「透」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 透[動詞]
黒木立が透  現象を透  汀に立つて、澄み透  簪に透  花を透  勝曼華が透  芽をふき、澄み透  それを逃れると、ひょろひょろしながらも、よろよろしながらも、ほとんど透  本相に深く透  水を透  千羽鶴を透  耳を透  内面的意義を透  枯薄が透  下着に迄透  いっぱいに透  水がそんなに空しく澄み透  人柄に沁み透  関捩を透  心を見透  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
透入する  透見るを悦ぶ  透徹るような声でプツリと止めを刺す  透間もなく密生した  透間もなく亂杭を打つて  透見する  透から見ると  透織と云ふ  透みこんでくる  透を見て逃げようと思い  透を見せた  透とほる  透の横に座を占めながら  透は真面目くさつて  透は得意になつてまた一曲ひく  透を相手に食事をしながら  透を慰める  透脱して大解脱を得たならば  透の字を桃という字に換えて  透間もなく攻め立てる  透間もなく遠巻きにしていると  透より見るを得べし  透間もなく鎧う  透徹らしめ  透間もなく責め立てて  透のない若紳士の群れが来る  透はついたから  透がな文三の傍へばッかし往きたがるよ  透を見取って  透から朗かな旭日の影が射して居る  透見も出来なかった  透なく打った  透とほり  透から見たとは違って  透という青年と一緒に上京して  透はこの近所の植木屋の座敷を借りて  透のことであろうと私は察したので  透が無理に明朝の列車で連れて帰ろうとする  透がそれに対してなんの苦情も言わず  透の仕業であるらしいという  透も反対しなかった  透見しながら  透見して  透徹った空気の中から出て来るとしか思えませんでした  透現された  透入して  透彫を施します  

~ 透[名詞]1
奧に透  奥に透  中へ透  玻璃板に透  沈着いた透  雪入道が透  格子の透から  先の見える透  骨まで透  種々云って透を  琥珀色の透と  長男の透が  繁夫は透の  長男の透の  児玉は透を  やうに透  必然性を透  透谷の透の  ソト戸の透より  仏の如く透  大体の見透は  人垣の透を  ぱいに透と  寸分の透も  戸の透から  襖から透  先刻内々戸の透から  兄の透という  兄の透は  それは透の  兄の透が  兄の透の  兄の透と  兄の透も  隣を透  読経の透  根性を透  方法で透  内部に透  横桟には透  天平を透  

~ 透[名詞]2
すこしも透  な透  よく透  

複合名詞
生死透  光透  すき透つて  透つた聲  透鱗  透鱗はじめ僅か  付透市女笠  透見  艶透  透間  透切れ  限り透  路透電報局  レ得二通透一  通透  透切だらけ  透つて  村川透  透矢  明透  猪目透二字切  透純  透つた登山服  右左透間  透察  澄透つた掛声  透観  透みわ  透君  透波間諜  さうに透  透屋  機透  透矢町  林光透隙來  透つて山  すき透つた場所きよら  透影  日々清透  透間風  天羽透司  岩村透氏  透感  すき透つて藻  透つた水  スキ透つて  透幌紗窓惜月沈  該博精透  透格子  透レントゲン  透彫り  透つて鰌  透油  透つて生涯  すき透つた  透つたひたい  透寫紙  大矢透氏  岩村透先生  透切  冷透  透つた光  透模様  透察し  透垣  透一筋  透さん  三好透  三好透さん  透君ひとり  矢追透武博士  透石  すき透つた水  透青  透霧撮影  清透  塗つて透壁  滋岡透  間透  岩村透さん  透覺  透御門  透せり  透つた空  樸透清  



前後の言葉をピックアップ
徹太郎      透る  徹る          通れ


動詞をランダムでピックアップ
役だたしわら断わろはまりこみつきそいそびえ間に合っおわす問うはらめくじける掴みあいはめよひけらかしゃ叩き上げあま褪せる致せ蹴躓きたぐまっ
形容詞をランダムでピックアップ
甲斐甲斐し目まぐるし恐ろしいもったいなよわかっ重たく雄々しかっ大きけれ気味が悪疎う著かれふさわしなまぐさ重々しくっ気遣わしくまずくっ薄くっあさぐろい重たかっ真白う