「とお」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ とお[動詞]
ことばかり、とお  ゆふがた木曾に着くまでにはとお  獣にとお  占つてくれろとお  隅々までよくとお  ちよつとお  ちやんとお  つて半分になるとお  から、見に出かけよう、とお  斷てとお  數枚書いてくれないか、とお  つてやるとお  わたしにやれとお  知つてるかとお  パンパンになれとお  急にとお  お許しにならぬとお  なにものでもなかつた、とお  何うだ、とお  郵便を出させろとお  つて置けとお  病はなほるとお  つもりだらう、とお  使へとお  らへとお  留守です、とお  逢ふなとお  來ぬとお  大願成就、とお  事は出来まい、とお  喋つてくれとお  てゐるとお  結構ですが、とお  澱みなくさらりとお  者を見つけ出してゆるしておやりなさい、とお  ひとり残つてゐるにちがひないから見て来なさい、とお  頼みだ、とお  事をくどくどとお  者たちにも知らせてやりたい、とお  勲功も無し、とお  和歌がわからぬ、とお  恐縮です、とお  アカルイ、とお  幽霊水なんて、存外とお  平らにとお  叶へて上げるとお  この間にとお  実をたべるべからずとお  云へとお  わたくし共へもつと精出してくれとお  眼を懸けて遣はせとお  

形容詞

~ とお[形容詞]
やつとお  のこのことお  人とお  なうとお  ものとお  たかとお  ないとお  星野とお  いいとお  つたとお  欲しいとお  べたべたとお  円とお  牛乳とお  まいったとお  ゆるゆるとお  自分とお  面白いとお  フラフラとお  一とお  らんとお  老人とお  五郎とお  きつとお  替玉とお  故意とお  考とお  恍惚とお  千代とお  めとお  母親とお  女の子とお  人間とお  ますとお  貴方とお  太郎とお  兄貴とお  ひとつとお  指とお  我田引水とお  誰も知らないとお  裏庭とお  ひたいとお  なのだとお  影とお  さみしいとお  兄さんとお  神様とお  亜流とお  青木とお  可愛いとお  お酒とお  双生児とお  仕方がないとお  王様とお  好いとお  お母さんとお  おかめとお  ころりとお  樂園とお  理想とお  點とお  ひだとお  のものとお  夫婦とお  民子とお  しょんぼりとお  お嬢さんとお  くらべるとお  ことりとお  重子とお  不便とお  /″\とお  胸とお  ひつじとお  夜とお  源太郎とお  ランドセルとお  喧嘩とお  下女とお  ずんとお  しゃるとお  銀様とお  守とお  机竜之助とお  徳さんとお  男爵とお  神とお  盲目とお  武蔵とお  小塚原とお  じろじろとお  碁石とお  男とお  つめたいとお  お茶とお  であるとお  バターとお  別当とお  少将とお  火鉢とお  銀一とお  師匠とお  施餓鬼とお  然とお  イプセンとお  直義とお  岡村とお  怪しいとお  最上とお  大神とお  竹内とお  お塩とお  砂糖とお  いかでとお  うれしとお  死体とお  自然とお  初茸とお  窓とお  あらうとお  昇汞水とお  住職とお  知らないとお  食堂とお  するするとお  姉妹とお  ジョージとお  たっぷりとお  ペチャクチャとお  清五郎とお  先生とお  島田とお  ハリソンとお  小春とお  お国とお  よしとお  きりとお  ゆっくりとお  紳士とお  ちんまりとお  わるいとお  すっぱりとお  にせものとお  つかつかとお  騒がしいとお  肉汁とお  あやしいとお  現身とお  手料理とお  蚯蚓とお  楽々とお  喃とお  乞食とお  士官とお  状とお  ありありとお  ぼんやりとお  粧とお  どうかとお  浅井とお  判事とお  足袋とお  おむこさんとお  確乎とお  愚痴とお  いるかとお  御殿とお  のみことお  太子とお  村上とお  恥しいとお  帝王とお  おなごとお  大納言とお  丹波とお  ポンポンとお  芸者とお  よいとお  拙しとお  吉弥とお  お婆さんとお  強しとお  惜しいとお  係長とお  着物とお  ぷんぷんとお  だんだんとお  桃子とお  萩原とお  千万とお  太助とお  私とお  二郎とお  ちらとお  因果とお  まじまじとお  泉屋とお  おしんとお  まこととお  確りとお  未亡人とお  夢とお  若旦那とお  年代とお  銀さんとお  団長とお  草履とお  母とお  公然とお  からとお  おいおいとお  電報とお  ほのぼのとお  ふかとお  性とお  美しとお  怪しとお  姫とお  嬉しとお  かにとお  なとお  谿谷とお  悲しとお  ストンとお  ピエールとお  愛情とお  日本とお  あいとお  お菊さんとお  お土産とお  垣とお  注射とお  女とお  叫びとお  教頭とお  お父さんとお  事情とお  臣とお  彼女とお  はらはらとお  ハイとお  汝とお  はんとお  あやしとお  んとお  櫓とお  スクナビコナとお  いねとお  妻とお  精しとお  がたしとお  原因とお  ちんちんとお  さとお  不足とお  嬉しいとお  ありがたいとお  おそしとお  坊主とお  からんとお  子供とお  短いとお  時機とお  源五郎とお  長吉とお  士とお  あやさんとお  

~ とお[形容詞]
のかとお  女かとお  親切にとお  今ぞとお  色かとお  書なりとお  沒却主觀なりとお  夢かとお  水野仙子年譜によるとお  やうにとお  賑かな方へとお  てゐたこととお  おしのとお  ようにとお  樽よりとお  わたくしのとお  のかなとお  それよりずつとお  事かとお  ものかとお  これこそとお  事によるとお  重かとお  絶たりとお  生き残りかとお  終末かとお  君はとお  成程とお  別れかとお  知識なりとお  食はんためなりとお  罪人なりとお  魂なりとお  ぐ頃かとお  淨むる者なりとお  性向によるとお  都へとお  山かとお  あらめやはとお  んのとお  人にとお  弟子といはんぞとお  

とお[形容詞]
とおさ  とおもふを禁  とお米  とお好き  とおみね  とおもへるの  とお糸  とおもつて  とおぬい  とおたけ  とおすゑ  とおあや  とおもつたん  とおたか  とお照  とおも湯  とお言葉  とお遣りになるの  とおもふにねがふこと大方  とお叱りを受ければ夫  とおもはれるやう  とおもはれる枯木  とおもふにつけ胸中  とお品  とお吉  とおもん  とお時  とお道化  とおなん  とお良  とおてて一つ  とお庄  とおッ  とおめ  とお八重  とおばあさま  とおもふの  とお兄  とお多喜  とお筆  とお光  とお大  とお靜  とお道  とおもふ間  とおもふ心  とお君  とお賞  とお書き  とお島  とおもつてわたし  とお妙  とお安  とおもひながら膝  とおもふに木の葉  とおもふすすきの  とおよびするのもへんですわね  とお出  とお得意  とお手紙  とお縫  とお手代  とお夏  とおもつてゐ  とお妃  とお百姓  とおもひも  とおもつてゐるの  とお駕籠  とおえい  とお休み  とおもふもの  とおもひしはこれ  とおもふがゆ  とおもへる逍遙  とおもひつ  とおもはれる力  とお増  とおうつ  とお二  とお種  とおばア  とお千  とお俊  とお貞  とおそれ  とお芳  とおもひことなる松  とおもへば  とお豊  とお医者  とおべんとう  とお祭祀  とお邪魔  とお気  とお銀様  とお思ひになる方  とお為  とお通  とお角  とお玉  とおうち  とお揃  とおにとの区劃  とお聞きになれば直ぐ  とお質問  とおもふ汝  とお銚子  とおきんちゃん  とお饅頭  とお気の毒  とお砂糖  とお館  とお八代  とお民  とおカア  とお蒲団  とお志乃  とお声  とお祓い  とお叱りを受けそう  とおこころ  とおにが催促  とおもなる者  とお繁  とお店  とおもひ新進  とお衣  とお肥え  とおもふころ  とお悦  とお澄  とお三重  とお代官  とお蘭  とお清  とお醤油  とお叫び  とお思ひになつ  とお作  とおもひし威厳  とおもふ一  とお相乗り  とお料理  とお豆腐  とおもはれるあたり  とおもはれる彼ら  とおもはれる時刻  とおもはれるもの  とお兼  とお正月  とお千代  とお勝手  とお若い  とおうどん  とお京  とお余り  とお追従  とおころ  とおこよ  とお三  とおもふ日  とおもはじ  とお役人  とお薬草  とお遺言  とお刺身  とお仮面  とお近  とお着替え  とお上品  とお師匠  とおふたり  とお白州  とお類  とお石  とおもひながら答  とおもひし妹  とお給仕  とお前  とお過ぎになる位  とおもはん  とお目  とおぼろ  とお説教  とお浦  とお今  とお友達  とおよめ  とお笑  とお悟り  とおもふ人  とおもひ升  とおなりになる日  とお呼び出し  とお思われしてもしかた  とおまちがひになつたの  とお蓮  とお美  とおたたき  とお神  とおもひけるかな土  とお栄  とおもふわが文  とおもふ頃  とおもへる衣  とおもはれる考  とおもはれる四段活用  とおもはれる形跡  とおもふ明  とお敏  とお巡査  とお高  とお朋友  とお三輪  とお梅  とお美代  とおみねと人  とおぼゆ  とお咲  とお藤  とお関  とおもひて清心  とおせい  とおもひたる人  とお千代さん  とお末  とおもふ心持  とお取交  とお取り  とお三保  とおもへばい  とおもへば憎しみ  とおぼへたりしに今  とお判りになってくれること  とおもへるもの  とお奈良  とおなか  とお念仏  とおもふところ  とおもふさ  とおとして根太  とお幸  とお買い  とお思いなされるところ  とおもふ気  とおもつたの  とお急ぎ  とお葬  とお色  とおもふことは我  とおもへる不義  とおもはし  とおもふ者  とおもひて目  とおもへるなり二  とおもふ僕  とおもへる誤り  とおもへるなり一  とおもへりとの意  とおねがひするの  とおもはれんとの願  とおもへる處  とおもひしか  とおもふ三  とおもへば實  とおもへる十  とおほどかさ  とおもふももの  とおもふ道  とおもツ  とおほくいできて自ら  とおもひてもみつ  とおもひ汗  とお芝居  とおほせられつる  とお取換え  とお仲  



前後の言葉をピックアップ
とえよ  問える    遠山川  とお  問お  トオ  遠浅  遠い  とおい


動詞をランダムでピックアップ
逸っ跨る撃ち尖り食わそながしこみ勉め踏み倒す申しあげれかり集めよ殴り飛ばし居座り見向くくい込む追付か打倒せ呼び込も鳴きしきる住み着こしぶり
形容詞をランダムでピックアップ
ばっちい優しくっ恐れ多くやるせなかっ緩い薄寒き感慨深き優しけれ羨ましから若々しきほのぐらき烈しい疚しき憎けりゃこまごましいうきはげしくっひらたきやさしから