「悪びれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 悪びれ[動詞]
ゆっくり、悪びれ  始末を、ちっとも悪びれ  谷村さんは悪びれ  岩見は悪びれ  少女はもう悪びれ  部屋へ帰って来ると、悪びれ  貝原は悪びれ  時でも悪びれ  ちょっと顔色を変えたが、悪びれ  私はいっこうに悪びれ  顔つきをなすって、少しも悪びれ  方は悪びれ  青年は悪びれ  李珪は悪びれ  ルウスは悪びれ  三角恋愛に、悪びれ  劇場へ行っても悪びれ  李恢は悪びれ  葉子は悪びれ  通り静かな悪びれ  猿面冠者は悪びれ  素人でいながら、悪びれ  態度で悪びれ  習慣がついていたなら、悪びれ  品のある悪びれ  娘の悪びれ  娘は、悪びれ  娘は直きに悪びれ  ための悪びれ  ボートルレは悪びれ  一番落付いていて、少しも悪びれ  メロスは悪びれ  検事局へ送られながら、少しも悪びれ  支倉は悪びれ  いまは悪びれ  女は悪びれ  事を悪びれ  交際えば悪びれ  彼女はすこしも悪びれ  師直は悪びれ  竹は悪びれ  青年は、一向悪びれ  悲壮感はなく、悪びれ  祥慶は悪びれ  長三郎は悪びれ  期に及んでは悪びれ  彼女は、ちっとも悪びれ  菊は悪びれ  風に、悪びれ  栖方は悪びれ  湯を掻き分けて来て、悪びれ  眼では悪びれ  糟糠の妻と呼んで悪びれ  上にも悪びれ  彼等はやはり悪びれ  ホーテンスは悪びれ  二人は一向に悪びれ  久松は悪びれ  由利は、悪びれ  座蒲団に悪びれ  次郎は、案外悪びれ  自若として、悪びれ  其様な悪びれ  職業としては悪びれ  われ聊かも悪びれ  与一は悪びれ  清松は悪びれ  梅子は少しの悪びれ  様子も無く、悪びれ  コマ五郎は悪びれ  きり、少しも悪びれ  非常に悪びれ  口調で悪びれ  彼は少しも悪びれ  叱られても悪びれ  事だと、悪びれ  若者は悪びれ  頼光たちが悪びれ  躊躇したが、ええ、悪びれ  夫人は、ちっとも悪びれ  当惑しながらも寧ろ悪びれ  紅子は笑いながら、悪びれ  落着いていて、悪びれ  乞食は、悪びれ  ら勤勉であると同時に悪びれ  



前後の言葉をピックアップ
ワルドシュラアト  悪止め  悪乗り  悪場  わるびれ  わるびれる  悪びれる  ワルフォロメイ  ワルブルトン  ワルプルギス


動詞をランダムでピックアップ
突っ走りしゃべろ撃ちまくれ救わ取離しぬれるまさかけぬけよ歩み寄り嘗めれ差し換え爪先立っ夾め流れ込んわらわれる別けるらっしゃんのぞかせる喚ん踏みしめる
形容詞をランダムでピックアップ
憎から回りくどい固うおろかし見にくくくき有難く土臭いこのもしい激しかろけだかき短し義理堅手ごわいとも可笑しけれちいさかっわろほこらしい痛痛しく