「遠い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 遠い[形容詞]
とても遠い  ッ遠い  今度遠い  そんなに遠い  待遠い  もっとも遠い  もう遠い  なかった遠い  遠い遠い  大分遠い  ヨリ遠い  ものすごく遠い  きの遠い  更に遠い  まり遠い  こんなに遠い  もはや遠い  から遠い  知らない遠い  何と遠い  余り遠い  さらに遠い  張遠い  はるか遠い  また遠い  やや遠い  よっぽど遠い  もっと遠い  全く遠い  ながし遠い  ない遠い  ずいぶん遠い  余りに遠い  一遠い  青い遠い  かなしい遠い  より遠い  ところ遠い  共に遠い  なかには遠い  わざわざ遠い  さほど遠い  まだ遠い  しろ遠い  およそ遠い  まだまだ遠い  遥かに遠い  随分遠い  あんまり遠い  又遠い  未だ遠い  もの遠い  はるばる遠い  一番遠い  何だか遠い  だいぶ遠い  ひどく遠い  ちと遠い  少し遠い  そう遠い  何やら遠い  ごく遠い  大変遠い  なほ遠い  特に遠い  ずっと遠い  さして遠い  極めて遠い  蓋し遠い  氣遠い  つて遠い  おそらく遠い  いつか遠い  よほど遠い  きっと遠い  依然として遠い  いや遠い  正に遠い  はや遠い  ときどき遠い  いちばん遠い  恐らく遠い  こう遠い  どうやら遠い  なく遠い  ボンタン遠い  へん遠い  おそろしく遠い  つと遠い  なかなか遠い  かなり遠い  それから遠い  たいへん遠い  里遠い  つた遠い  廻り遠い  どんなに遠い  高い遠い  決して遠い  じっと遠い  それほど遠い  あくまで遠い  何かしら遠い  張り遠い  ことさら遠い  どっか遠い  すでに遠い  最も遠い  虚しく遠い  甚だ遠い  ほのぼの遠い  ちょっと遠い  一見遠い  まるで遠い  突然遠い  みな遠い  ふと遠い  人里遠い  なんだか遠い  始めて遠い  暗い遠い  すこぶる遠い  時遠い  あまりに遠い  大層遠い  余程遠い  徐に遠い  あした遠い  ただ遠い  待ち遠い  夕暮遠い  フト遠い  ほど遠い遠い  既に遠い  こと遠い  かえって遠い  物遠い  たか遠い  ア遠い  いずれ遠い  たいてい遠い  いかにも遠い  やはり遠い  かつて遠い  びごゑは遠い  燈寺遠い  どうせ遠い  只遠い  ひとり遠い  小さく遠い  徒に遠い  一つ遠い  儘遠い  なるべく遠い  ほんとうに遠い  ひじょうに遠い  すこし遠い  はては遠い  今晩遠い  早く遠い  ごくごく遠い  比較的遠い  殊に遠い  はなはだ遠い  段々に遠い  いま遠い  いつも遠い  まあ遠い  広く遠い  唯遠い  このごろ遠い  万一遠い  まんざら遠い  気味悪い遠い  これから遠い  古く遠い  茫として遠い  寂しく遠い  夢のように遠い  とてつもなく遠い  すべて遠い  いつぞや遠い  しの遠い  存外遠い  應遠い  變遠い  だって遠い  さまで遠い  ため遠い  どことなく遠い  うに遠い  いろいろ遠い  何となく遠い  なに遠い  もちろん遠い  遥か遠い  先の日遠い  深く遠い  たいそう遠い  自ずと遠い  つまり遠い  きれぎれ遠い  みんな遠い  い遠い  なにぶん遠い  とにかく遠い  淡い遠い  なんでも遠い  倍遠い  なお遠い  どれほど遠い  同時に遠い  千里遠い  ぽつぽつ遠い  町遠い  だんだん遠い  侘しく遠い  どうして遠い  ぼんやり遠い  とおり遠い  折角遠い  隨分遠い  の遠い  ちっと遠い  まさしく遠い  恰も遠い  恐らくは遠い  源遠い  反響遠い  永遠に遠い  ぶん遠い  ぐそばにいながらしかも遠い  よく遠い  づゝと遠い  長い遠い  結局遠い  いきなり遠い  まして遠い  人界遠い  いよいよ遠い  内遠い  日遠い  少しも遠い  次第に遠い  しかしながら遠い  けが遠い  こんなふうに遠い  いかに遠い  はじめて遠い  ごろ遠い  長く遠い  本当に遠い  ちょうど遠い  早遠い  たち遠い  あたかも遠い  皆遠い  果てしなく遠い  悪い遠い  先ず遠い  うんと遠い  あなたに遠い  丁度遠い  あくまでも遠い  高く遠い  相当遠い  よそよそしい遠い  映画遠い  なまじ遠い  頗る遠い  ひくく遠い  深深と遠い  重く遠い  却って遠い  近く遠い  今遠い  尚遠い  果して遠い  如何にも遠い  く遠い  けっして遠い  度遠い  一寸遠い  まんまと遠い  薄ら寒い遠い  漸く遠い  どうも遠い  段々遠い  そうとう遠い  否応なしに遠い  少々遠い  ひろく遠い  末遠い  いつしか遠い  沢山遠い  ヨイヨイヨイ遠い  用心深く遠い  ことごとく遠い  時として遠い  へた遠い  どうしても遠い  冴え遠い  難い遠い  生憎遠い  やっと遠い  刻印遠い  つくづく遠い  悉く遠い  過去遠い  塵界遠い  

~ 遠い[形容詞]
啓吉は遠い  九州って遠い  上でさえも遠い  私は遠い  遥かに遠い  耳の遠い  どこか遠い  数百里も遠い  出来事が遠い  加減か遠い  酋長が遠い  縁が遠い  露西亜の遠い  釣目は遠い  都に遠い  常識に遠い  彼等に遠い  ものと遠い  人は遠い  袋で遠い  感情には遠い  縁の遠い  姿は遠い  窓に遠い  古里は遠い  眼は遠い  海上遙かに遠い  お客さまは遠い  非常に遠い  何等の遠い  可なり遠い  魅力からは遠い  いが物からは遠い  ぬいさんが遠い  御代は遠い  耳が遠い  子どもが遠い  子どもの遊びには遠い  東北は遠い  不思議に遠い  事実が遠い  それの遠い  千里も遠い  帝王は遠い  人家が遠い  ディーンの遠い  視線を遠い  皆どこか遠い  心境からは遠い  橋に遠い  からすが遠い  ほかの遠い  事で遠い  距離が遠い  レオナさんが遠い  こんどは遠い  お里は遠い  私の遠い  うして遠い  はるかに遠い  それが遠い  夜ふけの遠い  浜は遠い  心持ちより遠い  甘美と遠い  それは遠い  飽和には遠い  あなたの遠い  詩と遠い  お産も遠い  本国からも遠い  自分は遠い  あちらの遠い  幾百里も遠い  細君を遠い  ッと遠い  卜翁は遠い  かのぼつて私達の遠い  白鳥は遠い  声が遠い  現実に遠い  足もとの遠い  従来縁の遠い  身に遠い  心は遠い  どちらが遠い  のは遠い  のを遠い  ことなど遠い  足元も遠い  ワラスは遠い  時間を遠い  人家に遠い  道が遠い  気が遠い  最終戦争が遠い  らは遠い  彼女は遠い  方からは遠い  一人は遠い  奴は遠い  二つが遠い  而も遠い  近く人間に遠い  わたくしは遠い  温かみが遠い  旅路は遠い  ジヨセフは遠い  急に遠い  大変に遠い  理想に遠い  わしには遠い  俳味に遠い  ままで遠い  心理的事実に遠い  僕には遠い  椎蕈山は遠い  少年は遠い  何か遠い  煙草盆が遠い  綱は遠い  わたしは遠い  今度は遠い  千余年も遠い  あなたを遠い  三百ヤードの遠い  一人で遠い  子は遠い  ふるさとは遠い  ジョヴァンニの遠い  膃肭獣は遠い  遙かに遠い  府下の遠い  スタンドの遠い  却つて縁の遠い  外に遠い  立場に遠い  わたしが遠い  つてか遠い  五十六年前の遠い  南方遙かに遠い  二百マイルも遠い  海は遠い  牧場は遠い  沖の島か遠い  淵の遠い  堀口剛太といふ遠い  彼は遠い  不思議な遠い  家の遠い  圭一郎が遠い  どこかの遠い  声は遠い  母も遠い  岸に遠い  父が遠い  家は遠い  向うの遠い  ものの遠い  手も遠い  やうに遠い  逆に遠い  海に遠い  比較的に遠い  風習は遠い  抛物線を遠い  久米家とは遠い  かなたの遠い  自然に遠い  これは遠い  少女時代の遠い  波止場まで遠い  埋葬地が遠い  明らかに遠い  さへ遠い  太陽からは遠い  青髪山への遠い  雪穴までは遠い  道は遠い  理想は遠い  向へは遠い  二カ所は遠い  先生は遠い  彼も遠い  話が遠い  人文に遠い  地は遠い  足が遠い  反射からも遠い  海の遠い  太という遠い  目的からも遠い  二人は遠い  自分たちの遠い  聖人の遠い  代表作とは遠い  円周の遠い  ことの遠い  ように遠い  雫に遠い  夜を遠い  母親の遠い  それらの遠い  北の遠い  もっとも遠い  あちこちの遠い  春の遠い  みんなどこかの遠い  彼方の遠い  此處からは遠い  こほろぎ自分を遠い  関係の遠い  荒筵は遠い  私が遠い  ものも遠い  私も遠い  あそこに遠い  すべて呂蒙の遠い  真相に遠い  人間として遠い  灰色の遠い  力によって遠い  本性に遠い  国からは遠い  時に遠い  異様に遠い  眼に遠い  仏教が遠い  無常は遠い  時は遠い  歴史といふ遠い  嫁さんの遠い  それを遠い  泥水が遠い  彼女を遠い  鏡が遠い  人家の遠い  私からは遠い  事は遠い  佐渡は遠い  自分の遠い  スヰツルに遠い  親切に遠い  王座は遠い  こと遥に遠い  前の遠い  京都は遠い  外には遠い  何処からか遠い  雲にも遠い  一人ぽっちで遠い  ア直ぐに遠い  隣家も遠い  人生に遠い  なかに遠い  うちには遠い  灯に遠い  それよりもずつと遠い  廊下の遠い  居どころが遠い  實際には遠い  子を遠い  自己に遠い  人類の遠い  俺に遠い  性質からは遠い  心に遠い  ことを遠い  村にも遠い  家と遠い  何しろ距離が遠い  靈智は遠い  幾年も遠い  何処か遠い  ウと遠い  僕も遠い  思索が遠い  ものは遠い  自己以外の遠い  車は遠い  汽車に遠い  相当に遠い  自分を遠い  悲歎からも遠い  品位からは遠い  後に遠い  上に遠い  路が遠い  指を遠い  ものから可なりに遠い  おばアさんは遠い  杳かに遠い  起りの遠い  土堤下の遠い  馬鹿に遠い  耳は遠い  川水の遠い  実現は遠い  今は遠い  光の遠い  驛は遠い  気の遠い  お前が遠い  喜びからは遠い  それで遠い  今では遠い  死という遠い  煙に遠い  一里に遠い  のも遠い  通いが遠い  程の遠い  霧が遠い  それから向うの遠い  目は遠い  お家へまで遠い  肌に遠い  道路は遠い  あすこは遠い  地球は遠い  橋本は遠い  われわれの遠い  果ての遠い  火星よりも遠い  何所か遠い  父は遠い  少年に遠い  一度は遠い  人形芝居の遠い  水が遠い  彼を遠い  数町も遠い  音は遠い  足場が遠い  しかも遠い  ことも遠い  何となく縁の遠い  お婆さんも遠い  机に遠い  守護神マイケルとは遠い  大分に遠い  子の遠い  野は遠い  父方の遠い  朗は遠い  に遠い  ちょッと遠い  街燈の遠い  下の遠い  雷は遠い  中心地とて遠い  人に遠い  震原が遠い  わたしを遠い  間が遠い  日は遠い  らが遠い  眼前以上の遠い  人目に遠い  ウっと遠い  無限に遠い  彼の遠い  高座には遠い  健三が遠い  彼が遠い  彼にとって遠い  これらの遠い  健三は遠い  実用に遠い  海には遠い  七人の遠い  のか遠い  道も遠い  徳間峠とやらまでは遠い  人々は遠い  曾て遠い  何處か遠い  伝へは遠い  火事は遠い  女は遠い  こっちからは遠い  田舎道の遠い  山裾の遠い  人達は遠い  事実に遠い  何んと遠い  民族の遠い  奥の遠い  ヨシオには遠い  シバの女王が遠い  耳も遠い  先は遠い  さからは遠い  ことからは遠い  一番縁の遠い  前途の遠い  夕日が遠い  人里の遠い  皇国の遠い  あれは遠い  音と遠い  連山も遠い  宇部とは遠い  帆村は遠い  所詮は遠い  かなりに遠い  市中生活も遠い  町は遠い  創建は遠い  時間の遠い  ニコと遠い  限りステキに遠い  由来が遠い  いちばん火の手が遠い  隔りが遠い  印象とは遠い  耳について遠い  邦夷は遠い  苦衷を遠い  一直線に遠い  思ひ出か遠い  鱗屑は遠い  役場に遠い  かげが遠い  荒木田様の遠い  家族を遠い  甲板の遠い  北山の遠い  前まで遠い  夫は遠い  はじめての遠い  教育からは遠い  一番病いに遠い  ことなどは遠い  陽の遠い  事実からは遠い  人里に遠い  さのみ遠い  目的物を遠い  光麻呂は遠い  門灯が遠い  妻君の遠い  ところには遠い  人とは遠い  幾百里と遠い  窓からは遠い  日射の遠い  一つの遠い  頭脳は遠い  一緒に遠い  向うも遠い  人目も遠い  流れの遠い  彼らは遠い  黎明には遠い  想像を遠い  一種の遠い  影は遠い  此の遠い  山は遠い  乗合馬車などが遠い  入口に遠い  末の遠い  恍惚として遠い  それ等の遠い  娘は遠い  神田は遠い  成功が遠い  先の遠い  山荘から耳の遠い  陽に遠い  しか大庭の遠い  それも遠い  最近は遠い  道の遠い  市川までは遠い  ウチは遠い  陥落と遠い  高氏は遠い  常陸の遠い  畑は遠い  海上で遠い  いずれも遠い  間の遠い  洋燈の遠い  なんでも遠い  福井は遠い  眉との遠い  藁葺屋根や遠い  うちに遠い  市村座は遠い  桂子の遠い  今も遠い  皇子らも遠い  手に遠い  いちばん火に遠い  生活に遠い  微かに遠い  俗塵に遠い  行く先は遠い  砂浜の遠い  耳にも遠い  脇屋義助は遠い  麓では遠い  雅衛に遠い  お家は遠い  山が遠い  水の上や遠い  真実に遠い  都心に遠い  二騎とは遠い  殊に縁の遠い  宅は遠い  結局新吉の遠い  上へ遠い  蔵人すら遠い  底に遠い  の遠い  異国の遠い  幸福には遠い  国が遠い  天頂の遠い  わたくしの遠い  声の遠い  人も遠い  顔よ遠い  わたしや遠い  何も遠い  しかしその遠い  火に遠い  往来の遠い  朝毎に遠い  縁故の遠い  冷害凶作の遠い  茫然と遠い  御台所さまを遠い  ぢさんは遠い  底の遠い  おじさんは遠い  岸は遠い  成るたけ谷に遠い  蝶を遠い  近所に遠い  朝顔屋敷の遠い  ことは遠い  やつを遠い  おいらも遠い  駿府とか遠い  駿府とかの遠い  小半町も遠い  均衡からはるかに遠い  地主は遠い  琴平まで遠い  水色の遠い  殊に雑司ヶ谷などという遠い  惣領息子を遠い  次男も遠い  めも遠い  距離よりも遠い  表には遠い  時代は遠い  死骸は遠い  菩提寺は遠い  中世縁組が遠い  程度まで遠い  知覚の遠い  大分耳目に遠い  干潮時の遠い  岸が遠い  戸袋は遠い  相手は遠い  寺の遠い  となりに遠い  人目の遠い  空の遠い  ひろ子が遠い  家が遠い  幅の遠い  一町ほど遠い  ズッと遠い  二百里も遠い  笑顔を遠い  比較的日の遠い  団十郎とは遠い  六助の遠い  王女を遠い  王を遠い  次には遠い  たまのうへも遠い  電話が遠い  牛の遠い  方角で遠い  僕は遠い  汽車は遠い  凡てが遠い  あとへ遠い  竜宮までは遠い  視線は遠い  どこぞ遠い  それよりも遠い  事が遠い  野狐は遠い  先とやらに遠い  故に遠い  田畠に遠い  芸術が遠い  柄オルガンの遠い  上京辺の遠い  私達の遠い  寄木を遠い  つては遠い  二千年の遠い  倍も遠い  音が遠い  窓外の遠い  世界には遠い  殿様の遠い  国には遠い  ものに遠い  映画を遠い  今でも遠い  完成には遠い  祖先は遠い  毎日毎日耳の遠い  河上の遠い  空が遠い  南から東の遠い  日に遠い  行く手の遠い  芸術の遠い  若い娘に遠い  沈着の遠い  太陽の遠い  橋からも遠い  気持ちの遠い  行先の遠い  蝋燭が遠い  日などは遠い  中で遠い  私らの遠い  これが遠い  俗説の遠い  夕暮は遠い  塵に遠い  彼是記憶に遠い  さまが遠い  私にも遠い  空風が遠い  正二が遠い  秦は遠い  人界に遠い  ものから遙かに遠い  いまでは遠い  三度とも遠い  南アメリカなど遠い  周囲に遠い  入り口に遠い  入用なのはなにも遠い  気持で遠い  絶対に遠い  十七世紀初頭という遠い  径を遠い  結局は遠い  彼自身は遠い  大空の遠い  工合で遠い  ウットリと遠い  彼方に遠い  彼には遠い  つゆは遠い  一言で遠い  広大さと遠い  ほうへ遠い  カレンダーが遠い  増の遠い  此儘此船で遠い  麓から西南の遠い  方の遠い  間隔は遠い  皇室が遠い  三里には遠い  妾の遠い  居所が遠い  好みには遠い  お話は遠い  域に遠い  からは遠い  用には遠い  労働者も遠い  私ずつと遠い  ひとが遠い  朝に遠い  心を遠い  夕陽は遠い  峠は遠い  ために遠い  後ろの遠い  中に遠い  伯父が遠い  書斎からも遠い  挙動の遠い  女性に遠い  中では遠い  鳥居までは遠い  主人の遠い  眼界の遠い  私たちは遠い  路は遠い  近来耳が遠い  一ばんはての遠い  文芸に遠い  明け方には遠い  車の遠い  いつでも遠い  蒸気が遠い  方は遠い  立木が遠い  太陽が遠い  音も遠い  百年千年の遠い  空は遠い  印象が遠い  どちらか遠い  ナチズムへの遠い  跡には遠い  人たちの遠い  詩形の遠い  表現法には遠い  水に遠い  ただ道が遠い  どこからか遠い  すべて皆私には遠い  実感に遠い  思つたより遠い  東北の遠い  幻術師を遠い  双方とも遠い  現の遠い  源泉は遠い  わたしたちの遠い  公郷村に遠い  江戸は遠い  時代の遠い  断崖には遠い  継ぎ場の遠い  鎗だけは遠い  あなたは遠い  精神からは遠い  此処は遠い  世界からは遠い  ものが遠い  独りで遠い  直ぐに遠い  危険には遠い  日などには遠い  生活感情に遠い  地方の遠い  方針が遠い  だれからも遠い  国民性を遠い  厩戸皇子が遠い  家での遠い  芸術に遠い  北英の遠い  友人たちと遠い  感情問題も遠い  頭の遠い  為に遠い  二ヵ所は遠い  足で遠い  音や遠い  町が遠い  ろに遠い  三島には遠い  客足が遠い  足利時代の遠い  硫黄ヶ岳に遠い  味は遠い  バルタザルは遠い  王子は遠い  上目使いに遠い  小作達も遠い  前途は遠い  何分にも遠い  つまりは遠い  南は遠い  われわれには遠い  父祖の遠い  これも遠い  万葉精神は遠い  がたに遠い  起原を遠い  当日には遠い  お前さんなどを遠い  湯屋の遠い  湯屋が遠い  圭一郎は遠い  鶉は遠い  しろ孔子からは遠い  あたしは遠い  漢陽は遠い  遙かの遠い  とき野末の遠い  一族も遠い  日本アルプスの遠い  過去からの遠い  遙か遠い  縁故が遠い  意外に遠い  不自然も遠い  何だか非常に遠い  概念とは遠い  時代も遠い  はるかの遠い  源は遠い  底には遠い  平一郎も遠い  風が遠い  命がけで遠い  場所によっては遠い  もっともっと自分には遠い  そう道が遠い  丁ど遠い  不安を遠い  向こうの遠い  駒ちゃんは遠い  お前は遠い  西北の遠い  麓の遠い  西北との遠い  西南の遠い  発生そのものは遠い  姿で遠い  母さんは遠い  遙に遠い  隣の遠い  主人は遠い  敵は遠い  小坂部は遠い  久助が遠い  そこまでは遠い  物語はさほど遠い  起伏と遠い  前に遠い  一挙に遠い  方には遠い  乘移つた人は遠い  酒場は遠い  さで遠い  国の遠い  頂上にや遠い  こんな晩は遠い  町とは遠い  猿面殿が遠い  役所に遠い  何処かに遠い  信一は遠い  臨賀までは遠い  者は遠い  地方官として遠い  紺ぺきの遠い  数十里の遠い  人眼に遠い  んには遠い  彷彿として遠い  内には遠い  仏は遠い  ハガキが遠い  下で遠い  行手は遠い  色の遠い  句境にも遠い  欲求からは遠い  落合は遠い  包孝粛は遠い  東京は遠い  イヴン王国の遠い  当時ソヴェト同盟の遠い  右側の遠い  八王子って遠い  胸の遠い  社会時評とは遠い  こか遠い  海岸で遠い  熊は遠い  高さんは遠い  中心から地理的に遠い  御幸ヶ浜に遠い  恋からは遠い  レコード音楽は遠い  八丈島よりも遠い  白帆は遠い  うちと遠い  実家は遠い  気持に遠い  悲鳴が遠い  私から縁が遠い  海岸に遠い  外の遠い  遥かの遠い  無限の遠い  地平は遠い  我々の遠い  うちは遠い  奥が遠い  あちらでも遠い  国は遠い  僕等の遠い  山や遠い  彼と遠い  鐵舟とは遠い  山路の遠い  長火鉢には遠い  どこかで遠い  どこかしら遠い  一分でも遠い  目先の遠い  ちぎれちぎれに遠い  海豹わたしは遠い  花いろの遠い  林が遠い  対岸の遠い  耶路撒冷は遠い  昔の遠い  仲間が遠い  意図からは遠い  資料を遠い  詩人には遠い  意義に遠い  椋鳥は遠い  人物からは遠い  都からは遠い  技は遠い  歴史が遠い  起原が遠い  罪からは遠い  我々に遠い  人間よりも遠い  物に遠い  耳でも遠い  母の遠い  香りは遠い  政庁さへ遠い  校庭の遠い  一つが遠い  ヴェルダンも遠い  地平線の遠い  棚が遠い  町へは遠い  西海岸や遠い  幕の遠い  さは遠い  早や遠い  とろとろ何だかとろとろとろとろ峠は遠い  海峡は遠い  日本が遠い  実家に遠い  動坂は遠い  楽山堂病院って遠い  間に遠い  はての遠い  海獣が遠い  遥に遠い  母は遠い  帰りみちが遠い  城跡が遠い  山々はずつと遠い  程は遠い  ぶとは遠い  鳥よ遠い  東の遠い  以上現実に遠い  むるものは自己以外には遠い  おかみさんの遠い  山本家の遠い  距離の遠い  大洋の遠い  ものを遠い  一ばん向うの遠い  たかが遠い  方へ遠い  銃声を遠い  処女に遠い  かくも遠い  害悪を遠い  遙と遠い  井戸は遠い  小用の遠い  情に遠い  やつと遠い  旅は遠い  人生は遠い  完成から非常に遠い  一行が遠い  王妃さまの遠い  砂利が遠い  のが遠い  風琴は遠い  眼には遠い  沈黙って遠い  千万里も遠い  何百里も遠い  大宮の町には遠い  油火には遠い  学校は遠い  いつか實感に遠い  舟が遠い  例の遠い  銀座は遠い  市街からは遠い  顔で遠い  空に遠い  御新造さまは遠い  ここからはさのみ遠い  年中行事が遠い  小僧は遠い  芯に遠い  紀伊半島の遠い  壁に遠い  

遠い[形容詞]
遠いン  遠いの  遠いもの  遠い距離  遠い土地  遠い長崎  遠い国  遠い印度  遠い所  遠い過去  遠い秋  遠いこと  遠い一角  遠い昔  遠い飯田  遠いふるさと  遠い道  遠い春  遠い老母  遠いとこ  遠いところ  遠い少年  遠い存在  遠い世界  遠い場所  遠い将来  遠い沖  遠い大洋  遠い顔  遠い海  遠い時代  遠い何処  遠い百  遠い旅  遠い片隅  遠い日  遠い恒星  遠い白雲  遠い大和路  遠い六  遠い町  遠い南  遠いん  遠いむかし  遠い路  遠い一隅  遠い私  遠い稲田  遠い古里  遠い厩  遠い四国  遠い近所  遠い思ひ出  遠いやう  遠い潮  遠い波  遠いポリネシヤ  遠い山  遠い先  遠い食堂  遠いよう  遠い空中  遠いそこ  遠い処  遠い母親  遠い千歳  遠い川音  遠い言葉  遠いとき  遠い大昔  遠い島  遠い対馬  遠い地方  遠い山奥  遠い古  遠い人間  遠い青  遠い其  遠いから  遠い大海  遠い祖先  遠い隅々  遠い戦場  遠い水平  遠い幻  遠い心境  遠い異国  遠い下  遠い空  遠い堤防  遠いどこ  遠い春日  遠いが手  遠いフランス  遠い郷里  遠い家  遠い東  遠いので影響  遠い天体  遠い彼方  遠いどよめき  遠いお国  遠い寒い  遠い實  遠い氣質  遠い田  遠い地角  遠い海草  遠い山脈  遠い海面  遠い箱根  遠い老人  遠い言行  遠い調和  遠い平安  遠い彼岸  遠い心  遠いこころ  遠いあなたに  遠い完成  遠い意志  遠い死  遠い村  遠い未知  遠い階下  遠い感じ  遠いあちら  遠い知らない  遠い風音  遠い幸福  遠い松林  遠い恋愛  遠いと思  遠い神秘  遠い木  遠い雲  遠い著作  遠いにしろ  遠い動機  遠い田舎  遠い地  遠い思い出  遠いねばねば  遠いので誰  遠い緑  遠い寺  遠いながめ  遠い妙高  遠い北アルプス  遠い地平線  遠い現実  遠い沢  遠い西洋  遠い地平  遠い二  遠い舞台  遠いハーモニカ  遠い上方  遠い闇  遠い旅立ち  遠いテエブル  遠い空間  遠いけれども近く  遠い不思議  遠い窓  遠い越後  遠い天井  遠い太平洋  遠い薩摩  遠い本  遠いロオマ  遠い視線  遠い友人  遠い夢  遠い廻り  遠い汽笛  遠い礼拝堂  遠い松風  遠い炭火  遠い露  遠い牧場  遠いだけそれ  遠い雷  遠い神  遠い國  遠い以前  遠い灯り  遠い不快  遠い天  遠い清水  遠い新聞  遠い桟敷  遠い肉親  遠い街  遠い時計  遠い血  遠いぢ  遠い河岸  遠いといふ心持ち  遠い雷門  遠い来年  遠いすり  遠い岡  遠いわれわれ  遠い神代  遠い片田舎  遠い外  遠い森  遠い景色  遠い方角  遠い山手  遠い外国  遠いナポリ  遠い氷  遠い光線  遠い親戚  遠い青田  遠い樹立  遠いあの世  遠いつて  遠いいが  遠い跫音  遠い煙筒  遠い孤島  遠い郊外  遠いブリストル  遠い夜  遠いし渚  遠いもん  遠いが元気  遠い他国  遠い石ころ  遠い縁家  遠い風  遠い色  遠い物音  遠い端  遠い將來  遠い西  遠い背  遠い草  遠い者  遠い水  遠い鎮守  遠い気配  遠い鹿児島  遠い焚火  遠い前線  遠い筈  遠い百姓  遠い弟子  遠い故郷  遠い向う岸  遠い京都  遠い草原  遠い四谷  遠い縁者  遠い生活  遠い古代  遠い萬葉  遠い中世  遠い人  遠い音響  遠い記憶  遠い保津川  遠い想い  遠い昨日  遠い妄想  遠いお爺さん  遠い野ざらし  遠い一つ  遠い山道  遠いのかい  遠い根元  遠い熱帯  遠い気  遠い人々  遠い琉球  遠い国境  遠い化粧  遠い雪  遠い此処  遠い山びこ  遠いたたずまい  遠いポスト  遠いケース  遠い僻地  遠い淮南  遠い汽車  遠い婆さん  遠いヨーロッパ  遠い光明  遠い旅行  遠い辺土  遠い境外  遠いイメージ  遠い眼  遠い沙漠  遠いながら彼  遠い都  遠いことな  遠いかすみ  遠いかの別  遠い果  遠い根源  遠い声  遠い左  遠い奥  遠い親族  遠い呉  遠い時期  遠い灯火  遠い三月  遠いできごと  遠い谷間  遠い山裾  遠いシベリア  遠い而  遠いとほいむかし  遠い云わば国粋  遠い必然性  遠い関係  遠い江南  遠い異境  遠い女  遠い汐  遠い子孫  遠い国々  遠い峡  遠い顧客  遠い田圃  遠い堤下  遠い異郷  遠い山地  遠い高原  遠いわが家  遠い縁  遠いふり  遠い慮り  遠い山林  遠い感情  遠い傭い婆さん  遠い爺さん  遠い未来  遠い彼  遠いアフリカ  遠い三  遠い問題  遠い観  遠いといふこと  遠い涯  遠い疲れ  遠いと見ていてまちがい  遠い親類  遠い海岸  遠い北見  遠い處  遠い底  遠い夕  遠い湖  遠い前  遠い縁続き  遠い隅っこ  遠い他  遠いとか何  遠い宇宙旅行  遠いタダ  遠い子供  遠い日本  遠い歴史  遠い所産  遠い王朝  遠いサント・モンタニ  遠い疼痛  遠いざわめき  遠い帆影  遠い山沢  遠い幻想  遠い航海  遠い食卓  遠い手  遠いせい  遠いと見えて見返り  遠い霞  遠い閑  遠い心持ち  遠いはずれ  遠い蕎麦屋  遠いそう  遠い源  遠い音  遠い上  遠い誘惑  遠い心持  遠いチャック  遠い丸  遠いチヤツク  遠い事  遠い痛み  遠い過去世  遠い靈感  遠いけち  遠い墓場  遠い右手  遠いカムサツカ  遠い天心  遠い向う  遠い原  遠い山麓  遠い冬空  遠い事柄  遠い物  遠い小学校  遠い灯  遠い道程  遠いほう  遠い東京  遠いインド  遠い結果  遠い男  遠い山家  遠い先祖  遠い夢のように  遠い万葉時代  遠い沼  遠い演劇  遠い山々  遠い人声  遠いですよ。  遠い北国  遠い北方  遠い陸  遠い出雲の国  遠い伝来  遠い類似  遠い廊下  遠い道中  遠い奧州  遠いクレーン  遠い山国  遠い頭上  遠い入口  遠い方  遠い凩  遠いくに  遠い他人  遠い縁故  遠いッ  遠い畑  遠いウチユウル  遠い世  遠い光  遠い山間  遠い九州  遠い覚え  遠いほど先  遠い上流  遠い性質  遠い窟  遠いかなた  遠い婆  遠い舞踏会  遠い銀杏  遠い三味線  遠い室  遠い姻戚  遠い瓦  遠いゆえ  遠い影  遠いおぼろ  遠い酒  遠い往時  遠い形  遠い銃声  遠い黄泉の国  遠いのでしかた  遠いあなた  遠い代  遠い小山  遠い山の端  遠い広瀬  遠い此  遠い廣瀬  遠い神主  遠い美濃  遠い国土  遠い竈  遠い医者  遠い後代  遠い浄土  遠いどころ  遠い対岸  遠い居心地  遠い白山  遠い山巓  遠い燈火  遠いので首  遠い遊園地  遠い山並  遠い梅  遠い東都  遠い島々  遠い眺め  遠いため  遠い水蒸気  遠い山のかなたに  遠い子ども  遠い空の中  遠い他人事  遠い野面  遠い山襞  遠い河  遠い話  遠い戦勝国  遠い一番  遠い戸口  遠い生れ  遠い温室  遠い世界の果て  遠い家路  遠い峰  遠い明治  遠い出納  遠いせゐか無口  遠い料理  遠い父親  遠い會津  遠いテント  遠い北  遠い見  遠い深海  遠い麓  遠い朝  遠い微か  遠い海洋  遠い戰國  遠い丸の内  遠い上野の森  遠い甲州  遠いピストル  遠い若き日の思い出  遠い凸凹  遠い宿縁  遠い頭痛  遠いといったところ  遠い江戸歌舞伎  遠い山村  遠い江戸  遠い江戸時代  遠い上代  遠い谷底  遠い極地  遠い北極  遠い作州  遠い笑い  遠い過去の人  遠いことみ  遠い気持  遠い停車場  遠い想  遠い地域  遠い潮騒  遠い風景  遠い川向う  遠いかすか  遠い考え  遠い原野  遠いぞオ  遠い山路  遠い星  遠い道筋  遠い耳鳴り  遠い事実  遠い小鳥  遠い雪山  遠いはし  遠い娘  遠い老  遠い沖合い  遠い風車  遠い丘  遠い憧憬  遠い湯殿  遠いみちのく  遠い垣  遠い兵庫  遠い世の中  遠いといっても日光  遠い地中海  遠い学校  遠い新道  遠いということ  遠い岩本  遠い味噌  遠い俗人  遠い朋友  遠い校  遠い武門  遠いけれど感激  遠い夕暮  遠い地球  遠い立場  遠い別棟  遠い杉  遠い改札  遠い道路  遠い赤  遠い凝視  遠い木戸  遠い源平  遠い小  遠い鳥  遠い恐れ  遠い時間  遠い眺望  遠い追憶  遠い郷愁  遠い岬  遠い伝統  遠いほど風  遠い美作  遠い行先  遠い蝦夷地  遠い幾  遠い野  遠いアメリカ  遠いと考えられるスピノザ  遠い幕府  遠い隠岐  遠い喧騒  遠い小鴨  遠い夜目  遠い南国  遠い村落  遠い左手  遠い朧  遠い幻影  遠い壁際  遠い夏向き  遠いさき  遠い隅  遠い疎林  遠い人物  遠い家々  遠い恋人  遠い野原  遠い身分  遠い山腹  遠い銭湯  遠い平野  遠い鎌倉  遠いここち  遠い東国  遠いのち  遠い灯台  遠い客  遠い色白  遠い秩父  遠い松原  遠い市村座  遠い支那  遠い生駒山  遠い延喜  遠い配所  遠い承久の乱  遠い時世  遠いお寺  遠いには違  遠い境  遠いが曾祖母  遠い傾斜  遠い一  遠い深川  遠いといふやう  遠い山崎  遠い兵馬  遠い魏  遠い幕末  遠い山の上  遠い井戸  遠いとのこと  遠い岸  遠い養母  遠い祖  遠い河内  遠い嵐  遠い某  遠いほどの道  遠い隔り  遠い南海  遠い回顧  遠い親族関係  遠い群  遠いのでエレベエタア  遠い常吉  遠い総選挙  遠いしん  遠いともだち  遠い料理人  遠い列車  遠い林間  遠い塀  遠い感  遠い常陸  遠い林  遠い分  遠い中  遠い甲乙  遠い上野原  遠いせりふ  遠い原因  遠い絵  遠い厩戸  遠い唐  遠い知行  遠い先代  遠い呼び声  遠い冥途  遠い川下  遠いくらいは無理  遠い側  遠い国許  遠い一軒家  遠い秀麿  遠い砂  遠い辻番  遠い手段  遠い計略  遠い宇宙  遠い満蒙  遠い思い  遠い夕空  遠い山の手  遠い奥州  遠い中国  遠い葛飾  遠い遊星  遠いほど増加  遠い範囲  遠いという結果  遠い点  遠い家作り  遠い曠野  遠いがいちばん  遠い故  遠い頼り  遠い百人町  遠い場末  遠い静か  遠い畳  遠い離島  遠い干潟  遠い海上  遠い山野  遠い末梢  遠い沖合  遠いにもしろ  遠いかわから  遠い世間  遠い鐘  遠い煙  遠い数多  遠いが花  遠い滑る  遠い海風  遠い岩  遠い海原  遠い船出  遠い水鏡  遠い座敷  遠い芸術  遠いはばかり  遠い怒鳴り声  遠い角笛  遠い旅先  遠い地点  遠い西国  遠い永代橋  遠い理窟  遠い月  遠い野茨  遠いころ  遠い電車  遠い鳴き声  遠い仏蘭西  遠いつながり  遠い身寄り  遠い幽か  遠い城下町  遠い段  遠い文化  遠いので確か  遠い程  遠いので意味  遠い囁き  遠いと来ているもの  遠い友  遠い樹木  遠い門  遠い砂漠  遠いロシア  遠い北の方  遠い未来がある  遠い材料  遠い在  遠い奴  遠い雲間  遠い連  遠い火事  遠い白馬  遠い蝋燭  遠いといふ  遠いが安全  遠い領土  遠い最初  遠い畑地  遠い幼年時代  遠い広東省  遠いこだま  遠い先々  遠い大河  遠い身  遠い銀色  遠い水音  遠いあさぎ色  遠い今  遠い郊外電車  遠い平安朝  遠い對岸  遠い犬  遠い鐘楼  遠い彼女  遠い数  遠いドイツ  遠い由来  遠いメリケン  遠い下町  遠い朝日  遠い静寂  遠い街道  遠い祭り  遠い石  遠いと云  遠い安らか  遠い草道  遠い自分  遠い自宅  遠い鶯  遠い不正  遠い隔たり  遠い見学  遠い間  遠い円光  遠い十字路  遠い津浪  遠い西方  遠い前哨  遠い雨脚  遠い車輪  遠い船路  遠い海嘯  遠い櫓  遠い市場  遠い情愛  遠い照  遠い危険  遠い花巻  遠い日数  遠い故国  遠い淵源  遠い北の国から  遠いだすから  遠い仕事  遠い奧地  遠い大正  遠い様  遠い雪国  遠いはるか  遠い敵前  遠いといふ観察  遠い舞  遠い心覚え  遠い暁  遠い地味  遠い後ろ  遠い反響  遠い後  遠い靜  遠い砂山  遠い我  遠い山中  遠い昔語り  遠い教場  遠いといえば尾崎行雄  遠い南朝  遠い渡殿  遠い想念  遠い軋りの跡  遠いボイラー  遠い途  遠いはて  遠い例  遠い間隔  遠い亭  遠い鬼界ヶ島  遠い部屋  遠い抗議  遠い古風  遠いので一  遠い仲  遠い伊賀の国  遠い桜田門  遠いなア  遠い新大橋  遠い青森  遠い海中  遠い馬籠  遠い伊吹山  遠い江戸湾  遠い村方  遠い夕日  遠い太古  遠いわけ  遠い奥様  遠いモウコ  遠い磯  遠い宇治  遠い本所  遠い作品  遠い農家  遠い旅の途中  遠い方面  遠い自邸  遠い因  遠い隣り村  遠い谷川  遠い工場  遠い丘陵  遠い星空  遠いというから  遠い上州  遠い北海道  遠い年寄  遠い出歯  遠い雑草  遠い前面  遠い留守居  遠い疎隔  遠い無縁  遠い唄  遠いし境遇  遠い枯木  遠い土塀  遠いと云うの  遠い角  遠い灰色  遠い渓流  遠い杳  遠い不思議な世界  遠い漢  遠い職工  遠い北川  遠い泥濘  遠い新庄  遠いが路  遠い灰色の雲  遠い砧  遠い蓼科  遠い八ヶ岳  遠いまま  遠いこちら  遠い別  遠いいつか  遠い厳格  遠い画風  遠いと批評  遠い現象  遠い末  遠い血縁  遠い時  遠い別の世界で  遠い無明  遠い雪路  遠い便  遠い兄  遠い樹  遠い想い出  遠い由比ヶ浜  遠い峻  遠い他郷  遠いお前  遠い文字  遠い果て  遠い薩長  遠い姉  遠い商売  遠い洗面所  遠い酒場  遠い位置  遠いとどろきと雪  遠いかと思えば近く  遠い漢代  遠い巴里  遠いので落款  遠い川  遠い生理学  遠い卓  遠い席  遠い将軍  遠い虫  遠い鈍痛  遠い白日  遠い極光  遠い港  遠い公園  遠い扉  遠いそっち  遠いピラト  遠い銀座  遠い残  遠い祖国  遠い物置  遠い大学  遠い都会  遠い尊敬  遠いパリ  遠い常陸の国  遠いに相違  遠い笑止  遠い平原  遠い川上  遠いと乳  遠い交渉  遠い温泉  遠いドスト  遠い外地  遠い展望  遠い學  遠いのでなか  遠い方言  遠いかい  遠い悪事  遠い祖父  遠いぐらゐなことはあつたかも  遠い繪  遠い枯淡  遠い曲  遠い一生  遠い町外れ  遠いけれど俺  遠い匂  遠い別世界  遠い冷  遠い出費  遠い絵巻物  遠い不滅  遠いパノラマ  遠い県  遠い製菓  遠い屋外  遠い正面  遠い荒波  遠い煙霞  遠い白樺  遠いポプラ  遠い火  遠い居城  遠いよそ  遠い懸隔  遠い事情  遠い校舎  遠い孔子  遠い餅  遠い町はずれ  遠い但馬  遠い神話  遠い保守  遠い古事記  遠い荒涼  遠いあたり  遠い人里  遠い高み  遠い杵  遠い物質  遠いというとっさ  遠い山影  遠いので間  遠い市  遠い病院  遠いというの  遠い夏  遠い中野  遠い笛  遠い他界  遠い陸地  遠いけれど間  遠い半鐘  遠い江場土  遠い気もち  遠いせゐか清楚  遠い背景  遠いさだめ  遠いお伽噺  遠い願望  遠い血筋  遠いハルピン  遠い往来  遠い越  遠いと云っているの  遠い中央  遠い上層  遠い開き  遠い任務  遠い前進  遠い連山  遠い山陰  遠い木村  遠い烏帽子  遠い流  遠い歌舞伎  遠い古典  遠いノスタルジア  遠い母国  遠いあずま  遠い性  遠い夕闇  遠い野良  遠い満州国  遠い炭坑  遠い未來  遠い窪田  遠いし足  遠い玄関  遠い憶  遠いお母さん  遠いひと  遠い稲毛  遠いあし  遠い水面  遠い薄暗がり  遠い部落  遠いと覺  遠い物語  遠い神田  遠い建築  遠い響き  遠い調子  遠い熊本  遠い昔話  遠いブザー  遠いここ  遠い世代  遠い高松市  遠い代々木練兵場  



前後の言葉をピックアップ
とお  とお  問お  トオ  遠浅  とおい  トオイシンホニイ  遠う  とおう  遠縁


動詞をランダムでピックアップ
霞もはやまりかたぶけ聞こえれ咲きほこっ吹き返そすきかえさ連れこま召抱え綾取解せ支い売り込める寄こそ歯す突き詰める医す秋めかもちあがら辷り
形容詞をランダムでピックアップ
かびくさ涼しきおかし甲だかくやさしき毛頭なしうとい恥しかろめでたから痛々しけれにがい木深き赤けれ堅くなまやさしそらぞらしい低うおそかれ黒し