「遠」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 遠[形容詞]
待遠  つて遠  から遠  唯遠  路遠  博士遠  より遠  人魚遠  ひだ遠  ツテ遠  カラ遠  アア遠  夜遠  日暮遠  徳遠  保遠  ことに遠  汽車に乗って遠  爾遠  香遠  ツイツイ遠  ガ遠  日遠  ほんとに遠  桜遠  一番遠  廣遠  陣中遠  しきりに遠  わざわざ遠  お待ち遠  まち遠  駿遠  益々遠  既に遠  花遠  少し遠  並べて遠  まだ遠  だいぶ遠  あんまり遠  宗遠  つと遠  事遠  君遠  やがて遠  馬遠  さ遠  夕遠  いま遠  貝遠  過去遠  杜遠  三巴遠  シテ遠  世遠  其世遠  バザルコト遠  ダ遠  兄弟遠  才遠  激しい遠  暗い遠  リ遠  御物遠  まり遠  それから遠  漸く遠  待ち遠  永年遠  念遠  可也遠  くどい遠  冷たく遠  次第に遠  ない遠  再び遠  よろしく遠  公遠  眞人遠  無論遠  傾斜遠  逝曰遠  気遠  づれたぎりの遠  しばらく遠  すこし遠  山遠  世に遠  あまりに遠  いくらか遠  もう遠  道遠  高見沢遠  無く遠  やはり遠  さよう遠  兼遠  レ遠  僧遠  皇国遠  鑒不遠  薄い遠  ざゐどよむ遠  案外遠  なく遠  洲遠  ふるさとの空遠  小林遠  かなり遠  ちょっと遠  樹遠  遂に遠  皆遠  いつか遠  多い遠  いい遠  その時まで遠  時遠  チ遠  随分遠  平遠  攻遠  甚だ遠  廻り遠  西村遠  義遠  匡遠  無窮遠  頼遠  声遠  寒い遠  細く遠  同一遠  遠い遠  しだいに遠  歩遠  轟々と遠  ちっと遠  イガ遠  自ら遠  だんだん遠  うっかり遠  景遠  光遠  奥遠  参遠  船遠  先刻遠  浩遠  ッ遠  信遠  四遠  今度遠  である遠  め遠  年遠  橘遠  兵衛遠  著しい遠  里遠  段々遠  航海遠  こと遠  画伯遠  割に遠  美しき遠  ぶん遠  常に遠  きあり遠  さむき遠  経遠  至遠  済遠  靖遠  極めて遠  なに遠  誰も知らない遠  清遠  國遠  潜遠  よっぽど遠  古今集遠  いまだ遠  はなはだ遠  潤遠  テ遠  はじめ遠  沿澗遠  面遠  偶然遠  沖遠  二遠  少々遠  郎女遠  飛鳥遠  造遠  根の神遠  火遠  内遠  一遠  ぐるっと遠  やや遠  ぜひ遠  いと遠  一般に遠  茅原遠  いや遠  たか遠  同じく遠  らん遠  早く遠  

~ 遠[形容詞]
聖衆を遠  古手屋の遠  犬の遠  わたしの遠  世界から犬の遠  のは遠  注意は遠  屋根に遠  竹林の遠  山が遠  兎の遠  程度に遠  猛獣の遠  史観に遠  発達に遠  日脚の遠  玄関の遠  それを遠  わが家の遠  所の遠  道の遠  道は遠  これを遠  波が遠  性質において遠  得意を遠  菫色の遠  沼土までの遠  庖丁を遠  東夷の遠  火事に遠  そうに遠  一時女遊びに遠  満州は遠  靜を遠  部屋が遠  火事の遠  金公を遠  私を遠  日は遠  地球からの遠  距離や遠  それが遠  スルニ予ノ遠  外からばかり遠  上ノ總司令者ヲ遠  足を遠  ことを遠  虎の遠  からの遠  一町の遠  完全に遠  識別を遠  万有的精神を遠  ように遠  道が遠  可なり遠  不可避性と遠  問題からは遠  声は遠  足音の遠  自己が遠  ほうを遠  城主の遠  此の遠  洋臭を遠  汐の遠  そこを遠  やうに遠  ら類想を遠  空想を遠  地球までは遠  之を遠  我を遠  程の遠  大分耳が遠  洋卓を遠  夫の遠  急に遠  飛び石に遠  臣の遠  耳が遠  視線の遠  藷畑は遠  藤原の遠  瓦斯の遠  黄いろの遠  南支那へ遠  真理に遠  臣藤原の遠  ぎりの遠  ひかりの遠  生徒共は遠  傍を遠  人世に遠  物を遠  今度は遠  ガニマール探偵たちと遠  心には遠  それは遠  注意を遠  路は遠  古藤菴に遠  十日ほども遠  船尾を遠  漫々と遠  だんだんに遠  何か遠  ッと遠  一里位下に遠  時分に遠  その道の遠  そばを遠  自働電話は遠  周囲より遠  生徒も遠  ほうへ遠  上等の遠  蛙は遠  明日から四日間佐原まで遠  窪田は遠  話は遠  どこかでは遠  音が遠  陰へ遠  日頃の遠  訓練を遠  家を遠  防空壕を遠  壕を遠  位の遠  城下を遠  狼の遠  十二間の遠  島田道場を遠  音ドー・ドー・ドーと遠  政以て遠  五百重の遠  島根に遠  経済の遠  餘に遠  家臣どもも遠  孔孟を遠  候ことも遠  距離が遠  者は遠  自由論派と遠  物音はずつと遠  令使は遠  日影の遠  さのみ遠  自動車の遠  相州さまなど遠  父の遠  岸が遠  馬の遠  列並の遠  帝都を遠  グルリと遠  四隣が遠  甚右衛門の遠  真実には遠  綾瀬に遠  数浬の遠  白隠和尚の遠  戸棚に遠  向へ遠  距離の遠  海の遠  音楽が遠  顛倒夢想を遠  過去も遠  屏風を遠  無限の遠  縁の遠  発端を遠  縁が遠  存外と遠  子供たちを遠  燈火信号には遠  助が遠  病牛の遠  思いのほかの遠  マキ子を遠  左右に遠  日が遠  耳の遠  花の遠  春毎の遠  別れ別れに遠  跫音が遠  まことに遠  傷を遠  あれくらいの遠  足音が遠  祖宗の遠  内には遠  御前に遠  内府が遠  こととして遠  念は遠  鉦の遠  中心からは遠  暗夜の遠  浦より遠  遂佐は遠  川の遠  四竜は遠  お客が遠  今回の遠  文壇を遠  一千三百年の遠  雑念を遠  庖厨を遠  侍には遠  二人も遠  牛の遠  足が遠  前の遠  前途の遠  三里ほどの遠  試驗で遠  格闘を遠  家は遠  近を遠  前を遠  方を遠  非常に遠  街の遠  彼方に遠  耳は遠  みずから東夷の遠  独りで遠  近くまで遠  方が遠  自分の遠  ものを遠  劇場に遠  千代田城の遠  音を遠  足も遠  家より遠  さと遠  アラテバヨ縁が遠  窓枠からだんだんに遠  気も遠  大急ぎで遠  逝を遠  空の遠  天地の遠  小笠原島を遠  のにさえ遠  侍との遠  光は遠  高風を遠  中を遠  私は遠  カントリイの遠  以て遠  雨も遠  この世は遠  覚から杳かに遠  摂津の遠  方へ遠  クラムの遠  変に遠  女を遠  距離に遠  實を遠  轟々とばかり遠  西に遠  遙かに遠  二三歩其処を遠  暮は遠  まれびとの遠  其は遠  人びとは遠  眼を遠  いつまでも永遠性に遠  仮りに遠  柳子と遠  久し振りで遠  市塵に遠  今より遠  日景は遠  根の遠  北の方へ遠  音は遠  道程の遠  道徳に遠  感情は遠  種の遠  單に遠  言は遠  一行の遠  向うへ遠  彼女を遠  旅の遠  雜草からは遠  

[形容詞]
遠助  遠寺  遠ざかつてゐたくらゐだつた  遠千鳥  遠ざかるふくらう  遠の砂山  遠のすゑ  遠荒磯  遠吠  遠ざかつてゐるので  遠耳  遠灘  遠訪于  遠様  遠ざからしむる  遠ざかつてゐる  遠イ  遠ク  遠鐘  遠岫有  遠まき  遠淺  遠霞  遠めがね  遠入道  遠遊び  遠放しもきくし馴れぬいている一  遠雷鳴  遠篝  遠空  遠そう  遠鳴き  遠波  遠由  遠旅  遠ざかつてゐると  遠呼びに手  遠あかり  遠からん  遠の渚  遠君  遠さ  遠クカラ  遠クナッテシマウノデスガ  遠クナツテシマフノデスガ  遠巻  遠乘  遠ざかつてしまつた  遠の歌  遠かた  遠松原  遠稲妻  遠浪  遠里  遠の柴山  遠にして豐富  遠狼煙  遠眼鏡  遠まわり  遠けら  遠卷  遠の山地  遠ざく  遠は近  遠に通ずる生命  遠内  遠離  遠ざかつてしまつて  遠灯  遠年  遠樣  遠處  遠影  遠すぎるん  遠乗  遠投  遠国歌  遠酋  遠略  遠ざかつてゐられる  遠退いてしまふ夜の囁き  遠ざかつてゐたからで  遠シ  遠去かっていくわけ  遠人目  遠クヘ  遠参  遠邇  遠國  遠囲み  遠照  遠世  遠という男  遠計  遠距  遠退いてゆく路傍  遠クデ  遠を変じて薩摩  遠伐ニ  遠人  遠遺忘  遠ザカルコト  遠キコトハ  遠族  遠ざかつた  遠ざかつてゐるやうにとの  遠キヲ  遠碧  遠奉レ  遠ざかつてゐるやうに  遠暢  遠ー  遠うご  遠ッ  遠三  遠境  遠ざかつてゐたいと  遠寄せ  遠すぎるという理由  遠孫  遠來  遠鳴のやう  遠あたり  遠ざかつてからもまだ  遠がるほど  遠がる子供  遠がって居る夜  遠かりつ  遠カラズシテ  遠行  遠処  遠退いて気  遠成  遠つみ  遠曰反  遠捲きに人  遠の宮廷  遠みかしこ  遠霞む山  遠航  遠嘶  遠退くよう  遠退くの  遠神  遠にしているということ  遠治  遠網  遠かりき  遠さけんとする方法  遠の人物  遠駕  遠號  遠誦  遠一  遠の水音  遠寄  遠逝  遠ざかつてゐるうちに  遠ざかつてゐた  遠淵  遠唯々  遠太鼓  遠雲  遠ざかつてしまふのであつた  遠走り  遠ざかつてゐたといふことが  遠退いて腕  遠み  遠あかね  遠め  遠吉  遠退いて湖心  遠樹  遠漕  遠漕中  遠さま  遠照り  遠卷きにして國  遠察  遠客  遠蒼茫  遠楼  遠侍  遠浦  遠かないね  遠防  遠かり來  遠に歸  遠皇祖  遠過ぎる事  遠などの百  遠ざけてござりますれば  遠退き幽か  遠の宿所  遠の  遠のほう  遠に下馬  遠の兄  遠は軍兵  遠に感知  遠もの  遠廻  遠攻め  遠村  遠物  遠から  遠向  遠の山々  遠で最後  遠リョヲカケテタイヘンスマナク  遠かり候  遠良  遠退いて眺め  遠にちらばる星  遠退く声  遠震  遠-  遠三味線  遠院  遠がすみにかすんで見えるあたり  遠すぎるところ  遠クテ  遠過ぎて頼み  遠退いてから  遠器  遠歩き  遠の方  遠かりそう  遠の二  遠の妹  遠の所  遠の家  遠なるところ  遠大高  遠の一部  遠鄙  遠沖  遠銀  遠離れ  遠ざかつてゐたこともあるが  遠猷  遠退いて以来  遠や此處  遠つて  遠譽清  遠な眺め  遠燈  遠に浦  遠ざかつてゐることを  遠に漕ぐ船  遠佐  遠なる里  遠在  遠呂  遠の諸国  遠遊  遠智  遠諱  遠茂  遠光  遠近大  遠み小野  遠鳴や君  遠吠我  遠退く算段  遠の白波  遠声  遠に思ったか  遠の里人  遠を近  遠ざかつてゆかねばならぬ  遠ざからむと  遠ざけしめてゐるのでもあつた  遠二  遠ざかつてしまつてゐるのを  遠明り  遠蛙  遠ざかつてゆく  遠ざかつてゆくやうにおもへることがあつた  遠みち  遠木立  遠びとよ  遠去かって行く空  遠臣  遠退いてしまわれるの  遠ざかるやうになつてしまつた  遠ざかつてゐたい  遠洲  遠きあり  遠天  遠至  遠は左翼  遠靖  遠ざかるをいかんともするあたわざりき  遠いとこい  遠山家  遠を反  遠先生  遠絶  遠鏡  遠ぐ  遠ほか  遠ざかつてましたけど  遠ざかつてゆくとか  遠みか  遠僻  遠ざかつたたをやめぶりを  遠一天  遠走にの  遠退いて行くよう  遠退くこと  遠去かりゆく猿田  遠にたそがれ  遠靄  遠ざかつてゐるのに  遠退いているよう  遠かみなり  遠すぎるあなた  遠退いて浪花節  遠過ぎて直接  遠サマ  遠山桜  遠吼えのよう  遠み無限  遠み潮  遠ざかつてしまふでせう  遠夷之  遠すぎるいろいろ  遠を謀るは愚人  遠からむもの  遠處新  遠來神  遠がるもの  遠退いて行くの  遠野分  遠退いて見てくれろというの  遠津  遠津山  遠理  遠翁  遠泉  遠回  遠志  遠能  遠ざけてもらひたい  遠に夜半  遠ざかることいかばかりぞや  遠の昔  遠衛  遠鳴のよう  遠レ  遠へ働きかける関門  遠にあれば行かまくの  遠すぎるよう  遠畦  遠ざからせてしまつたのにちがひない  遠間  



前後の言葉をピックアップ
とえ  問え  十重二十重  とえよ  問える  遠山川  とお  とお  問お  トオ


動詞をランダムでピックアップ
やられ入りこみ飛出る測ろおりまぜきらとんがらかし下ろそ差しくれれ問合せる清まっ倒れれしたしもおどろかし縫い合わせ膿んとっちめる練り直し切開い
形容詞をランダムでピックアップ
まばゆかっ見にくき物憂い堪え難くがたかっ可愛からやさしかっ目出度し人間らしけれ小だかい気強穢らわし新しくっうつくしから由々しくかぼそ深かろさとあぢきなく