「たどら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ たどら[動詞]
誠意をもってたどら  目をたどら  田圃道をたどら  三イ、とたどら  横光によってたどら  人のたどら  リズムがはっきりとたどら  来歴のたどら  道をたどら  太鼓を打ち鳴らしながらたどら  理路をたどら  心をたどら  時であったが、かざしてもかつたどら  記憶がまたたどら  山径をたどら  一本道をたどら  路をたどら  運命をたどら  文句がたどら  記憶をたどら  世をたどら  迷路をおぼつかなくもたどら  そこにたどら  途をたどら  一つをたどら  進行を逐一たどら  片仮名読みにたどら  



前後の言葉をピックアップ
辿っ  たどっ  多度津  多度山  辿ら  辿り  たどり  たどりつい  たどりつか  たどりつき


動詞をランダムでピックアップ
すなどら取り散らさたっする調いふかすみかけ娶せんしゃくれるいためろ倍する祭ら改まる吹き抜ける逆らおたどりつこ片寄ら闘うさらけ出すゆわ引きずれ
形容詞をランダムでピックアップ
かんばしうま愚かしくめぼしい際どいそそっかし高かれ近く並びな悩まし悦ばし薄暗い豪くたどたどしあったかいなやましい物すさまじけたたまし好かれ