「仰ぐ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 仰ぐ[動詞]
階段を仰ぐ  実を仰ぐ  示教を仰ぐ  空を仰ぐ  づ空を仰ぐ  邊天空を仰ぐ  無辺天空を仰ぐ  君を仰ぐ  英雄を仰ぐ  木末を仰ぐ  指揮を仰ぐ  天下の人其光芒を仰ぐ  ここから空を仰ぐ  窓越しに仰ぐ  父と仰ぐ  指示を仰ぐ  万人ひとしく仰ぐ  涙を持って仰ぐ  密雲を仰ぐ  天を仰ぐ  指導を仰ぐ  上を仰ぐ  翁が仰ぐ  家を仰ぐ  窓を仰ぐ  悲しみひねもすそらを仰ぐ  太陽を仰ぐ  絶壁を仰ぐ  正面に仰ぐ  天半に仰ぐ  下から仰ぐ  しろを振り仰ぐ  星を仰ぐ  大空を仰ぐ  光を仰ぐ  帆柱の尖に仰ぐ  四方を仰ぐ  別に裁判を仰ぐ  師と仰ぐ  夜桜を仰ぐ  倶利伽羅を仰ぐ  峰頭を仰ぐ  姿を仰ぐ  軒先から仰ぐ  下から空を仰ぐ  合力を仰ぐ  後ろを振り仰ぐ  徳沢を仰ぐ  彼に仰ぐ  頂上を仰ぐ  森を仰ぐ  空を振り仰ぐ  一同は振り仰ぐ  聖母を仰ぐ  山を仰ぐ  せきも思はず振り仰ぐ  顏をふり仰ぐ  中に仰ぐ  糧を仰ぐ  漢を仰ぐ  盟主と仰ぐ  声に振り仰ぐ  陽を仰ぐ  顔を仰ぐ  青空を仰ぐ  際限に高いので、仰ぐ  命を仰ぐ  日輪を仰ぐ  者、仰ぐ  廟を仰ぐ  元祖と仰ぐ  いま将軍を仰ぐ  底から天日を仰ぐ  月を見仰ぐ  頂を仰ぐ  推量を仰ぐ  主と仰ぐ  ペーヴメントに立って仰ぐ  前方を仰ぐ  救いを仰ぐ  梨の木を仰ぐ  朝廷を仰ぐ  祭典を仰ぐ  軒を仰ぐ  援軍を仰ぐ  これを仰ぐ  聖慮を仰ぐ  巨材を仰ぐ  睫毛をしばたたきながら、仰ぐ  それを仰ぐ  のも、仰ぐ  天覧を仰ぐ  喜捨を仰ぐ  屋根裏を仰ぐ  上を、ぐいと仰ぐ  同情を仰ぐ  村人之を仰ぐ  上を振り仰ぐ  保護を仰ぐ  めを仰ぐ  紺碧の空を仰ぐ  瑠璃色に冴えて、仰ぐ  木の間を仰ぐ  天井を仰ぐ  下問を仰ぐ  力を仰ぐ  霊を仰ぐ  椽近く座を占めて仰ぐ  事指図を仰ぐ  側から示教を仰ぐ  指令を仰ぐ  ゆっくり看板を見ようとして仰ぐ  垂直に落ちて仰ぐ  下から近々と仰ぐ  久しぶりで仰ぐ  市子は、仰ぐ  批判を仰ぐ  面を仰ぐ  風にすりつけては仰ぐ  日月を仰ぐ  慕ふべく、仰ぐ  夫と仰ぐ  窓から空を仰ぐ  いくら木戸博士と仰ぐ  月光を仰ぐ  下に立って、仰ぐ  電気時計を振り仰ぐ  塔の電氣時計を振り仰ぐ  裁決を仰ぐ  毎夜星を仰ぐ  一班を仰ぐ  容を仰ぐ  晴天に仰ぐ  人々が振仰ぐ  暁光を仰ぐ  銅像を仰ぐ  御幸を仰ぐ  首を仰ぐ  二度目に仰ぐ  空をふり仰ぐ  方を仰ぐ  本復を仰ぐ  宗家と仰ぐ  須弥壇を仰ぐ  頭上に仰ぐ  動座を仰ぐ  勅裁を仰ぐ  青天に回して仰ぐ  裁可を仰ぐ  馬を仰ぐ  崇高を仰ぐ  乍ら桂子が振り仰ぐ  上洛を仰ぐ  生害を仰ぐ  峰を仰ぐ  近く不二を仰ぐ  伸ぶるを仰ぐ  大仏を仰ぐ  推察を仰ぐ  時に仰ぐ  御所を仰ぐ  船底から上に仰ぐ  出場を仰ぐ  学費を仰ぐ  底から空を仰ぐ  軒桁を仰ぐ  木々にも、仰ぐ  あなたを仰ぐ  榛名を仰ぐ  助力を仰ぐ  みな胸をうたれ、仰ぐ  物質的補助を仰ぐ  至尊と仰ぐ  聖断を仰ぐ  御世泰平を仰ぐ  閲覧を仰ぐ  天日を仰ぐ  意識に仰ぐ  天下のあるじと仰ぐ  上に仰ぐ  弁信は、仰ぐ  大将と仰ぐ  頭と仰ぐ  日脚を仰ぐ  井戸のを仰ぐ  二階をふり仰ぐ  雪空を振仰ぐ  十勝岳を仰ぐ  其處から仰ぐ  神と仰ぐ  裁判を仰ぐ  諒察を仰ぐ  げに仰ぐ  来迎を仰ぐ  西下を仰ぐ  粘液自体であるやうに思はれ、仰ぐ  山一杯にほつと仰ぐ  太陽の光を仰ぐ  山容を仰ぐ  行手を仰ぐ  客二天井を仰ぐ  先輩と仰ぐ  くせ空を仰ぐ  斜めに仰ぐ  頭上を仰ぐ  父とも仰ぐ  真上に仰ぐ  力を振り仰ぐ  済度を仰ぐ  顏を仰ぐ  なほ百歩を仰ぐ  なほ千歩を仰ぐ  屋根を仰ぐ  講話を仰ぐ  来車を仰ぐ  先生と仰ぐ  上空を仰ぐ  恐々振り仰ぐ  久々に仰ぐ  峯を仰ぐ  紅子を弱弱しく仰ぐ  家を出でて振り仰ぐ  指図を仰ぐ  右をふり仰ぐ  白妙を仰ぐ  電球を仰ぐ  時計を仰ぐ  日を仰ぐ  甲谷を仰ぐ  判断を仰ぐ  水戸家に仰ぐ  天日を直に仰ぐ  爆音を仰ぐ  教を仰ぐ  ハムレットを仰ぐ  北極星を仰ぐ  非常に驚いて振仰ぐ  窓を開いて仰ぐ  富士山を仰ぐ  處からのみ仰ぐ  麓に立つて仰ぐ  白浪のうへに仰ぐ  山岳を仰ぐ  健康を祝するが如く仰ぐ  神山を仰ぐ  前に仰ぐ  花園を仰ぐ  蒼空でも仰ぐ  中を潜ったが、仰ぐ  潜つたが仰ぐ  山嶺を仰ぐ  野から仰ぐ  蒼穹を仰ぐ  窓を開けて仰ぐ  曙空を仰ぐ  ッ裸になって打ち仰ぐ  孤独ではない、仰ぐ  眼で仰ぐ  渡り来て、打ち仰ぐ  自分を仰ぐ  眼を仰ぐ  猿殿を、仰ぐ  大空は仰ぐ  面をふり仰ぐ  日ごとこれを仰ぐ  補助を仰ぐ  目を仰ぐ  夜空を振り仰ぐ  精誠によって仰ぐ  薄衣を仰ぐ  月を仰ぐ  寝室から仰ぐ  壁を仰ぐ  君の仰ぐ  くにぬしを仰ぐ  爪先を仰ぐ  農鳥山を仰ぐ  突立っている、仰ぐ  批正を仰ぐ  庇を仰ぐ  収入に仰ぐ  祖神と仰ぐ  隙間から空を仰ぐ  女が高く仰ぐ  蒼空を仰ぐ  あはれ、仰ぐ  稜威高しと仰ぐ  火山を仰ぐ  午時太陽を仰ぐ  首領と仰ぐ  ッて仰ぐ  雲もないし、仰ぐ  しろを仰ぐ  立派さを仰ぐ  同情者に仰ぐ  像を打ち仰ぐ  馬上の人を仰ぐ  大菩薩嶺を仰ぐ  毒を仰ぐ  坂を仰ぐ  中からでも仰ぐ  声を仰ぐ  そこから空を仰ぐ  城を仰ぐ  軒から彼女を仰ぐ  崖を仰ぐ  助がふと仰ぐ  記憶を打消して流れ、仰ぐ  朝倉先生を仰ぐ  十字架上に仰ぐ  小僧を仰ぐ  賢明に仰ぐ  烈日を仰ぐ  鑰とも仰ぐ  成を仰ぐ  地上で仰ぐ  外に仰ぐ  主君と仰ぐ  陽門を仰ぐ  来臨を仰ぐ  犠牲に仰ぐ  秀色を仰ぐ  雲を仰ぐ  一方に仰ぐ  空模様を仰ぐ  神とも仰ぐ  差図を仰ぐ  協力を仰ぐ  間から空を仰ぐ  むしろ師と仰ぐ  枝を透かして仰ぐ  援助を仰ぐ  梢をふり仰ぐ  眼を開けて仰ぐ  師範として仰ぐ  憐憫を仰ぐ  中には、固より仰ぐ  村から仰ぐ  梢を仰ぐ  行啓を仰ぐ  梢に仰ぐ  寄書をも仰ぐ  神を仰ぐ  一案を仰ぐ  援護にも、仰ぐ  わが仰ぐ  天井をでも仰ぐ  のを仰ぐ  改札口を出て先ず仰ぐ  華やかに沁み込んで、高く仰ぐ  我に仰ぐ  石を仰ぐ  むし暑い夜に仰ぐ  顔を振仰ぐ  眉山は、仰ぐ  奈落から天井を振り仰ぐ  錆色見えず、仰ぐ  



前後の言葉をピックアップ
青くっ  青倉  煽ぐ  扇ぐ  あおぐ  青黒  青黒い  あおぐろい  青黒う  青黒き


動詞をランダムでピックアップ
屈もさとし巣くいとりまきさけび捨てれ萎え辷らす狂わせる照りはえる知れ渡り取り次ぎ抱き起こさいいすて手間取っおそっくぐら打ち立てろ取りかかれ称さ
形容詞をランダムでピックアップ
ほど遠い快うそぐわなかっ細々しい懶き楽しから気味が悪かろ規則正しきぬるかれものすさまじ大きけれ淡かっ蒼白くまずしく短うはやう邪魔くさいやり切れないおおし