「しきり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ しきり[動詞]
百舌鳥がしきり  窓を見上げたりして、しきり  いるかいないか、しきり  竹筒に、しきり  一彦少年とがしきり  大股に急ぎながら、しきり  泣きながら、しきり  音が、しきり  声で、しきり  彼女がしきり  牡丹刷毛をもって、しきり  凝議がてら、しきり  万吉が、しきり  鈴を振って、しきり  しかし、しきり  手紙をひらつかせながら、考え込んでいると、しきり  侍も、しきり  気分をなおして、しきり  いまさら、しきり  山にかけて、しきり  辺へもしきり  がけに、しきり  一としきり  おばあさんがしきり  手真似をもって、しきり  功は思わないが、しきり  うえへ、しきり  しろから、しきり  妻はしきり  扶けながら、しきり  彼はしきり  今、しきり  廊に立ち上がって、しきり  星影に、しきり  前へきて、しきり  関羽は、しきり  彼女をなだめて、しきり  日も浅いが、しきり  一羽となればしきり  葉がしきり  手付をして、しきり  さっきから、しきり  かたわらにあって、しきり  若武者が立っていて、しきり  ことにふと気付いて、さすがにしきり  帆村はしきり  情報が、しきり  エスさまあ、しきり  黄権がしきり  ヒヤヒヤ気にしながら、しきり  合い言葉がしきり  何かいいながら、しきり  さます事はし得ないで、しきり  岡がしきり  ことがしきり  帆村は、しきり  のか、しきり  方に坐り、しきり  顔つきをして、しきり  夫はしきり  花はおどろく、ささとし、しきり  僕はしきり  女髪結が立って、しきり  咬えながら、しきり  ものか、ちかごろしきり  太平洋上に、しきり  進行を、しきり  与八はしきり  わたしはしきり  足音がしきり  手に持って、しきり  並びあひながら、何やらしきり  からではなくて、しきり  カオルはしきり  ように装いながら、実はしきり  恐々床へ入るとまたしきり  げに、しきり  安さんはしきり  暮頃から、しきり  光明氏はしきり  前で、しきり  招きもしきり  数日来、しきり  あなたが、しきり  仲も、しきり  冷えも、しきり  心配そうにしきり  先生には、しきり  和して、しきり  絃のしらべにしきり  後ろに、しきり  私は、しきり  ように、しきり  今朝からはしきり  新田家へも、しきり  義貞はしきり  耳へしきり  宮は、しきり  武士どもが、しきり  内に、しきり  四条隆資は、しきり  のか、近頃しきり  後醍醐は、しきり  新田義貞からも、しきり  即日、何やらしきり  観念してか、しきり  白雲と同じ、そうして、しきり  奥に往き、しきり  辻斬がしきり  赤ん坊が、しきり  あいだを、しきり  お力としておられるらしく、しきり  際にも、しきり  裔尼子勝久を擁して、しきり  佐久間信盛は、しきり  そばを離れたが、なお去らず、しきり  君はしきり  白木に、しきり  肩越しにのぞいて見ても、しきり  上をいざって、ようやくしきり  雨一としきり  三人から目を離さず、しきり  神さんはしきり  成功するだろうかなんてしきり  二重にしきり  點けては、しきり  君は、しきり  磯五が、しきり  兄は、しきり  前屈みになって、しきり  眼がハッキリ見えないらしく、しきり  受話器をかけて、しきり  前に突っ立って、しきり  音がしきり  手があるとか、しきり  枯葉を動かしてはしきり  いま次郎吉はしきり  雪はしきり  客が来ると、しきり  疎林が、しきり  良人はしきり  中にはいって、しきり  その後では、しきり  百姓がしきり  畠道を通りながら、しきり  方ではしきり  やつぱり戻らないで、しきり  発見し、しきり  気で、しきり  なつたらしく、しきり  加藤巡査としやがみこんで、しきり  二つにしきり  夢は更に、しきり  青山夢に入ってしきり  長次はしきり  ようにしきり  助手は、しきり  髪の毛を、しきり  雷はしきり  神鏡を据え、しきり  数字が、しきり  烏丸光広さまなどが、しきり  車座に集り、なにかしきり  マルは、しきり  男が、しきり  以来、近頃しきり  萩垣にしきり  姿が、しきり  カイはあせって、しきり  うちに、しきり  それぎりで、しきり  下女がしきり  仁吉は、しきり  空を高くしきり  船はしきり  木にながめ入っては、しきり  かたっぱし手を染めて、しきり  ひねもすごろごろと寝ころがって、しきり  とぐろを巻きながら、しきり  ひざにかかえながら、しきり  今度はしきり  右往左往しながら、しきり  とき、しきり  答えもしないで、しきり  ままで、しきり  足追っかけながら、しきり  中途で立ち止まりながら、しきり  あぐらをかきながら、しきり  ものか、しきり  馬耳東風と聞き流しながら、しきり  右門はしきり  人待ち顔に、しきり  ぼんやりぬれ縁ぎわにたたずみながら、しきり  路地奥へいってみたり、しきり  顔をしながら、しきり  んだといって、しきり  門前で、しきり  むじゃきさに、しきり  はしをつけようとしないで、しきり  くちびるをきりりと引き締めて、しきり  ねこぜを丸めながら、しきり  河風だよしきり  ことをいいながら、しきり  声をそろえて、しきり  げをまさぐりながら、しきり  からねえが、しきり  頭からしょぼしょぼと浴びながら、しきり  かただから、しきり  隠居にこきおろしてしまって、しきり  肉襦袢一枚になりながら、しきり  空気をふるわせて、しきり  奇声をあげて、しきり  総立ちになりながら、しきり  やつで、しきり  テンポをもって、しきり  あごをなでなで、しきり  表に返したり、と見つこう見つ、しきり  むっつりとおし黙りながら、しきり  庭先に持ち出しながら、しきり  つぶやきながら、しきり  腕組みしながら、しきり  こちらへひねり、しきり  風と聞き流しながら、しきり  こちらに泳いで、しきり  名人は聞き流しながら、しきり  それを見ながめながら、なでてはさすり、さすってはなでなで、しきり  影にかくれながら、しきり  群衆を望んで、しきり  うずくまりつつ、しきり  それが恐ろしいとみえて、しきり  さしずしながら、しきり  中間づくりで、のぞいてはしきり  手は、しきり  龕燈をさしつけながら、しきり  前から、しきり  首をかしげて、しきり  伝六がしきり  しょんぼりとたたずみながら、しきり  チュウチキさえずりながら、しきり  言葉がしきり  萱村に鳴くやよしきり  のだが、しきり  ことを考えて、しきり  風を送られながら、しきり  から、しきり  半分無意識に、しきり  そばに立って、しきり  雪子もしきり  最悪に対してしきり  げながら、しきり  烟管をもちて、しきり  座談したりして、しきり  叔母が、しきり  



前後の言葉をピックアップ
私曲  色慾  色欲  しきら  仕切ら  シキリ  仕切  仕切り  仕切り  頻り


動詞をランダムでピックアップ
騙そかけ合う貸す誦せ否んうずくまっよくなん打ち合わすかかずらっだぶつき考え込みあたいす曳か存え歌お染付い写れあかそ叱ろこねれ
形容詞をランダムでピックアップ
いたわしき苦苦しいあつくるしく熱けれなかっええおそろし無い気だる薄からむさくるしいたけれ喧しく面憎き脆いそこはかとな聞き苦しき辛くっ