「辿っ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 辿っ[動詞]
一本道を辿っ  道を辿っ  趁いながら辿っ  日本の歴史を辿っ  のを辿っ  ところを読み辿っ  中心を取りながら辿っ  林道を辿っ  がちに辿っ  足跡を辿っ  友人関係と辿っ  縁を辿っ  峠路を辿っ  真直ぐに辿っ  本街道であるものと認めて、辿っ  こっちへ辿っ  方へ辿っ  ここまで辿っ  大森林へまで辿っ  旅へ出て、辿り辿っ  釈義を辿っ  山路を辿っ  線を辿っ  道すじを辿っ  一路を辿っ  一筋を辿っ  縁に沿うて辿っ  方向を辿っ  文学の辿っ  小道を辿り辿っ  あとを辿っ  道筋を辿っ  駿河台まで辿っ  原因を辿っ  順路を辿っ  記憶を辿っ  考え考え辿っ  私が辿っ  のしみながら辿っ  麓を辿っ  脈うつ道を辿っ  八月十五日までを辿っ  夜道を辿っ  上向線を辿っ  痕を辿っ  どこをどうして辿っ  日蔭を辿っ  雪道を辿っ  路を辿っ  過程を辿っ  延長へ辿っ  糸を辿っ  どこをどう辿っ  中を多少迷わずに辿っ  ところから注意深く辿っ  中軸にして辿っ  歴史を辿っ  なかを辿っ  途を辿っ  大音寺前まで辿っ  跡を辿っ  方からそのへこみばかりを辿っ  発展を辿っ  文学的コースを辿っ  横文字を辿っ  ように辿っ  関係を辿っ  視線を辿っ  記録を辿っ  山巒地方から山襞を辿っ  二人で辿っ  影について辿っ  思出を辿っ  山裾を辿っ  コースを辿っ  哲学史を辿っ  筋を辿っ  明治十七八年以前へは辿っ  記代子の辿っ  此所まで辿っ  径路を辿っ  筋みちを辿っ  陰を辿っ  中を辿っ  瀬を跳ねあがり、窪み窪みを辿っ  本道に出るだろうと思って辿っ  今記憶を辿っ  闇を辿っ  出来事の逐一を辿っ  声を掛けて、やっと辿っ  逆に辿っ  石道を辿っ  河原を辿っ  方を辿っ  間を少し辿っ  条を辿っ  最初に辿っ  音を辿っ  音律を、急がずうまず辿っ  糸をいくら辿っ  偶数と、こう辿っ  二少年は辿っ  奇数偶数と、こう辿っ  小径を辿っ  朧ろに辿っ  家路を辿っ  ところまで辿っ  細道を辿っ  小道を辿っ  内的経験だけを主として辿っ  前照灯の光りだけで辿っ  どこを、どう辿っ  一つ一つに辿っ  西へと辿っ  星明りで辿っ  軌道を辿っ  轍を辿っ  菅笠で辿っ  径を辿っ  内容を持って辿っ  テンポを辿っ  中でいくらか辿っ  文字を辿っ  から街道を辿っ  私の辿っ  縁故を辿っ  スケジュールを辿っ  路次を辿っ  言葉を辿っ  血痕をよくよく辿っ  今私達が辿っ  独りでとぼとぼ辿っ  紙片を辿っ  北へと辿っ  此襞を辿っ  里を辿っ  大道を辿っ  旅路を辿っ  雪解け路を辿っ  赤坂まで辿っ  殆ど手探り同様でとぼとぼ辿っ  ほとりまで辿っ  俯向き勝ちに辿っ  両国橋に向って辿っ  運命を辿っ  後ろを顧みながら辿っ  方角へぶらぶら辿っ  三間ほども辿っ  座へと、喘ぎ喘ぎ、辿っ  独寝を辿っ  横に見ながら辿っ  境を辿っ  咽喉を辿っ  足早に辿っ  庭を辿っ  縄を辿っ  進みを辿っ  闇路を辿っ  トボトボと辿っ  今迄辿っ  脇目もふらず辿っ  一歩一歩に辿っ  次から次へと辿っ  右斜に辿っ  此雪渓を辿っ  石を抱いておずおず辿っ  渓を辿っ  上を辿っ  水際を辿っ  山側を辿っ  草地を辿っ  努力はなしに辿っ  阪宿と辿っ  木曽街道を辿っ  街道を一方へ辿っ  一方へ辿っ  ヒョロリヒョロリと辿っ  三人は悠々と辿っ  道をも辿っ  そこへ来るとふらりふらり辿っ  プロレタリア文学が辿っ  眼で辿っ  通路を辿っ  保の辿っ  飛石伝いに辿っ  そちらへ辿っ  下り気味に辿っ  何処までも辿っ  最大抵抗線を辿っ  系統を辿っ  たしかに下り坂を辿っ  翁はとぼとぼと辿っ  横に辿っ  浪路を辿っ  鎖を辿っ  小山を辿っ  文学行路を辿っ  静に辿っ  目次を辿っ  後を辿っ  矢張り下降を辿っ  光善寺まで辿っ  社会が辿っ  うちに辿っ  浮沈を辿っ  綿々と辿っ  道行きを辿っ  思いで、飛び飛びに辿っ  草履をひきずりながら辿っ  北にむかって辿っ  限り男系を辿っ  一つ一つの綴りを辿っ  行を辿っ  左のみを辿っ  論理をも容易く辿っ  一途を辿っ  原因を深く辿っ  ところを辿っ  ステップを辿っ  南へ辿っ  穂へ辿っ  通りを辿っ  夜遅く街路を辿っ  行先を辿っ  先を辿っ  上に辿っ  私達が辿っ  光を辿っ  それを辿っ  明りを辿っ  経過を辿っ  航路を辿っ  流れを辿っ  河すじを辿っ  西へ辿っ  道ながらともかくも辿り辿っ  穴を辿っ  街道筋を辿っ  道了塚まで辿っ  道程を辿っ  連鎖を辿っ  誠意をもって辿っ  ロマンティック時代から作家生活を辿っ  人々の辿っ  経路を辿っ  中間を辿っ  川を辿っ  裏を辿っ  迷路を辿っ  元へ戻って辿っ  街道を辿っ  男がなお辿っ  曲線を辿っ  連続であったが、しかし辿り辿っ  死を辿っ  印象を辿っ  手さぐりで辿っ  無言に辿っ  三和土を辿っ  忠実に辿っ  ように更に遠く辿っ  端を辿っ  一つを辿っ  一足ぬきに辿っ  ぬかるみを辿っ  十里も辿っ  眼路を辿っ  線路を辿っ  間を辿っ  用心しいしい、とぼとぼと辿っ  これを辿っ  横穴を辿っ  半町あまりも辿っ  桂川まで辿っ  市ヶ谷までとぼとぼと辿っ  山から山へと辿っ  声を辿っ  論理を辿っ  地上を辿っ  銀が辿っ  其所此所を辿っ  手記を辿っ  上を喘ぎ喘ぎ辿っ  有縁を辿っ  遊戯に至るまで辿っ  極端まで辿っ  筋道を辿っ  姿を辿っ  下道を辿っ  回想を辿っ  本筋を辿っ  場所について一々辿っ  中橋別荘へ辿っ  その道を辿っ  果、辿り辿っ  地図を辿っ  そこからもっと川上へ辿っ  結び目を辿っ  さを辿っ  者は辿っ  陸地を辿っ  北へ辿っ  夢路を辿っ  田圃道を辿っ  誠意をこめて辿っ  岩角を辿っ  所だろうと思いつつ辿っ  水平線を辿っ  堤を辿っ  経歴を辿っ  側へ辿っ  調子で辿っ  先へと辿っ  没落過程を辿っ  はじめて自分達の辿っ  理屈を辿っ  筋途を辿っ  於て辿っ  情熱を辿っ  ことを辿っ  常道を辿っ  縁辺を辿っ  役割を辿っ  一心不乱に辿っ  道を遠くも辿っ  ひとりで辿っ  方へ向かって辿っ  上へと辿っ  ように引き包み、話しながら辿っ  野原を辿っ  同勢が辿っ  底を、辿っ  二人は辿っ  先へ辿っ  後生大事に辿っ  馬とは辿っ  山稜を辿っ  横を辿っ  切明けを辿っ  黒木の間を辿っ  北側を辿っ  道を選んで辿っ  夫を辿っ  赤土道を辿っ  運びを辿っ  遺墨を辿っ  何気なくそれを辿っ  兄たちの辿っ  上まで辿っ  ふちを辿っ  綴字を辿っ  糸口を辿っ  ようにして辿っ  業績を辿っ  ところを飛びとびに辿っ  順序を一々辿っ  渓谷に添うて、辿っ  頼りに辿っ  弧を画きつつ辿っ  眼を辿っ  



前後の言葉をピックアップ
たどたどし  たどたどしい  たどたどしき  たどたどしく  たどたどしゅう  たどっ  多度津  多度山  辿ら  たどら


動詞をランダムでピックアップ
あそばしぶち込む夾めやけついさげすみばらつい臥せりおどりはじめる助けろ立後れ混ずるとりまか便り碎きみちびい剥ご安らげあやまり掛り合いほこり
形容詞をランダムでピックアップ
いきぐるしい痛から目出度厭わしかっ厳つよろこばしきうすら寒きあついめずらしゅういけすかないあつけれうつくしき図々しいものすごかっ黒かっいかつしわびしき暖かき