「点頭い」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 点頭い[動詞]
気に点頭い  何となく鷹揚に点頭い  彼は、勿体らしく点頭い  やうに点頭い  平井はおとなしく点頭い  蓮葉らしく点頭い  目で点頭い  松島氏は黙って点頭い  ひとりで点頭い  生真面目に点頭い  母を見て点頭い  身振りを摸して点頭い  鷹揚に点頭い  私は点頭い  私は、大きく点頭い  方へ点頭い  おごそかに点頭い  体全体で点頭い  無造作に点頭い  彼は、点頭い  母は、点頭い  大業に点頭い  独りで点頭い  嗤ひ出しながら点頭い  神妙に点頭い  風に点頭い  雪子は点頭い  空で点頭い  妻が点頭い  かすかに点頭い  まま頸を振って点頭い  やつぱり意久地なく点頭い  微かに点頭い  早口に点頭い  げんは点頭い  首をかしげて点頭い  易々と点頭い  頓著に点頭い  照子は、点頭い  判然ったらしく点頭い  彼は、空々しく点頭い  無言で点頭い  それを聴きながらただ点頭い  こともあるので一応は点頭い  僧は点頭い  徐かに軽く点頭い  僧は軽く点頭い  耳打ちを交して点頭い  彼は大きく点頭い  佐五郎は大きく点頭い  晴れ晴れしく点頭い  オズオズと点頭い  銘々に点頭い  微笑しながら点頭い  苦笑を浮べて点頭い  それならば試して見ようと点頭い  母は深く点頭い  万太郎氏は軽く点頭い  秀英は点頭い  伯母さんは点頭い  下を向いて、点頭い  芳子は点頭い  めて見せながら点頭い  母は点頭い  うに、軽く点頭い  握り返して点頭い  笑顔をもつて点頭い  彼は、軽々しく点頭い  彼は軽く点頭い  秘かに点頭い  立皺を刻んで点頭い  樽野は点頭い  切りに点頭い  代名詞だけで驚いたり点頭い  好い加減に点頭い  王はニコニコ笑いながら点頭い  二つばかり点頭い  人魚たちに点頭い  やうにして点頭い  父は点頭い  僕は点頭い  七郎丸は深く点頭い  白黒させて点頭い  自ら深く点頭い  わらひもしないで点頭い  者が同時に点頭い  荐りに点頭い  森は点頭い  うちで点頭い  雲を呑み込む如く大きく点頭い  一歩下って、うんと点頭い  信子も点頭い  祖母も容易く点頭い  私は軽く点頭い  鸚鵡返しに点頭い  周子は点頭い  彼女は点頭い  微笑を洩して点頭い  作家自身はそのまま点頭い  卓子を叩いて点頭い  彼は深く点頭い  やうに呆然と点頭い  私は、点頭い  青年は強く点頭い  勝手に点頭い  声で点頭い  尤もらしく深く点頭い  女は寂しく点頭い  倉造が点頭い  蝶は点頭い  生真面目に深く点頭い  自分が大きく点頭い  重に点頭い  表情で、平然と点頭い  



前後の言葉をピックアップ
うなされる  うなじ  肯い  首肯い  頷い  うなずい  肯か  頷か  うなずか  肯き


動詞をランダムでピックアップ
ねつくこぼしかきこむくだい出回りにたと責め苛まのりこもへんすおいかけよ突き当り懸かれ変えれ駆け出せこづい持ち寄れ私するかき寄せるおっ剥がれる
形容詞をランダムでピックアップ
ねむく永く空恐ろしいもったいらしいたくまし物淋しいままし喜ばしかっづらかろれいれいしく大きかっ惜しけれうとましよんどころなしきたなかろがたかっおもしろいこころぼそいなまあたたかきうすぎたない