「香り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 香り[動詞]
老木が香り    

名詞

香り[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
香りをふくんだ  香りとに抱かれて過ぎゆく  香りが濃くなっていた  香りがした  香りがするという  香りのする  香りがいたしました  香りをかいで  香りがあり  香りを窓にしながら  香りと味の強烈な洋酒の杯を享楽していた  香りを胸に飾りて  香りこそ光ら  香りはやはら  香りを含んだ  香りの高い蕊の中に顔を埋めてみた  香りのいくらかを保っている  香りの牽引があったとも思えない  香りがこもっている  香りをもっているね  香りがみちみちている  香りと風のなかに立ち  香りが変化した  香りがあった  香りを胸いっぱいに吸いこみつつ  香りや肌ざわりが変わった  香りをまだ全身に濃密にたたえている  香りがするわ  香りを慕って来る  香りをかぎながら  香りを発する  香りは彼の発作の直前の気持を思い出させる  香りは何処かしらからますます鮮明に匂ってくる  香りの正体を捜しあてた  香りがするわね  香りの正體を搜しあてた  香りを放つてゐた  香りの鼻を撲って  香りはそれを吸いこんだ  香りによって創りだされる  香りがうえきった  香りが板一重を隔てた  香りと味とをもつてゐる  香りが漂ふて来た  香りのむらだつ  香りを知らないと  香りが部屋にあふれて  香りはのどに触れる  香りを集めた  香りがして  香りというものを知らない  香りが柔らかくただよっている  香りを食べて生きていたという  香りが高すぎるが  香りのある  香りの高さとには心のしずまる  香りが立ち迷っていて  香りの高い鳳梨をむいたり  香りの高い珈琲をすすり  香りがそこに殘つてゐた  香りはもと通り紫とかがやき  香りを立てて居る  香りの高いコーヒーと濃いミルクとが出た  香りがうせない  香りのとけ込んだ  香りを可愛がって居る  香りを嗅ぐ  香りの欠如した  香りが残っていると見えて  香りとにがみを頂く  香りの飲物を毎日いただく  香りがさやかに食卓に流れてゐた  香りがホンノリおれの鼻に来た  香りを嗅いだ  香りとなっています  香りがすると書いたが  香りがただよって居る  香りを身につけてる  香りを放散させ  香りが漂つてゐて  香り高い茸がゾクゾクと出て居るので  香りかビールの泡に身を任せておくべき  香りがある  香りのよいクリームが皮膚にすりこまれていた  香りがこびりついてゐる  香りとは一行を少なからず慰めてくれました  香りのなかで味いはじめた  香りの高い西洋煙草を燻らしている  香りや味醂に邪魔され  香りの一群れが二人の足の下に散る  香りの高い煙草の煙りが  香りと潤のある  香りだけに慕い寄る  香りはおん浄土の蓮の花を吹き開く  香りもある  香りを立てていた  香りをつけ  香りを一と足一と足と追つてゐた  香りが強いので幾分か余計にこれを避け  香りが外まであふれて居る  香りのこもった  香りをたてた  香りの高い花園をぬけて  香りを送ってきました  香りの高いはち切れる  香りの高い白粉がのべられ  香りを夢心地でかいでいる  香りが風の具合でほんのりとにおって来たりした  香りだけでも去り  香りのいい煙を座敷に漂わした  香りが空気に籠り  香りを満喫するに  香りを放つてゐる  香りを嗅がずに通せるか  香りが鼻を衝いて  香りのものは見られない  香りが失せるからである  香りを尊ぶ  香りの高い強烈な葉巻をくゆらしながら  香りをたてていました  香りを食べさせて  香りが過去の日本の豊かさや美しさを思ひ出させる  香りを嗅ごうとする  香りを深め  香りに花の在所へと誘われる  香りの流れている  香りがぷんとする  香りを嗅ぎ  香りと思われる  香りがしていましたか  香りに酔い心地になって  香り高き詩劇の文体を完成しつつある  香りが高く匂つてくる  香りだけで泥酔する  香りにばかり煽られていると酔ったとも酔わぬとも  香りにばかり煽られてゐると  香りをもって  香りの高い煎茶の湯呑みを捧げ  香りが馥郁と漂っていた  香りがする  香りをかいだ  香りが淀んでいる  香り高い味はひを思ひださずにはゐられない  香りが漂ってくる  香りをさせてる  香りが紛としてその酒の中に散る  香りを発散した  香りや木の臭気でむしむしと鼻を撲つ  香りがまじっている  香りに気づいて  香りを認めて  香りがするわい  香りも漂ってい  香り高き薔薇の花冠を戴き  香りに秋やや深し時雨降るごとき  香りを眼前に浮べて  香りがしました  香りでわかります  香りが漂ってきた  香りを胸一ぱい吸った  香りのいい檜材なんかを鉋で削ってばかりはいられない  香りが室内に漂うて  香りの鼻をつく  香りが漂っている  香りしめりがちなる  香りが流れて来た  香りをもっている  香りが籠っている  香り床しきこの人をそもやそも  香りと包んだ  香りが鼻に入ると堪らなくなります  香りのない花がはいつてくると  香りのしみた  香りがしてきた  香りの入った  香りを嗅ぎ取ろうとした  香りが鼻に触れてこない  香りを失うとは  香りが消えてしまうかという  香りの花がさいています  香りがみちて  香りの有り  香りを漂わせている  香りの中に包まれてしまっていた  香りの方を最初に知ってしまった  香りに気がついて  香りを返してくれた  香りの方へ引きずられた  香りがほのかに這ってくの  香りが漂っていた  香りがかすかに鼻を襲う  香りのうっすらと残っている  香りがどことなく漂って  香りをかいで歩きながら  香りが出て  香りが強烈に匂ってきて  香りの人間らしさは消えて  香りが漂ってき  香りをようやく得てきてるのみだった  香りを感じた  香りを知る  香りが鼻をつく  香りを邪魔しない  香りを忘れずに  香りに胸をつかれて咽ぶ見たいな  香りを放っている  香りに心を酔わしめられました  香りを運んだ  香りの高い豊脆な味を賞美した  香りの高い山百合が覗く  香りの高い麦粉を包んだり  香りがあふれていて  香りがこもった  香りをはなして  香りはしみ込んで居る  香りある蜜のように融ける  香りのいい  香りがぷんぷん立ちました  香りが立ちました  香りが流れてくる  香りにさそわれる  香りの高い遠い国から来た  香りが夜の空気にしみ渡っている  香りが発散していた  香りが日に暖まった  香りに振り向かせられた  香りが高く室に満ちて居る  香りを嗅ぎながら  香りがギーンと頭へ響く  香りがまぢかに感じられた  香りで酔わされて  香りをつけて  香りが空中に満ちていた  香りを発散させ  香りなどが木の間に漂っていて  香りの高い煎薬をのんでいました  香りをもたらしていた  香りがしている  香りに浸ってる  香りが発散する  香りとを含んではゐるが  香りが漂って乗る  香りのするであろう  香りに似た  香りのいい酒も添えてあった  香りがすると云われていた  香りたかい煙のたちのぼりはじめる  香りが立ち込めて  香りたかくこもつてゐる  香りをはなっていたが  香り高い珈琲を飲まなければ  香りの高い珈琲を味うごとく味いながら  香りの失せた  香りの白粉をぬりこみ  香りと妙な調和をなして  香りが動かしはじめた  香りが鼻から入って  香りがそつと私の鼻を打つた  香りの高そうな木の切り株が短かい枯草の中から頭を出して居る  香りの満ち満ちた  香りと近代の触覚とを併せもつ  香りの煙りにつつまれた  香りと午後の日光にあたためられた  香りに氣づき  香りに気づき  香りまである  香りとを持っている  香りが違ふの  香り高い珈琲のコップを前に控え  香りを放させたい  香りを伝へ  香りのする見たいな  香りをかいでみた  香りが口のなかにほのかに残るだけになって  香りを漂わせながら  香りの高い紅茶の入った  香り益々高き秋たけなはなる  香り高くさえあれば  香りは言葉なき君が唇にすすり泣けり  香りはよみがへりたる  香りは午前五時の寝  香りにむせた  香りでわたくしを包んだ  香りと汁液とに身も心も洗はれてゐる  香りと汁液とに身も心も洗われている  香りで洗われた  香りがすき  香りのいい頭髪を押しつけるであろうか  香りをぷんぷんさせてゐる  香りをさせてゐた  香りがただよっていた  香りにでも酔った  香りを放ち  香りをもって居た  香り高く咲き  香りを運んでくる  香りを薄く剥ぎ  香りを放って  香りがするよ  香りがするかも知れません  香りがしてきました  香りがますます強くなります  香りが漂い  香りする息を吐き吐き  香りで匂ってくる  香りを慕って  香りを送ってきますので  香りの高いたばこをくゆらして歩いていました  香りと云う  香りは文学からすっかりぬかれていて  香り高い日本文化の伝統をもう一度現代の生活のなかに生かし  香り高い晩香玉が咲いている  香りを充満させた  香りを思い出し  香りをしみじみと嗅いだ  香りの高い紫色の夏の暮方に舞う  香り高い甘味のある  香りのやうな微風が吹いて  香りのような微風が吹いて  香りをもつだけの  香りが滲み込んでいた  香りに混じって  香りを送ったりしている  香りがたって  香り高い涼しげな水菓子みたいな体裁にして  香りに酔い  香りを放っていました  香りにつつまれて  香りを放ちつつ  香りの高いにほひにむされる  香りでもし  香りが立ち上って  香りが僕の鼻をうった  香りをこめて来た  香りを放つ  香りのいい髪を嗅がす  香りで少々でもあかく染める  香りは遠い所から匂って来ます  香りを満々とさせましょう  香りを消さぬ  香りで一杯になって居る  香りを嗅いで見たり  香りから夏を越した  香りの鼻をうつまでより添う  香りとでも云える  香りと煙草の煙りが  香りに接するかの  香りに何かの香りが交った  香りを翻りながら  香りが女から発散する  香りが匂う  香りがプンプンしていた  香りが鼻を打った  香りのいい化粧料の匂いが流れてきた  香りの高いカールをした  香りとに酔っていたが  香り高い珠玉のような絵こそ私の念願とする  

~ 香り[名詞]1
海の香りを  葡萄酒の香りとに  潮の香りが  店の香りが  味と香りが  潮の香りの  草は香り  花の香りを  沈丁花の香りを  白百合の香りこそ  花の香りはや  オシリスの香りを  清逸は香りの  花の香りの  肉体の香りの  科学の香りが  波の香りと  潮の香りと  空気の香りが  町の香りが  雨の香りの  みやげ物屋の香りが  スモッグの香りが  風の香りや  花の香り  昔の香りを  男の香りが  古代芸術の香りを  藻の香りや  特別な香りを  薄荷みたいな香りが  強烈な香りを  ような香り  アメリカの香り  ご飯の香りが  一種特別な香りと  丁子の香りが  お茶の香りが  鼻にくる香りは  静かな香りが  媚めかしい香りという  ような香りが  気韻と香りの  軽々とした香りが  人々は香りの  丁字の香りの  強烈な香りが  草の香りが  紫の香りを  夜の香りが  菫の香りの  声や香りを  夏の香りを  文化の香りの  山の香りが  お茶は香りと  強烈な香りの  土の香りを  春の香りと  春の香りの  山椒の香りが  ものよりも香りが  香水の香り  コーヒーの香りか  特殊な香りが  ように香りが  息の香りや  気な香りが  色と香りとは  闇の香りの  加減になって香りの  醤油の香りや  チロチロともえる香りの  ジェラニウムの香りの  それらしい香りを  恋の香りだけに  花物河岸は香りを  引照の香りを  そうになる香りを  新米は香りが  人間の香りが  土の香りと  刺激性の香りが  ゆるやかに香りを  セロリの香りじゃ  薔薇の香りが  柔軟な香りだけでも  のどかに香りの  露の香りが  野の香りが  ブラジルの香りが  芸術的の香りを  異性の香りを  のりの香りが  手の香りは  元は香りの  丁樹の香りが  訳ではありませんから香りを  松茸の香りが  花は香りを  梅の香り  綺羅の香りを  偸み来た香りと  香水の香りが  花の香りに  虚無的な香りも  珈琲の香りが  酒の香りだけで  ふつふつたる香りにばかり  聖人の香りを  菖蒲の香りが  山藤の香りが  フランスの香り  土地の香りが  うつすらした香りを  包袋の香りと  鉢の香り  故郷の香り  ほのかな香りが  化粧の香りを  化粧の香りが  太陽の香りを  磯の香りや  花弁で巻いた香り  それに香りの  香水の香りに  香水の香りを  やつの香り  野の香りを  恋の香りも  主客諸共に香り  蕈の香りに  姿態と香りを  酒の香りが  清酒の香り  茴香の香りが  紛として立ちのぼる香りは  肉汁の香りが  あたりに香りが  秋木犀の香り  沈丁花の香りが  芸術的な香りを  高雅な香りが  臙脂の香りと  蕎麦の香りが  感触と香りの  香水の香りの  海草の香りが  花粉の香りが  柔皮花の香りが  柔皮花が香りを  ように立つ香りに  蜜柑の香りが  一ぱいの香り  夕方の香りの  マイ・ミクスチュアらしい香りを  異常な香りの  発散する香りの  異常な香りに  さっきの香りを  異性の香りの  芸術の香りとの  線香の香りが  種々な香りが  万葉の香りの  かすかな香りが  稲の香りが  稲穂の香りの  牧場の香りが  かすかな香りを  ヘリオトロープの香りを  身体の香りを  一つ摘んで香りを  ほのかな香りを  乾草の香りに  馥郁たる香りを  野生薄荷の香りの  初秋の香りを  味噌汁に作って香りの  むらから香りの  身体の香りが  異様な香りの  白粉の香りは  空気は香り  口に入れると香り  ように香りの  花の香りが  文明の香りが  ことのできない香り  苺の香りが  美妙な香りに  音楽の香り  温情などの香りの  薔薇の香りの  蝋燭の香りが  悪質の香りで  詩的な香りを  魂の香り  樹液の香りなどが  薔薇の香りを  愛の香りが  女の香りに  もろもろの香りが  木犀の香りが  須世理姫は香りの  庭土の香り  枯草の香りの  一種の香りに  茶の香りからさえ  黄金の香りが  艶な香りを  パイプから香り  秋の香りが  跡に香り  前に香り  情緒を香りの  大阪は香りの  薬の香りと  芸術の香りが  にしを煮る香りを  髮の香りが  生々とした香りの  古典の香りと  赤ん坊の香りを  ヘリオトロープらしい香りが  尊像はくすぶるばかりの香りの  香油の香りが  草木のみのる香りと  余韻のある香りとを  梅の香りを  リリスムの香りを  木の香りの  ガムの香りが  オレンジの香りと  味と香りの  顔のまえに香りを  林檎の香りの  青林檎の香りの  道ばたの香り  酒の香り  清らかさや香り  清らかで香り  シクラメンの香りは  モツカの香りは  あなたの香りは  ポムペイヤンの香りに  すがしい香りと  レモンの香りで  青菜の入りまじった香りが  胸に香りの  石鹸の香りを  シャボンの香りを  新鮮な香りの  新茶の香りにでも  二の腕位まで香りを  部屋中に香り  それらの香りを  すてきな香りが  はっかの香りが  薄荷の香りが  青葉の香りが  乳の香り  蜜の香りを  呼吸の香りを  大気の香りと  文学的な香りは  窓下には香り  東洋の香りを  藻の香りを  紙の香りを  カステーラみたいに香り  支那の香りが  薄荷の香りの  甘美な香りを  土の香りが  闇の香りに  ままの香り  芳烈な香りを  草の香りに  つたが香りの  青々として香りの  草の香りの  カビの香りでも  唆る香りが  新鮮な香りを  楠の香りも  郷土の香りの  郷土の香りを  郷土的な香りの  木の香りが  酒の香りで  やうな香りの  私は香りを  化粧の香りよりも  畳特有の香りで  人の香りを  鼻にくる香りから  花に香りが  鉄道草の香りから  髪の香りの  柔かな香りとでも  花の香りは  草葉の香りを  むうつとする酒の香りと  風景の香りに  苔の香りが  木々の香りを  刺激的な香りが  味噌汁の香りが  プーンと香りの  仄かに漂っている香りとに  感じのする香り  

~ 香り[名詞]2
いい香り  その香り  高い香り  ゆかしい香り  甘い香り  白き香り  冷たい香り  芳ばしい香り  あの香り  強い香り  美しい香り  やや香り  うつくしい香り  この香り  あまったるい香り  よい香り  同時に香り  きつい香り  やさしい香り  ゆかしき香り  好い香り  ひどく香り  なまめかしい香り  はかない香り  深い香り  淡い香り  がたき香り  なまぐさい香り  ない香り  あまい香り  あたたかい香り  清い香り  温かい香り  なつかしい香り  っぽい香り  かんばしい香り  もっとも香り  いつも香り  新しい香り  一入香り  快い香り  淋しい香り  まるで香り  かぐわしい香り  すがすがしい香り  新しき香り  清々しい香り  芳しい香り  涼しい香り  

複合名詞
和かき香り  すべて香り  香りの  香り合  白木香り  古典的香り  飛び切り香り  ぱい香り  二三輪香り  香りゆたか  香り不思議  清らかさ香り  つたるい香り  



前後の言葉をピックアップ
香ら  かおら  薫ら  馨ら  香り  かおり  薫り  香里  かおり  馨り


動詞をランダムでピックアップ
そおくっつこにぎやかさ恐がろずりおちるあわてふためい戦っ締め切ら草臥れるめさおかせ売れ残取り付こ繰り上げる漕ぎつけりゃ臥せ打ちあう射る出し抜く
形容詞をランダムでピックアップ
口やかましく手重く面白かっ侘しき程遠けれ愛くるしかっ心許ないあらあらしくすがすがしかっわるがしこどぎつくけばけばしい味わい深かっおぼつかなきうら寂しすけな少な美々したっと物悲しゅう