「醒め」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 醒め[動詞]
恍惚は醒め  夢から無理に醒め  夢からでも醒め  君は醒め  つて眼が醒め  酔が醒め  どこかに醒め  酒も醒め  酔も醒め  交睫の醒め  夢の醒め  酔いは、やっと醒め  ダンスと、寝醒め  夢も、また醒め  夢とは醒め  束のぎらぎらに醒め醒め  天幕は醒め  むをかくてまた醒め  私の醒め  ものは決して、醒め  夢においてではなく、醒め  自己に醒め  それには醒め  実在的に醒め  生活より醒め  はじめて夢が醒め  三娘は醒め  劉子は醒め  空気は、醒め  夢が醒め  夢を見たが、醒め  人間はだから醒め  時差と醒め  眼が醒め  心とに醒め  ような、醒め  寐入つて、明るくなるまで醒め  一時に醒め  つては、醒め  のと、醒め  目は醒め  酔は醒め  時間よりも醒め  みんなの醒め  恆に善く醒め  一挙に醒め  ほとぼりが醒め  目が醒め  十二時に醒め  栄養が醒め  夢から醒め  陶酔から次第に醒め  間に醒め  それきり夢は醒め  幾度か醒め  二成は醒め  上といふでもなければ、醒め  朝酒ももう醒め  酒の醒め  水をかけても醒め  夢魂、まだ醒め  暁まえの醒め  悪夢からヤッと醒め  夢より醒め  酒が醒め  胸を轟かせ、はっと醒め  体がうめきだしたが、間もなく醒め  頭はやや醒め  さ骨に徹すと覚えて醒め  床に臥させしに、暫くして醒め  ひとみは、醒め  覺えて醒め  恍惚として醒め  光景で、醒め  麻酔の醒め  麻酔からの醒め  永久に醒め  から、やっと醒め  酔いがもうすっかり醒め  のは、醒め  念も醒め  酔いも醒め  興も醒め  一部分はいたましいほど醒め  ノビたぐらいじゃ醒め  私も寝醒め  いつまでもそれが続いていて醒め  ような醒め  物音におどろかされて醒め  ことに気がつくと、ふと醒め  急に醒め  悪夢が醒め  不愉快さが、段々醒め  ように、醒め  興味が見る見る醒め  半分眼が醒め  熟睡して醒め  勢ひで扉を叩いても決して醒め  熱が醒め  帆村荘六の醒め  完全に醒め  うつらうつらの醒め  胡蝶となり、醒め  場合、熱しやすいとともに醒め  眠気が醒め  やうでもあるし、現に醒め  一度に醒め  家に待っているから、醒め  ふつと醒め  酔いもすこし醒め  情熱は醒め  世は已に醒め  秋風にちるを聞くまでは寧ろ醒め  安らかで、醒め  目の醒め  妙に醒め  酔の醒め  愕然として醒め  それが醒め  今まで寝醒め  身の聳えを見て、俄然として醒め  猜疑だけは醒め  遠くから見て、見醒め  眠りから醒め  顔のほてりは未だ醒め  夢も醒め  心持よくして、いったん醒め  ぱらつてよろめいてゐるらしいが、醒め  夢ならばどうぞ醒め  目をハッキリと醒め  暑気に酔っぱらってよろめいているらしいが、醒め  上にも醒め  興が醒め  日日に醒め  酔いはまだ醒め  一時間もすればきっと醒め  のを見ると、醒め  美人は醒め  時眼が醒め  狂ならず、醒め  氣も醒め  眼も醒め  朝眼が醒め  まさかに、そんな、寝醒め  眼は醒め  酔いから、すっかり醒め  彼は軽いながらも、醒め  ぐる百年は醒め  つても、すぐ醒め  何気なく彼はさう呟くと醒め  人の醒め  からなかったが、醒め  彼は醒め  熱は醒め  さも醒め  残夢まさに醒め  残夢未だ醒め  夢からお醒め  親切気、まだ醒め  うちから眼が醒め  彷徨して醒め  悲憤の醒め  精霊の醒め  酔いはお醒め  八郎太は醒め  一人離れ、醒め  眼は、いつの間にかハッキリと醒め  驚きから醒め  宿酔い未だ醒め  心持で寝ていたが、多少醒め  眠りの醒め  俯向き込んでいたが、やがて少し醒め  速やかに醒め  どこかちがっていた、というので、醒め  酔も青白う醒め  容子から醒め  ように醒め  醉はもう全く醒め  酔はもう全く醒め  のは、その醒め  復一の醒め  街も次第に醒め  微醺はまもなく醒め  それと同時に醒め  そいつが醒め  胸を圧し潰されて醒め  のか醒め  不意に醒め  冷かに醒め  夢は醒め  心理からまだ醒め  酒もすっかり醒め  抜き足して近づけば、必ずガバと醒め  駒は醒め  ズブ酔いが多少醒め  世話を焼かせているのに、ようやく醒め  自分にも分らないが、醒め  方は醒め  酔いとが醒め  ここらで醒め  不作法から我に醒め  色も青く醒め  迷いは醒め  人は、醒め  時にはきっと醒め  のですから、醒め  お雪ちゃんはいっこう醒め  だんだんに醒め  もの、醒め  酒が上って、醒め  酔いが醒め  幾度か寝醒め  のか、醒め  悪酔いが次第に醒め  何も醒め  夢ならば早く醒め  酔いは、すっかり醒め  剛の者が、俄然として驚き醒め  眼の醒め  肉体運動を試みると次第に醒め  すつかり醒め  梶は、寝就きが悪く遅くまで醒め  船も未だ醒め  迷ひは醒め  眼がハッキリと醒め  死ぬるまで醒め  昂奮が少しずつ醒め  昂奮からやや醒め  自分も醒め  ほかはない、と醒め  後は寝醒め  いつ目が醒め  男は、忽ち醒め  眼ははっきり醒め  眠りより醒め  私は寝たよりも醒め  熱情も決して醒め  夢のまったく醒め  ひとり寢臺に醒め  無窮に醒め  女性、いわゆる醒め  パッチリと醒め  精細にもなりませんでしたけれども、醒め  夜明けた醒め  醉ひ醒め  沙汰を醒め  女の醒め  癇癪も醒め  図眼が醒め  中では全く醒め  感動をもって、醒め  学に醒め  意識が如何にもはっきりして、醒め  上に転げ落して、醒め  これで醒め  酔いのまだ醒め  酔いの醒め  御酒が醒め  酔はさっと醒め  酔は、まったく醒め  悪夢からもさめていたが、醒め  自分は醒め  酒に浸つて醒め  夜眼が醒め  酔は既に醒め  先には、じつと醒め  夢のように目が醒め  心は然し悲しいまでに醒め  これもまだ醒め  雪盛なり、醒め  誰か醒め  気死して醒め  酔はむとも、醒め  物音にたちまち驚き醒め  ひたいを刺すと見て、おどろき醒め  ままで、再び醒め  蕩揺していて、醒め  しかし、そのまだ醒め  悪夢からでも醒め  気がまだ醒め  呪いが醒め  恋は醒め  ウィリアムは醒め  道徳、醒め  今は醒め  美紅ならば、この醒め  から、醒め  酔ひが醒め  んだと、始めて醒め  酒気のまだ醒め  色気が醒め  時にも冷たく醒め  気も醒め  酔は気持ちよく醒め  驚愕からまだ醒め  スッカリ眼が醒め  感じが醒め  酒は醒め  酔いもいささか醒め  一切の醒め  気分が醒め  体熱からまだ醒め  容易に醒め  今朝の寝醒め  酒がいくらか醒め  目をみながら、まだ醒め  顔がやがて醒め  うごいたが、まだ醒め  興の醒め  後は醒め  迷いが醒め  ハイ全く醒め  痴情が醒め  朝目が醒め  吾獨り醒め  酔ひも醒め  それから熱が醒め  恋の醒め  感動を呼びおこしていたが、醒め  黄色かったり、酔ったり、醒め  どこやら醒め  翌朝眼が醒め  思つた時眼が醒め  私は、醒め  酔いだけは醒め  拍ち出したが、まだまだ醒め  春になると醒め  はつきり眼が醒め  樽野は、醒め  錯覚から眼が醒め  生活に、ややともすれば溺れ易い、そして又醒め  酔なぞは、すっかりもう醒め  消息にも通じるものの、醒め  酔いもすっかり醒め  僕は悉皆醒め  元来が醒め  恋愛は醒め  陶酔しろ、醒め  濶然と醒め  醉ひはまだ醒め  酔いも既に醒め  から目が醒め  先は醒め  はつきりと醒め  歌草を醒め  眠りは醒め  私の如く常に醒め  発見して、醒め  弥太郎も醒め  現実に醒め  政府はいささか寝醒め  熱情もようやく醒め  醉ひが醒め  男は、もう、すっかり醒め  気絶からまだ醒め  特に女が、醒め  うろたへ、醒め  ぢやないかね、醒め  狂熱が醒め  女は、酔っては怒りやすく、醒め  彼女を、醒め  静かに醒め  不足顔の醒め  目が醒め、醒め  夢からは醒め  夢はもう醒め  考えからふと醒め  悪酔いがいまだに醒め  幾日も醒め  夢なら醒め  



前後の言葉をピックアップ
覚め  覚めよ  覚めれ  覚めん  冷めよ  醒めよ  冷め  醒めれ  鮫川  醒ヶ井


動詞をランダムでピックアップ
出くわすむかえん引抜い引き抜く追払え割る摩っ膨れ通ぜ話そちかよれ治すきけんかけへだたっ狩り出そ蒸らしかいま見よ掛っ踏まえるみまわれ
形容詞をランダムでピックアップ
事々しく腹立たし手緩いいち早く頼もし暗し済まなけれ思いがけないせち辛き毛深う麗し厳つめずらしくっ香しくっ親しい温かい暖かけれこっぴどく色濃神々しく