「赤」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ 赤[形容詞]
毒々しい赤  わるい赤  近い赤  さ赤  濃い赤  少し赤  それほど赤  太い赤  むしろ赤  暗い赤  

~ 赤[形容詞]
実の赤  梅干の赤  残つた葉の赤  太陽の赤  灯の赤  銅の赤  脚の赤  周囲の赤  ブラウスの赤  頬の赤  色の赤  尻の赤  これも赤  帆の赤  血汐の赤  振りの赤  蛇の赤  ビステキの赤  花の赤  にんじんの赤  山柿の赤  万年青の赤  草の赤  バラの赤  夾竹桃の赤  夏花の赤  樹の赤  朱の赤  鶏頭の赤  トマトの赤  口紅の赤  鼻緒の赤  詩人が赤  空の赤  服装の赤  あれだけ赤  鮮血の赤  彼が赤  薪の赤  入日の赤  腹の赤  枕の赤  鬼百合の赤  

[形容詞]
赤さ  赤すぎる顔色  赤様  赤まんま  赤過ぎること  赤まま  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
赤や緑の広告ビラが何枚も貰えた  赤や緑の服を着た  赤の松葉牡丹がそれは美しく咲いた  赤と黒との接触を観察した  赤の事で当局に油をしぼられてゐるらしい  赤の他人になッ了えといわぬ  赤っぽい提灯の光が見え出すが  赤は前足で受け止めて  赤の耳をねらった  赤は鹿毛の耳をなめると  赤のしっぽをなめた  赤が逃げた  赤はその扁平な鼻を地上にたれて  赤が第一に耳をめがけてくる  赤と鹿毛の毛波はきらきらと輝いた  赤とされた  赤の理窟と一蹴して  赤濁のした  赤なる紐の結ぼほる  赤ちやけて  赤にして咳き込みました  赤にしてゐた  赤にした  赤と青との灯がみえた  赤な顏をして  赤の色の気味悪い火を交えて見えた  赤になってしまった  赤いきんちゃくの  赤にしている  赤にふくれた  赤にみどりにその帳をかかげて  赤は顔つきからして  赤と次郎はひどくおびえて  赤はひとり住みの  赤がいちばん楽でいいだろうというものもあった  赤と青の水仙の花が咲けば  赤と二いろの  赤と白のまだらのばけもの  赤なハイカラなばけ  赤と横歩きとが新しい真理だと思って  赤の屋根ができ  赤黄いろい焔をあげて  赤ひようたんのやうになつてゐる  赤と白の三色で塗りわけられた  赤なアンスリアムの花がいくつも咲いていた  赤とブルーを使って  赤な火のかたまりが  赤な線が走った  赤に燃える  赤と青の飛行灯が見えた  赤なプリムスで先をいく  赤に錆びて  赤に染まった  赤な熊の胆をせ  赤と黄いろのまゆみの実が花が咲いた  赤やら黒やらわからない  赤なれど其内に四五種の別有り  赤の他人となって  赤や青の屋根の間を仄かに漂うて  赤のダンダラの日除けを張りまわしている  赤の他人となると  赤や黄の焔をあげて  赤や緑や青や様々の火がはげしく戦争をして  赤だの青だの黄だの紫だのがまじっていて  赤だの青だの黄だの紫だのがまじつてゐて  赤や茶色の背表紙にやすめながら  赤暗い灯影を揺がした  赤だの黒だの桃色だの黄いろだの疲れた  赤や黄や紫の風船玉をそえて  赤かくしていて  赤だの白だのの豆の花が咲いて  赤切れた汚い手だったかも知れない  赤にしてよろこんでゐた  赤にしてよろこんでいた  赤に泣きはらし  赤や青のレッテルをはった  赤な袖章をつけた  赤になつてゐたかも知れない  赤に変り  赤つぽく煙つて見える  赤にしてゐる  赤や青の鉛でつく  赤かつたソース鍋の内側が今は白く光りました  赤がかつた斑の入つてゐる  赤ちやけてゐるか  赤の斑があります  赤がかつた紫色をしてゐる  赤や青の煙の塊が飛び出す  赤に直して  赤のゴム風船を片手に子供の手をひいて  赤をあしらった  赤と變化して  赤を柔かにぼかして  赤と青との区別は客観的に存在しない  赤に彩り  赤と強い黄の萱草が咲く  赤の幻影を死ぬまで  赤や白の蝶が舞いめぐって  赤のままの花の咲いていた  赤と黒の色の取り合せも  赤の混ざった  赤に燃え  赤にはれました  赤かびが繁殖していた  赤にしていましたが  赤の他人になりましょうね  赤の他人の大人にあらずや  赤お夏は萌黄の天鵞絨を鼻緒にしたる  赤は身体に薬になるから  赤にすれば  赤に見えました  赤や金色や灰色の淡い筋がはじめて地平線を涯から涯まで劃した  赤にして  赤がった皮膚がたるんで居る  赤の色調をもった  赤や桃色の毛糸頸巻をした  赤えひの  赤の小袿をかくして髪を巻き込んでおく  赤の糸をたよりにたどって行かれた  赤にする  赤の他人だといったが  赤だの白だのぐちやぐちやついた  赤と白の綬をかけた  赤だの白だのぐちゃぐちゃついた  赤になった  赤に塗った  赤になっている  赤になって叫び  赤と青と白とのリボンがつけられた  赤の他人だか知りませんが  赤や黒の大活字が重なり合って踊りまわっていた  赤の紐を引き裂かうとしてゐた  赤の紐を引き裂こうとしていた  赤んぼも  赤や青で彩った  赤のボールペンを持って  赤っぽい電燈の光に照らされ  赤っぽい電燈の光を受けながら  赤いきれで繃帯してやったが  赤と黒と並んで  赤っ面の絵かきが此処に来て居ようとは思わなかった  赤黄色い唐紙とは違い  赤の総をびらびらさせて  赤っぽい焔は揺れ  赤は最も危険を連想させる  赤なからだの上したへ  赤んぼを抱いてでたらば  赤錆びた汽船がはひつてきたふはふはとした  赤と白で塗った  赤いひげをはやした  赤の斑色になっていたからです  赤に塗り分けられた  赤でなくピンクいろ  赤になって  赤の御袴ましら大御衣おん正身のみじろぐ  赤と金とのヂグザグが針を並べた触をして  赤と金とのヂグザグが花の酒杯を尖らせて  赤が加わり  赤んぼが  赤や白や紫の花とならんで  赤の絵具を使った  赤つぽい面上には数条の深い頽廃した  赤の斑がある  赤の丹後縞を太く二本入れた  赤はだかの神経に接して  赤になって這いだして来た  赤が青でない事を知るだけではなく  赤や青が音の高低とは全く別な系列にぞくする  赤な火がちらちらちらちら通って行く  赤に熱らせて  赤になりながら  赤に泣きはらしながら  赤よりも波長の長い光線があって  赤までの色を認識する  赤が見えなくて  赤と青とが判別出来ない  赤までしか見えないなんて  赤の色によく感ずる  赤を識別できると  赤な筋をひいている  赤に草を染めている  赤や青や黄のレッテルの貼ってある  赤な口をあけて  赤や青や紫や美しい色彩を帯びた  赤のスペクトルに富んでいる  赤焦けた黒繻子の袋袴を穿いた  赤の他人よりは身をいれて  赤や青の広告文字をたどつて下りて行かう  赤の御飯ぐらい炊いて  赤のお飯をお炊きなさいな  赤が黒に変ってしまう  赤や黄の美事に配色された  赤に上気させた  赤と白との水引の屑が茄子の茎人蔘の葉の中にちらばっている  赤になり  赤になってひるま  赤や代赭の唐草をおいた  赤と黒と棒縞のお召の寝  赤で筋取った  赤と間違えて振って  赤になってうつむいた  赤の花が点せつする  赤んべいをしたり  赤黄色く燃えている  赤と桃色のスイートピーを一束ずつ持って出て来る  赤や茶によくうつります  赤や青の火の玉を投げ上げる  赤や緑の色が見える  赤の他人の山之助をば親身の兄を労わる  赤と黄の二色を識別し得たにすぎない  赤と黒は殆ど識別されておらず  赤と黒は殆ど識別されてを  赤んぼの  赤んぼが啼く  赤剥きに剥いて言えば  赤と二筋を花がけにして  赤るんでもその実を採る  赤と黒によって染められたと  赤の枠に黒で彩雲閣と奔放に染め出した  赤にごりした  赤と黒があり  赤を主調にした  赤っぽいネクタイをしめ  赤や青の信号燈が点在して  赤とみどりと交った  赤の蓮が咲いていた  赤と黒とに染めた  赤と白との旗をふる  赤の飛行服をつけて  赤の布で髪をつつんで  赤との水着をきて  赤いひげだるまがひどく破れてる  赤っぽい靄に包まれてる  赤や黒や白の衣を美しく着飾  赤に光る  赤白い霧となって  赤や緑や黄や青やの詩箋に二十句ばかりの俳句が記されてあった  赤と白との花が雨にぬれてゐます  赤や青で塗り上って  赤っ鼻の禿頭が立っているでしょう  赤んぼが生まれました  赤んぼは生まれた  赤や黄や青みがかかつた黄やの色で以つて一面の錦が織り出されてゐる  赤さうな太陽のよこ照らしに  赤つぽい唐桟の袢纏を着た  赤っぽく見えだして気に入らなくなったが  赤の他人なのだからその尻を持込まれても困るといって  赤錆びたレールの上にはいくつもトロッコが引っ繰り返っている  赤錆びの鉄条網を跳ね越え  赤うなる病めば  赤なんでせうね  赤んぼはかじる  赤の鯉が泳いでいました  赤んべをして見せたりする  赤んべえをしてみせる  赤に易えさせよう  赤が見えたら  赤でもいいから色の変った  赤と緑との色紙重ねの模様のうちに刷った  赤を好む  赤と白と青との涎掛を作りて  赤にも白にも青にも何の感興を起さなかった  赤な贋せ  赤と緑の羽をして  赤と白の旗を持つて  赤んぼは泣いている  赤んぼ  赤んぼが泣き  赤んぼに  赤んぼを受けとり  赤んぼを揺すって  赤んぼな  赤んぼから逃れられる  赤んぼを殺して  赤んぼを絞めころすと  赤の錦のようにそれをしっかりと縫い進んでいる  赤な色をしていて  赤になっておこりました  赤になっていました  赤に日光に透かせましたが  赤な目がありました  赤になる  赤光りに花を盛り上げてゐた  赤のペンキさえ塗られて  赤ぬりの少しはげてかたむきか  赤や黄の色彩だけが浮いて見え  赤んぼを  赤と緑の色の外に青と黄との色を使った  赤と緑との色の差がかなりあってもわからなくなる  赤と緑との差が相当にあっても  赤と緑とは見易い色ですから容易に読む  赤と緑と青と黄との四色を使いますと  赤と緑とが目立って見えますが  赤の帶の竪矢の字を背中に負うた  赤で塗ってあった  赤のスウィートピーの小さい花束を大事に持って帰って  赤になつてゐた  赤な色をしてゐた  赤になつていひました  赤の色褪めた  赤との着物を着た  赤錆びの出た  赤とも黄とも区別のつかぬ  赤っぽい粘土のごみだらけのきたない処が見え出し  赤や紫の頸巻の様なものを巻きつけて  赤が火の蛇のように取り巻いて  赤な毛布を一枚買って帰って来た  赤の他人の古藤さんにこんな事を願っては  赤にしながら  赤腐れた紙片を発見した  赤っぽい派手な背広に大きな躰を包んだ  赤や金色や緑色の色紙に包まれていた  赤の色はもはやそれを見  赤や青や金づく  赤にあらず  赤っ毛で縮れていた  赤んぼまでが  赤んぼらしく  赤にかがやきだして  赤の必要があるだろうと  赤と黒の二色しか身につけないらしい  赤と青のペンキを塗つたやうな汐招き  赤の玩具のやうな小蟹共が一齊に逃げ出す  赤と青のペンキを塗った  赤の玩具のような小蟹どもが一斉に逃げ出す  赤んぼは  赤にしていた  赤の他人におれの女を養わすほど  赤に光っているので  赤に充血して  赤に焼いて  赤んぼには  赤んぼがいなくたって  赤であらうか  赤の七宝がおいてあり  赤と白とのだんだらの玩具の兵隊の服を着  赤の他人でも私の実母のことを多少でも知つてゐる  赤や青や黒やの点々を国道に作つた  赤や黄色で刷った  赤になって語りつづけた  赤の他人になってしまいました  赤な大きな実がつくし  赤と白で撚った  赤と白と撚り合せた  赤に染め  赤禿げにされていられるかい  赤っぽい小菊の服を着せられていた  赤と青とカバーを異にせる  赤や緑で花みたいな模様をかいた  赤と白との球のついた  赤と緑の旗が目に留る  赤や水色に彩りした  赤いきれが動いた  赤や緑で塗った刳  赤の他人の白痴などに関まっても  赤とに塗られた  赤だと見れば  赤だと思う  赤として如何に取扱っているかを  赤と見る  赤の長繻絆を見せ  赤のまじりあった  赤原警部を呼び出した  赤原巡査部長に何か報告はないかと尋ねると  赤黄色くなる  赤いきれを結えつけて  赤いきれを脚につけている  赤になつてせつせとあるきながら  赤へ賭ければ  赤から濃い紫に変ってゆく  赤と黄の刺繍をした  赤濁のやや減った  赤な斑が出来た  赤の他人の天下をとるという  赤の他人同志なら勝った  赤に染めて  赤や青の燈火が水に映る  赤や紫のその花びらが点々と散っていた  赤のごてごてにぬられた  赤と黒のギリシャ帽をかぶつてゐる  赤錆びたトタンの切れっ  赤錆びたトタンの切れつ  赤と緑の布を通過している  赤にしては  赤もフクレてるし  赤っちゃけて見えましたが  赤っちゃけた  赤や青やくさぐさの色を連想する  赤だけの新しい旗がつくりだす  赤にしていただくわ  赤にもよりますけど  赤にしましょうよ  赤はいけませんわ  赤剥ぎができる  赤はほんとうにあなたに似合わないわね  赤と黄の棒縞の派手なオゥニングが出て  赤のはいった  赤と黒との縞のよごれた  赤にふくらせ  赤の葡萄酒がつがれる  赤ぶくれになっていて  赤にもえ上るという  赤な入道雲見たいな  赤とも黒とも見えぬ  赤んぼを背負った  赤んぼをおぶった  赤に変る  赤すぢいりの  赤とを使ってやらう  赤んばうはみんなを索めていっし  赤の羽根でかざった  赤や白の鼻緒の草履の山があって  赤や鬱金の木綿の鉢巻きをしてはしゃいでいた  赤っぽい大きなお団子をゴロゴロやっているので  赤や青の紙のコナを顔へあびせかけられて来た  赤に紫の葡萄の絵を描いた  赤と水浅黄の鹿の子をねじり  赤や青のピラピラのさがった  赤に上気した  赤にかわった  赤と青と緑と紫と黒との曲線がすこしずつ方眼紙の上をのびてゆく  赤と黄と緑と青と紫との五色のしまのはいった  赤ばみし  赤いきれを巻きつけて  赤ぼったく垂弛んで  赤熟れになっている  赤んべえ面を上げて  赤むくれになつて肉が見えてゐた  赤と乾酪色の丘陵のうねりが閑かな日光の反射に浮き出してゐる  赤錆びた鉄の扉の上を僅に越えて  赤にも紫にも塗られていない  赤に興奮している  赤に熱し  赤になってどなった  赤や黒や白いのが一つ隅つこにかたま  赤の他人でもずいぶん因縁ずくで力にもなったりなられたりする  赤なカーテンをおろすと  赤や青やの派手な色をした  赤に血を流していた  赤に血を流してゐた  赤やら白やら咲きみだれてゐる  赤に腫れあがった  赤んぼを産み落とし  赤んぼを渡された  赤んぼを引渡した  赤な色になり  赤ちやけてゐたり  赤の大きなすみ餅がぱッと眼に映る  赤の他人の誰かだということだけしか知りませんでした  赤はだかで横になっている  赤なのがいる  赤と青の縞になっている  赤や紫にかがやいて  赤の他人扱いを受ければ  赤や黄や青の旗をかついだ  赤と青の電灯の綱がはりわたされて  赤と黄と青との旗がそれをかこみ  赤の直垂をつけて  赤の他人が住まっていて  赤紅く輝く  赤が選ばれた  赤や青で染め出した  赤にし  赤若しくは金茶色の花様の模様ある  赤や緑の服を着て  赤濁み  赤のインク吸ひ  赤になりました  赤ちゃけて居た  赤を白く抜いた  赤の御飯をたいて祝ってくれました  赤や浅黄の無垢を重ね  赤だか青だか分り  赤と緑の障子を使って  赤と緑の膜を張った  赤の光で撮った  赤の膜が来る  赤の服を着た  赤や黄色が清潔な床の上にくっきり浮立って見えた  赤の他犬である事が判明すると  赤の他人にでも奉仕する  赤又は黒の水が出るに及んでは  赤の他人になっちまいましょう  赤とオリイヴ色とが交った  赤を引きずりながら  赤に映え  赤枯れに枯れた  赤だの煤けた  赤になったりする  赤と黒とで縞にして呉れと頼んでも  赤の莟を一つづつ挾んだ  赤になって起きあがって  赤や緑で縁どり  赤とで美しくいろどられた  赤な松明が洛中へむかって連れて行った  赤と黒の縞目を浮き出させて  赤しぼりの錦紗羽織の肩がずっこけて居る  赤絞りの羽織を着  赤と黄の旗の飜る闘牛場に這入って行きました  赤や黄や緑の色が咲きこぼれていて  赤ときめて  赤いきれをかぶりまつ  赤になつて石臼のやうに笑ふ  赤ひたたれを地にひるがへし  赤と青と大きな星がありませう  赤いひげのマドロス氏とは違って  赤をつかってやらう  赤の上着に野やまを越えて  赤や黄いろの幡をもちきみかげ  赤な星もながれれば  赤いいさり火がゆらぎ  赤に枯れた  赤な山もだんだんかくれ  赤な苹果はありません  赤のビロウドの猿股を穿いていた  赤が限りなく遠くに霞んだかと思ふと  赤な耳たぼをひっぱりながら云った  赤と白の緒の並んですがった  赤にそめて居る  赤か黄にそまって居ると  赤になってしまいました  赤になってうなずきました  赤と青の旗をもって  赤や緑やきらきら燃えて光っている  赤な火が燃され  赤なうつくしい火になって燃えてよるの  赤なうつくしいさそりの火は音なくあかるくあかるく燃えた  赤になつてしまひました  赤になつてうなづきました  赤と青の旗をもつて  赤や緑やきらきら燃えて  赤に変りながら瞬いてゐる  赤なうつくしい火になって燃えて  赤はだかな現實の姿を見  赤と紫の火光を仕込んで  赤の火色を出すって  赤でも出せるだろうか  赤が出せる  赤が出せるという  赤の工合が面白くなかったりした  赤と黄色のばらが咲いている  赤と白とに塗った  赤とのインキを瓶のひっ  赤んぼを泣かして  赤や青や緑の光線が縦横に入り乱れている  赤に酔っぱらって  赤の御飯を添えまして  赤と青との星がばらばらと散った  赤の他人でも親類になる  赤にそまった  赤や黄を欠く  赤や青や黄のエンパイヤ・クロスのさやをかぶった  赤の他人で終る  赤や金のすじのはいった  赤にも青にもなるから  赤に竈の火の色に染めて行った  赤だの藍だのの硝子玉がたくさんあった  赤や緑で牡丹文などを描いてゐる  赤と白と段々になった  赤錆びた鉄の扉を開いて  赤んべをしながら  赤焼けた太いお首をひねりながら  赤や黄色に咲く  赤だと感ずるかも知れない  赤と白のカタン絲で亂れた  赤になったか  赤っぽいインクで刷ってある  赤けれども買う  赤と緑の硝子より公園を見る  赤に茶を帯び  赤な帯を小さく結んで  赤な地へ白で大きな模様の出て居る  赤がいかにも美々しく入り交って  赤や紫や色々の煙が渦卷き  赤や紫やいろいろの煙が渦巻きのぼっている  赤の玉乗り友禅や麻の鹿の子などはんなりしてゐた  赤の小旗をかざした  赤や青の着物を着  赤ではなくて白光を呈している  赤さびた鑵詰の匂いをかぐと  赤と青のインキをダラダラと浴びて  赤っぽい銘仙の格子縞の羽織を着た  赤錆びた錠が下りている  赤や青や朽葉の色が湧いて来る  赤の二種がある  赤といっても  赤になつて釣床から転げ降りた  赤などの色が見えてき  赤と黄金でぶちぶち  赤んべやお化けの真似をしていたが  赤と紫の躑躅が嫩葉に刺繍をした  赤と青との雑り合つてゐる  赤からオレンジとだんだん変って  赤いうるし  赤な花を無数につけ  赤や黄いろの実もあった  赤になってしまひました  赤な大きな人のかたちのものが灰いろの  赤な舌を出して  赤や青の様々な光を追いながら  赤になって憤ってるぜ  赤に焼けた  赤や灰色の仕事着を着ている  赤や黒やまた種々な変り鯉が一杯居た  赤と白の猫が二匹飛び出しました  赤をよく出している  赤を使ってあったが  赤と緑とがあって  赤の他人である彫塑家津上昌平氏の感激から来た  赤に光りだす  赤じやあるまい  赤にさえならなければという  赤な顔をして  赤なお尻をして  赤なお尻をした  赤な炎の噴出がひろがりました  赤と反映する  赤にそめて  赤や黄のきれいな色がついているから  赤やのいろいろ取り交ぜた  赤と青の美しい着物を引きずって  赤と青の着物をパッと広げると  赤の着物は雲の中をひるがえりひるがえり  赤っ恥をかかせて  赤が十回もつづけて出ている  赤が出た  赤が出たら  赤に乗って行く  赤へ賭けた  赤へ二度というぐあいに最高額を賭りつづけていた  赤のご飯をいただいた  赤の他人にまた敵にまでも打ち明ける  赤と黄との金蓮花が飾ってあった  赤の方罫がついてる  赤や青の彩色にかすんで  赤と白のはすの  赤はだかにして  赤んぼが生れちまつた  赤んぼだ  赤なターバンと帯とをかけ  赤と菫とがあり  赤の色を着けておいて  赤が出て来たから  赤や青や紫やの色々のしん粉を見物に見せ  赤いはれが  赤や黄や綺麗なチューリップの花園を駈廻っている  赤および緑のインキでいいかげんな絵を描いた  赤のインキで塗った  赤も黄も緑も即ち虹の七色があって  赤錆びた小砂の間を蜘蛛手に流れる  赤の御飯をたき  赤錆びている  赤でも全く役に立たないほど  赤に白く唐草を浮き織りにした  赤と青と黄で巴を漆で描いた  赤や青の底眩ゆい  赤の他人にはよくして  赤の他人にやるよりはと云い出した  赤の窓のついた  赤や青や黄色や紫の美しい光がさしております  赤にしてさけんだ  赤の光りの  赤と黒との市松模様になった  赤か紫ときまって居た  赤と鳶色の光に輝き  赤に燃えあがり  赤や紫の硝子をきれいに入れた  赤や黄や薄紫の燈光がゆらめく  赤は角をはずした  赤の唐縮緬の腰巻をさして下からだんだん海女の胎内に入る  赤な花を開いた  赤や青の背表紙が余の眼を刺激しなかったばかりではない  赤の他人となり  赤と緑の如きは吾人をして  赤と緑の濃く生々しきは大に吾人を失望させしむ  赤と藍とを混和せしめたる  赤と金との模様のついた  赤の他人の星野家へひとり残された  赤に寄って来た  赤と青との切手の貼られた送  赤や緋の魚を放とうという  赤や黒のフラッシュのついた  赤のパルチザンでアルタイ附近で戦った  赤ちゃけたひげをぐるりと顔いちめんにはやした  赤の他人を選ばれるという  赤に黄に彩られている  赤んぼですね  赤のコスモスの花を手にして  赤になつた会社員風の二人伴れが  赤を着た  赤青白黄紫などの極彩色で画いてある  赤と青と白とで彩った  赤の掻練の糊気の強い一かさねの  赤とかきわだった  赤や金の紙で花を拵へて呉れるし  赤や黄色の外壁をぬくめているが  赤の他人の間柄に見える  赤の他人のことを心配してくれる  赤に夕焼けている  赤との光炎に被われている  赤いとうがらしが十ばかり一ふさにして結びつけてあります  赤かつたにも拘らず  赤と白とに狩の図を描いた  赤かあい顔をなさつて  赤んぼが生れる  赤んぼなんぞの  赤つ耻を掻く  赤つ耻を掻いても  赤の他人か仇同志のする  赤と黄との花をもつた  赤に灼きました  赤っ面の猿そっくりの面相になり  赤にしてもずの  赤とかいう極めて単純な色ばかりを択んでいる  赤や青の色を附けた  赤になりましたよ  赤や青の色を塗り  赤や黒塗の櫛に金蒔絵した  赤にさびついた  赤や黄の星のあいだをのぼって行ったり  赤ともつかず  赤に逆上せ  赤光りする  赤の他人ほどにも性格や容姿の違ひが  赤や青の小旗が樹間に隠見して居る  赤がうつった  赤と朱との与うる  赤っ面の頬っ  赤の御飯を炊く  赤怒から白怒に変って行く  赤となって  赤に色づいて  赤と白とを市松格子形に互層にして  赤の他人の呟いた  赤と黄などを塗ったりして  赤がいいかれ  赤のイヴニングシューズまで寄せて  赤や白のぶちぶちの  赤と黒の市場の魚のように起きあがると  赤っ腹位捕って喜んでる  赤との格子模様でもって  赤と黄とのパイロットランプが次々に点滅した  赤んべいを作つた  赤の他人だからそれは嬉しいことでせうけど  赤とも青ともなれるが  赤は依然として太十にじゃれついて居た  赤も屹度番小屋の蔭に脚を投げ出して居た  赤がけたたましく吠えた  赤は抱かれて  赤は太十の手を離れると  赤は長い舌で鼻を甞めながら駈けて来て  赤は到底助かれないと信じた  赤の腹へ当てて  赤はすっと首を低くして  赤が吠えながら駈け出した  赤が眠って居る  赤が死んだ  赤が居ないから盗まれたと考えた  赤を殺して  赤の動作がそれからそれと目に映って  赤がいつものようにぴしゃぴしゃと飯へかけてやった  赤と黒の衣をまとい  赤と青とのだんだら縞の水着を着た  赤の手つだいしている  赤な農夫を指しました  赤に熾りました  赤の星がきらめいていた  赤の他人にさえ言葉をかけてみたい  赤の他人どうしの往来になってしまった  赤になつた彼を待つてゐた  赤ならざるはあらず  赤のまじらぬ  赤な時もあります  赤に見えるだろうと思います  赤や青の彩色ある  赤でどうも雨になり  赤な崖に叫びました  赤や紫の灯火にくだけた  赤のイルミネイションのうすぺらな燐光に眩惑されて  赤な顔を一寸出しました  赤と青のいろ  赤でぬられている  赤だと云われ  赤におこると  赤にしてこらえて  赤となり  赤と白と四つの球が眼にちらついて来た  赤と青のショールをあんだり  赤な顔をしながら  赤の草花の花弁をいちまいいちまい  赤に黒筋の二本はひつた毛布をからだに巻いて  赤のゆもじ一つで上からさかさにつるされてゐる  赤や紫の四角な透明の形が畳へおちる  赤錆びた一つの岩塊が鋭く浪の中から起つて立つてゐるにすぎなかつた  赤ぶくれになった  赤な大きな夕日が西の山の端に傾く  赤げっとをくれた  赤げっとを小わきに抱いて  赤錆びて見え時に白茶けて見えた  赤の五色に象った  赤と黄の浄衣を身にまとって  赤も黄も黒もだんだんに退いて  赤の酒瓶が眼についた  赤と黄と黒との混ぜ織りで  赤は朱に見え  赤けれどもその目のいろの  赤と黒との糸をつかった  赤と茶の頸巻きをあみ  赤や桃色に流れて  赤に対してアナーキストのシムボルであることは知っていた  赤や碧の風船玉を売っていた  赤の絹紐の網のかかった  赤と緑との明るい灯がついている  赤でまるで湯気が出るばかり  赤と白の水先旗をたてた  赤な顔に露のやうな汗を溜めてはゐるが  赤の他人にそんなに貢いでさ  赤は人間の心理を感能的に沈静させる  赤とか黄とか色が分類されて現れてゐる  赤の洗練された  赤とかをちよつと許り加へたかといふことを私は考へてみたが  赤が使はれてゐたからといつて  赤の種類といふものを考へない  赤だ藍だと騒いでゐる  赤や青を美しいとし  赤や青を軽蔑する  赤にきまっとる  赤としたら  赤ではありませんよ  赤の痕跡もありませんよ  赤の嫌疑で引張った  赤なんかじゃないと思った  赤と紫とをまぜた  赤と白のペンキを交互に塗った  赤と白のペンキ塗りのボンデンを持った  赤と黄に塗り分けてあるが  赤ただれたせ  赤や青に塗った  赤ちゃけて  赤と青のぶちの  赤と青と提灯の灯が揺れ  赤と藍とを混ぜ合わした  赤とするならば  赤ではいけない  赤でなし  赤を混ぜる  赤とのシグナルの明りは無言と送  赤の煉瓦の酒倉越えて  赤や青や黄や世界にふき出る  赤の信仰ででっち上げられた  赤とのレースがさっぱりとつけてある  赤の他人同様だと見えた  赤るんでくると  赤禿げの前額の湯げも立ち上らんとするを  赤と金との筋の入った  赤や緑を抜き出す  赤とのカンナがいよいよ輝いて来た  赤の他人の話と違ふ  赤に染められてゐた  赤の御飯をやつて居る  赤んぼが出  赤を見る  赤の他人の罹災者をおあずかり申す  赤の他人同志ではなかったように思われる  赤の他人の娘に過ぎなかつた  赤や黄色ですった  赤と白のダンダラ服をきているから  赤が勝って  赤と黒との縮緬の下に入っている  赤になって怒った  赤にそまっている  赤暗い電燈の光に照らされている  赤暗い電燈が灯されていた  赤や黄や白の薄い絹の衣を着  赤になって悦びながら  赤のつつじがほこり  赤にしてしまい  赤の火の玉を暗い夜空にあげて  赤んぼとの  赤だの青だののレースのような円い封印紙が貼りつけられた  赤に血を染めた  赤なつやつやした  赤が帰ると  赤の光線が殆ど欠けているから  赤であると思っていた  赤に違いない赤を見  赤の圏点を打って  赤や金の入った  赤の一色で装飾され  赤を呪う  赤なのだと新聞に公開状を発した  赤がどの程度に白を侵すか  赤を制するか  赤れる処女を貰うた  赤んぼにしろ  赤んべいをする  赤んぼへ送っている  赤っぽい電灯の灯かげで一冊の書物を買った  赤や黄の前掛に手拭のようなものをかぶった  赤を頂きましょうかな  赤や白のビラがコンクリイトの上に踏躙られた  赤と黄から出来上ってる  赤と黄の華やかさにはしゃぎ切って急いでいる  赤いりぼんが結んである  赤との焔が出る  赤と黒と二つの色に別れている  赤の灯の玉があった  赤や青の色がついています  赤のあとには青が出  赤が出る  赤とがちるぞ  赤っ面を振って  赤との板枠をはめた  赤や緑や紫の万国旗で賑々しく満飾されていた  赤や緑の電灯が深紫の闇の中に煌々と二列に綴られていた  赤と黄との幕を張り  赤との印度織りの  赤や紫や青やの万国旗が此処でもまだ翩翻としている  赤と金との鞍掛けに飾られて  赤と黄との図案があまりにけばけばして  赤や黄や濃い藍染めの更紗布を頭からひっかぶった  赤や黄や青のドロップをしきりに嘗めた  赤や黄や藍の更紗の冠りで並んでいた  赤んぼと  赤といったが  赤の各人種によってアラビヤ風に極彩色された  赤や青の色もある  赤またと称する  赤と緑と青の毛色をした  赤膨れに肥った  赤膨れの赤ん坊が甲走った  赤や青の藻で飾り立てまして  赤にやけてきましたので  赤にやけた  赤に変ると  赤とも言えない  赤まだらになっているわ  赤な花がぷらぷらゆれて光っています  赤にほてらして飛んで来ました  赤と白の斑は私はいつでも昔の海賊のチョッキのような気がする  赤との南瓜のふたつ轉がる  赤や菫にそまったかとおもっていたら  赤ずんでいた  赤の他人にすぎない  赤の町の灯がはにかんだ  赤のゑぼしちりめんといふので重ねてありました  赤んべーをして  赤や青や時にはほんとに奇麗な金や銀の表紙の付いて居る  赤や青の線が随分沢山ついて居る  赤や黄に変り  赤な下男が来て見て  赤と藍との塗り分け  赤いきれをかけた  赤なキバを地表にあらはしたり  赤といふば  赤の花が咲いている  赤や青の点彩をつけて  赤っぽいような細い縞の八反の布とがまざった  赤と白との日覆と青塗の植木の鉢とがやっと見える  赤このことや何かでゴタゴタして  赤や青の火花をそこら中へぱちぱち散らして  赤なエボレットをつけた  赤に燃えて  赤なエボレツトをつけた  赤や青の海草が繚乱と潮に揺れてみえる  赤や黄いろやいろいろある  赤剥げの丘がありました  赤の御飯が添えられていた  赤の御飯を少し食べた  赤といえば  赤じゃねえかと思う  赤の地下運動の軍資金になっちまうぜ  赤の他人に対するような冷淡さを示した  赤っぽいもれ燈がぼんやり往来を照らしている  赤の色彩が花粉の媒介の役目をした  赤とのせなもった  赤いうしろ頸を見せながら  赤の父親ば打開けて  赤ちやんば下して  赤ば絞めて  赤ば殺して  赤だつたと云ふ  赤の養育料は向ふで稼いで送らんなりません  赤も泣いて居る  赤の色をつけた  赤と紫のお化粧を凝らす  赤の條を引く  赤や青の花をベタ一面に撒き散らす  赤泥んだ膝まで来る  赤や桃いろの  赤と藍とのだんだら渦巻でもって知らせていた  赤にほてらせた  赤や青や黄のペンキで塗られ  赤な額があらわれた  赤との愛らしい自転車が置いてあった  赤と緑の光を混じた  赤や黄色の旗がびらびらして  赤錆びた汽船がはひつてきた  赤っぽい縞が描かれていて  赤と紺の縞のネクタイして来て  赤だの青だのの色を塗った  赤や青のあかりをつけて飛ぶ  赤禿げに額の抜けた  赤と黒との絹の襟飾を掴んでいた  赤との騎手が乗っていた  赤や青の光を浮べて  赤に変色して  赤と緑との二色で花模様を胴に描きます  赤と黄と白とがあります  赤を交えた  赤と白とのだんだらの服をつけ  赤と白とのだんだらの服は大蛇の形の煙となって消えました  赤や黄の波よりも多く散らされる  赤に染っている  赤に染った  赤はだかにされた  赤や青の旗をたてた  赤な高い鼻をうごめかして  赤や青や黄や紫やさまざまの色をして  赤の短靴の先を鼻唄の調子でも取る  赤っぽく変って  赤や青のペンキを塗りたくった  赤の装飾ある  赤いきれに突っかかって行く  赤を以てあらはすと  赤や青の簡単な彩色をした  赤のシグナルの傍を突進している  赤さびた杉の木が目につきました  赤白い斑點になつてゐた  赤の花が咲いたら  赤が入っているが  赤や緑色のお白粉まで揃っているので  赤がよく間借りをしているから  赤に見当をつける  赤と黄色のビラは陽をうけて  赤の他人の眼付で母が覗きこんでくる  赤勝てる意なるべし  赤なめしの袋に包んだ  赤っぽいところに斑の入った  赤っぽい電燈の光で見る  赤の他人で而も互に識り合いだという  赤またの對に現れる  赤黄いろく萎びかけた  赤っぽい紅葉や山茶花の間を通る  赤の他人と見なしたり  赤な火がならび  赤かりければなり  赤にしてを  赤に焼けただれた  赤にただれて  赤や黄の小さな花が方々に咲いていた  赤や青の灯がともり  赤の他人と思っていただきたい  赤や青の着色があって  赤と黒の鬼がゐる  赤に横縞のある  赤と白との縞ネクタイを締め  赤にしていった  赤に対する感覚を麻痺させてしまったという  赤や紫の光線に射られ  赤芽吹き春たけぬれ  赤芽吹く春日のどけみ  赤の他人のように無表情にながめていたが  赤や黄や紫の風船玉をそろえて  赤のマントを拡げた  赤うるしのまるい笊が重ねてあったが  赤うるしのざる  赤と黒との模様のある  赤のごはんといっておりましたが  赤な舌を吐きながら  赤な舌を吐いて走りました  赤と朱とを主体とした  赤黄色く熟れている  赤と黒との字の刷られた  赤と白との縞の日覆が半分ひろげられている  赤と白と三角模様の倭衣の袖をまくり上げた  赤な光りは  赤は汝をえぼ立たせ  赤や黄や草色で彩つた團扇や手拭を持つて殺倒する  赤白い女が花の前に立つてゐる  赤や黄の相交つた花には目立つて見えぬ  赤や紫や青など美しい色に光つてる  赤っぽい小砂利が綺麗にしきつめられ  赤っぽい髪のながい捲  赤と白と紫とを重な色調とした  赤とを幾分か強めて  

~ 赤[名詞]1
毛布の赤に  黄や赤の  笑つてゐる赤の  日曜は赤の  一念発起して赤の  体をかわして赤の  鹿毛は赤の  いましも赤は  楽観から赤の  顔を赤  初夢や赤  白と赤との  真つ赤に  眞つ赤に  方にあたって赤と  色が赤  做された赤を  月は赤か  警部はまつ赤  青や赤の  紫に赤に  ような赤  家に行った赤が  青と赤と  真つ赤にな  すしと赤  胴ばかり赤と  黄色と赤と  ヘリコプターの赤と  岸からは赤と  何れも赤  見ず知らずの赤の  壁一重向うは赤の  カーキー色と赤の  玉は赤や  なかには赤だの  それ等の赤や  メラメラと赤  鼻ばかり赤  棚に赤だの  真つ赤  為にまつ赤にな  冬でもまつ赤  毛はまつ赤に  やうに赤  アメリカは赤が  前には赤  翅に赤が  色は赤  黒か赤の  花は赤が  ランプを赤に  黒地に赤を  紫から赤と  色盲にとっては赤と  黄に染め赤に  黒や赤の  襟の赤と  黒と赤の  火がまつ赤に  目がまつ赤に  浚渫船の赤  二人は諦めて赤の  忠助とは赤の  これが赤ば  小春は赤  説明では赤は  袴も赤に  ちやんの赤  すゞちやんの着てゐる赤  黒や赤や  緑と赤の  全体が赤の  時勢とともに赤の  タコと赤  下に赤の  柱に結びつけた赤の  白を赤に  尾は赤  一号活字ぐらいの赤や  アちゃんも赤ん  中に入っている赤や  両方から漏り出して困るので赤  変に赤  元は赤と  ことをきいたので赤ん  ふしぎな赤  アルバート街の赤と  それは赤  白と赤の  青と赤に  ふくが赤  花とこぼれて赤の  袖は赤  反りかへる赤と  鏡にも赤と  闊葉樹が増すと共に赤が  山野を冠する赤や  わらふ赤ん  青と赤の  異様に赤  火星人は赤は  毛並に赤の  白地に赤の  君の赤は  雲なんか赤かぁ  紫から赤までだけ  紫から赤までの  これは赤が  紫から赤までしか  眼は赤の  正面には赤や  のは赤や  中に赤  白や赤や  青や赤や  顔をまつ赤に  あたりは赤と  緑に赤や  青と赤で  時青と赤と  白や赤の  そこから赤  青だの赤  黄色と赤の  桃色と赤の  両手に赤と  ために赤から  黄や赤や  シグナルの赤や  於て赤と  時代には赤と  赤沢は赤の  上では赤の  夜になると赤ん  幅で歩いている赤  広告灯が赤に  浅葱と赤と  帯上は赤の  帯留も赤と  実が赤  今迄の赤の  社会観が赤と  船尾には赤の  蒼と赤と  ベレ帽には赤と  それに赤や  羽を赤と  銀と赤の  凧にかいてある赤  全身が赤  まきさまの赤  一つは赤で  一陣の赤  訪問してみると赤や  立葵の赤と  えな台湾館が赤や  緑や赤の  男の赤ん  これも赤  今じゃ赤の  道をふさいでいる赤  今では赤の  誰も来ないとうがらし赤  布団と赤  盲人に赤  女が乗ったら赤に  上に赤が  旗は赤か  青でも赤でも  字を赤と  緋や赤を  猫は赤にも  色よりも赤が  焦茶と赤の  鳥は赤と  どこかで赤ん  おかみが赤ん  ワーリカは赤ん  鎖でしばっている赤ん  一本の赤の  下に赤  黄いろと赤の  色神異常者には赤と  邪魔になって赤と  健康者には赤と  表に赤と  眞つ赤にな  眞つ赤  リカはまつ赤にな  鮮かなる赤や  黒と赤との  火気で赤  妙に赤  毛糸で編んだ赤や  埃で赤  毛みたいな赤  結構な赤や  彼は赤や  彼女にしてみれば赤の  髪も赤  花模様の赤と  窓ぎはの赤ん  生まれたての赤ん  寝息をたててゐる赤ん  程強烈な赤の  夏帯の赤  あんたは赤と  顏をまつ赤に  焔に赤  おれは赤の  紅よりも赤で  世に赤  細君は赤と  ビリアードの赤と  一代記を赤や  粗末な赤や  緑と赤とに  人が赤  それを赤として  それを赤と  黄と赤の  電話をかけて赤  二人は赤の  だしに使われている赤の  同様に赤の  ように赤  脚に赤  例の赤  なかをまつ赤に  空にまつ赤  玻璃にまつ赤  退潮の赤  一族が赤の  遠方信号が赤  停車場の赤や  密生した赤  紫や赤や  合体したうへ赤と  向うから赤  向から赤  教師の赤に  水も赤  方の赤  艶で赤や  一行は赤でも  白と赤だけの  それは赤にも  野獣派の赤は  坊さんの赤  芝生に赤と  仙太の赤  入口には赤と  凍傷で赤  インキは赤とも  これも赤ん  青が赤に  服に赤の  兵隊みたいな赤  鼠と赤とを  きれいに拭きこまれた赤と  乗馬ズボンに赤の  朱が赤  金銀をあしらった赤や  其処此処に赤や  中に赤や  丈五卜ばかりの赤や  青から赤に  腕に赤  顔色が赤  テラテラと赤  うちに涙ぐんだ赤  時の赤の  あたりが赤  堰と赤  青にも赤にも  犬が赤や  申し出があってみれば赤の  夾竹桃の赤や  片目だけまつ赤に  態度で赤ん  顔がまつ赤  パンツ一つの赤は  正二郎夫婦は赤の  最後に赤や  ヒマをもらえば赤の  拙宅の赤ん  色だといふので赤が  柿色や赤や  縁が切れて見れば赤の  襟は赤  地合に赤  おん目は赤  黒はた赤の  灰と赤の  顏がまつ赤に  交互に赤と  後で赤と  時は赤の  兵児帯の赤や  青と赤とが  土混りの赤  かけの赤と  一筋の赤を  一本残らず赤  三毛だの赤だの  白壁をば赤や  黄と赤とで  黒地に赤  黒地絹に赤  暖炉もまつ赤  シベリヤ風に赤  大声にどなりまつ赤にな  夜さひとよ赤  左とには赤と  鼠と赤を  橙や赤の  毘沙門天にたてまつる赤や  そこには赤  売出しで買った赤や  皆黒か赤の  血潮の赤が  一角でも赤か  受け口のまつ赤  字と赤との  どぎまぎしてまつ赤に  ジヨバンニはまつ赤にな  枝には熟してまつ赤に  兩手に赤と  ぱいについて赤や  青や赤に  彼は赤は  子供も赤ん  腕からは赤が  毛が赤か  お座敷には赤ん  みんなは赤ん  わたしだって赤ん  空中に赤と  断ッてしまえば赤の  番頭といっても赤の  寢かした赤ん  部屋の赤や  上に赤の  手加減しだいで赤にも  黄に赤に  白だの赤だの  上に赤や  七段肉ともいって赤と  桐は赤  畫の赤や  酒中花欠皿に開いて赤けれども  色は赤に  青や赤が  通つた秋空に赤や  秋空に赤や  帯は赤の  色は赤では  島根県のある赤  二匹から滴り落ちた赤と  三色文字は赤より  板戸に赤  なかから赤や  黄や赤などの  日さまは赤と  岸には赤と  ただの赤では  一種異様な赤  等は赤と  眼が赤  内の赤  ヤマハギで赤の  灌木の赤や  粉屋は赤の  毛などを詰めた赤や  池には赤や  柿右衛門の赤を  皮は赤  青だの赤だの  青と赤との  灯は赤と  人間なら赤  息子が赤に  己は赤の  其青と赤と  青や赤やの  べべが赤と  木乃伊は赤と  あっしに赤  漁場主で赤の  どこまでも赤に  次は赤へ  いま黒と赤と  ついたちの赤の  窓には赤と  すべてが赤や  池には赤と  全身を赤は  ほどさと赤  から面の赤  五日前に赤ん  誰の赤ん  お前の赤ん  両端に赤と  時に赤が  二人で赤や  墨と赤  中には赤も  水が赤  其北に在って赤  青でも赤でも  団扇には赤と  ッすり刷いた赤  気心の知れない赤の  音や赤の  顏がまつ赤にな  何も赤の  帯は赤か  森は赤と  腰には赤の  土地からきた赤の  金文字や赤や  猩々緋の如く赤  着色中の赤と  色彩には好んで赤と  それまでは赤の  薄紫と赤と  グラビア版で赤や  ピムキンは赤の  白髪のまじった赤  林木が赤に  鴫澤氏は赤の  最後まで赤の  ガラス器にはいった赤や  物が赤  陰気な黒ずんだ赤の  白とか赤とか  建物の錆びた赤や  金と赤との  顏は赤か  やうにまつ赤  のが赤  あいつは赤  それが赤や  伊佐子さんや生れて来る赤ん  前で赤  ものは赤の  オラン・ビン・バタンという赤  つても赤  紫とか赤とかいう  もと通りに赤に  どちらを見てもまつ赤  サイダーなどと染め抜いた赤や  手前の赤  まん中が赤  まん中の赤の  連中は赤とか  鮮かな赤に  伊都子は赤の  ところへ赤と  金と赤の  づと頬の赤  げに赤  お前さんは赤の  塊りは赤とも  十は赤が  事実であるとすれば赤は  手を赤の  下に赤が  それは赤が  西瓜は赤が  彼は赤を  乙女も赤の  通りがかりの赤の  もとの赤の  あまり真つ赤にな  前に立ちて赤の  彼女は赤ん  自分を赤  上には赤と  見方によって赤と  上を滑ってゆく赤と  水草で赤と  二日酔のまつ赤  車夫が赤に  やけで赤  黒と赤と  青も赤も  男は赤では  叔母は赤の  何も入れてない赤の  形ちの青や赤の  首はまつ赤に  うろこは赤けれども  屋臺を引きし赤  色が赤や  ボルの赤に対して  影を印しながら赤や  角の赤と  モヂリアニの赤は  青とか赤とか  青とか赤とかを  あざやかな赤が  青だ赤  地下運動をやっとる赤の  今の赤には  俺が赤じゃ  近頃の赤は  あれは赤では  姫草さんに限って赤なんかじゃ  それは赤と  リカには赤が  生れつきの赤  箸は赤と  その間に赤や  文楽師匠は赤で  適当に赤を  緑や赤や  意味においての赤  空が赤  中から赤や  ところに赤  黄と赤との  養子夫婦はいづれも赤の  雲がまつ赤に  西日を受けた赤などの  爲に赤の  顏附で赤の  姉さんに赤ん  地獄の赤を  つた隣村の赤の  ような赤の  帽子の赤が  肘突の赤と  茶の間には淀んだ赤  己にとっては赤の  代りに赤だの  弟たちの赤ん  ふんどしをした赤  顔色がまつ赤  あかは赤  秋に赤  それが赤  違いない赤を  洋罫紙へ赤の  大広間は赤の  動きを見守る赤の  立派な赤  必しも赤  多くは赤ん  産地印度の赤ん  西洋の赤  礼を赤ん  狂女が赤ん  店の赤  わたしは赤を  これは赤  林立する赤と  これも赤の  金と赤とが  ような赤と  碧や赤やの  空では赤や  赤椴と赤  炎上しつつある赤と  紅や赤の  ように赤や  ムンムックたちも赤や  細君は赤ん  名を赤と  外に赤や  黄と赤と  右には赤  沢山の赤や  ネオンサインの赤よりも  そこは赤の  腹も赤  主人公が赤ん  クレイヨンの赤の  普通の赤と  紺と赤との  ゼラニウムの赤や  光を照りかえして赤  本質にくると赤の  識らずの赤の  下着を赤の  下に赤や  背の赤ん  意外にもうつむいていた赤  前髪に赤  黒だの赤だの  灰色に赤や  金色と赤の  冬まで着ていらした赤  カフエの赤と  木のまつ赤  石炭はまつ赤に  それ迄みも知らぬ赤の  十二万円が赤の  契約期限切れは赤の  ところに赤の  お前ん産んだ赤の  お前は赤ば  私が赤も  地に赤と  白か赤かの  并べて赤の  單調の赤では  自然銅鑛の赤  賭博ルーレットの赤と  彼は赤と  便りに赤の  其処には赤  貴様は赤  緑と赤との  ひとが赤と  おんなじに赤だの  空を赤や  手には赤と  ランプの赤や  色に赤と  例の赤と  波が赤や  私は赤の  大門に赤や  ような赤や  白に赤の  トムソンが赤  惡は赤を以て  原始的な赤と  これに赤や  黄色や赤や  電柱に赤が  なかの赤に  現実味の赤  菫よりは赤  猟銃の赤  うずら豆ね赤  皆が赤の  一種の赤  空に負けて赤  色になって赤  顏を赤  頬をまつ赤に  のちは赤の  斑に赤や  陽子は赤の  褐色に赤に  言つて見れば赤の  馬に赤が  それが赤と  船から放りだした赤と  僕の赤に対する  あたりまでまつ赤に  色は赤や  枝に赤  そばの赤  帯は赤と  廊下には赤と  朝は赤の  畳は赤ちゃ  夕燒がまつ赤  空のまつ赤  林檎こよりも赤  下で赤や  顏の赤  グリーンと赤とを  

~ 赤[名詞]2
この赤  生々しい赤  まるで赤  ない赤  その赤  熱く赤  荒く赤  美しい赤  あの赤  たいてい赤  くさく赤  同じ赤  弱い赤  短い赤  たぶん赤  単に赤  殊に赤  四角い赤  いつも赤  あつくるしく赤  わるく赤  大きな赤  弱々しい赤  明るい赤  うす赤  全然赤  ぱっと赤  やはり赤  たとえ赤  強い赤  更に赤  まだ赤  鈍い赤  いよいよ赤  一しきり赤  こちたい赤  そう赤  全く赤  そんな赤  ぽい赤  おいおい赤  おなじ赤  濃い赤  ところどころ赤  すこし赤  物悲しい赤  よく赤  こんな赤  こう赤  さらに赤  よけい赤  やがて赤  低い赤  きっと赤  もう赤  眩しく赤  黒き赤  見知らぬ赤  こんなに赤  ことに赤  あやしい赤  淡赤  いい赤  少し赤  ほんの赤  大きい赤  古い赤  時に赤  美しく赤  いまだに赤  もっと赤  丁度赤  さしずめ赤  すっかり赤  無論赤  やや赤  たちまち赤  やっぱり赤  小さな赤  渋い赤  しぶい赤  細い赤  高い赤  

複合名詞
ツ赤  赤眼  赤縄  赤衛軍  赤児  赤ちやん  紅赤  赤煉瓦  赤鼈甲  赤鉛筆  樹明赤ちやん  赤味  眞赤  赤鯛  赤縞  赤瓦  赤髮  赤ちゃけた狗児  赤ちゃけた尻尾  赤ちゃけた出がらし  赤犬  赤竜  赤インキ  赤髪  赤冊子  赤帯  黄赤黒白  赤壁  赤大根  土産赤大根  赤玉  赤オートバイ  赤蟻  赤茶  赤駒  赤光  赤一色  洋風赤瓦  赤ペンキ  赤皮  赤いぼたん  赤はげ  赤トンボ  まつ赤  赤布  赤衛兵  赤白物語  赤表紙  赤衣  赤ばんてん  赤羽  父さん赤鬼  赤鬼  一丁目赤鬼さん  赤鬼さん  ッ赤  赤鬼青鬼  とき青鬼赤鬼  青鬼赤鬼  赤猫  赤白のし  赤白  赤煉瓦泥靴死雲  赤楽  赤煉瓦古風  赤い服  赤だし  赤ッ茶  ボンコチヤントイフ赤イリボンノツイタカハイイバウシガアリマシタ  赤兄公  終日赤條  赤線  赤びつき  赤シヤツ  眞ツ赤  赤提灯  赤毛布  赤石  赤兄  彼等赤毛布  通り赤毛布諸君  青赤混合  赤合羽  赤背  赤屋根  赤き死  赤靴  赤豚  コノ時バカリハ赤クナリマシタ  赤インク  赤ぎれて  赤毛氈  赤砂利  すべて赤  赤鍾馗  赤本式  朝赤児  赤蕪  赤緒  赤襟  赤帽子岳  赤茶色  赤組  赤手拭  赤レベル  ドキツイ赤  赤染色の  赤外套  赤楊  赤筋  赤ばん  つて赤  赤椿  赤ランプ  赤門出  赤葡萄酒  赤兒  赤鬚  赤黄青  赤組頭  赤斑  今晩赤ちやん  黄紫赤褐  赤の  赤大名  赤行燈  赤肉  やつぱり赤  赤状筥  赤サルビア  赤革  赤なつ  赤紫  赤ちゃけた木目  赤白両派  赤キ雙頬ハ羞恥  赤糸  赤ふん  赤シャツ  年中赤シャツ  赤手拭赤手拭  赤シャツ相当  赤シャツ党  赤シャツ賛成  赤シャツ自身  赤シャツさん  それ以来赤シャツ  事赤シャツ  一番赤シャツ  赤シャツ退治  君赤シャツ  赤ちゃけた色  赤チョーク  赤靴下  赤万両  赤塗り  赤縁  愛知赤酢  赤酢  赤馬  赤露  赤いもよう  赤さん  赤いしゃ  赤夜叉  赤備え  赤三角研究団  赤三角  赤痣  赤ちゃけた畳  赤牛  赤兎馬  名馬赤兎  赤兎  むかし赤兎馬  赤毛赤髯  肌赤説  絹糸黒赤  赤のれん  赤更紗  駿足赤兎馬  逸駿赤兎馬  こと赤児  赤丹  赤良小船  赤三尺  富士赤ら  赤城平  こと赤兒  赤ペン片手  赤燈  赤塗  赤白塗  赤いくつ  いちど赤いくつ  赤ねこ  赤インキ白ねこ  赤インキ製造会社  なになに赤  洋行赤毛布事件  赤格子九郎右衛門  男子赤格子九郎右衛門  赤格子  頭領赤格子九郎右衛門  赤格子九郎右衛門教之  海賊赤格子九郎右衛門  海賊赤格子  張本赤格子九郎右衛門  赤格子一家  仇赤格子  赤壁以来  曹操ガ赤壁  赤血  赤煉瓦塀  赤むらさき  ビ赤壁  赤羽橋  赤賤家  駿足赤兎  赤髪黒奴  赤いばら  赤二本引き  赤びき  赤二本  赤二引  赤印  赤円  青赤黄いろとりどり  くだものまつ赤  赤赤  赤ッ恥  赤前垂  赤煉瓦づくり  赤坡  赤装束  赤黄  赤櫛  赤耀館事件  赤耀館  赤耀館主人  ため赤耀館  赤橙色  赤石山  赤焼  赤ちやけた  一寸面顔赤  赤ぼうふらみたい  赤髯  赤繪  赤紫色  贈物赤  赤襷  赤ツ面  赤酒  みんな赤酒  それぞれ赤インク  赤いそ  あいつ赤電  赤江米子氏  赤すじ  赤らっきょう  赤線区域  赤茶気  赤ボッチ  赤脛  青赤二つ鬼  赤黒  赤頭巾  赤魚  赤檀  赤スジ  了つた赤犬  餓ゑてゐた赤犬  赤珠  赤手袋  赤白二諦  赤ちやけた山  赤羅紗  赤葉  赤線直上  赤岳  赤鉛筆色  赤針樅  赤まま草  アヒルサンハ赤イモノナラ  アヒルサンノ赤イ洋服ガウラヤマシクテナラナカツタノデス  オネコサンハ赤イモノナラ  アナタハ赤イ洋服ガチツトモ似合ヒマセンネ  赤禿  赤羅鸚鵡我  赤羅裳鸚鵡ひたむき  赤鸚鵡翼さき  赤風車亭  赤住  赤神  赤神様  一冊赤表紙  赤足  赤見沢博士  赤見沢ラボラトリー  赤見沢先生  赤見沢博士謹製  赤革トランク  赤見沢  赤見沢たち  赤革トランク紛失  赤見沢研究所  赤ちや  赤ケツト  赤銭やつ  つて赤味  赤髭  一人赤衛兵  キャバレエ赤玉  赤ッ鼻  赤褌  赤チャン  赤縮緬  地赤  赤相  赤暖簾  赤西蠣太  赤帽子  赤薔薇  赤ちゃけた髪の毛  あたし赤  赤ガミ  赤煉蛇  黒ねずみ赤ねずみ  赤なほぺた  山辺赤人  赤勝ち  宿禰赤人  赤人  赤茶地  赤紐  赤外光線  赤つめ草  赤黄ろ  赤自動車  赤鬼号  赤緑色盲  赤緑色弱  赤緑  赤青眼鏡  赤毛布式  赤猪子  赤だいこん  赤ダイコン  赤漆  赤舌  赤服  赤白黄  裏ニ赤キ  赤キ  赤いも  赤児時代  変赤児  赤ちやけた口髭  赤ちやけた光  赤切れ  赤ちゃけた胴  赤児同様  赤ネクタイ  赤青  赤松月船氏  赤鬼青鬼退治  赤ぼんやり  武蔵国北豊嶋郡岩淵町大字赤羽  赤坂  黄赤黒  赤爛れ  赤ちゃけた焼灰  赤白二色  赤白咲き  赤谷川  赤青紫  行つてまつ赤  赤刷り  青赤白黒  ため赤  みな赤シャツ  赤濁り  慥か七赤  赤ちゃけた素焼  赤洋服  赤薬鑵  赤烏帽子  赤達磨  赤隊  赤白縞  赤リボン  矢張り赤  赤ら顏  赤二郎  赤二郎  赤模様  赤縞ワイシャツ  赤黄色  赤変  旧式赤煉瓦造り  赤自動自転車  夕日赤二於朱一  赤日炎風涼何在  赤日炎  赤質  赤白青  赤酒五瓦  赤ホオズキ  赤ッ面  赤ちゃけた焼石  赤土焼屋  赤煉瓦色  赤袴三百  赤幟  啾啾赤大根  赤天狗青天狗銀天狗金天狗  赤塗壁  赤猪  赤兵衞  赤兵衞さん  頬赤  赤青黒  赤歯山  赤本屋委員会  赤ちやけた皮膚  みんな赤  赤髭顔  みな赤  赤鬼みたい  赤団  赤団治さん  花紅紫赤  赤茸  赤壁賦  赤棟蛇  赤蠅  赤レッテル  赤布式  赤縞入り  赤葵色  赤児用  赤兒用  赤岸鎭  赤岸鎭到着後  赤ブイ仙太  赤ブイ  赤壁八十馬  赤露的言論  赤垂柳  赤ちゃ  二人赤羽  赤さかな  赤奮若一  ひとり赤丹穗  赤ら橘葉  赤バラ印  赤れん瓦  赤鞏  赤れんが  赤裏  心もち赤味  赤名山  赤紫蘇  赤木綿  赤絵  赤兵  赤髭金鱗頭骨  普通赤蝦  赤蛸  赤虫  ボルドー産赤ぶどう酒  赤茶色クロース表紙  坂赤楊  赤ら頬  赤猪口兵衛  赤猪口爺  赤猪口兵衛タッタ一人  赤猪口兵衛様  全身赤味  赤白マダラ  赤肝  赤絵具  下総赤法華村  赤門派  赤ぐろい髭  赤縅  赤るみ  赤郷  赤まつ鯛  赤ハツ  船員赤石  赤狐  それ赤酒  赤酒大好き  オオ赤橋  赤橋  赤ぐろい血相  赤柄  赤脈  赤ちゃけた道  赤直垂衣  赤富士  赤馬車数台  赤裂地尊  赤裂地神  一名赤裂血  赤夷  彼奴ども赤夷ら  赤えびすども  赤えびす共  赤えびす  赤絲肩章  牝牛赤白斑  赤菊二枝  名物赤福餅  赤福  赤ちやけた麦  赤髯毛唐人  赤酸漿  赤壁名  赤ッ  赤栗毛  赤頭  赤星  赤紙幣  赤格子本人  赤格子九郎右衛門一味  赤格子攻め  最近赤格子め  赤格子め  赤格子征め  赤格子一人  是非赤格子  至急赤格子  赤福餅  天赤  赤橋家  赤緑二色  赤焼け  赤天狗  赤裳  赤ちやけた誰か  面赤ク眼丸クシテ鼻高ク  ナニ赤玉  赤褌一貫  赤前垂れ  赤峰  赤峰つて  赤ちやけた水  赤塗りポスト  赤ぎれて血  赤出し  薔薇赤いち  青びかり青びかり赤楊  ぺたはまつ赤  先づ赤米  赤様  鼻赤め  赤ハンカチ  自ら赤白  通り赤児  今夜赤羽根  赤土山  赤ら  目赤  赤墨汁  赤革靴  赤ガラス  赤縞綿ネル  赤不動  赤ぐろく見え西  青年赤毛布  チョビ赤糸  赤きが上  それ赤銭  赤餅  赤電話  赤鶴  赤鶴一阿弥  赤鶴さま  赤灯  赤褌一本  赤桝  赤堀水右衛門  赤ぐろく  仮面師赤鶴  赤漬  黒髪赤顔眼光人  みんな赤兒赤兒つて  鼻赤  赤電  赤繪類  染付赤繪  赤繪等  外赤繪  宋赤繪  所謂赤繪  赤繪物  所謂呉須赤繪鉢  赤格子血汐舟越  赤塗手押ポンプ  赤ビロード  其色赤黄  赤皮縅  胡鬚赤シト  更ニ赤鬚  笑つてまつ赤  赤條  人丸赤人  赤小豆  白赤  赤鍋  赤粘土  赤鬼たち  赤ショウビン一名深山ショウビン  赤ショウビン  赤銹  赤ゆ  赤脚  赤青黄紫  赤光星  赤サビ  鬼赤鬼  赤イ細帯  赤絹  赤十字架  一人赤児  赤手拭い  一見赤児  赤ぐろいゆで章魚  赤樺  赤髯詩人  赤鉢巻  赤親仁  赤縄絶  赤浪  赤浪ども  赤浪ばら  赤ア  赤豆飯  赤蜂本瓦  髪赤  赤髪裸身灰黒色  赤頭太郎  じき赤さん  赤頭道成寺  さうにまつ赤  赤蜂  面赤むも  赤ぼけ  赤鰻ツ  青赤  赤威  赤ン  赤いとこなつ草  赤間口  赤くつら  システム通り赤  赤3回  赤前だれ  一列赤赤  赤ちゃけた  赤幣束  赤もみ  赤煉瓦造り  赤色赤光  赤兀  赤兀白兀  赤兀頂上  所謂赤兀白兀  赤兀山  唯一箇所赤茶化  赤踵  赤胡椒  赤馬車  赤バラ  赤入道  赤シャグマ等  赤裸体  昔赤玉  赤線ひとつ  赤湾  所々赤インキ  赤方香車  赤方  赤方銀將  赤ら面  赤芽  赤児様  赤好き  青黄赤  正真正銘赤  とき赤衛軍  赤襟飾  赤豌豆  赤提燈  赤椿黄色山吹紫ニムレテ咲ケルハタテタテノ花  赤短冊  赤黒黄等  赤ちゃけた杉  赤袍  中赤羽根  赤無垢綸子  赤朽葉色  赤松林  赤黝  赤裳垂れ引き  赤人等  赤ツ茶  赤封蝋  赤套  赤筋入り  九年七赤  十八年七赤  二十七年七赤  ぷりした赤ら顏  赤まま  赤まんま  赤青黄  結局赤  赤縞双子  赤ひのや  赤良顔  赤煉瓦建て  おり赤忠  赤児片手  赤松山  人麿赤人  ため赤爛れ  赤兄ひとり  赤兄もつ  赤ちゃけた電燈  赤猪石  餓ゑる赤兒  赤ペン青ペン  赤ッちゃけた焼土  赤加賀智  赤骨観  赤欅  馬赤将軍  赤ちやけた反射光  赤いち  赤螺三平  赤螺殿  赤螺三平が  変赤シヤツ  赤壁亭  赤壁亭中  まま赤出し  婬鬼赤褌  一赤藪鶏  赤藪鶏  赤テロ  赤はだし  赤む  文化度赤夷亂妨  夏墨夷赤狄東西  頭斑身赤文斑  赤ラベル  ケタダレタ娘ニ赤ト黄ノオモヒキリ派手  トロケ赤イ一ツノ蕊ノヤウニムカフ岸  顔中赤味  赤蠅はけ  赤蓮  黄赤  出ばつた赤犬  赤襦袢  むき赤濁り  赤がち  赤樟  めいめい赤  赤爛会  赤倉清復活  赤画  紋赤裏  皆赤味  午後一時赤志  赤ッパ尾根  赤土原  赤襷白襷  赤生薑  桜田赤龍子  赤児ぼつこ  赤染め  赤びょうたん  赤トランク  赤ぐもまでが  白らけた赤毛布  赤箱  赤兎目  赤輪  赤瓦白壁  赤ちやけた色  赤天鵞絨ばり  赤ちゃけた横文字  赤玉白玉  喰べた赤児  赤白紫黄  赤本則  赤人風  赤異人  赤柱  赤ちゃけた紙きれ  赤鉢卷  赤鉢卷隊  赤フランネル  赤繩  赤髭コ  何かしら赤青  赤白ダンダラ  赤たん赤たん  赤たん  何だい赤たん  赤チュウタラ赤たん  赤カンタン  赤一流  赤瓦屋根  赤漆塗り  みんな赤ぐなて  赤霧リカ  赤桐里花  白赤黄  赤毛布流  赤沢山  赤岳一一・一〇  赤いとこなつ  赤ちゃけた燈火  いやあな赤ちゃけた血  赤漬玉子  赤紫島  ソヴェト赤紫島万歳  黒白青赤  友人槙尾赤霧  赤漬ショウガ  赤青紙張り  赤黒子  赤襯衣君  赤シャツ少尉  赤城西京丸  赤洋漁業会社  山部宿禰赤人  赤ちやけた髪の毛  赤いかんばん  赤白髪  たん赤たん  肥つた赤ら顏  赤髪ふり  赤めし  赤髪富豪  一面赤火光  赤光白光  赤揚樹  赤菜  赤カブ  結ブ其皮赤クシテ火  赤ク子黒キモノハ尋常  赤ホリ  赤葡萄  赤海龜  赤態  赤珊瑚  赤系  赤派  赤ぐろい顔  一〇赤人  赤櫨金縞  一赤  赤塗り荷物自動車  赤いまん  黒白赤  赤俥  赤良  ボルドオ赤  赤褌ひとつ  赤軸  赤インキだらけ  一本参拾銭赤キング  赤ニス  赤ちゃけた虫くい葉  赤椴  赤ばら  赤児扱い  赤烏三年  赤眉  ナゼ人参サンノ顔ハ赤イカ  赤ラシャ  赤おうむ  赤鸚鵡  これ赤鸚鵡  時赤鸚鵡  赤鸚鵡赤鸚鵡  赤ラムプ  赤石山系  赤瓦青ペンキ  赤糸毛  赤あざ  赤人人麻呂  三遍赤糸  赤褐  赤とど  赤褐黄緑その他樣  ら雪赤  赤足袋肩越し  赤足袋  ぺらぽんの赤頭巾  赤ばやし  金モール付赤ビロード  赤ずくめ  赤漆塗  赤唐紙張  赤穗義士  赤穗浪士  赤銹色  赤マント  赤鉛ぺつ  山本五十六赤ちやん  誕生ぐらゐな赤ちやん  赤獄  赤ポスト  白二本赤一本  赤こちゃん  赤チェック  赤コチャン  赤コ  赤ショール  青赤エンピツ  赤毛布奴  赤煉瓦壁  赤チウ証拠  赤鬼め  一すじ赤  赤さん可哀  赤褌襠  赤鼻緒  赤無地  ハ二丁目赤  赤八  黒帽赤  赤褐けた焼物  赤楽風  赤傘  赤蝋燭  皆赤絵  赤ぎれ  赤べろ  赤壁圖  晴れ赤符  赤髪組合  ベニ赤ッ  赤烏帽子西  赤縄紅糸  とき赤児  赤船  所謂赤  赤間  一九三〇年以来赤  赤くみ  赤他  赤襯衣  赤五点  赤長短  赤大小  赤気  碧緑赤黄  赤ぎれもいつか  家族赤羽  赤黒青  赤文字  赤ちやけた殺風景  郎女赤猪赤猪子赤色  楯矛赤  がち縣主縣主波延赤玉赤幡赤比  王赤檮  赤猪子比  赤猪子引け鳥  変赤シャツ  放送中赤トンボ  赤トンボなぞ一匹  ぴりと薄赤味  赤穗義人録  赤穗四十七士  赤狄  赤襟赤裾  赤帆  赤顔  交つて赤革  ひで赤  赤電球  オヤ赤太郎さん  赤ちゃけた岩山  赤ちゃけた円板  赤ら少女  歌赤駒  赤レンガ  赤松月船  赤少年  赤白斑  赤褐黄緑その他様々  赤間宮  赤岩沢  登米郡赤生津村  丘赤  赤クレイオン  白黒黄藍赤  労働者赤衛兵  赤ラシャ張り  赤ラシャ張  赤条入り  赤衛海軍士官  赤座  赤座兄妹  三たび赤座  赤座君  赤座朔郎  赤座自身  当時赤露非常委員会  



前後の言葉をピックアップ
赤新聞  あか    赤砂糖      赤城下  赤さび  赤から  赤茄子


動詞をランダムでピックアップ
ずり詛っがっ絶え果てる研ぎ澄まさ立ち寄言いあわせ染まろもちかける暮す打明けよ当て嵌めれひきつぐもがとびつきつかさ咲乱れ命ずるとんがら
形容詞をランダムでピックアップ
けだるくいかがわしきはしたなく忙しなしやむをえないかたじけなく力強くよしなしむつまじきいかめしく手酷き麗しきいぶかしおそろしかっごつい低うすごいやむをえなかっ余儀なけれ