「遣」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 遣[動詞]
都合がついたら遣  蹴出しが、遣  二銭五厘の遣  而して遣  つて而して儲けよとは、遣  徒と変じて、遣  やつぱり世帯の遣  予言者たちを殺し、遣  其日送りの遣  返事も遣  紙一枚で遣  双方負けず劣らず遣  静源に遣  正賓は遣  屋敷として遣  それを遣  誰が遣  言葉は、遣  言葉を遣  言葉の遣  一同大門まで遣  己を遣  今でも遣  人達の遣  ワグネルを聞せて遣  イブセンを見せて遣  んぢや遣  思つてみては遣  使を遣  其が広く遣  一ト思ひに遣  心には、遣  やうに遣  想ひ遣  眼を遣  推古天皇の御遣  推古朝の遣  私ばかしひどく遣  お上手を遣  魂は泣き濡れて、遣  杯の遣  それは遣  康子の遣  金を遣  エンヤラサアと遣  堪忍して遣  みんなも精出して遣  隅に投げ遣  キスをして遣  二度して遣  女房にして遣  指で敲いて遣  つて書いて遣  巴里へ書いて遣  はんけちを下げて遣  食ひ過ぎ、飲み過ぎ、遣  何処ででも遣  さ、遣  心それにまた遣  そのまま、遣  んなさいまし、寒くって遣  搦ませた、遣  小僧が遣  西洋では遣  暇を遣  菓子でも遣  お菓子を遣  巧く遣  これを遣  成程然う遣  千代が遣  時が遣  立派にして遣  彼女は、遣  使者として遣  手紙を送ると直ぐ遣  若いいのちの遣  ような、ただうら悲しい、なつかしい遣  魚屋まで遣  甚之助樣成長ならば、遣  其方に、遣はさるべくは遣  印度へ遣  品をかえてせっせとお遣  番所としちゃ、じつにどうも遣  愚痴を聞いて遣  非常に遣  宿つた事を知らせて遣  老人は遣  締直して遣  坊様も手伝ってお遣  梅を遣  大内府直遣  一人へ遣  裁縫物など引き受けて遣  目の遣  裁縫物など引受けて遣  花につけて遣  許に遣  もとに遣  んとて遣  手の遣  美津は遣  敵愾心等々から生れた遣  而しそうした遣  時代に傷つけられ、遣  流石になんとも遣  ここで最も遣  のもみせつけられて遣  ひとりとして遣  ことが、辛く遣  処分して遣  目隠しをして遣  言つて重兵衞が遣  死るまでも置いて遣  皆追出して遣  兵衛が遣  死るまででも置いて遣  抜け目のない遣  言ふなら、打つて遣  手紙には、遣  ような、ひどく遣  方々引張られるんで、遣  旅人の遣  子供が遣  山を越えて遣  歌うたはせんとて、呼びに遣  祝義でも遣  お前さん此子をもいれて遣  太吉にも遣  心を動かしに遣し居る、何といふて遣  義理にせまつて遣  佐々木盛綱を遣  両親もよろこんで出して遣  当分の遣  不思議な遣  奉幣使を遣  些と寛げて遣  しょうが、遣  御子日本武尊をお遣  隋に遣  我国に遣  比叡山に遣  吉野に遣  遣唐使を乗せた遣  一使者が遣  どこをどう遣  カルロの遣  兵隊が遣  海賊が遣  品物の取遣  手紙の取遣  問ひに遣  曲角を遣  涙の遣  跡を遣  大道に遣  都へお遣  テ師ヲ遣  依頼して遣  備をなさざれば遣  版を色々遣  もう一度見て遣  娘の遣  為めに遣  お前の遣  ぱっぱっとするお島の遣  悲しみが、遣  田舎で遣  仕事を背負いこんで来ると、そう言ってその遣  逐攘わなくちゃ、遣  島は遣  事があっても遣  ような、苦しい遣  二人の苦しい遣  我々もどうかすれば遣  感じもし、遣  どこまで遣  誤りを重ねて遣  彼等自身の遣  一貫して遣  用法に遣  形が遣  為に遣  敬語として遣  鮮かに遣  つもりで、遣  はじめて聴いたわが遣  迎へに遣  五分調合して遣  其方も診て遣  四匁粉薬にして遣  兵を遣  奴を、遣  髯も剃らず遣  易を遣  生れ付とも思われる遣  馬鹿野郎を遣  狂歌を書いて遣  一本も遣  此方へと遣  手紙も遣  娯みと云って引ずり出してお遣  一通送って遣  口状を云って遣  行合つて、遣  島左近を遣  日本へ遣  許へまで遣  国元から手紙を遣  手紙を遣  ぢの遣  一間ばかり遣  自分はいつも遣  長生郡と遣  妙に遣  一人こつちへ遣  人もまた遣  しんみりした、悲しい、遣  爲、遣  六十人位の遣  限つて二人が遣  之由風聞ス仍テ被遣  私の遣  のっけに遣  枕邊に坐つたが遣  西洋菓子を持たせ遣  塩梅に遣  御免を被って遣  寄合ったという遣  からね、また遣  茂吉え遣  四銭茂吉え遣  三銭茂吉え遣  一銭茂吉え遣  五銭富太郎え遣  二銭茂吉え遣  心理状態で遣  八月に遣  ところだ、と云って遣  氏郷を遣  使者を遣  さの遣  拵へを直しに遣  目見えに遣  奥様もお遣  世話なし遣  日本紀を見ても、遣  諸国に遣  彼は遣  人の遣  家の遣  返辞なので、連れてって遣  戸を開けて出して遣  飼を付けて遣  お前二度も遣  覗きに遣  糧食が足りないといふなら、少し分けて遣  品も運んで遣  寄つて顔を見て、撫でて遣  馬を遣  あそこを遣  食料とを望むだけ遣  一人残らずして遣  サルタノフを遣  あそこでは遣  うだつたら、あの遣  裁判所長が遣  軍士を遣  二合ずつ買いに遣  釜和原まで買いに遣  真昼間でしょう、遣  顔の遣  手代多助と云って呼びに遣  撫て遣  手紙の遣  倉の遣  それは唯考えてみたばかりでも、暗い、遣  ように、遣  ことから、遣  彼女の遣  今日までの遣  皆な遣  俺の遣  乱暴な遣  其他私の遣  表具屋へ遣  目を遣  地に遣  ことが遣  偶には遣  無に帰したものの遣  一日三銭も遣  遊行上人とやらを遣  から、何と遣  通りに致して遣  火をかけて見せて遣  女を見せて遣  つてうるさくなるまで打ち遣  そこへお遣  あっちへ遣  こっちへ遣  やうだいに遣  人にくれて遣  思つて手紙を遣  返事を遣  分配して遣  祈祷をして遣  小使を遣  目を開けて遣  会釈をして遣  巡礼に遣  娘に遣  教へて遣  セルギウスに遣  利益を授けて遣  智慧を貸して遣  事をして遣  仲裁をして遣  盲人に遣  變へて遣  おん子を遣  歌を作って遣  其許様御舟ニテ向島ニ可被遣  ルニ小次郎ハ忠興様御船ニテ被遣  私ハ其許様御船ニテ被遣  しかし、打遣  盛んに遣  甲田は、また遣  ストライキを遣  道具に遣  お前の、おさきにや遣  九段へ遣  親を遣  親御があらば、たんと遣  頭として遣  禁厭をして遣  禁厭うて遣  彼方へ遣  手を遣  前芸を一寸遣  大院君を遣  全体の遣  一件を遣  上にも、遣  添削して遣  五年も遣  費用に遣  憂悶を消遣  一緒に遣  今迄遣  支那人の遣  使いを遣  正当な遣  腕一つでは遣  お菜を遣  この世に遣  時間の遣  金の遣  家へ遣  小使に遣  年俸を遣  俸給を遣  納戸金の遣  數に遣  きり無しに遣  一緒に歩いて遣  乳をねだりに遣  大胆な遣  ような遣  石子の遣  今度の遣  今迄の遣  彼の遣  彼一流の遣  失望のまじった、遣  花を摘んで持たせて遣  気もなく呉れて遣  何日か続けて遣  吾妻さんとこへ遣  そちを遣  枝につけて遣  ところへ遣  手切を遣  ものを遣  何かお遣  袈裟がけ斜一文字の遣  さんを旨く出し抜いて遣  指導して行く遣  平気で遣  んでは遣  これへ遣  一回の遣  手をもて遣  其を遣  人形の遣  草加屋の遣  迎いに遣  有馬村へ遣  者を遣  通り申し遣  使に遣  先々へ遣  かまはずに遣つちまへ、遣  彼女は遣  猫化だ遣  傍へ外れ、遣  揃へて遣  里から人を遣  自分で遣  節儉して遣  處に遣  副官を呼びに遣  子守りに追ひ遣  のもの、遣  中へ御遣  根気よく御遣  買ひに遣  それを心がけて遣  らを遣  熊本まで附けて遣  家來を遣  宇都宮へ遣  萬一右衞門佐殿配所へ遣  兼は黙って遣  エカテリイナ女皇の遣  ロシヤの遣  レザノフらの遣  二囘の遣  置候間、早速申し遣  神奈川へ被遣  本木昌造樣へも御遣  フランス船へ御遣  休七郎氏宅へ遣  嫁婿の遣  皆莞爾して遣  じみに遣  腕は鳴っても、遣  交換を遣  私にとっては辛いとも遣  命を取遣  足をぶっつけて、遣  黄金を遣  三年配達を遣  庇護して遣  書生を遣  憲兵が遣  端書で言うて御遣  頓馬の遣  抽き出して遣  今も遣  時にも、うたての遣  なつて、うたてばかりを遣  修飾部だけを遣  魏に遣  私に遣  勇敢に打ちあけて居りましたら、こうした遣  持タセテ諸方ヘ遣  甲州ヘ遣  ゴザリマスカラ御遣  金ヲ遣  手紙ヲ遣  者ハオレノヨウニ金ヲ遣  男を遣  誰でも遣  始て遣  役人も遣  剃刀で遣  忠志君の遣  相も変らず遣  高橋農場まで遣  理髮師が遣  理髪師が遣  云ふて遣  五六十銭は遣  真実に遣  時には、何とか遣  貝殻に混じってしまったかと思うと遣  わたくしにも思ひ遣  島へ遣  それからこん度島へお遣  鳥目二百銅を遣  拔いて遣  から殺してくれと頼むので、殺して遣  感心にたびたび遣  政党幹事をも、遣  もんだから、打遣  お金を遣  私が遣  事を遣  質に遣  秘書官位にや遣  寿司を遣  己がかうではあるまいかと思ひ遣  室内へ推し遣  粧飾や消遣  穀物を投げて遣  法體の今更遣  母さん切れを遣  土俗を遣  人數をお遣  武士二千人を遣  対象にして、遣  蹌踉して遣  次郎を遣  金銭を遣  役目に遣  日本画も遣  面白半分で遣  多くの遣  而してその遣  多数がその遣  孫に遣  陰険な遣  通例過ぎる遣  ものが遣  子茂憲を遣  時偶仲間が遣  つて迚も遣  日時に遣  野原へ遣  ことは遣  杉山君は遣  東京に遣  四五百も遣  金のう打遣  喞筒の遣  男が駆けて遣  騒を遣  前に知らせて遣  差措いて急いで遣  い声を懸けて遣  喞筒はまだ遣  七八人も遣  米を遣  つて話して遣  村中大騒を遣  惡魔の遣  安心させて遣  乳母として置いて遣  願ふて遣  かいを遣  /″\と遣  功名をして遣  教へなさつて遣  顏洗ひを遣  たよりさえ遣  さに遣  煙草盆を遣  中に遣  苦しからず、早遣  望生一人を遣  威三郎方へ遣  繪姿までも遣  使など遣  時計屋へ直しに遣  やうにして遣  話を遣  ふから帆掛船が遣  壁に遣  モーセを遣  独子イエス・キリストを遣  命の遣  魔女なぞを遣  大胆極まる遣  通りがかりに遣  二階に登って行って、遣  事には、遣  方が遣  ここらから一番野面で遣  山越を遣  唱へて遣  此処等から一番野面で遣  方は少し遣  椽側へ遣  お前らしい遣  故意に遣  咸享元年使を遣  際の遣  文武天皇大宝二年五月、遣  吉士をお遣  天熊大人を遣  寄りどころない遣  ぢつと見て遣  そうな、その遣  此地に遣  ふから男が遣  傍に遣  別に國書を授けて遣  妹子の遣  隋以前に在るけれども、いづれ遣  胸が遣  筆にまかせ記せしに過ぎず遣  余を遣  云て遣  向いに遣  夫にしても遣  失策を遣  余り旨く遣  懲役に遣  何うにも遣  接吻して遣  情人が遣  云ひ遣  何かにかこつけて遣  やうな遣  事か、がさりとばかり悠々と遣  たるに、つれなかりければ遣  左右へ遣  教訓をかねてお遣  ためと謂うて、遣  独じゃ遣  廻ぐらして遣  劃を遣  草刈奉公にも遣  日柄見合せ、遣  やう申し遣  月々の遣  大慈大悲のこれ程なる消遣  融通を受けて遣  資本家ならぬ遣  融通が利かなく、遣  不安と遣  慰みにと云って遣  そのまま打遣  肥前名護屋に遣  将を遣  嘶だの、遣  やうな寂しい遣  んとて召しに遣  門人を遣  長崎に遣  米国に遣  密使を遣  歌を書いて遣  四十兩も遣  室では遣  笑声を吸込んで、遣  商売して居て遣  心の遣  渠らを送遣  加勢を遣  やうな、寂しい遣  心を遣  故の遣  一番気を遣  便宜を以て御遣  申者御遣  おん渡し仕るまじくと申し遣  所から俥に乗って時々遣  君江の遣  妄想の遣  一途に持ち続けていたらあの遣  スウィッチを握ったりして、遣  成つて袖褄を引く、其の遣  上使を遣  生活はただ遣  気の遣  方角から、ふと遣  就職運動のお遣  勘辨して遣  空が懐かしく、遣  状一封今夜中、何卒御遣  ニハ一寄咄合て遣  方ニ御遣  養子清次郎を論じて遣  著ものでも御つかはし遣  金少々遣  彼是取遣  郎を遣  公使として遣  貴様を、潰して遣  親知らず子に遣  娘、打遣  迎ひに遣  のが賢い遣  飯なども握りて遣  子供心の遣  行衛を見守った遣  ようにいとせめて遣  以て遣  儘にして打遣  試驗を遣  夫れならば遣  云ふた通り夫れまで打遣  工合に遣  それをさへ遣  場合の、すばしこい、思い切った遣  杯の取遣  一ハ人ヲ遣  言ッてお遣  上で極めたら好かろうといって遣  五十銭出して遣  僕ア議論して遣  僕ア喧嘩して遣  我慢もして遣  遊びに遣  何処へ遣  用が出来て遣  顔をしてふいと遣  何処へやら遣  人に遣  ツて到底遣  家は益々遣  下り松か、遣  時、遣  そうで遣  勧進帳でも遣  事も遣  二人見て、遣  あれきよやと、追遣  此署へも入て遣  半などを遣  僕を遣  度きゃ遣  貴公だけに遣  何も教えて遣  奴が遣  朝から降りつづく遣  国々に下し遣  工藤十郎を遣  方へ仰せ遣  絵入新聞、遣  どこか打遣  灰を掛けて遣  しき袖の下を遣  地声でもって遣  外に追ひ遣  憐んで遣  通弁をして遣  納戸の遣  外国語を遣  汝を遣  天より遣  かなたに遣  毛までも遣  ローマニアに遣  人を遣  ラザロを遣  自ら進んで遣  大急ぎで遣  五六台も遣  二三十遍も遣  次第なりを繰返しながら遣  寄附金を募らなければ遣  免して遣  ドタリと遣  先に遣  独断に遣  獨斷に遣  麥煎餅の遣  一寸目の遣  信吾さんへ遣  此夏は少し遣  昌作が、遣  恁うして遣  銭は遣  彼に遣  汝等を遣  世界に遣  我を遣  神より遣  ため天使ガブリエル神より遣  アルテミスを遣  ヘルメスを遣  三輪は疲れて、そして遣  差対いじゃなお遣  引比べられて遣  麦煎餅の遣  昌作が遣  妙な遣  加減に遣  吐息を衝いて、そんなに思ひながら、遣  小僧に遣  寺へ遣  上から掛けて遣  兄を逃して遣  ヨシュアの遣  太子なりと遣  幕府の遣  先方の遣  陣屋へお遣  家に遣  まことに拙き遣  嵐雛助に遣  勉強をしなけりやあ成らないよ、しつかり遣  鼻唄交り遣  喧嘩を遣  いふ歌を詠んで遣  甘美な遣  上海に遣  使ひを遣  ホテルへ遣  のは兎角こんな遣  始元年、遣  吉備津彦ヲ遣  今まで打ち遣  わたくしの遣  完全な遣  暫時立つて居て、遣  見舞として遣  何も遣  看病がして遣  ことに遣  のへ遣  それを奪って遣  庶子於義丸を遣  大阪に遣  書面を遣  宇津木を遣  使つて東町奉行跡部の遣  大西へ使を遣  鉄砲同心を借りに遣  書附を持たせて出して遣  玉造口定番所へ遣  報告に遣  中川方へ遣  手当をして遣  妻子を落して遣  役知一万石宛を遣  動機から自分で遣  峰ほめて遣  私一人、遣  三つにも割りて遣  糸を呼びに御遣  嫁に遣  魔女を遣  蛤貝姫とを遣  神を遣  國に遣  天若日子に賜わつて遣  神に副えて遣  使として遣  記念に遣  氣を遣  諸国に散遣  ツて遣  螢を放して遣  縁を撫で廻して、その遣  高圧的にグングン遣  紋を遣  密に遣  浜屋敷に遣  仙台へ遣  銭も遣  家にお遣  身も痩せるばかりの果敢ない、遣  之ヲ遣  支倉六右衞門を遣  相応にどうにか遣  しろ、遣  二年つづきで遣  へんに遣  何をか求め憧れつつ遣  癖始終果敢なく遣  費用をお遣  悉しくいつて聞かして遣  親切を尽して遣  つて家まで届けて遣  眼を懸けて遣  



前後の言葉をピックアップ
ゃんむやみに  ゃんもぼんぼんも  ゃんやおよっちゃんもさぞ  ゃんやその      矢叫び      


動詞をランダムでピックアップ
届け出るおりあげ受けとめるまわさうちき洗い出せ追わ噛み合うあずかりねばつこ仕出せ横切らありがたがっ打ち落しはばかっふくらませる超える咳きこむ輝かす濾し
形容詞をランダムでピックアップ
奥ゆかし疚しからはがゆく脆かっあおくまっくろ速きあおぐろいいみき高かっしおらしい規則正し明かっかるがるしくつよく怪うくるしまわりくどくうるさい香しく