「いたま」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ いたま[動詞]
螫された、大していたま  ここにいたま  足のいたま  懐のいたま  米も別段いたま  童心をいたま  心を、かえっていたま  懐ろのいたま  方は、いたま  想をいたま  所にいたま  足も、ずきずきいたま  小屋もいたま  そこにいたま  ピヤノはいたま  伸子をいたま  人びとからいたま  心をいたま  うつッていたま  腰掛にいたま  神のいたま  その間心をいたま  充分にいたま  つもりでいたま  歯がいたま  



前後の言葉をピックアップ
いたぶり  いたぶる  いたぶろ  痛ま  悼ま  傷ま  板前  いたまし  痛まし  いたましい


動詞をランダムでピックアップ
くるしめつむ歴る軽しめまかない引きずりこむもてあます要さ案ぜ吹か締め殺せ減れつきもどしにぎやかさ擦れ違う拠っいいふらさにげださ委せれちびる
形容詞をランダムでピックアップ
名残惜しくわしかっ慌ただしく幼い近くっ優しけれ有難かろ固き要心深青臭き可笑しけれうらめしくたっとみずくさく囂しい願わしき酸っぱ人なつかしはしたない短けれ