「おもう」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ おもう[動詞]
木の葉みちたりいかにおもう  あいかにおもう  葉におもう  余よっておもう  大切だとおもう  方がよいとおもう  ことができるとおもう  所を求めなければならぬともおもう  歓び指をおもう  講義を聞こうとおもう  真剣にそうおもう  ドアがせわしなく開いたとおもう  瀬に近づいたとおもう  方などには聞き苦しいとおもう  底から國をおもう  うそとおもう  うえをおもう  ままにやってのけようとおもう  涙を隠しても忍ぼうとおもう  故郷をおもう  しかるをおもう  危険をおもう  部下をおもう  ひねくりまわしていますが、あわてているので、なかなかおもう  仲間ではないかとおもう  君も知っているだろうとおもう  岩だったとおもう  光が見えたとおもう  紳士だとまでおもう  骨がおれたかとおもう  血を落したかとおもう  戸があいたとおもう  人になったとおもう  正三はもう鳴りだすぞとおもう  家へ戻ったかとおもう  こと、おもう  のぞみでも、おもう  馬車がすこしはしりだしたとおもう  のだとおもう  話もしなかったとおもう  度におもう  わたくしがきたいとおもう  のかとおもう  働きをおもう  のではないかとおもう  芳芬に染まっていないかとおもう  ものかなとおもう  水に帰るかとおもう  ものをもっているとおもう  だつおもいで省みずにいられないとおもう  生命をあたえられなければならないとおもう  転向したろうとおもう  了解されるだろうとおもう  気味だとおもう  罪悪であるとおもう  方向をあたえたといえるとおもう  歪みであったとおもう  日参せずばならないであろうとおもう  悪者、おもう  花がふってくるとおもう  てのひらにうけとろうとおもう  母をおもう  死ねよとなる死んでゆこうとおもう  せきを癒そうとおもう  きもちでいたいとおもう  秋だなとおもう  それが出来るとおもう  必要があるとおもう  から、きっと持っているとおもう  珠とおもう  音がしだしたかとおもう  瞼にきたかとおもう  たかとおもう  中では、見出されまいかとおもう  勇者だとおもう  世界の果てかとおもう  気持悪くおもう  門を出たとおもう  さまたちの知りたいとおもう  ようにふかくくぐるかとおもう  ことをおもう  血がながれるかとおもう  二どとはあえまいとおもう  ものをおもう  ひそかにおもう  着物にしようとおもう  髪をひんまげてもやりたいとおもう  からだにさわったとおもう  自分のものになるとおもう  手蔓を握ったかとおもう  趣あるをおもう  祖先をおもう  吾儕の苦々しくおもう  残念におもう  ものだとおもう  のもいいとおもう  ことにしようとおもう  私はおもう  さまたちをいたましくおもう  横になったかとおもう  書状をひろげたかとおもう  手を伸したかとおもう  のがやんだかとおもう  とき/″\、グイと引かれたかとおもう  足音がしたかとおもう  一言二言言われたかとおもう  いるかとおもう  者に知らせたかとおもう  ようにおもう  一番適任だとおもう  胸にあてたかとおもう  のだから、そうおもう  検閲しようとおもう  方がいいとおもう  さをおもう  蚤が居るかとおもう  蚤が出るかとおもう  蚤が出るとおもう  熱海をおもう  方にあるとおもう  のではなかろうかとおもう  ぼくはおもう  ぼくはそうおもう  ものではないかとおもう  言葉であるとおもう  相談しようとおもう  聖人だとおもう  変だなあとおもう  言葉を教えこもうとおもう  大事と、万一をおもう  不運とおもう  一呼吸したとおもう  誰とおもう  文学を止めたいとおもう  夢の中で帝はおもう  余生を見てやりたいとおもう  話し相手とおもう  主君もないとおもう  蓆が、吹き起されたとおもう  中だったとおもう  何の役に立つとおもう  地の利であったとおもう  釘づけになったとおもう  そこに流れたとおもう  笑い声を聞いたとおもう  言葉を使おうとおもう  ものとおもう  辛抱にあるとおもう  いまでも居るとおもう  目と目を見交わしていたとおもう  中には残っていたかと眩くおもう  ッたとおもう  不思議をおもう  顔をあげたとおもう  如何かとおもう  人とはおもう  恃みにおもう  顔をおおったとおもう  跛行をひいて駈け下りて行ったとおもう  ように揺れたかとおもう  劈頭にやって来たかとおもう  君何うおもう  仕事だとおもう  女はすけなくはなったであろうが、あるとおもう  ことなし、おもう  子やおもう  必要かとおもう  御方にこそとおもう  いつおしまいになるかとおもう  みっちゃんが、ほしいとおもう  不審におもう  一大進歩ならずや、おもう  前払いとおもう  おもしろかろうとおもう  音がしたとおもう  マッチがおもう  焔が鎮まったかとおもう  僕はおもう  汝ががおもう  アどうなるとおもう  気にさえなれば、きっとやれるとおもう  がたをおもう  ことになるだろうとおもう  お母さんが、どんなにさびしがるだろうとおもう  人々に、ひろくみせてやりたいとおもう  九さいになるまでは、おもう  あんばいだと、おもう  生計をたてたいとおもう  着物なぞ満足に着られるとおもう  馬に引かれて、のろのろと歩むかとおもう  静かにひろがるかとおもう  四町往ったかとおもう  頭をうっすりと撫でたかとおもう  いま明るいかとおもう  引ッ掻かれたかとおもう  中にまでさして来る、かとおもう  ツガザクラが咲いていたとおもう  深谷へ引き落されて、低くなったかとおもう  雨になられたらとおもう  裾を引いて、来たとおもう  一丈あまりもあろうとおもう  燻ぶったかとおもう  川面が明るくなるかとおもう  神さまが守っていてくださるとおもう  ものかとおもう  いっしょにいたいとおもう  窓があいたとおもう  はくかとおもう  水撒をしてやろうとおもう  物をおもう  知らないばかりか、知ろうとおもう  剣を見おろして、そうつぶやいたかとおもう  それが、おもう  横に流れたかとおもう  たっぷり墨をふくませたかとおもう  いっしょになるだろうかとおもう  含蓄があったとおもう  子をおもう  私等はおもう  幸福であるとおもう  御覧になったとおもう  考えになったと、おもう  本を作りたいとおもう  待っている女中かとおもう  いちばん住んでみたいとおもう  話だとおもう  一服やりたいとおもう  体のおもう  若宮君のおもう  錘かとおもう  かくて尽きぬとおもう  のは、なぜだとおもう  姫たちに立ちこえて美しとおもう  うつつにおもう  いずれも嬉しとおもう  最初ではないかとおもう  圓太郎顔いろを変えたかとおもう  目をパチパチしだした、とおもう  無駄だとおもう  罰が当るとおもう  何もおもう  弟子もいないよ、ありがたいとおもう  真打にしてやれるとおもう  上をおもう  夢中になってしまったり、かとおもう  ほうがピッタリ合ったかとおもう  ところが早過ぎたり、かとおもう  自分のおもう  尾が、かっと光りを強めたかとおもう  鉄火にいい放ったかとおもう  猿芝居だって使おうとおもう  瞠るだろうとおもう  身を投げ出したかとおもう  事実を述べたいとおもう  から進んできたかとおもう  いちばん大きかったし、またこれからもそうだとおもう  ことを許してほしいと言ったかとおもう  こととおもう  おしだとおもう  ように見せたかとおもう  考えになったかとおもう  木があるかとおもう  国に居られるとおもう  考えこみ、悲しみはじめたかとおもう  三分も居たかとおもう  辛抱できるとおもう  こともあったし、そうかとおもう  こともあり、そうかとおもう  人にうちあけたいとおもう  おしまいになるかとおもう  ことがあるかとおもう  何もないとおもう  人たちと仲よくなったし、そうかとおもう  衝撃を感じたかとおもう  のかとそぞろおもう  わしはおもう  そこへこれぞとおもう  らんとおもう  如しなどおもう  称なれば、おもう  声が聞こえたとおもう  御用がつとまるとおもう  急にかたむきはじめたとおもう  楽隊にやとってもらおうとおもう  ずんずんはっきりしてきて、ぱあっとてりだしたとおもう  万事がおもう  ぼくはもう戻ろうとおもう  腹は空いてきたし戻ろうとおもう  おかしいとおもう  島だとおもう  わたしはしっているとおもう  もみの木だとおもう  ここでとおもう  わたしを宥めようとおもう  生き残りかとおもう  終末かとおもう  年月が流れたかとおもう  紫陽花色に輝いたかとおもう  火花がぱちぱちっとでたとおもう  暫らく鉄砲を打っていたかとおもう  向もあったとおもう  覚官的になって来るとおもう  対象ではなかろうかとおもう  ころであったかとおもう  ものであったろうとおもう  ものであっただろうとおもう  文化性というにふさわしいとおもう  ものにおもう  傷けんとおもう  いま奈何におもう  往て観んとおもう  影にあるとおもう  レセップにならおうとおもう  気楽なりとおもう  損のないとおもう  勉強しようとおもう  前にでてきたとおもう  あいそうにおもう  名にしてはどうもすこし、とおもう  気がしたり、そうかとおもう  ぴょんぴょん跳ねていたら似合うだろうとおもう  夕方になるといつも淋しくって淋しくってどうしようかとおもう  しようがないとおもう  胸を圧しつぶされたり、そうかとおもう  小さな古国だとおもう  からくればいいとおもう  あしだから、なかなかむずかしいだろうとおもう  おしゃれだなあとおもう  無力をおもう  何うおもう  必要は、ないとおもう  夢をおもう  局長は、そう叫んだかとおもう  三歩あるいたかとおもう  なきごえがしたとおもう  車が走ったかとおもう  側近も、考え直して欲しいとおもう  光景をおもう  出発は、なるべく早くしたいとおもう  夜に入るとおもう  豊のあそびにあわんとぞおもう  ッかりだとおもう  力におもう  独りクヨクヨ物をおもう  居辛くおもう  東京をおもう  のではないと、おもう  てんにいたいとおもう  なんでもしたいとおもう  自分があらわしたいとおもう  しりいうかとおもう  客だとはおもう  いるか、とおもう  研究はおもう  必要だとおもう  思想だとおもう  時分かとおもう  木が小さく揺らいだかとおもう  散薬を呑んだかとおもう  老人夫婦だとおもう  間まどろんだとおもう  顔をしたかとおもう  林が迫って来たとおもう  月が見えたかとおもう  一ぺん読んでみて欲しいとおもう  今も思い出してうれしくおもう  勿体ないとおもう  意味ばかりとおもう  うちへ帰りたいとばかりおもう  そことおもう  顔にかかったかとおもう  からざるものがあるかとおもう  いつまでもつづけていてはならないとおもう  想像がつくまいとおもう  十時半すぎであったとおもう  しか六千トンもあったかとおもう  ところがあるかとおもう  ちょっと一枚上にひっかけて来たとおもう  自分のいいとおもう  努力は買ってやるべきだろうとおもう  ギャグとおもう  作句とおもう  ところ、さすがとおもう  志丈などおもう  冴えが見られるとおもう  五兵衛ではあるとおもう  のではあるとおもう  失敗とおもう  圧巻だとさえおもう  心でおもう  私たちは学ばなければならないとおもう  哀感すら伴っているとおもう  浮彫りにしているとおもう  ほうがいいとおもう  作品だったろうとおもう  説明にも及ぶまいとおもう  わたしはおもう  ひとたちを温かくなぐさめてあげるべきだとおもう  それをおもう  人だとおもう  ここではじめようとおもう  日本中の人間をふるえあがらしておきたいとおもう  一番いいとおもう  人造人間はきっとうごかなくなってしまうとおもう  こなごなにとび散ったとおもう  尤もだとおもう  ときには、持ってにげてもらおうとおもう  泡鳴子をおもう  森のおもう  下を通ったとおもう  のかしらとおもう  気楽だとおもう  明日は尋ねて行ってみようとおもう  苦しみはしないとおもう  三月ぐらいだとおもう  ようになればいいとおもう  街だとおもう  事だったとおもう  がたを見せたとおもう  雨かとおもう  脅しが効かないとおもう  何刻だとおもう  人目にたたないで、いいとおもう  声がしたとおもう  ずり寄って来たかとおもう  ことはないが、多分あるだろうとおもう  洒落よりも、優れているとおもう  たびに、古くさいなとおもう  打破してもいいとおもう  明日弔ってみようとおもう  愛読してもらえるとおもう  夜だったとおもう  点だとおもう  私たちはうれしくおもうし、当然ともおもう  残念であったとおもう  同感であろうとおもう  朋友同様におもう  塔を建てようとおもう  ことを好いとおもう  真実にこうおもう  恩に被せるとおもう  不足とおもう  わが子をおもう  言葉とおもう  仏ともおもう  面目とおもう  往生をおもう  ものが立ったとおもう  上だとおもう  人間臭をもつとおもう  発令権をみとめるもいいとおもう  便利ではないかとおもう  事項ではないとおもう  不幸があったとおもう  のであろうとおもう  直視して、書くべきだとおもう  胸いたむまで、考えさせているとおもう  死を観てゆこうとおもう  義仲であったとおもう  ことであったろうとおもう  余地はあるとおもう  樹木ではないかとおもう  動きを書きたいとおもう  たよりに、もうすこし彫り上げてみたいとおもう  読者へも繰返して告げたいとおもう  特にそうだとおもう  小説にはなるとおもう  意図もいささか酌んでもらえるかとおもう  現象であろうとおもう  道もかかるとおもう  時間的に、どうかとおもう  上、読んでいただきたいとおもう  人間劇であったとおもう  違い方にあるとおもう  故郷かとおもう  長谷川巳之吉氏だったとおもう  体をおもう  ひとつにしたとおもう  我はおもう  日時がないとおもう  恋人があったかも知れないとおもう  一度手をはなしたかとおもう  老人にだまされたかとおもう  島が溶けたら、どうなるとおもう  悦しいとおもう  奇怪だとおもう  残虐に堪え得るだろうとおもう  所有者だから、一気に脱れ出られるとおもう  圏内を脱したとおもう  僕もそうおもう  成功しまいとおもう  んだどおもう  

形容詞

~ おもう[形容詞]
ものおもう  

~ おもう[形容詞]

おもう[形容詞]



前後の言葉をピックアップ
思い煩わ  思う  思うつぼ  重う  おもう  想う  思うさま  思う様  おもうさま  思う存分


動詞をランダムでピックアップ
ひさぎ信じ込みみつめるおれ取り回しごたつい綯え入かわっ振りかぶ案ず入浸る目がけるくずせ問い質し縮まる真似引さがるでき犒っわき出る
形容詞をランダムでピックアップ
小賢しい目まぐるしく可愛かっはずかしく角く委しき不味しすがすがしき目覚しきまぶしゅうみぐるしく事新しゅうわすれがたい生ぬるかっ恐ろし白っぽくつれない浅黒き有難けりゃじれった