「疑う」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 疑う[動詞]
私は大いに疑う  孝には疑う  ことを疑う  今日の実際において疑う  使用を疑う  風あるは、また疑う  からは、もはや疑う  人格を持ち、疑う  みんなが、そう疑う  ペスの帰ってきたのに、疑う  可能性を疑う  功績を疑う  のもまた疑う  中かと疑う  雷鳴かと疑う  人様を疑う  阿闍梨が疑う  障碍と疑う  区別とかを敢えて疑う  間は、疑う  うちに疑う  別で、少しの疑う  ことについて疑う  これについて疑う  私が疑う  私を疑う  私は疑う  存在について疑う  私をして疑う  わずかなりとも疑う  仮定しても、疑う  あなたを疑う  ことはほとんど疑う  これを疑う  権威を疑う  効果を疑う  方則を疑う  上で疑う  基礎方則を疑う  得脱は疑う  友は疑う  絶対に疑う  誠意を疑う  ことは、最早疑う  妙に疑う  人たちに毛頭疑う  彼女は驚く、疑う  人数もそっくり同じだから疑う  こともまた疑う  心事を疑う  総監自身を疑う  お前を疑う  女は折々疑う  我を疑う  浪自らさえ驚くかと疑う  われを疑う  価値を疑う  確実であって疑う  前者を疑う  頭を疑う  後者を疑う  眼を疑う  阿Qの疑う  あいだになんらかの疑う  場合にも疑う  断じて成功を疑う  別にそれを疑う  ことは、もう疑う  神を疑う  事実はもう疑う  事実を疑う  お話を疑う  それを一度読み、また読み返して、疑う  結局なんの疑う  茂かと疑う  ちゃんと御船手役人が来ているから疑う  のではないかと疑う  人格を疑う  事は、最早疑う  丸山はまだ疑う  人々は疑う  もう少しも疑う  誰しも疑う  存在を疑う  深山氏を疑う  発見たるを疑う  ことは疑う  これにならされて疑う  人格をさえ疑う  理を疑う  政府は恐るべからず近づくべし、疑う  成否を疑う  これを軽々疑う  信に過ぎ、疑う  習慣ことごとく醜にして疑う  比較し、信ずべきを信じ、疑う  見た目をさえ疑う  貴殿を疑う  天野新一郎を疑う  新一郎を疑う  死を疑う  それを聞けば最早疑う  光は少し疑う  雲長めは、そういって疑う  言葉を疑う  げな、また疑う  語反覆的に疑う  先生ぐらいに思うて疑う  のを疑う  愕いたのに、今更疑う  夫であるかと疑う  最後、疑う  事は疑う  人を疑う  事を疑う  なにも疑う  心を疑う  曹操も疑う  おれは疑う  耳を疑う  生活を疑う  曾は驚くと共に疑う  ことだけは、疑う  わしを疑う  戦意を疑う  ものかどうかを、次第に疑う  審美的倫理的な疑う  心は初めて、疑う  経験論的本質は疑う  之を疑う  これには充分疑う  忠魂は、いささか疑う  何の疑う  こと、更に疑う  あいだにも、疑う  二は、疑う  当り前で、疑う  のが、疑う  物を疑う  万事を疑う  中途で疑う  成立を疑う  のを見れば、疑う  劉曄も疑う  せいではないかと疑う  符合があり、もはや疑う  自分ながら疑う  間諜ではないかと疑う  はいられないから疑う  効ありしは疑う  可能であるかどうかを疑う  ひとを疑う  以上、少しも疑う  念入りに調べましたが疑う  確実で疑う  明々白々たる疑う  たしかに、疑う  僕は疑う  十中九分九厘まで疑う  納得できるまで疑う  説を疑う  変に疑う  静枝を疑う  懐姙は最早疑う  マトモにとりあげて疑う  のは疑う  ぼくの伯父さんだぞ、疑う  犯人でないかも知れぬと疑う  聞正すまでもなく、疑う  時一点も疑う  前に置かれると、もう疑う  のですから、なんにも疑う  のかを疑う  僕を疑う  最後に疑う  俺を疑う  毛孔を揺って行くとや疑う  武芸を疑う  からざるものを疑う  探偵眼を疑う  ことは、もはや疑う  理解を疑う  青年を疑う  これは疑う  簡単な疑う  思想を単に漫然とではなく実に疑う  語を疑う  目を疑う  得意ですから、決して疑う  決せず、疑う  人柄を疑う  勝家も疑う  僕が疑う  学者の久しく疑う  目から見ても疑う  偽物かと疑う  段階があるが、仮に最も疑う  旅人を疑う  意味を疑う  間柄をさえ疑う  助を疑う  今は疑う  足が、と疑う  ことも、疑う  自分を疑う  相手方を疑う  自分でもやや疑う  山岸さんを疑う  限り、疑う  駒井ではないかと疑う  竊に疑う  他人を疑う  もの多きを疑う  誰も疑う  峰は疑う  百蔵といえども疑う  ドコまで疑う  誰かが疑う  手腕を疑う  支倉を疑う  真実である事は少しも疑う  事実等は疑う  誰が見ても疑う  そなたを疑う  オヴ・ヴュウに対して、まったく疑う  フライパンでも疑う  ただ一人供をさせて、少しも疑う  仮りにも疑う  西郷まで疑う  副園長を疑う  話では疑う  わけではないが、しかし疑う  一枚を拾い取って見ると、疑う  人をでも疑う  人を信じて、疑う  先生を疑う  誠実をさえ疑う  事実は疑う  嘘だと疑う  侍をどうして疑う  物事を疑う  面々をも、疑う  美女を疑う  それをすこしも疑う  ことばには、少しも疑う  ことは、はや疑う  ほとんとないので、どうだろうかと疑う  事はもはや疑う  めざましさは、疑おうとしても、疑う  のではなかろうかと疑ってみなかったし、疑う  ことをもう疑う  誰が持って来ても、疑う  二人を疑う  音を疑う  傑人たるを疑う  代表したるや疑う  端啓を与えたるや疑う  仮りたるや疑う  それを疑う  いまは、疑う  わしが疑う  清次郎を疑う  ことも疑う  そちを疑う  一点の疑う  源次はまだ疑う  元を疑う  ことは、疑う  信者たちももう疑う  ことはもう疑う  百助とを疑う  げんはまだ疑う  廉過ぎるくらいであるので、かれは少し疑う  善八は疑う  さまの疑う  急ぎといっても、疑う  蛇に殺されたと云えば疑う  乳母さんはまだ疑う  多吉は疑う  聡明そのものを疑う  一に疑う  ものであるかは疑う  七は疑う  あっしを疑う  長三郎は疑う  声を疑う  自己を疑う  ものがあるかと疑う  荒唐を疑う  播磨を疑う  者を一旦疑う  古事記伝において疑う  常識のほどを疑う  つくり話ではないかと疑う  平凡ではありますが、どうしても疑う  それは疑う  二つの原理は、実に疑う  事、疑う  嘘だといって疑う  事について疑う  彼女を疑う  ことはもはや疑う  気持を疑う  声だ、疑う  感覚を疑う  偽りとは疑う  進退を疑う  オットーは疑う  掩うては居るが、疑う  病状は疑う  明らかにせられ、疑う  私でも疑う  すべてを疑う  学位論文通過もまた疑う  博士を疑う  妻を疑う  オレを疑う  それがもはや疑う  主は、疑う  それをも疑う  さを疑う  平然たれ、疑う  ふうで言いつづけたので、もはや疑う  生活をも、疑う  ことも、もはや疑う  であるから、疑う  考えと打合わせて疑う  男性に置いて疑う  男を疑う  他を疑う  処処に疑う  話を疑う  愛情を疑う  批評を疑う  ことと疑う  愛想尽してならんなど疑う  ように軽々と疑う  自由こそ、疑う  区別は疑う  事に就いては、疑う  それはもはや疑う  ジム・ホーキンズを疑う  すべてが疑う  何とかで疑う  カミシモを疑う  時間を疑う  未来も疑う  ことができるが、疑う  唯物的に疑う  信念を、どうして疑う  断定を疑う  善悪を疑う  問題としては疑う  史料的価値を疑う  反証がなければ疑う  こと、ほとんど疑う  刑事は疑う  資格を疑う  誤植ではないかと疑う  たかどうかを疑う  誰彼を疑う  彼を疑う  貞操を疑う  のであろうと疑う  水ありと疑う  只今多からぬと疑う  古を疑う  間にも入るるかと思うて疑う  仏を疑う  師匠さまを疑う  教えを少し疑う  ように疑う  わたしを疑う  師匠を疑う  寸分も疑う  身を疑う  童身を疑う  曹操急に疑う  往ったと疑う  婢を疑う  愛国心を疑う  誰ひとり疑う  のじゃないかと疑う  ゆうさんを知っていなさるなら、疑う  いた事は疑う  消息を疑う  宿命を疑う  ことをも疑う  否やを疑う  文才を疑う  飛び込みはしまいかと疑う  爺さんかと疑う  ダルトンを疑う  春さんを疑う  者を疑う  精神状態を疑う  効果をも疑う  実在を疑う  たかどうかは、疑う  ことは、すでに疑う  罪はいよいよ疑う  熊かと疑う  経験を疑う  ものと考えてすこしも疑う  来訪は、今や疑う  ユリ子も毛頭疑う  校長先生を疑う  何かを疑う  綾子は疑う  何も疑う  者が互に疑う  ことを、疑う  完成を疑う  優秀を疑う  真理にあらざるやを疑う  初旬には、疑う  良人を疑う  病勢おおかたならず進めるを疑う  筆かと疑う  戸浪三四郎とを疑う  後さえ、この疑う  顔に疑う  孫引きによって知り、さらに疑う  驚き大いに疑う  末を疑う  何人も疑う  点を疑う  のではあるまいかと疑う  ざるやと疑う  貴女を疑う  女房に疑う  業績については大いに疑う  符合しているので、もう疑う  オォグ自身かと疑う  片口だけではまだ疑う  ものもなく、疑う  影響を受けつつあるは疑う  方面には疑う  知らないけれども疑う  言を疑う  月様に笑いかけた、とちっとも疑う  肖像ではなきかと疑う  変化があるとは云え、全く疑う  川口亜太郎の、疑う  姫を疑う  本当で、疑う  勇作はまだ疑う  別にわが子を疑う  事が疑う  行為を疑う  私は少しも疑う  善良さを信じて疑う  人は疑う  ものを疑う  百戦必敗は固より疑う  わが身を疑う  李を疑う  別所を疑う  内容は、もはや疑う  普遍者は疑う  良心を疑う  なかったのだろうと疑う  清岡は何一つ疑う  なかったかと疑う  ことは、ほとんど疑う  人が疑う  のかと疑う  関さんは、べつに疑う  形は、疑う  お前の疑う  存在を疑うというなら、疑う  我々が疑う  意義の疑う  不誠実を疑う  事は、まさしく疑う  無意義ではあるまいかと疑う  親の疑う  確かだったかどうかと疑う  ことをしようと疑う  影は疑う  ことは、最早、疑う  勢を疑う  秀子を疑う  浦の疑う  仮面ではあるまいかなどと疑う  罪人を疑う  爾だ、少しも疑う  夫人を疑う  余は疑う  紳士として少しも疑う  身に疑う  幾等貴方が疑い深くとも疑う  些しの疑う  女を、猶も疑う  夢かと、疑う  武蔵は疑う  働きについて疑う  デートを疑う  原理的には疑う  自分だけがどうしてこうも疑う  ことは最早疑う  果は疑う  あやしいと、疑う  いま、疑う  研究されたが、もはや、疑う  声を、疑う  到着していて、まさにそこで、疑う  満足を得るかどうかを甚だ疑う  ものかと疑う  事の疑う  ことは、もうむろん疑う  おれを、疑う  嫌いがあると疑う  彼は疑う  妄りに疑う  普遍的意義を疑う  それは、疑う  ものを、疑う  ドウかと疑う  誠実を疑う  文学者である事を疑う  有無を疑う  陰謀を疑う  今日まで疑う  ひそかに忍びこんだと疑う  ところでは、もはや疑う  ためだろうと疑う  例に考えて疑う  こと、疑う  いるかと疑う  民衆性は疑う  のですから、もう疑う  真実であるかどうかを疑う  ことも早いが疑う  一人ブラドンを疑う  から、疑う  事実の疑う  だれも疑う  ところ、疑う  怪の存するは疑う  ことに疑う  しょうが、疑う  これもけっしてけっして疑う  水忍術、疑う  濁りあるまいと存じて疑う  眼の光りは、やはり疑う  恋をまで疑う  女と疑う  頑丈に、こんなに疑う  才能を疑う  立派に疑う  一般的傾向を疑う  ことを、ほとんど疑う  たか否かを、大いに疑う  否かを、疑う  川窪はんを疑う  心底を疑う  相手を疑う  これ甚だ疑う  誰ひとりそなたを疑う  何か疑う  お方たちを疑う  わけにもいかず、いや疑う  誰をも疑う  ところへ、疑えば疑う  真実を疑う  甚しく疑う  内村鑑三らが信じて疑う  いまは疑う  申し立てていう、疑う  意思を疑う  表現法とを疑う  何を疑う  王さまを疑う  君の疑う  君が、それほど疑う  んなど、疑う  威厳を疑う  掟を疑う  夢か、と疑う  人の疑う  百姓離散せるは疑う  そこになると疑う  徳義心を疑う  私がどうして疑う  心は疑う  何人といえども疑う  眼は、疑う  何日だったかしらと疑う  文辞を見れば、疑う  顔はもとより分かりませんでしたが、もはや疑う  から、べつに疑う  塩冶を疑う  滅亡は疑う  のだ、と疑う  青蛙神を疑う  李はまだ疑う  これをして疑う  のだから、もう疑う  吉左衛門夫婦ももう疑う  殆んど疑う  本当だろうかと疑う  私には疑う  運命を疑う  われこれを疑う  人を少しでも疑う  姿は、最早疑う  のではなかろうか、と疑う  ものと疑う  



前後の言葉をピックアップ
疑深い  うたがいぶかい  疑い深く  疑い深くっ  うたがう  うたがえ  疑え  疑える  疑お  歌垣


動詞をランダムでピックアップ
乗り合せる指し示せ向かいあう熟す捻ろすくみあが立ちつくす換える留置きひきよせる散ずれ罵る睦ま畏れ入っ取扱うかきだす受けつけ色めき跨るとどめん
形容詞をランダムでピックアップ
はずかしい面倒際どいこすう手厚いまぶしかっ怪しい真白う口うるさい苦しかろつましきあまししょぼ烈しくいとしくっ邪魔くさくいいふるあえなく荒けれ