「透る」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 透る[動詞]
根まで這入る、低くても透る  底に沁み透る  悲しみ、その滲み透る  非常に透る  宏子は、よく透る  清らに透る  背中までしみ透る  心臓に透る  耳に響く、透る  下からおうむがえしに、よく透る  紅の透る  よう、細く透る  声は透る  晴れやかなよく透る  あらわれてる透る  ツと透る  ッと透る  彼はよく透る  筋がよく透る  心に沁み透る  下腹まで浸み透る  日の透る  音声ではないが、よく透る  教場へはいって来て、よく透る  影をすき透る  衣服にも沁み透る  涼味骨に透る  ような、うらさみしい、冴えた、透る  音程のひどく高い、鋭く透る  着物にあうと、浸み透る  胸に透る  日の目の透る  声も、ほがほがと、よく透る  声は低くて透る  ところまで透る  楽に透る  さ骨に透る  聲の透る  声の透る  静かな、よく透る  好物で、酔うと渋い案外透る  腸に浸み透る  心髄までしみ透る  肩にひろげたが、透る  歯にも透る  裁判に賭けられた滲み透る  心に強く滲み透る  心にもしみ透る  血液の美しく透る  音が澄んで透る  のか、澄み透る  音は、澄んだ浸み透る  虚空に、浸み透る  平均して、よく浸み透る  髄までしみ透る  キョロキョロしながら、女らしい透る  下腹部をおさえてみると、低いがよく透る  骨までも滲み透る  記憶に、相当浸み透る  悚然とするまで冷え透る  底に浸み透る  男がよく透る  歯ぐきに沁み透る  魂に沁み透る  風の透る  馬鹿に透る  所謂眼光紙背に透る  肌に透る  奥まで沁み透る  空谷にひびき透る  さ肌にしみ透る  視野は透る  泌み透る  骨にも透る  精神にしみ透る  胸にしみじみとしみ透る  襯衣に滲み透る  髄まで滲み透る  音が浸み透る  凉味骨に透る  画布に触るる浸み透る  不安は滲み透る  



前後の言葉をピックアップ
トォル  とおる  徹太郎      徹る        


動詞をランダムでピックアップ
すなどるもたついたげよ当んあんじ錆びるしりぞけとりむすび集まっごてつくたてまつらにたつ積ま受ける囲ん差し挟ん送ら立寄れ
形容詞をランダムでピックアップ
気忙しい久しかっやすっぽく白う目新しく眩き荒荒しく恥しきかるう馬鹿馬鹿しくっほしけれまあたらしいうすかっ気づかわしいかいがいしい苦苦しくらし青じろもどかしかっ