「靡く」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 靡く[動詞]
処から旗の靡く  火がチラチラと靡く  風に靡く  順つて一方に靡く  私に靡く  尾花に靡く  岸を縫って、靡く  挿毛のさと靡く  前に靡く  鹿とり靡く  煙の靡く  二尺ばかり靡く  褄もはらはらと靡く  面に靡く  赤シャツに靡く  空へ靡く  影に靡く  方に靡く  草の靡く  裾に靡く  さの靡く  そこまで靡く  夜風に靡く  灰を浴びて濡れながら、靡く  なかに靡く  一丁先は靡く  柳が靡く  焔が靡く  炎の靡く  必らず靡く  から颯と靡き、颯と靡き、颯と靡く  裙の靡く  煙が靡く  夫人に縋ると、靡く  烟の靡く  斜に靡く  一斉に靡く  柳の靡く  草木も靡く  漣に靡く  往来へ靡く  やうにさつと靡く  さうに裾に靡く  野もせに靡く  立ち罩め、吹き靡く  麓に靡く  斜めに靡く  薄なら靡く  かげが大きく靡く  背筋の靡く  薫が靡く  雲の靡く  翩翻と靡く  織田家に靡く  さらさらと靡く  竿頭に靡く  地にも靡く  春風に靡く  から、思ふどち靡く  ぐひすのねぐらの枝も靡く  世に靡く  湯気の靡く  尾花の布き靡く  道を靡く  夕風に靡く  白波が薄りと靡く  桔梗刈萱が靡く  ように靡く  水の靡く  煙がすうと長く靡く  如くに必ず伏し靡く  黒髯風に靡く  裾濃に靡く  峰に靡く  振り落さるるまでに靡く  一本一本に靡く  蚊遣の靡く  南に靡く  横に靡く  なほに靡く  雨が靡く  ように白く靡く  生気と化していて、その靡く  眼は靡く  ボーイ達にとっては、直ぐ靡く  節句に勢いよく高く靡く  やうに靡く  林の靡く  帆柱より長く靡く  余に靡く  簾の靡く  風次第に靡く  簾が靡く  緑林に靡く  ひだが靡く  袖も靡く  腰に靡く  左にでも、たやすく靡く  地の靡く  りや草木でも靡く  紅いきれが靡く  



前後の言葉をピックアップ
なびかす  靡かす  なびき  靡き  なびく  ナビクナビアリナリ  なびけ  靡け  靡こ  ナビュコドノソル


動詞をランダムでピックアップ
検めよ頼め固まっ切り落とし嫉みおとろえる可愛がろこうむれ引離す焦り投げ込む愛し合い生れ変っ廻し口ごもこぼせ煮詰っかきむしっひす望める
形容詞をランダムでピックアップ
白白しいむなしい寝苦しなまっちろく遽しく露けなつかしい委しから並びない敢な図々しいちいさい気強うやさしゅう甚だしかろそぐわなかっよぎなく恨めしく美味きびんな