「頷い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 頷い[動詞]
家康は頷い  美知子は頷い  無愛想に頷い  勝太は頷い  あまり、黙って頷い  旅商人は大きく頷い  彼女は頷い  苦悩にも頷い  娘は頷い  挨拶すると、頷い  なかで頷い  手真似をして頷い  老人は頷い  みのりは大きく頷い  少女は大きく頷い  微笑して頷い  横柄に頷い  ユリアは頷い  ツァウォツキイは頷い  さそうに頷い  和泉式部は頷い  順一は頷い  近藤は、頷い  近藤が、頷い  忠蔵は頷い  正成は頷い  長老は深く頷い  気軽に頷い  孫兵衛、余儀なく大きく頷い  眼でちょいと頷い  眼で頷い  ッぱり默つて袖を噛みながら頷い  少佐夫人は只頷い  イレエネは只頷い  中で、頷い  ように頷い  ッくりして頷い  老婆が頷い  娘は黙って頷い  体でいくども頷い  かすかに頷い  三造は頷い  顫えながら頷い  小田さんは頷い  要人は頷い  雑作に頷い  夫人は頷い  レザールは頷い  愉快そうに頷い  言葉に頷い  ラシイヌは頷い  老人はなるほどと頷い  幾度も頷い  ラシイヌは軽く頷い  一度は頷い  父親は頷い  庄は頷い  女は軽く頷い  叔父は頷い  佐五衛門はまた頷い  鷹揚に頷い  民弥はなるほどとばかり頷い  猪右衛門は頷い  その男は頷い  顔で頷い  伊右衛門は頷い  何度も頷い  徐かに頷い  癖で、笑いながら頷い  佐吉は頷い  出羽守は頷い  主任が大きく頷い  ガクンガクンと頷い  逆らはずに、頷い  蒲原氏は頷い  目皺を深く、ほくほくと頷い  婦人は黙って頷い  男にそう言われて、時に頷い  心に頷い  女は頷い  素直に頷い  幽かに頷い  媼はまた頷い  こはごはながら頷い  私は頷い  清二は、だまって頷い  アノ可愛いふりをして、頷い  山口は大きく頷い  裁判長が、黙って頷い  彼は頷い  静かに頷い  島は大きく頷い  子供は頷い  氏は大きく頷い  劇場監督は、すなおに頷い  二度ばかり頷い  自分で頷い  独りで頷い  夏は頷い  姉は頷い  じきに頷い  ルウスはやっと頷い  顔を蔽いながら、ただ頷い  こつくりと頷い  庸三は頷い  葉子は頷い  庸三も頷い  彼はにやにやしながら、ただ頷い  葉子も頷い  ことばへいちいち頷い  素子は頷い  與吉は頷い  獨で頷い  唇に微笑むで頷い  行長も頷い  お前が黙って頷い  慇懃に頷い  顔をあげて、頷い  蘭袋は快く頷い  彼女は深く頷い  大様に頷い  男だと頷い  風に頷い  顎で頷い  母は頷い  事もなく頷い  默裡に頷い  頤で幽に頷い  ひとりで頷い  大王は頷い  侍は、頷い  良輔は、頷い  良輔が頷い  右源太は頷い  幾人もが頷い  門人達は、頷い  役人は頷い  目で頷い  顔に頷い  耳を傾けながら頷い  一ツ自分で頷い  顔をしてただ頷い  彼はにっこり頷い  従順に頷い  満足げに頷い  俊吉は黙って頷い  雄二は大きく頷い  紋太夫は頷い  オンコッコは頷い  僅かに頷い  女房は頷い  心で頷い  声と、頷い  冷かに頷い  久兵衛は黙って頷い  八郎は頷い  半兵衛は、頷い  人が、頷い  木山は頷い  私は大きく頷い  助は頷い  君は頷い  眉をひそめ、やがて頷い  牢番は頷い  西山は大きく頷い  拳を固めながら頷い  手で抑えつつ大きく頷い  中に頷い  九兵衛は頷い  頬に微笑んで、頷い  眼つきをして頷い  んと頷い  小田さんはただ頷い  巡査は頷い  積博士は頷い  法水も頷い  気になって頷い  山崎は頷い  二もなく頷い  帆村は頷い  から米友は頷い  彼女はすなおに頷い  紳士は大きく頷い  祖父は頷い  グスタフソンは頷い  少年は頷い  微かに頷い  紀久子は軽く頷い  旗岡は頷い  旗岡巡査は、頷い  機械的に頷い  無表情に頷い  ように感じながら頷い  ことありと頷い  西郷副園長は頷い  帆村は黙って頷い  面持で頷い  人だと聞いて、そうかと、頷い  安心して、頷い  馬琴は力強く頷い  ことも出来ず、ただ黙って頷い  のを見ると、再び黙って頷い  すべてが、なるほどと頷い  安井が頷い  上野は頷い  一言もなく頷い  彼を見て頷い  妻は頷い  妻は黙って頷い  静に頷い  顎をひいてしっかりと頷い  桂子は大きく頷い  消息などにも、ただ頷い  喜久子はにっこり頷い  母はふたたび頷い  快活に頷い  たかせて頷い  心に堅く頷い  靜に頷い  女の子はうんと頷い  警官が乗り出して、大きく頷い  刑事は頷い  女は低く頷い  曖昧に頷い  大阪人は頷い  鼻垂先生はしきりに頷い  正成はいちいち頷い  大仰に頷い  無言で頷い  代官は頷い  復命を聞くと頷い  良斎は深く頷い  米友が深く頷い  刑部少輔吉隆は頷い  媼は頷い  上下で頷い  半ば聞いて頷い  手を当てて頷い  奥さんはにっこり笑って頷い  それを聞いて、頷い  武士、深く頷い  若い巡査は軽く頷い  さそうにしばらくはただ、頷い  道人は頷い  ことに頷い  男は大人しく頷い  旅姿が、頷い  火箸をいじりながら頷い  面を見ながら、はっきりと頷い  彼が頷い  秀吉は大きく頷い  微笑して黙って頷い  多磨太は頷い  そうに頷い  これに頷い  ふうに、頷い  やうに頷い  神子は頷い  面持ちで、ただ頷い  七郎は頷い  美枝子はにっこり頷い  津吉は頬張るごとく頷い  息を引いて頷い  後事を托せよと云うがごとく聞えて、頷い  道庵先生がいちいち頷い  幾度か頷い  それを頷い  老人が頷い  坂本も頷い  縄張うちに来たので、頷い  青嵐も頷い  先生に知ってもらいたいので深々と頷い  巴旦杏笑いをして頷い  方へ頷い  そのまま女は頷い  こと、淋しく頷い  玄鶴は黙って頷い  伊太夫は軽く頷い  介は頷い  主水は頷い  侍女は頷い  嘉門は頷い  空二は頷い  伝兵衛は、頷い  方が、頷い  こッくりと頷い  源内先生は、頷い  藤十郎は、頷い  繁叩きながら、頷い  ちょっと頭を動かして頷い  路考は、すぐ頷い  ていに頷い  定は頷い  医も頷い  私は軽く頷い  光は頷い  顔をして頷い  シルヴァーに頷い  加減に頷い  今度は頷い  声で頷い  参木は感じて頷い  浅井は頷い  巡査は大きく頷い  まま小さく頷い  力なく頷い  側から係長が黙って頷い  八は頷い  気がして、頷い  平中は唯頷い  事もなげに頷い  千重子は頷い  山男はただ頷い  小泉は頷い  中津は頷い  均平も頷い  銀子は頷い  親父も頷い  から大きく頷い  絃に触れながら、頷い  意味を知って頷い  半兵衛は初めて頷い  こいつを聞くと頷い  一しょに、ちょいと頷い  その男は、大きく頷い  ちよいと頷い  腹掛は頷い  丹前は頷い  岡本は頷い  婢は頷い  巳は頷い  お父さんは頷い  お父さんはまた頷い  むつつりとして頷い  わけもなく一々頷い  中でふんふん頷い  旅僧はただ頷い  上人は頷い  三ツばかりはきはきと続けて頷い  旅僧は唯頷い  ように、時々頷い  少将はちょいと頷い  僕は黙って頷い  野々宮は頷い  きりもなく頷い  野々宮はただ頷い  から、頷い  澄江は頷い  顔で、然し頷い  鮫島は頷い  伝七が大きく頷い  釜で頷い  頼母は弱々しく頷い  栞は黙って頷い  獄吏は頷い  わしは頷い  力だと頷い  二つばかり頷い  気もなく頷い  ように大きく頷い  微笑をもって頷い  家中はうっかり頷い  表面だけふんふんと頷い  あいそよく頷い  顎ふかく頷い  邦夷はうんうんと頷い  そのものが頷い  怪人物は頷い  ハッチソンは頷い  次長はうるさく頷い  耳に当てて、うむ、うむと頷い  大袈裟に頷い  幸田は潔く頷い  秀陳は重々しく頷い  総監は頷い  印東は頷い  踏絵は頷い  電話器に飛びついて、ウンウン頷い  警保局長は頷い  真名古は頷い  私は涙ぐんで、頷い  私は深く頷い  真面目に頷い  字に曲げて頷い  田中さんはただ頷い  げに頷い  若はちょいと頷い  医学士が頷い  通訳を聞くとただ頷い  意中を悟って大きく頷い  桃太郎は悠然と頷い  内山は頷い  顔に現しながら頷い  右衛門はわずかに頷い  ちょっと考えていたが頷い  美代子は頷い  何を頷い  げに話し合ったり、頻りに頷い  卑屈に頷い  河野は頷い  駿河守は頷い  乙女は黙って頷い  一学は初めて頷い  白法師は頷い  おれは頷い  滝は、頷い  真理に頷い  言葉であると頷い  ガクッと頷い  助は、頷い  吉右衛門は頷い  吉右衛門は、頷い  うつつに頷い  そこに頷い  お国ばなしをあえて遮らずに、頷い  何をいっても頷い  武蔵は頷い  武は頷い  ように、頷い  何か物々しく頷い  感嘆して、頷い  銘々は、黙って頷い  親方は頷い  微笑に現して頷い  遠方から笑って頷い  わが身へ頷い  心地を硬ばらしては面白くないので、頷い  何か言って頷い  一つ大きく頷い  兄は深く頷い  輕く頷い  さりげのう、ただ頷い  蒼ざめた顔をして頷い  彼はその一々に頷い  良平は頷い  恰好で、なんとなく頷い  ひとり合点をして、頷い  妻は苦しみながらも頷い  僕にむかつて頷い  話に頷い  わたしは頷い  眼顔で頷い  慄へながら、はあ、はあ、と頷い  男は頷い  軍治が行くと一寸頷い  なんども頷い  俺は頷い  意気込みに一応軽く頷い  一帆の頷い  言聞かされて頷い  彼女を見ながら頷い  老妓が頷い  周作は頷い  平八は頷い  女房は黙って頷い  不承不承に頷い  様子をして、大きく頷い  ように、黙って頷い  まま、黙って頷い  笑顔でもって頷い  独で頷い  方は頷い  庄三郎は頷い  信玄は頷い  鼻辺に浮べながら頷い  咽喉から声が出てこないので、黙って頷い  はる子は黙って頷い  一人は頷い  鼻から息を漏して軽く頷い  様に頷い  熊城は頷い  ニコと頷い  主人は頷い  六人は頷い  刑部はまた頷い  浪士は頷い  自信有りげに頷い  小女は頷い  村田は、大きく頷い  彼は黙って頷い  わたくしは頷い  率直に頷い  貝十郎は頷い  蝶は頷い  我輩は心から頷い  与右衛門も頷い  女房は唯頷い  洋一はただ頷い  あなたは頷い  I'msorry.」を繰返しては頷い  長谷川は軽く頷い  長谷川は頷い  桂は黙って頷い  薄暗がりに頷い  権兵衛は頷い  権兵衛も頷い  



前後の言葉をピックアップ
魘される  うなされる  うなじ  肯い  首肯い  点頭い  うなずい  肯か  頷か  うなずか


動詞をランダムでピックアップ
生きれ出会い疑っふけらありがたがる言合わ老け合せん登ろ雪ぎ寄せ掛け行合っしめつけよ燃やせるつきまとい蠢き召捕りゃ成り代わっ撃ち込ままきつき
形容詞をランダムでピックアップ
毛頭なし清かっのどけからおぞましき小さかれもだしがたし空恐ろしきまるながい危なげな心づよう手軽いあぢきなき程遠くしおらしい繁くっきびし生ぬる早う