男は直ぐに振  土を振  簪が揺れるわ、振  熟と視たが、わなわなと震えて、あっと言って振  玄人らしく、軽々と振  タランテラを振  銀様が、ふっと振  姿を振仰いでは拝み、振  稚気とを振  そちらへは振  勢力微々として振  岩公は、振  私は振  ステツキを振  前なるは振  床の間を振  誰も振  両国手は、時々振  助が振  物音、振  伊東も振  一つ二つの顔が振  間に、振  何かの振  彼女自身に向って振  何心なく振  鍬が、勇ましく雄々しく振  腕も振  妄想を振  ちょっと米友を振  例の振  関守氏が振  さらばと振返り振  世話ニモナッタカラ、振  士気が振  二三ベン刀ヲ振  鋤を振  右左に少し振  曲つて、振  大輪に振  名刺を振  立止つて後を振  布を振  腕を激しく振  能楽界を振  匕首を振  後も振  定は一寸振  旦那樣のお出懸に知らぬ振  交代に振  旦那様のお出懸に知らぬ振  叔母は振  人物は振  坊主が振  一つあって、振  門前を、振返り、振  誰ひとり振  ものもなし、振  から、また振  ます勇氣を振  将門暴威を振  いま演劇の歴史を振  つて首を振  生涯を振  ながら見ぬ振  狼は振  びつくりして振  片手を振  箸を持って振  中頃は振  手高く振  吏道の振  吏道を振  もので、振  必要とする、と書くか、振  吏道やその振  之を振  内に向かって振  外に向かって振  外に向かっての振  政治機能の振  学術研究が振  パイプから火を振  萬燈を振  此物を振  首みぢかく、振  手をば振  一ト言、振  ふつと振  采配を振  氣を振  い物の言い振  朝化粧、振  乍ら直ぐ振  所で振  肥つた女が振  泣顔を振  登場にも振  杖を打ち振  一礼を残し、直ぐ振  左右に打ち振  力なく振  事だからと知らぬ振  つて徒ら気に振  半可通を振  婦人がとかく見て見ぬ振  婦人作家が振  主権を振  中江が振  こんどは振  体を抱えあげながら、振  嫌ひを振  人を外さぬ話し振  喧嘩と振  窓から帽子を振  宙に打ち振  蹶然袂を振  三好を振  気になるので、振  矢張り気になるので、又振  声がしたので、驚いて振  關は振  とも買つて下され、久し振  余驚いて振  タオルを振  未練もなく、振  何を振  剣ヲ振  前を離れて、振  文想を振  後に隠す振  隱す振  つて後を振  惰力の振  蠻勇を振  篩で振  辯を振  目の振  父団十郎の振  つれに振  決然として振  のに驚いて振  二もない、呼んだと思うと振  御面相は頗る振  御面相の振  旗幟を振  辣手を振  商業を振  スコツプを振  帽子を脱いで振  小枝子に振  非常に驚いて振  町はあまり振  故か、久し振  しろに振  其處に立つて振  本を振  鹽を振  教へられて振  不動心を振  眼付きを振  勢込んで振  マユミを振  事情にちょうど振  胡椒を振  我慢し切れなくなって振  飽き足らなくなったが、重ねてまた振  歴史を振  自我を振  のを見ぬ振  時雄はふと振  父様に久し振  三度まで振  なんだ、といいながら振  上を振  後には寝た振  奥州に振  フライパンを振  顔だけ振  機会に立去ろうとして、振  ことも考へてみたが、振  令嬢が振  令嬢は振  時再び振  返答を待たずに振  違つてしまふと、物憂げに振  唯一人ぼんやりして振  由良のふいとそう振  事に思って振  そなたを振  天窓を振  下を燻していたが、振  脚を振  児童文学が振  幽霊は振  力なげに振  ばさりと振  焚して居たが振  壜を振  身振りで振  嫌だったので、振  警部を振  友と久し振  方へは振  湿度曲線がはげしく振  歴史を聞き、振  烈風に吹かれて髪を振  槌を振  隠居の話し振  生物識を振  女はくるりと振  彼はすでに振  由子は思はず振  返事もきかずに振  木村重吉は呟きながら振  木村重吉は振  報告すると、くるりと振  頭をがくがく振  放心に追はれながら、ふと振  一切を振  結論すらも、もはや振  悄然とうなだれて振  最敬礼して、くるりと振  くるりとうしろを振  めてゐたが、くるりと振  今になって振  それから茫然と振  腹をゆすつて振  笑ひながら振  奥手へ振  一斉に振  官権を振  尾いて行きながら、振  商工業の振  老人が振  櫛を振  志気を振  棍棒を振  彼が振  草がまた振  足を留めて振  涙を振  父はくるっと振  節がつき振  面も随分振  山高帽をしきりに振  外套氏は振  三人とも振  斉しく振  幸いに益々知らぬ振  春部を振  中へ振  蓮見に何とか話しかけて振  咲子は振  武者ぶるひして振  黄銅製の振  豆腐屋が振  日本人の振  ざま薬王樹を振  幸子は、振  小才を振  わしは振  宙へ振  自我に向って振  威勢を振  文芸方面は頗る振  右へ振  創作の振  手で振  赤旗を振  一つ腕を振  半額券を振  花を振  嫌々そうに振  ハッチソンはキッと振  瓶子を振  大将自身に振  音で振  日本女を振  体臭を振  怖気が振  末期には、振  五助は振  気、振  舌打、振  前まで来て、振  つて、振  努力心を振  片足を踏みかけて振  毎日検温器を振  チット大きいなと思って振  下駄を振  女中を振  吾輩が振  まま、振  気が付いて振  特別に悠々と振  何かを振まわすが、その振  女将が振  二三度首を振  何となくもつたい振  權力が振  立停ると、振  娘は一寸振  ところは、振  肋骨君が振  ところをもって見ると、振  上品な話し振  ベルを振  ものを振  筆が振  彼が常に振  まさか暴力は振  方々との振  僕は押されて振  僕を振  凭掛っていたが、軽く振  密と振  默つて後を振  日を振  斯う呼ばれて振  胸には久し振  たまるかい元気を出してまた振  私は一寸振  笑とを振  さうに首を振  兇器を振  主人も見て見ぬ振  粗相の振  朝は気がついて振  枝を振  君は振  今夜は久し振  宗助は久し振  ばあさんは振  ばあさんはやはり振  様に、振  奴を振  十郎が、振  家来たちは、初めて振  愕然として振  懐さに振  押並んで振  ざまに振  立留って振  手を置いて、振  外套が振  艪を振  空に振  こちらからも亦振  無造作に振  真弓は、振  ラケツトを振  海上などを振  ピッケルを振  ちよつと振  とつさに振  煮豆屋、振  煙たなびけり、振  雀部も振  目賀田が振  松子を振  つて男泣きに泣いたなんか振  口前を振  飫肥の振  默つてかぶりを振  何事も見ぬ振  銀翼を振  しろで振  ヒヨイと振  喫驚しながら振  手はやめなかったが、振  田の振  槍を打ち振  誰かと振  反身に振  君江は振  鳥居を入って振  気のつかない振  鳥打帽をとり振  薙刀を振  腕力を振  何うしても振  言ひ振  かをるは振  行つて窕子が振  頭を強く振  それと振  劔を振  時、振  火に気付いてか、ひょいと振  はてな、と思って振  方はと思って振  威令を振  悸然として振  帳場から見て見ぬ振  私には振  殘り惜しくも振  彼は、益々大きく振  無茶苦茶な大振  洋盃を打ち振  肩を振  緩やかに振  音叉一時に振  金箍棒を打ち振  手巾を振  それとなしに振  物を振  後を振返り振  竊ニ志を振  子路は、ようやく振  ところでふと振  胴羅魔声を振  徳利を振  侍も、振  から沢庵が振  大声を放って振  道を振  横にばかり振  泥を振  食ひ振  用のある振  私は思はず振  息をついて振  国中に荒振  自己を振  ことができ、この振  自己を更に振  相棒も振  つて賽ころを振  つても振  ハンカチなどを振  分析的智力を振  従兄弟たちも振  銀杏を振  彼が、振  顔にのぼせ、振  朱実は振  相手が出たので振  武蔵が振  目刺魚みたいに振  日観が振  乱舞を止めて、振  庄田喜左衛門も気がついたとみえ、振  がたを振  萎靡して振  傍を向いて聞かない振  腕が振  我威を振  師匠は振  目もて、振  国麿は振  ものが振  撞木を振  人あり、すれ違いて振  図後方を振  はじめて総立ちになって振  大刀を振  吉岡流兵法の振  跫音を振  ほうへ廻って振  通が振  男はちらと振  から後ろを振  はじめて宗春は振  袂を振  皆、振  武蔵は、振  誰か、と振  寅之助は、初めて振  斜にして振  小女を振  里を振  ことは振  常々それを打ち振  これを振  御覧なさいな、久し振  頸を振  文三が振  汚穢物を受取り、振  頭をフッと振  手頭を振  ざま拳を振  気を含ませて、振  ト背後を振  喫驚して振  貌を振  文三は振  容子を振  フット顔を振  フト首を振  今打とうと振  佶と振  手腕を振  人は振  顔が止まって振  丑之助は振  伊織は、振  助九郎は、振  後ろが振  伊織が振  助も振  弟子を振  先へ急いで振  神経を振  のを、見ぬ振  總毛を振  東屋氏が、振  ナイフを振  頭を激しく振  女中にまで振  輕く振  思をしながら、と、振  ロスタンは振  木葉を振  腕を勇ましく打ち振  得物を振  如意をそう振  気競って振  立停まって振  前髪を振  舞を振  から、さらに振  通りを振  心配を振  のだ、振  彼は思わず、ドキッとすると、周章て振  ギクッとして振  気もなく、振  医は振  松葉杖を振  飛行眼鏡を光らせて振  上から幾度も振返り振  髯を振  鎌を振  衒勇を振  門を振  盆を、振  軒下へ出て振  直之輔は振  ゆつくりしていらつしやいよ、久し振  ものの振  細川方が振  声をかけてみますと、振  善人を迄も疑い、見ぬ振  の譬えで振  暇を得たれば久し振  ものあり振  才を振  共、間もなく振  後退りをしながら振  衣の、振  気がして振  眼をつぶりながら、振  からまた振  加奈子が振  口を利かず、振  愛嬌を振  道具を振  気がするので、振  態度を振  奧さんを振  まぼろしを振  法廷で振  不意に振  近来和歌は一向に振  朝以来一向に振  漢詩壇が振  來和歌は一向に振  萬葉以來實朝以來一向に振  火が振  見合おうず、と振  肩ぐるみに振  後姿、振  手踊、振  科や、振  方へ駈け戻ったが、走りながら振  はなしに振  瞬間に気付いたので、すぐ振  不遇を託って振  藩内に振  車夫が振  くるりと振  方向を取りつつ、息みもせず振  體は振  思つて首を振  さそうに振  戈を振  終には、振  頭をぶるっと振  近習を振  自分らは振  肌を見、振  石橋の振  横にして振  捉へられるを、振  星空を振  秋山は思わずぞっとして振  これも一向に振  ため晩年は振  風鈴草はいくら振  花をやけに振  尻を振  つて間を得たので、久し振  した顔触に比べて、最も振  経験を振  亭主は振  鶴嘴を振  通つて、久し振  兄も久し振  服装にも振  眼を振  彼は見ない振  国太郎が振  二三歩あるくとくるりと振  手こそ振  李は振  ペコンと下げただけで振  細川繁を振  姿を見て振  肩越に、振  筆者を振  氏が振  こと一町ばかり、俄然留り振  二人とも、同時に振  さが、振  犬ぶるひに振  党勢の振  竹刀を振  黨勢の振  臂を振  金嚢を振  空氣を振  學校を振  樣もないので、素知らぬ振  吉野は、直ぐと振  昌作は聞かぬ振  それを感じて、つと振  智惠子を振  彼は一寸振  静に振  皆が振  んですが、聞かぬ振  んじて振  ものを残らず振  顔で振  学校を振  様もないので、素知らぬ振  ツと振  智恵子を振  顏で振  結果は甚だ振  藝妓が振  元気さうに尻尾を振  母さんは一寸振  鉄腕を振  上り、振  男は思わず振  裾も振  らうと振  手を握ると、烈しく打ち振  断じて拳固も振  泣声を振  死にあひ、さて振  あい、さて振  それからクルリと振  がらがらを振  腐敗堕落的権威を振  毛も悉く逆立つ思ひ振  腕鳴り振  庭にたちて振  震旦又は振  書き方が頗る振  間はあるまいというので、いよいよ振  上に振  小平太は振  小平太は思わず振  小平太はぎくりとして、思わず振  横町に、小さい、甚だ振  現象として、振  船長が突然に振  司法主任を振  女なんか振  着物を脱いで打ち振  薪を振  出刃を振廻したとか、振  ものが有るだよ、と振  人達が振  鞘を払って振  藩力を振  アダリーを振  私の振  音がしたので、ハッとして振  形相をしていたが、振  考えを振  海水をいくらか振  後に振  一時やや振  発達して振  百姓はふと振  利剣を振  領布を振  経を読みながら、ふと振  紅の振  つて手を振  私は、ハッとなって、振  時なぞ、振  島村は振  杖に振  つては呉れないだらうか、振  筒袖を振  顏を振  廢めにしなさるかと振  紙毒筆を振  信心をも振  友は振  室に戻ろうと振  圧迫を受けて、さっぱり振  鉄拳を振  コン棒を振  わが身を振  栗野博士が振  夫婦を振  栗野博士を振  左右を振  さとおもたげの振  嬌娜に振  途中で振  燈籠を振  ようだから、振  貰つた領巾を振  嵐に振  力一ぱい頭を振  まともに振  爪を振  魔力を振  尻尾を高く振  ビレラフォンが振  ほうに振  うちに振  彼が突然振  もう一度言ったが、振  叔父は、ぐいと振  工場主は振  顔つきで振  目的がないと思われるので、わざと振  しかし、もし振  完全に振  ために、振  中で振  盆栽に見入って、振  祖母が振  若党は振  東夷に振  柳にも振  行つて尾を振  親を振  事一度裁縫に関すると、振  父が一寸振  ものは振  おかんは久し振  棒に振  男も、振  しろも振  風で振  方で振  物いひつけんと振  底をかへして振  内方と囁きながら振  扶ける振  ゆ觸らばへ振  孝ちゃんを振  つたもの、のみならず振  花柳寿輔がつけた振  それを見ていたが、やがて振  卓へ置きにいって、振  財布を振  博士などならば振  掉尾に振  のが、振  糸ゆらゆらと振  敵愾心を振  おろか、いまだに、振  勇氣の振  勇気の振  びツくりして振  あとで振  推移が振  嘉治さんを振  武威を振  呶鳴っても振  元和三年に振  女で、振  汀を振  露を振  會話が少々振  會話が振  つたいつのまにか風が出ていた振  マネージャーに振  ものがある、振  吾妻下駄に踏みならし振  釣を眺める振  ものがあるので驚いて振  ロシア人だろうと思って振  鬼婆、振  家を振  笞にはげまされて振  言つてクルリと振  曲り角に来て振  冬は振  愕然と振  鐘の振  一瞥をくれただけで、振  内部の振  のは、振  姉は振  髪飾りが、振  次が振  手で押したくらいや振  大鐘の振  大鐘はやや傾いて振  霙は、やがて振  綱を戻しても、重たい振  電流が振  瞬間電流が振  氷結を解けば、当然振  ものが、振  片方は振  ものを持ち帰り、もつたい振  友田は聞えぬ振  真物の振  紗を振  一歩く振  何ごころなく振  わたしは再び振  大胆に再び振  兩手を振  右手を大きく振  頭をぶるぶると振  やうに見せて、振  新聞小説の振  親に久し振  叫びぬいてゐるが、振  百姓を振  若い女を振  オォルを投げだすや、振  しろから肩を叩かれ、振  年を重ねて、また更に振  自ら槌を振  三好が振  又野が青くなって振  手足を振  前へのめったが、振  襟清く、振  妻をも振  夫人は振  かわり横田圃へ振  それを知らぬ振  罪を隠そうと、身構えながら、振  高田殿は振  中、振  小標題を振  人々を振  博士はと、振  僕は、おどろいて振  縄に取すがり、振  銀賞の振  一本道を振  おかみさんは振  



前後の言葉をピックアップ
不二男  不徹底    不満足  不均衡  歩も  附さ  歩か    


動詞をランダムでピックアップ
持運ん曳けよかつぎ込む着けたどっ生き抜か司る入れりゃ創り出そたまげ思いだささそっ拓け行なっ爪先立っ検せきらめか捉える更そ
形容詞をランダムでピックアップ
ふかきかびくさいじらしくっ悔し自慢たらしく青きとろもろかっ寂しかれよからめんどうく金臭くうら淋しく深かろいさぎようけぶかく勇ましき宜しともき