「頻り」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 頻り[動詞]
から、頻り  方々も頻り  一と頻り  彼は、頻り  見物させ、頻り  手に頻り  一時は頻り  卓子で頻り  夜でなくとも頻り  心が頻り  爺さんは頻り  気が頻り  皮が頻り  客に頻り  弁護士は頻り  台所から出て来て、頻り  ことについて、頻り  ことも頻り  囚徒を見出さうとして、頻り  雨が頻り  土田氏が頻り  小夜子は、頻り  其後、頻り  人声が頻り  それを頻り  祖父は頻り  面師が頻り  面師は、頻り  顏をして頻り  河原に立ちよどんで、頻り  玄庵が、頻り  橋を越えても、頻り  飽き二階に寝転んで頻り  起上り、頻り  先方でも頻り  風聞も頻り  前に坐らせて、なにか頻り  一つがい何か頻り  声が頻り  召命の頻り  流言のみ頻り  感じが頻り  私は頻り  紙片を眺めては頻り  美妙斎の頻り  女を今や頻り  自体拙者は気に入らないので、頻り  附着けて、頻り  者も頻り  名前を頻り  畑で頻り  復活經營したく頻り  移動が頻り  喇叭が頻り  峰が頻り  ことは頻り  書面を頻り  先輩は頻り  文学が頻り  爽やかさが頻り  後からも、頻り  若い男に頻り  言ひながら頻り  のでもないのに、頻り  頭を頻り  顔もせず頻り  船を頻り  発熱して、頻り  水馴れ棹を取って、頻り  佐々木小次郎は頻り  又八は頻り  武蔵は、頻り  ように、頻り  紹介して頻り  噂が頻り  助九郎も、頻り  袖を引きながら、頻り  ことなど、頻り  鶴は、口惜しがって、頻り  老人夫婦は頻り  のか、頻り  私が、頻り  停止まって、頻り  糸を垂れていた、実は頻り  若い男が頻り  時には頻り  頃政治家が頻り  祇園町へ頻り  所を頻り  意氣込で頻り  意気込で頻り  僕なんぞは頻り  ことからおたがひに頻り  何か頻り  風に吹かせながら、頻り  ことやらを、案じたりして、頻り  ことが頻り  



前後の言葉をピックアップ
しきり  シキリ  仕切  仕切り  仕切り  シキリト  しきりに  頻りに  シキリニアタマヲヒネクツテ  しきる


動詞をランダムでピックアップ
付き添わ模せ威張れる行きつき投げ出せおしだすつんざき旅だと下そ終え考えつき絶える控えれ分捕晴らさ刷り込ん鞭打ちすみみつかっときめく
形容詞をランダムでピックアップ
けぶかく耐え難いなにげない花々しかっばっちい恋しかろ瑞々しくこよないなさけなかっかびくさ黒からやむなく細かくっ手強かっ青きほど遠からすし切なかっはしたなき烈し