「首肯い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 首肯い[動詞]
兄さんは首肯い  国十郎は軽く首肯い  まじめに首肯い  車夫はへえと首肯い  彼女は黙って首肯い  山本は首肯い  依子は首肯い  ように首肯い  やうに首肯い  芳子は首肯い  芳子はまた首肯い  芳子は黙って首肯い  少年は落ちついて首肯い  苦笑して首肯い  少女と共に首肯い  女中さんは黙って首肯い  娘はだまって、こっくり首肯い  彼は、やさしく首肯い  津田氏はしぶしぶ首肯い  幽かに首肯い  女房が首肯い  主人は首肯い  態度で首肯い  呉羽は辛うじて首肯い  軍医大佐は頻りに首肯い  ホテリングはそう首肯い  私は黙って首肯い  さきから首肯い  彼は首肯い  敬助は軽く首肯い  三千代は黙って首肯い  不安らしく首肯い  三千代はええと首肯い  電線にからみついて離れず、何やら首肯い  ように、軽く首肯い  青年ボーイはニッコリと笑って首肯い  女は黙って首肯い  頤で首肯い  君は首肯い  自分は首肯い  伯爵は首肯い  小林は読み終って、首肯い  言て首肯い  夢見心地で首肯い  松倉十内は苦り切って首肯い  なんども首肯い  眉を顰めながら首肯い  うちに首肯い  周平はただ首肯い  機械的に首肯い  中で首肯い  七は快く首肯い  藤吉は首肯い  三分の二ほどひらいてまた、こっくり首肯い  三度も小さく首肯い  私はすぐに大きく首肯い  眼付が首肯い  三木は思はず首肯い  三木は思わず首肯い  母がにっこり首肯い  口をゆがめて首肯い  黙然としてただ首肯い  彼はただ黙って首肯い  みよ子は黙って首肯い  藤本はグッと首肯い  曖昧に首肯い  林は首肯い  無理に微笑み、ただ首肯い  啓介は首肯い  啓介はまた首肯い  何か云うと、ただ黙って首肯い  啓介は黙って首肯い  信子は黙って首肯い  冬子はただ首肯い  彼女はにっこりして、首肯い  上で大きく首肯い  傾向を首肯い  彼女は首肯い  秋子は首肯い  秋子が強く首肯い  眼付をして、漸く首肯い  あなるほどと首肯い  言葉にいちいち首肯い  冷笑して首肯い  奥様はだまって首肯い  ちよつと首肯い  真面目に首肯い  たけは軽く首肯い  説明を聞いて、始めてなるほどと首肯い  ただ軽く首肯い  何度も首肯い  私も首肯い  意味に解したらしく、深く首肯い  パンをあわてて呑みくだして、首肯い  幾度も首肯い  にこにこしながら首肯い  茂夫は首肯い  自分は黙って首肯い  彼が何やら囁くと、強く首肯い  私はただ首肯い  ビリング医師も首肯い  涙を拭いもあえず首肯い  私は首肯い  火を付けながら首肯い  コックリと首肯い  同感らしく首肯い  素直に首肯い  笑いを漲らして、首肯い  たびに首肯い  父は首肯い  不承不承に首肯い  草田氏はおとなしく首肯い  末はおとなしく首肯い  一人で首肯い  光子は軽く首肯い  言葉に首肯い  のを、なるほどと首肯い  無言で首肯い  彼は黙って首肯い  



前後の言葉をピックアップ
うなされ  魘される  うなされる  うなじ  肯い  頷い  点頭い  うなずい  肯か  頷か


動詞をランダムでピックアップ
堪り兼ねかきちらしつぎこもきえうせる引っ返そ塞がっ追いこし因ん覚っ受付けよ詰め込ん会える塗れ撓えおこたら遮っ見倣す冷やす眠っ仕上げ
形容詞をランダムでピックアップ
かびくさいたわいなき泥臭く堪難く鋭う遽し神々しかろ執念深くっ輝かし悦ばしくか細だるけりゃむさう初々しかっ広かっ恐く黄色き物淋しく心強し重い