「や」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ や[動詞]
昨日一日ですっかりできや  卷煙草呑みや  マンマなんて言いや  姉ちゃんだなんて言いや  生憎手先がぶるぶると震えや  石をほうりや  やあ逃げや  もんだから、困りや  頭を刈りや  あやまりにきたとぬかしや  インバネスを着や  いやにおどかしや  妹から銭を取りや  畜生ッ、うまくやりや  こいつひとを舐めや  ひとを騙しや  寝込みを踏み込みや  言ひや  ことをいひや  奴がたくらみや  野郎ども、たんまりとりや  こと云ひや  色気なんか出しや  あれほどがんばりや  めにあわせや  青江を殺しや  私は、おきや  こ顔を出しや  郷に従えといいや  名前をつけや  背中をつつきや  高等学校まで行きや  うつつを抜かしや  ところで停めや  監督とくっつきや  ことを言いや  ッ、ふざけや  目明し根性が出や  大飯ばっかり喰いや  えこと抜かしや  こと吐かしや  天井のまるいあかるみや  男のしわぶきや  貫禄がつきや  組織は作り替えや  変に作り替えや  ことを教えや  家のしごとべや  嘘を吐きに帰りや  船が沈んだなんて云いふらしや  理窟を垂れや  手足どうしたおきや  手足ないのでおきや  着物のおきや  こないだうなぎをぬすみや  予想が当りや  本など読みや  ことばかり口走りや  たいをついて逃げや  吹ッかけや  云ひや  氣持になりや  こっちを睨みや  本は在りや  物さへありや  桝落しにかけや  ことをやりや  手間をかけや  頬桁をたたきや  なにを言いや  どこへ行きや  方法でやりや  僕達に話しや  里芋を出しや  何を見や  坊っちゃんだと抜かしや  だって手なんぞ出しや  風を食らって逃げだしや  さに狎れや  串戯は言えや  何てって勧めや  心持になりや  そこへ掛けや  俺とこまで穢しや  鼠と云って逃げや  色までが揉みくちや  來なけや  人影ありや  何處へ失せや  まらなけや  毎日毎日大根ばっかり食わせや  青大将が住みつきや  襟許に着きや  脚が生えや  氣でゐや  熊を飼いや  つて神經なんてありや  家へ入りや  ためだなんてぬかしや  可能性ありや  花を植えや  声を出しや  色が変りや  六部だかになりや  八つ手も大きくなりや  時計を買いや  後ろから抱きかかえや  高慢たれや  音をほざきや  色を変えや  年増になりや  そこまで来るてえと、やにわに突っ走りや  だしに使いや  オベッカをたれや  タイカキになりや  方へ逃げや  ぺてんにかけや  うたひや  雨が続いて降りや  図星をさしや  日本にはやたらに有りや  愛情なんて、笑わせや  お客をやりこめて、しくじりや  発作を起しや  畜生、やりや  見事に、やりや  新らしがりや  エッセイばかり書きや  胸を、くっつき合わせや  いやにおひゃらかしや  顔になりや  親父から聞きや  晩、夜通し魘されや  くり返りや  熱を吹きや  二本棒に見立てや  口を寄せて吐かしや  婆あになりや  ものを見せや  目に合わせや  カンカン云ひや  莫迦に冷えや  涙が出や  ものが出や  四十度も出しや  時間を間違えや  事をぬかしや  孫、ひこ、や  わがままな、いばりや  合羽を煽りや  口まめに話しかけや  結び目を探しや  結び目をほどきにかかりや  時でもつくりや  思つて囈言をつきや  御託を並べや  あいつが何とぬかしや  から頭を下げや  事を並べや  この間まで居たが、とうとうずらかりや  大金を使いや  ッこみや  人に押しつけや  女になりや  ギャバジンを着や  ゼイタクになりや  ライトが消えや  祭にはぐれや  ウソを吐きや  手数をかけや  ペテンにかけや  四十両ほどせしめや  時間違わず出や  書付まで盗みや  体から卵を、ぬきだしや  幸ありや  やつめ、怖くなりや  先生が倒れや  ごろごろと舞い戻りや  おまえさんがいたわると、よけいほえや  やけくそになって、呑めや  俺を斬りや  大変なまけや  豊を隠しや  ムクを殺しや  ケチを附けや  ケチをつけや  火事を出しや  事を思いつきや  こをして居や  固唾をのみながらぬかしや  野郎じっと考えて居や  手を入れや  事をして居や  槍がありや  愕かせや  此奴等ア又怠けや  ツベコベツベコベ、ぬかしや  ベラベラ喋りや  燒かせや  追剥が出や  人を脅しや  こんど出や  石など放り込みや  いまに落ちぶれや  気になりや  おれは、さすがに考えや  請求書をよこしや  羅紗なんぞを買い込みや  木端役人め、出しゃばりや  天誅をやりや  繕ひや  いやに寒くなりや  犬が出や  紙切はない、よくも騙しや  のは恥ぢや  胸の心づかひや  一郎さんじや  鼓膜を破りや  小癪に障ることばっかり陳べや  野郎、ふざけや  もんだと思ひ込んでゐや  誰が盗りや  真似を始めや  値で売払いや  今ちょっと先に出や  論告を下しや  誰も居や  蚊が出や  気の毒そうに威かしや  ものは入りや  何も有りや  やれやれ、脅かしや  爺が、驚かしや  真珠をぶっつけや  三本盗みや  いつか小豆一升貸せいうて頼んだのに、貸せんというてはねつけや  手前は生かしちゃ置けねえと脅しや  おしろいをぬたくりや  足下に在りや  引き千切りかけや  あい、とうとう、ひっかかりや  利助は、ありや  氷醋弾をなげつけや  手なんぞを出しや  のをこしらえや  芸名までもらいや  へん、笑わせや  頭が下がりや  のを、わすれや  お化けなんぞは出や  役所へ出たらどうだと吐かしや  寝台ごと消えて無くなりや  住所を調べや  留守につけ込みや  狂言自殺をやりや  どこかへ行きや  屁理窟ばかりつべこべと並べや  それも忘れや  何を吐かしや  何のと言いや  ことを吐かしや  恩を忘れや  なにも分からないと思いや  恩も忘れや  ことばかり吐かしや  奴め、とうとうやりや  んだが、とうとうやりや  人殺しをしたので、おかしくなりや  値もつけや  こいつら、ふざけや  下へ隠しや  三好さんじや  持論じや  ところへ出しゃばりや  しとやかにゐや  おれのつらを引掻きや  一緒くたになりや  へん尊王攘夷が笑わせや  人をだましや  做しでもして居や  何処かへ逃げや  手を抑えや  何吐かしや  字が讀めや  一つおあがりや  字が読めや  使ひや  山猫みたいにそんなに唸りや  猫婆きめや  何かを嗅ぎ付けや  俺に預けや  二十三にもなりや  俺等を使いや  ふところを見くびりや  お礼を言いや  奴がゐや  けちをつけや  おせっかいを出しや  面を睨みや  一喝くれたら、それなり黙って引っ込めや  商売道具を盗みや  鼬が出や  目にあわせや  ホームランを出しや  犬は吠えや  手紙なんぞよこしや  仕事をやりや  熱ばかり吹きや  んざ鼻血まで出しや  ようにすると言いや  顔を潰しや  悪事を働きや  小枝を払いや  ように止みや  魚でも集りや  寝返り一つ打てや  物を立てや  繰り出しとなるときまって降りや  理解をつけや  風を食いや  どこまでずらかりや  道楽を始めや  やつをこしらえや  ビラをまきや  身体がなまけや  時に生れや  要領つかいや  馬泥棒をかせぎや  横から飛び出しや  手につきや  味を占めや  可憐そうだ、と抜かしや  奴、また飲みや  そのまま取って来て描きや  中安吾になりや  帰りに遊んでゐや  人をそねみや  ことにかかずらわりたくございませんので、払わないとぬかしや  種なんぞ孕みや  事になりや  泥を塗りや  顔を踏みつけや  顔さ泥を塗りや  精神が腐りや  煉瓦場さなど行きや  鳥海山の下のひや  平素恥ずかしがりや  野郎やりや  ドジを踏みや  女ピストルを突きつけや  それも変じや  その男とじや  ほんとじや  半分ばかり食べや  鳶口を振って駈け着けや  野郎、よくもぬかしや  三平は、こりや  出鱈目言ひや  世迷言ぬかしや  どこまでも祟りや  先生、こりや  恥かしげも無く並べや  何かが這入りや  人を笑わせや  わたしを蹶や  わたしを噛みや  手数ばかりかけや  うち、おひや  文句を書きや  耻辱にもなりや  慕ひや  神をばかけて忘れや  のですが、こりや  力がありや  姿になりや  露助みたいに呻きや  俺を騙しや  コン畜生め、惚れや  師匠様だ、笑わせや  ルンペンに見立てや  そうに出や  一升メシを食らいや  肉まで食いや  めちやくちや  彼はじつと考へてゐたが、こりや  思案を変えや  三十円でも有りや  病人を控えてゐるせゐや  文句ばかり並べや  そこへ置きや  唾液でも吐きや  ヤット本音を吐きや  気を廻しや  レコだろうって、そう吐かしや  己をこき使いや  都会人で、寂しがりや  間際もなりや  めったに有りや  米が有りや  サアとなれば困りや  何もなりや  出しになりや  ことになりや  顔をつぶしや  集団強盗をくみや  首を突っこみや  オイ、おどかしや  うまいことを、やりや  一杯食わせや  兵隊とりや  寒寒としてゐや  漂泊のおもひや  眞似や  災難にかかりや  ことを思いつきや  何でもありや  女に惚れや  からんことになりや  何をぬかしや  横文字なんか読みや  前歯に仕掛けや  吾吉一人じゃないわよ、と言いや  秋蚕なんか始めや  日本人に考えろといいや  悪党にや為りや  頭がズキズキ痛みや  オッ惚れや  ブル根性を出しや  石鹸が泣きや  矢先、早まりや  ゅとるくせに、威張りや  ぺこぺこになりや  から、のさばりや  めにあわしや  俺を好かなくなりや  誰奴がやりや  主に向って吠えや  事を言いや  サタンだなんて言いや  事やりや  女性に直しや  江戸に帰りや  お前、案外もてや  大事を取りや  しこたま買いこみや  妹などと触れ込みや  道理でやりや  声なんか出しや  抽斗を開けや  交叉点のありや  結婚しようなんて言ったって、クソ、ふざけや  サシミ庖丁ぐらい握りしめや  経を読みや  辰公がことづけや  女、泣いてあやまりや  戸漢、ふざけや  泥をぬりや  どこへうせや  小僧はあや  奴はこきや  だらしなく垂らしや  つぼすみれ、こみや  やけに吹きや  何だぜ、や  指導性がありや  番ですね、こりや  稽古で居や  霊もひどくいばりや  泡盛なんか喰いや  事を吐きや  文章を書きや  ためらひや  お前は、ふざけや  何か仕出かしや  給金をこしらえや  棚に上げや  ものを見棄てや  打ん殴りや  網棚から首なんぞ吊るしや  一度でおどかしや  小僧奴怒鳴りや  覚悟で行きや  んのぬかしや  殺しに来たと思いや  清兵が飛び出しや  証言するなんて、ふざけや  ところまで、似せや  親らしくなりや  子供を育てや  ことを本当にやりや  千々に乱れて、とうとう、やりや  げは、とてもそそつかしや  気をきかせや  日本機め、うまくにげや  鍵をかけや  悪いことばかり覚えや  口を利きや  癪に障りや  何しにうせや  チキンの煮ころばしを食いや  嫌だと吐かしや  余ッぽど慌てや  鼻にかけや  気でゐや  ところへ閉じ込めや  引ッ掻きや  畜生、ぬかしや  わないと、たちまちあばれや  親方を殺しや  先で刺しや  ドエライ扮装を凝らしや  十円も出しや  厭だって抜かしや  たんぺい急に始めや  将棋大会へでかけや  それで負けて帰りや  威勢がよくなりや  タタキへのさばりや  樹がありや  いっぺんで見やぶりや  笑ひや  佐太郎を殺して逃げや  反り身になって言い出しや  気まづきや  一文にもなりや  君、ありや  やつぱり酒が無くちや  ひでえことになりや  ツかりや  そべえて居や  ここへかけや  絵を掛けや  米は食えないぞとおどかしや  身内になりや  唄ねたましき泣かで急げや  一つ、用いや  小器用に抜けや  どじを踏みや  乙に片づけや  まねをさらしや  雀ばかり入りや  足まで掛けや  豪勢強気に出や  縄張りを荒らしや  男にふざけや  つのようにおっ立てや  あと小生意気を言いだしや  継母だと思って舐めや  証拠はありや  事ありや  人ありや  一足先に帰りや  くせに逃げ出しや  爺さんこりや  あいつめとうとうくたびれや  けがねを入れや  傷をつけや  安兵衛など、斬りや  だんだん悪くなりや  あいつどこへ行きや  赤ン坊に惚れや  私はばかげたくらいに気むずかしくめかしや  待ち呆けくわせや  腕をひき裂きや  ふうを見せや  名乗りをあげや  ざまを見ろ、あわてや  肩を小突きや  夕まぐれ劫風ともに鳴りや  嬶が死にや  間に死にや  僕を呪って追い廻しや  巣へ追いこみや  碌に召しや  幽霊などは出や  仮面などを被って居や  動きなど仕や  つたこりや  雀百まで躍りや  機先を制しや  ようになりや  白襟を重ねて出や  袖屏風で倒れや  葉ちゃんが、そうしようといったんだ、って抜かしや  着物を出して、よう勤めて帰れや  答へて、こりや  湯治場へ持込みや  ふたつの時計をくすねて出かけや  奴、又ねぼけや  廊下にほうりだしや  ノートを取りや  われわれから取上げや  耕地を潰して置きや  俺を追掛けや  牛豚開店までやりや  衆奴皆逃げ出しや  妨げや躓きや  おれは、自惚れや  野干、またふざけや  身にしみや  四十になりや  金をせびりに行きや  野郎め、ふざけや  筋からたぐりや  奴とうとう訴えや  みんな遊びばかり覚えや  汽車にひかれや  特に取りや  出来損いが集りや  目の玉があると思って威張りや  三人前もませや  イビキをかいて寝や  オレを泣かせや  油をかけや  月二割も搾りや  ストライクを見つけて歩くなどと、抜かしや  日本人をおどかして威張りや  事を訊きや  欲に迷いや  日あたりへ出や  言いがかりをつけや  岡っ引きだとききや  おやじめがこんなにぬかしや  どじを踏むなんて、きいたほどでもねえなんてぬかしや  どじを踏むとぬかしや  男をこしらえて逃げや  樋口だと思いや  のに限って、よく孕みや  ところがふくれや  電話ばっかし掛けや  腹がふくれや  こいつアひでえキャッキャッになりや  電話を掛けや  雨はなお降りや  ものは、こうこうこうだから似ているじゃねえか、そっくりじゃねえか、笑わせや  兄貴に似や  おれを裏切りや  毒をなめや  やつが出や  手管おぼえや  ろ吐きや  事件をのめのめと話しや  野郎がうせや  細工をやりや  途中でつじうら売りに化けや  こともねえ名まえをぬかしや  のをかぎつけや  そいつを恐れや  両方へ現われや  ぱりと切りゃがって、すうと出てうせや  お株を始めや  名をかたりや  中のいづれを指していへるや  気がふれや  鳴き声を始めや  何か見つけや  庭先へ逃げ込みや  んきょう口を始めや  いを乗りこえや  声が出や  だめを押しや  借用証書をつきつけや  ことをぬかしや  いつか沈めや  一服盛りや  近ごろに覚えや  出入さきでやりや  さらなけや  音を出しや  花びらまでがのぼせや  味をやりや  人騒がせをやりや  手をかけや  せりふをぬかしや  ヌカリなく述べや  のを気がつきや  急にうれしくなりや  急にどさりと減りや  ちくしょうッ、泣けやがらあ、泣けや  肩が凝りや  こころもちになりや  住まい近くを騒がせや  目をつりあげや  伝兵衛なんてつけや  かさにのめって死にや  こと信用しや  家に居や  目がくらみや  姿をくらましや  粂五郎が逃げ出しや  とおりまっしぐらに逃げ出しや  どこまで逃げや  気になりながら逃げや  どこへ逃げや  ものが舞い込みや  本筋になりや  あれが出や  芽が吹きや  新芽を出しや  小降りになりや  急に忙しくなりや  背中が寒くなるほどうれしくなりや  ちくしょうめ、とうとうばっさりやりや  のも知りや  にわかに活気づいて、珍しや  しりこうになったかと思ったら、またよりがもどりや  中がぽうとなりや  手足がこまかく動きだしや  気がつきや  富士山を拝みや  こっちも逃げや  五匹も絞めや  一句飛び出しや  ちくしょうめ、降りや  書き置きを書きや  音が出や  野郎ッ、化かしや  今まで迷わしや  なんかに見えや  ッ赤になりや  名は飲めや笑えや  ヤミつきになりや  スチームを惜しみや  引んめくりにかかったら恐ろしく暴れや  イキナリ飛び付きや  悪態を吐きや  棚へ上げや  骸骨になってまで祟りや  どこよりもせわしく借りを責め立てや  一生引受けたは笑わせや  門口に捨てや  利左をなめや  犬がうようよ居や  やつが、威張りや  縄張りを荒しや  柄から手を放しや  手の裏を返しや  味を出しや  法をも知りや  タケノコが生えや  犬になりや  雀の啄みや  賃金でこき使いや  いやに、なまめきや  噂を立てや  残金を調べや  んだ、ふざけや  たまるものけい、ふざけや  心づけや  ところへよこしや  一尺二十円とは、笑わせや  横平になりや  眼を抜きや  贋物を掴みや  物を盗みや  事を言いつけや  芸者買いに行きや  迷惑ばっかしかけや  柔らかいふくらみや  ポンと飛び出しや  翌日も降りや  目茶くちや  尻尾を出しや  血は出や  畜生、いよいよ入りや  万葉にありや  ゆかなくちや  綱わたりや  そいつがとびつきや  いずれにありや  奴が、空とぼけや  私が怖がりや  つど出や  あまり声がしや  皺くちや  まり聲がしや  搜さなくちや  ころがあるってんで、嬉しがって帰りや  ぞろぞろ飯ばかりかっ食らいや  此女はこりや  んですが、さうなりや  俺に似や  熊が出や  遊びに行きや  気が附きや  戸塚が居や  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
やでうまい酒をのむ  やのうすい衣をまとって  やにこやしをやる  やをよばれる  ゃに構えて待っている  やでほ  ヤというかけ声のようなものが卑猥な意味をもった  やへはこんで行って  やに入れてあるからの  やへ出かけて行って  やの戸をあけるなり  やに行きかふ  やに色に焦げた  やなぎらんの花でちょっと燃えている  やにはに斬  やなゴブラン織の壁掛が掛け連ねられてある  やな女が声を揃えて  やににやにや笑ってる  やな心持ちがした  やにむずかしい節をつけて  やなことはみんな押しつける  やにのにほひの  ゃの古切れをぬって  やすらかな眠りに就かうとする  やに覚え  やに答える  やすらかさもなかつた  ヤ大日本帝國ハ内憂外患並ビ到  やでもそういう感違いする  やははだの熱き血潮にふれ  ゃ生きていたい  ヤられた惜しい事をした  やにで半分閉されている  ヤと叫べば  ゃ考えて御覧なさいな  やすらかな睡眠からめざめて  やで雑沓する  やなら仕事はいくらだつてあるよ  やなつてゐる  ヤお芽出た  ゃの胴羽織を纒っているので  やなぐひの黄金の矢束鳴だかに  ャうかとはして居られない  やに火をつければ  やに早く締めるじゃないか  やにに染まり  やすらひ  ヤとか言う  やを打ち込んでいるらしい  やだようっ  やすらかに逝ったが  やすらふ  ャんそんなに打つと化けるよ化けるよ  ャん高ち  やにうまれた  やにを取つてゐる  やにで黄色く染まつてゐた  ヤそんな鄙劣な事は出来ない  ヤどうも君も驚く  やにもった  やすらひから  やながかけてある  やな親ならぬ  ゃ病みついたが因果とみえて  やにわと変なことをいうが  やにわとおかしなことをおっしゃってどなりつけました  ヤに大きなカバン二つぶらさげてや  やな事云うてやな  ヤに因縁を付けて  ヤお突きとそつと突いたと  やに拝する  やのある  やにそひたる  やに妙味がある  やに相聞え  ゃでやしゃでやのしゃでこちゃ知らぬ  やは何のためについてゐる  やに覊されて  ゃに取付けてある  やにが溜る  やにだらけの  やにを拭きながら  やでないのがい  やの作品が見せてゐる  やなぎのいとのみだれがみうめのはなぐしさ  やな人をつめたくあぢきなく思ひとりしは  ゃ殺される  やにッぽくしょぼついていた  やにを拭いた  やに澄ますねえ  やに下がりに持ちたる  やにおもしろき情熱あるは  ゃ庇ってやる  やににそまった  やに色に染まった  やへばのうす情けほのかににほふ  やすらかさけふも  やをくさらす  やへの一針となした  やに手間あ取らせるじゃあねえか  やなつてゐたが  やをとらぬ  やの云う  やすらかにして  やでおみやげを買ふ  やをみん  やを思ふべし  ヤとも云うと  ヤともいう  ヤなこと言う  やとを自ら量り知るをえむ  やを知らざる  やな色とりどりの毛氈をかけた  ヤの字で書く  ヤとキャと三つの違った  やすらひを考へて見れば  やすらひを感じる  やにが出ても  やがたつた  ヤ遠き国は綱うち掛け  ヤ遠き國は綱うち掛け  やをつくりました  やの中をのぞいていました  やを買った  やながわに酒を一本つけて貰う  

~ や[名詞]1
於てをや  お前はたつしや  紫のやの  中にしゃに  あてにおいてをや  みんなたつしや  ジャでありヤ  文章のヤという  手紙をや  広義国防をや  岡のやに  完数たるにおいてをや  生死をや  紫いろのや  酒とや  人においてをや  僕においてをや  盲人をやにはに  兄はやに  言ぞや  板前においてをや  烟草のやに  どこへ行きやが  綾子がやすら  阿Qにおいてをや  支配者ブルジョアジーをや  ことにおいてをや  ひとときのやすら  ハハハハもやでも  俺れゃ  何んぞや  正直過ぎるからヤ  俺達にャ  六年頃までありしやに  睫がやに  理論的体系をや  出世をや  人をや  上のやすら  貨物の積込みやで  批評家をや  君ぐらゐロシア語がたつしや  お世話にや  日帰りに於いてをや  者をや  画人をや  緋らしゃの  蟲とや  大樹のや  笹やちがやに  煙草のやにに  行乞ぞや  へんのや  板塀にかけやを  着物はやに  晩年をやすらかに  革命をや  花のやすら  黄村先生に於いてをや  年ちャん  高ちャん  ものじャ  ゑくもにや  のもやに  煙管のやにを  煙草のやに  春海のなりしやに  教育をや  イキなや  心のやすら  ためのや  慧眼知力のあるにおいてをや  こればっかりゃ  なぞばかりゃ  時代においてをや  ぴり煙草のやにを  今日においてをや  矢倉のヤは  事実あるにおいてをや  ものあるにおいてをや  食ひものやの  夜のもやに  居だのでヤ  有之やに  ヤだヤ  弁信をや  うつのやの  ゃでやのしゃでやのしゃでやしゃ  情勢にあるにおいてをや  法螺においてをや  眼尻にやにが  輩においてをや  矢崎嵯峨のやの  嵯峨のやの  坊だつからや  ぢをさめいでてや  地球をや  眼をや  今日をや  ものありしやに  眼のやにを  大将にや  煙管をやに  嵯峨のやに  んのや  泊りに行きやが  何処へ行きやが  先がやに  きみがやへ  田舎暮しのやすら  幽霊がでるかといかけやを  虚偽呼りをや  あなた方においてをや  感化をや  還元的感化をや  戦争にや  情をや  心をやすらかに  児とや  草盧あしたのぬしや  言はんのや  菊のや  者かしこをやすらかに  ヤトともヤとも  ぐちとや  漁獲がや  静岡のや  罪悪に導くにおいてをや  キとヤの  キとヤと  心持ちのやすら  私どものやすら  眼にやにが  言ひやが  加はるに於けるをや  來るべきをや  ほかのやを  田舎暮らしのやすら  

~ や[名詞]2
何ぞや  たとえや  何でヤ  何だかや  むっつりや  多きや  さすがヤ  悲しや  すこしゃ  少しゃ  豪しや  ないヤ  嬉しや  可愛や  さるや  このや  若しや  がたぴしゃ  にやりとや  そのや  やさしや  そんなにヤ  なけれゃ  可愛ヤ  ありがたや  有難や  もう少しゃ  いかなるや  大いなるや  

複合名詞
ぢゃ  ここぢゃ  者ぢゃ  ぢゃ家内ぢ  ぢゃ巾利  まりぢゃ米  今日日ぢゃ草鞋  ぢゃ此処  山持たん者ぢゃ話  農会あたりぢゃ副業  宅ぢゃ白彊病  わしら方あたりぢゃ生産  ょわしら方ぢゃ生産  ぢゃ今年  己達ゃア林  破片ヤ灰白色  俺ゃ  それゃア当座四五日  それゃ不思議  これゃ何  やつき  溝ヤ樹  俺ゃ勘定ずく  ゃ島  ゃア  それゃ  んぢゃ  もんぢゃ  ヤ人口ハ益  ヤ國家  ゃッ  汝ゃ辞儀一つ  汝ゃ  汝ゃ俺ら  汝ゃ拳固こと  汝ゃ乞食  俺達ゃ機械  わし達ゃ三畳  それ位ぢゃ腹  どれぢゃ  ルト五月雨ヤ大河  基礎ヤ標準ヤニ頓着スルマデモアリマセヌ  ゃ駄目  友達ヤ  牛ヤ寝たきり  いしや  方丈様ぢゃ  ヤ天下麻  ヤ目  時ゃ  わしゃ今  一緒や  みんな往生ぢゃ  ほりぢゃ  ことぢゃ  罰ぢゃ  大事ぢゃ  こっちぢゃ  髪ぢゃ  工合ぢゃ  ぢゃ仕方  一とこぢゃ  菩薩ぢゃ  別号ぢゃ  ぢゃ人  餓鬼道ぢゃ  方ぢゃ  同様梟ぢゃ  お方ぢゃ  命日ぢゃ  説法ぢゃ  通りぢゃ  はなしぢゃ  分別ぢゃ  事ぢゃ  ことぢゃ不愍  不愍ぢゃ  肝要ぢゃ  次ぢゃ  意味ぢゃ  みな小禽ぢゃ  身の上ぢゃ  中ぢゃ  ものぢゃ  心掛けぢゃ  心ぢゃ  尤ぢゃ  二十六日ぢゃ  たねぢゃ  語ぢゃ  それぢゃ  身ぢゃ  くしゃ  家ゃ火事  妾ゃア  盛徳ヤ尭舜ニ斉シ願ワクハ昇平万々年  亮ヤ不才  公瑾今ヤ永ク別ル  これゃ  あれゃ  図ヤ故国大星墜ツ  譯ヤ  ヤ該協商  ヤ皆無カ全部カノ斷崖ニ立テリ  是ゃア御免  ゃア篦棒  是ゃア鯖  是ゃア  取締や  是ゃア不便  やしな  もみくしゃ  浮気ャ  仕返しゃ  や使走り  ワタシゃ  ヤ行  それゃア  わしゃ  それや  わしゃ計略  これゃア  ヤ化シテ黄茅白葦満目惨憺  而シテ其極ヤ既ニ国庫  而シテ其責ヤ  床ヤ  頂ャ兀げ  褌ゃ切立  ゃ勝手  気取りや  ャお母さん  片隅ヤ真  わしゃ金持ち  なに妾ゃ手出し  きしや  俺ゃサヤマ  それゃ便利  ヤ帝国  ぢゃ木さば保  母はくりや  志ぢゃ  これゃ一つ  しけゃ  ヤ音  ヤ大勢来  ャ遺言  ャ外聞  けりャ十二字  そりャ  ャこれ  ャ樒  ャん  ャ華族様  わしゃチンコッきり  妾ゃ行く末  妾ゃ  教育や  判事ヤ検事ガ四人ト  厭ヤせんサ  夫ゃ何  ヤ西太平洋ニ出航セントセルモ  やさん  今年ゃ七海  時ゃ奥様  吾ゃ  ゃ賃金  ぢゃ払  ヤ地ニ  時ゃ涙  妾ゃ胸騒ぎ  やよう  それゃ残念  集録致サレ候ヤ  これゃ捜査  それゃ何事  ヤがんだい  ぢゃ貰ふよ  それゃ羽左衛門  イカニ況ヤ  工合ぢゃ鳥  貰ひたいぢゃ  ゃ金鵄勲章  たいじャ  事人知ルヤ否ヤ  わしゃ十九  わしゃ一人  ゃ頭  てめえ達ゃ  ポチゃ  これゃ君  や無し  時ゃ前  今年ゃ  快楽ヤ浴酔  ヤ人  ヤ梃  ヤ大  ヤ失敬  ヤこれ  ヤ誰  ヤ何  それゃアモウお前さん  小石ヤ  雀ヤ  星ヤどこ  鳥ヤ  娘達ヤ  お茶師ヤ  口笛ヤ  背戸山狐ヤ背戸山さ  狐ヤ背戸山さ  雪ヤ  茄子畑茄子ヤ  茄子ヤ  ぢゃ仕様  やたち  わしゃ業  春雨ニウチソボチツツアシビキノヤマ路ユクラム山人ヤ誰  海ヤ沖  己ゃ巡査  妾ゃ堪忍袋  わしゃ爺さん  最終子音消失や  わしゃ思い  木ヤ  西洋料理や  日ゴロ愛惜シタ樹木ヤ草花ナドガ  わしゃ酒  竜閑橋ゃ  何ぢゃ  時ゃ芝居  わしゃ一生  それゃ君  ゃ増し  餓鬼ゃ餓鬼  おれゃ  おれゃ女  耳ゃ節穴  げじげじ虫ゃ人間  手の内ゃ  話ゃ  ゃ別  話ゃ変  名のりゃ  兄貴ゃ兄貴  ゃ辰  おれゃ八丁堀  行く先ゃ奥山  行く先ゃ柳原  行く先ゃ忍ガ岡  おしゃべり虫ゃ油  秋ゃ  駕籠先ゃ本所  だまし罪ゃ入牢  耳ゃ妙ちく  餓鬼ゃ  飯ゃ  父ヤ我ヲ産ミ  母ヤ我  午年ゃ景気  行く先ゃ四ツ谷  荒締めゃ身  ホシゃ七造  ゃ気  やしなはん  帯ゃ  内ゃ  炭薪ゃ  コノ日ヤ天気晴朗  わしゃ何  私ヤ工場  私ヤ  アヽ私ヤ  私ヤ其  其ヤ  其ヤ課長  ヤ殖民地  俺ゃシベリア  ぱらねえでヤ  何しにせヤ  今夜日ヤ暮れツ  ヤなつ  ヤ玉菜  時ゃ三百四百  孫ヤ彦ノタメニ話シテ聞カセルガ  親父ヤ兄ニ云イ立テテ  リノ祈祷ヤ何ヤイロイロ諸方ヨリ頼ンダガ  相弟子ヤ心易イニ出シテ取出立テ  用人ヤ知行  君ゃ  米や  万や  恐怖や  これゃ敵  やびな  ゃ泥棒  月ヤ  破片ヤ  食ヤ水  端ヤ手  んぢゃ馬  それゃ男  や調  英国ナドハ埃及ヤ羅馬  うちぢゃ蕈  俺ゃ支那人  ゃ損  それゃ何  ゃ希臘人  これゃ戦争  それゃ不憫  ゃ真面目  ゃ歩哨線  工場ヤ  銀行ヤ  農村ヤ工場ニ於テ  資本家ヤ地主カラ搾取セラレ  鉄ヤ撫順炭坑カラ諸君ハ一文デモ利益  鉄ヤ撫順ノタメニ諸君  鈴文ヤ松駒  妻ヤ子  兄弟ヤ父  妻ヤ児ヤ  ナラザルナリ況ヤ此碑ニ於テヲヤ敢テ需ニ應ジテ碑陰ニ記スト云フ  ゃ三円  あずまや  これゃダイアモンド・ゲーム  それゃ私たち  それゃお母様  これゃ大変  それゃ情実  それゃ民間  あれゃ午後五時  それゃ結構  それゃ苦労  三つぢゃ仕方  やべり  ヤ貴方  ゃ何  ヤ行活用  ヤ行上二段  ア行ヤ行ワ行以外  ヤ行音  ヤしまつたさつき  ヤ解カレル一歩前ニアリ折角  滝登りヤ水  小雪ヤ  茶ツ葉小雪ヤ  高原颪ヤ馬  高原颪ヤ  大杉ヤ  わしゃ運  時ゃ碌  ぢゃア  これぢゃ大変  ままぢゃ仕方  通りヤ  伊東や  わしゃ九十九  半年ゃ  ぢヤ  チリや  ぢゃ僕  八百や  候ヤ  ソレデ君チャンヤ弟ヤ妹バカリノコサレテシマッタ  君チャンヤ弟ヤ妹ガ  サイ弟ヤ妹ナノ  マザレバソノ蔽ヤ賊  マザレバソノ蔽ヤ  ゃ芸妓屋  内ゃ可  上野松坂や  それ八百や  三ヤお前旦那  や後  一一〇や  一や  床屋ぢゃ使  我ゃ姉御夫婦  モヤ  兄柄枝吉江ヤ行  挨拶や  ヤ細川  ヤ嶮  ヤ狹  それゃ我慢  ときゃ玉  今年ゃ丁度  道ゃ蛇  鳥ゃ木  イや  



前後の言葉をピックアップ
ゃんぽんうどんや  ゃんむやみに  ゃんもぼんぼんも  ゃんやおよっちゃんもさぞ  ゃんやその      矢叫び    


動詞をランダムでピックアップ
聞き合わせる物語る翳ろこきつかっ打ち立てろ汗するふりまわせ古る罪する見なす引きかえす言い尽せ止まろ手間ど蒸せる思い煩ううるおし攣れつむが居溢れ
形容詞をランダムでピックアップ
荒かっ喜ばしくありがたけれ夥しく心許なたのしひくくったやすく有難悲しけれがめつ我慢強明からぽい赤黒くうれしき重々しなれなれしゅうえぐし篤かっ